無人島

地名・ロケ地

知る人ぞ知る、小笠原諸島の人気無人島「臥牛角東小島」

臥牛角東小島は、小笠原諸島に属する無人島で、父島から約26km東に位置します。島の面積は約0.06平方キロメートルで、最高標高は108メートルです。臥牛角東小島は、周囲をサンゴ礁に囲まれた美しい島で、透明度の高い海でシュノーケリングやダイビングを楽しむことができます。また、島には多くの野生の動植物が生息しており、自然観察にも最適な場所です。 臥牛角東小島の魅力は、その手つかずの自然です。島には人間が住んでいないため、原生林やサンゴ礁がそのまま残されています。また、島には多くの野生の動植物が生息しており、自然観察にも最適な場所です。臥牛角東小島は、シュノーケリングやダイビング、自然観察など、さまざまなアクティビティを楽しむことができます。 臥牛角東小島は、知る人ぞ知る人気の無人島ですが、意外にもその魅力はあまり知られていません。しかし、一度臥牛角東小島を訪れれば、その魅力にとりつかれること間違いなしです。手つかずの自然が残る臥牛角東小島は、まさに秘境と言えるでしょう。
地名・ロケ地

下水島 – 倉敷市の無人島

下水島とは、倉敷市児島諸島にある無人島です。児島湾の北東部に位置し、面積は約0.04平方キロメートル、周囲は約1キロメートルです。島の最高点は標高約20メートルで、島の北側には小さな砂浜があります。下水島は、瀬戸内海に浮かぶ多くの島々の中でも、その独特の風景で知られています。島の周囲には大小さまざまな岩礁が点在しており、島の北側には奇岩怪石が連なる景勝地があります。また、島の南側には、かつて採石場があった跡地が残っており、その跡地には、今でも多くの石材が残されています。下水島は、その独特の景観から、観光客に人気のスポットとなっています。島の周囲には、遊覧船が運航されており、島の上陸も可能です。島には、キャンプ場や宿泊施設はありませんが、日帰りでピクニックを楽しむことができます。
地名・ロケ地

唐荷島を探索しよう!

唐荷島は、長崎県にある美しい島です。面積は約1.4平方キロメートルで、人口は約200人です。島は、東西に細長く伸びており、海岸線は複雑に入り組んでいます。島には、いくつかのビーチがあり、海水浴やマリンスポーツを楽しむことができます。また、島には、いくつかの神社や寺があり、歴史や文化を学ぶことができます。 唐荷島は、古くから貿易の拠点として栄えました。室町時代には、中国や朝鮮との貿易が行われていました。江戸時代には、唐荷島は鎖国政策の影響で衰退しましたが、明治時代以降に再び貿易港として栄えました。唐荷島は、現在でも貿易港として機能しており、中国や韓国からの貨物が積み降ろしされています。 唐荷島は、自然が豊かで、島のいたるところで美しい景色を見ることができます。島の最高峰は、標高242メートルの唐荷岳です。唐荷岳からは、島を一望することができます。また、島には、いくつかの洞窟があり、探検を楽しむことができます。唐荷島は、自然豊かな島であり、ハイキングやキャンプなどのアウトドアアクティビティを楽しむことができます。
地名・ロケ地

ウ離島の魅力と歴史

ウ離島への行き方とアクセス方法 ウ離島は、瀬戸内海に浮かぶ無人島で、美しい自然が残る人気の観光スポットです。ウ離島へのアクセス方法は、主に2つあります。 1つ目は、広島県の竹原港からフェリーに乗る方法です。フェリーは、1日1便運航されており、所要時間は約30分です。竹原港までは、広島駅からバスで約1時間30分、または広島空港から車で約1時間です。 2つ目は、愛媛県の今治港から船に乗る方法です。船は、1日1便運航されており、所要時間は約1時間です。今治港までは、松山駅からバスで約1時間30分、または松山空港から車で約1時間です。 ウ離島に到着したら、島の散策を楽しむことができます。島の周囲は約4kmで、徒歩で約1時間30分で一周することができます。島には、白砂のビーチや、ウバメガシの原生林、そして国の天然記念物に指定されているウバメガシの大木など、自然の美しさを堪能できるスポットがたくさんあります。また、ウ離島には、ウサギがたくさん生息しており、ウサギとのふれあいを楽しみながら散策することができます。
地名・ロケ地

和歌山の無人島「神島」の魅力

-神島の概要- 和歌山県、淡嶋神社に隣接する無人島「神島」。周囲わずか40m、標高約3mの小さな島で、アクセスは神社の少し沖合に停泊する船で向かう。 島全体が花崗岩で構成されており、平らな地形をしている。また、島には樹木や草木が生えておらず、岩肌がむき出しになっている。神島には、淡嶋神社の摂社である神島神社が祀られており、安産や縁結びの神様として信仰されている。 神島は、その小ささにもかかわらず、多くの観光客が訪れるスポットである。その理由は、島の神秘的な雰囲気や、神島神社の参拝客に御利益があると言われていることにある。また、神島は、淡嶋神社の境内から眺めることができるため、観光客は、船で島まで行くことなく、神島を間近に見ることができる。
地名・ロケ地

蕪島 – 青森県のウミネコの聖地

蕪島の歴史は古く、縄文時代から人が住んでいたと考えられています。平安時代には、蕪島は「神島」と呼ばれ、ウミネコは神の使いとされていました。ウミネコは、漁師たちにとって縁起の良い鳥とされ、蕪島は漁師たちの信仰の対象となっていました。 江戸時代になると、蕪島はウミネコの繁殖地として有名になりました。ウミネコは、肥料や羽毛の原料として貴重な存在だったため、漁師たちはウミネコを保護していました。蕪島は、ウミネコの聖地として、多くの人々に知られるようになりました。 明治時代になると、蕪島は国の天然記念物に指定されました。ウミネコの保護と蕪島の自然を保全するため、蕪島への立ち入りが禁止されました。蕪島は、ウミネコの楽園として、多くの人々に憧れられるようになりました。 昭和時代になると、蕪島への立ち入りが解禁されました。蕪島は、観光地として整備され、多くの人々が訪れるようになりました。蕪島は、ウミネコの聖地として、多くの人々に親しまれるようになりました。
地名・ロケ地

玄界灘の秘境「勝島」:九州の無人島の城跡探訪

玄界灘の秘境「勝島」九州の無人島の城跡探訪 無人島「勝島」の歴史と魅力 九州の北西部に位置する玄界灘には、多くの島々が点在している。その中でも、最も秘境的な島として知られているのが勝島である。勝島は、福岡県福岡市から北西約40kmに位置する、周囲約1.5kmの無人島である。勝島は、その美しい景観と、島の随所に残る城跡や砲台跡など、歴史的建造物で知られている。 勝島の歴史は古く、12世紀には平清盛が、この島に城を築いたと伝えられている。その後、戦国時代には、毛利氏と大友氏の争奪戦の舞台となり、16世紀には、キリシタン大名の大村純忠が、この島にキリスト教の布教拠点を置いた。江戸時代には、幕府の直轄地となり、軍事的拠点として整備された。また、勝島は、玄界灘の要衝の地として、海賊や密輸業者たちの拠点ともなっていた。 明治時代以降、勝島は無人島となり、長い間、人の住まぬ島となっていた。しかし、近年、勝島の美しい景観や、島の随所に残る歴史的建造物が、観光客の間で注目を集めるようになり、現在は、観光スポットとして人気が高まっている。勝島には、城跡や砲台跡、灯台など、様々な史跡が残されており、それらは島の歴史を物語っている。また、勝島は、玄界灘の美しい景観を望むことができる場所としても知られており、釣りや磯遊びなどのレジャーを楽しむことができる。 勝島は、玄界灘の秘境と呼ばれる無人島であり、美しい景観と、島の随所に残る歴史的建造物が魅力的な島である。勝島は、観光スポットとして人気が高まっており、多くの観光客が訪れている。
地名・ロケ地

南東上小島を知ろう!東京都小笠原諸島の大自然が息づく無人島

-南東上小島の発見と命名- 南東上小島は、小笠原諸島に位置する無人島であり、八丈島の南東約1,000キロメートルの太平洋上に浮かんでいます。その存在は、1543年にスペインの探検家であるベルナルド・デ・ラ・トーレによって初めて報告されました。彼は、この島を「サン・ロレンソ島」と名付けました。 その後、1639年にオランダの探検家であるマarten Gerritsz Vriesによって再発見され、「デスデモーナ島」と名付けられました。そして、1787年にフランスの探検家であるラ・ペルーズによって3度目の発見がなされ、「ピク島」と名付けられました。 1825年、アメリカの捕鯨船「エセックス号」が南東上小島に漂着しました。この事件は、アメリカの作家ハーマン・メルヴィルによって小説「白鯨」に描かれています。 1876年、日本政府は南東上小島を領有し、正式に「南東上小島」と命名しました。
地名・ロケ地

タヌキの楽園「戸島」の秘密を探る

戸島の豊かな自然と歴史 戸島は、その豊かな自然と長い歴史で知られています。島には、国内で数少ないツシマヤマネコが生息しており、また日本最後のウミウの繁殖地としても知られています。さらに、島には数多くの洞窟があり、その中には縄文時代から弥生時代にかけての遺跡が残されています。また、戸島には日本の総鎮守と言われる宗像大社が鎮座しており、国の重要文化財に指定されています。このように、戸島は豊かな自然と長い歴史を有する島であり、多くの観光客が訪れます。
地名・ロケ地

祝言島に行ってみよう!

祝言島の自然と特徴 祝言島は、南国の美しい島で、一年中温暖な気候に恵まれています。島のいたるところにヤシの木やトロピカルフルーツの木々が茂り、エキゾチックな雰囲気を醸し出しています。また、島の周囲にはサンゴ礁が広がり、熱帯魚やウミガメなど多種多様な海洋生物が生息しています。 祝言島には、いくつかのユニークな自然の特徴があります。その一つが、島の真ん中に位置する火口湖です。火口湖は、かつて噴火した火山の跡地に水が溜まってできたもので、現在は透明度の高い美しい湖として知られています。もう一つの特徴が、島にある鍾乳洞です。鍾乳洞は、長い年月をかけて石灰岩が侵食されることで形成されたもので、その中は神秘的な雰囲気に包まれています。 祝言島の自然は、手つかずのまま残されており、まるで時間が止まったかのような風景が広がっています。島を訪れる人々は、その美しい景色に魅了され、心身ともにリフレッシュすることができます。
地名・ロケ地

安室島について知っておくべき7つのこと

安室島とは? 安室島は、沖縄本島の北部に位置する小さな島です。面積は約10平方キロメートルで、人口は約200人です。安室島は、亜熱帯気候で、年間平均気温は24度です。島の主要産業は、漁業と観光業です。安室島には、美しいビーチやサンゴ礁があり、シュノーケリングやダイビングなどのマリンスポーツが人気です。また、島には、安室城跡や安室大島灯台などの史跡もあります。安室島は、沖縄県の離島の中でも、特に人気のある観光地です。
地名・ロケ地

「ヤガンナ島」の伝説と魅力

ヤガンナ島とは? ヤガンナ島とは、東シナ海に浮かぶ小さな島で、長崎県五島列島の一部です。面積は約0.2平方キロメートルで、人口は約100人です。ヤガンナ島は、美しい自然と豊かな歴史・文化を持つ島として知られています。 ヤガンナ島は、約4000万年前に海底火山が噴火してできた島です。島は玄武岩でできており、それがヤガンナ島の荒々しくも美しい海岸線の景観を作り出しています。また、ヤガンナ島は、日本最古級の石器時代遺跡である「ヤガンナ島遺跡」があることでも有名です。この遺跡からは、約10万年前の人類の生活跡が発見されており、ヤガンナ島が古くから人類が住んでいた島であることがわかります。 ヤガンナ島は、美しい自然と豊かな歴史・文化を持つ島です。島の周囲には、エメラルドグリーンの海が広がり、島内には、亜熱帯の植物が茂る森林があります。また、ヤガンナ島には、江戸時代から残る町並みが残されており、島の歴史を垣間見ることができます。ヤガンナ島は、自然と歴史・文化が調和した美しい島です。
地名・ロケ地

前島の北にある無人島「中島」の魅力と歴史

沖縄県島尻郡渡嘉敷村に存在する中島 中島は、沖縄本島から約30km離れた前島の北に位置する無人島である。面積は約1平方キロメートルで、周囲は約4キロメートルである。島の最高点は標高50メートルで、島の北側には約1キロメートルの砂浜が広がっている。中島は、渡嘉敷村に属しており、渡嘉敷島から約3キロメートルの距離にある。 中島は、亜熱帯気候に属しており、年間平均気温は23℃である。夏は高温多湿で、冬は温暖である。中島の植生は、亜熱帯林であり、リュウキュウマツやシイの木が生息している。また、中島は、渡り鳥の中継地となっており、オオクイナやキョウジョウロウなどの野鳥が生息している。 中島は、無人島であり、人が住んでいない。しかし、中島の北側には、約1キロメートルの砂浜が広がっており、海水浴やキャンプを楽しむことができる。また、中島の周辺海域は、サンゴ礁に囲まれており、シュノーケリングやダイビングを楽しむことができる。
地名・ロケ地

兵庫県姫路市の孤島「松島」の魅力

播磨灘に浮かぶ無人島の魅力 兵庫県姫路市の南西約10キロに位置する松島は、周囲わずか約1キロの小さな無人島です。島のほとんどが森林に覆われており、海岸線には大小さまざまな岩礁が点在しています。松島は、その美しい自然景観から、古くから姫路市民に親しまれてきました。 春には、島一面に桜が咲き誇り、夏には海水浴場として賑わいます。秋の紅葉も素晴らしく、冬には雪化粧をした松島を眺めることができます。 松島には、いくつかのハイキングコースがあります。最も人気のあるコースは、島の最高峰である松島山(標高116メートル)を目指すコースです。松島山の山頂からは、播磨灘を一望することができます。 松島は、無人島ですが、定期的に船が運航されており、姫路港から約30分でアクセスすることができます。島には、宿泊施設や飲食店はありませんが、キャンプ場があるので、島に宿泊することも可能です。 松島は、兵庫県の隠れた観光スポットです。自然豊かな島で、ハイキングやキャンプを楽しむことができます。また、松島周辺には、姫路城や書写山円教寺など、多くの観光スポットがあります。
地名・ロケ地

「めぐり島」の魅力と未来

めぐり島の美しい自然 めぐり島は、瀬戸内海に浮かぶ小さな島です。この島は、美しい自然が残ることで知られており、毎年多くの観光客が訪れます。島の周囲は約4キロメートルで、島の面積は約1平方キロメートルです。島には、いくつかの集落がありますが、人口はわずか100人ほどです。 島のほとんどは、森林で覆われており、島の最高点は、標高150メートルほどの山です。島には、いくつかの川や湖があり、島の中央部には、大きな湖があります。湖の周りには、木々が茂っており、とても静かな場所です。 島の海岸線は、入り組んでおり、島の周りを一周する遊歩道があります。遊歩道を歩けば、島の美しい自然を堪能することができます。遊歩道からは、島の景色を望むことができます。また、島の海岸線には、いくつかのビーチがあり、海水浴を楽しむことができます。 めぐり島は、美しい自然が残る島です。島には、森林、川、湖、ビーチなどがあり、島の周りを一周する遊歩道があります。遊歩道を歩けば、島の美しい自然を堪能することができます。
地名・ロケ地

折島の魅力と歴史

折島の立地と概要 折島は、和歌山県にある小さな島です。面積はわずか1.2平方キロメートルで、人口は約300人です。紀伊半島の南端、潮岬から約10キロの沖合に位置しています。折島は、和歌山市からフェリーで約1時間の距離にあります。 折島は、温暖な気候と美しい自然が特徴の島です。島の周囲は岩礁に囲まれており、海岸線には奇岩や洞窟が多く見られます。また、島内には山があり、ハイキングコースも整備されています。折島は、釣りや磯遊び、キャンプなどのアウトドアレジャーを楽しむのに最適な島です。 折島は、古くから人が住んでいた島です。島の歴史は、縄文時代まで遡ると言われています。折島には、縄文時代の遺跡や古墳が多く残されています。また、島内には、江戸時代から明治時代にかけて建てられた民家や寺社仏閣なども残されています。折島は、歴史と文化を学ぶことができる島でもあります。
地名・ロケ地

セリ岬北小島とは?鹿児島県の秘島

セリ岬北小島とは? 大阪府阪南市の南部、岬町から南へ約500mの地点にある陸繋島である。大潮の時は島になっており、干潮の時には砂州で陸続きになる。かつては無人島だったが、現在では別荘が数軒建てられている。大阪唯一の陸繋島となっている。 セリ岬北小島は、種子島の瀬底海岸沖約3kmに位置する小さな無人島です。周囲約1km、面積約0.3平方キロメートルで、瀬底海岸から約3kmの距離にあります。島は、主に砂岩や泥岩から構成され、海岸線は入り組んでいます。島には、いくつかの小さな岬や、入り江があり、美しい景観を形成しています。 セリ岬北小島は、豊かな自然環境を有しています。島の周囲には、サンゴ礁が広がっており、様々な種類の魚や貝類が生息しています。また、島には、多くの種類の海鳥が生息しており、バードウォッチングのスポットとしても人気です。 セリ岬北小島は、観光地としても人気があります。島の周囲は、透明度の高い海で、シュノーケリングやダイビングに最適なスポットです。また、島には、キャンプ場や、宿泊施設があり、自然を満喫しながらキャンプや、宿泊をすることができます。
地名・ロケ地

瀬戸内海の秘境、大槌島へようこそ!

大槌島の歴史と文化 大槌島は、古くから人々が住んでいた島として知られており、縄文時代や弥生時代の遺跡も数多く発見されています。また、平安時代には貴族の別荘地として栄え、鎌倉時代には源氏と平家の戦いの舞台にもなりました。戦国時代には、毛利氏と村上水軍の争いにも巻き込まれ、島のあちこちに戦跡が残っています。江戸時代には、瀬戸内海の海の玄関口として栄え、多くの船乗りや商人たちが行き交っていました。明治時代以降も、島の産業は順調に発展し、現在では、漁業や観光業が盛んな島となっています。 大槌島は、古くから独自の文化を発展させてきました。島の伝統芸能である「大槌島太鼓」は、勇壮で力強いリズムが特徴で、島外でも高い評価を得ています。また、島の伝統工芸である「大槌島細工」は、美しい細工が施された陶磁器で、島の特産品として知られています。さらに、島には、古くから伝わる多くの民話や伝説があり、それらは島の歴史や文化を伝える貴重な財産となっています。
地名・ロケ地

上黒島の魅力を探る

瀬戸内海の秘境、上黒島 愛媛県今治市に属する上黒島は、瀬戸内海に浮かぶ小さな島です。面積はおよそ23平方キロメートル、人口は約1,000人。島の周囲は15キロメートルほどで、海岸線は入り組んでおり、美しい景観を眺めることができます。 上黒島は、古くから漁業と農業が盛んな島でした。島には、かつて石灰石の採掘が行われており、その跡地は現在、観光スポットとして人気があります。また、島には、塩田跡や風車など、歴史を感じさせるスポットが数多く残されています。 上黒島の自然は、とても豊か。島には、豊かな森林や湿地帯が広がり、様々な動植物が生息しています。島には、野生の鹿やイノシシが生息しており、それらを間近に見ることもできます。また、島には、多くの野鳥が生息しており、バードウォッチングに最適な場所となっています。 上黒島は、瀬戸内海の秘境と言えるでしょう。島は、美しい景観と豊かな自然、そして歴史を感じさせるスポットが数多く残されています。島を訪れると、日本の原風景に触れることができます。
地名・ロケ地

フデ岩と灯台の魅力

小見出し「フデ岩の概要」 フデ岩は、青森県八戸市の種差海岸にある通称です。正式名称は「筆岩」であり、その名の通り、ペン先のような形をした独特の岩です。この岩は、波の浸食によって形成され、高さは30メートル。その大きく尖った岩の根本に、真っ白な灯台が立っており、その対比が非常に美しい景観を作り出しています。 フデ岩は、正式名称の「筆岩」の通り、その形がまるで筆に似ていることから名づけられました。岩のてっぺんが鋭く尖っており、まるで筆の先のように見えるためです。また、フデ岩は、岩肌が白く、波の浸食によって様々な形が刻まれています。このため、岩肌がまるで筆跡のように見えることから、この名前がつけられたと言われています。 フデ岩は、種差海岸でも最大の見どころです。その独特な形と、波の浸食によって生まれた美しい景観は、多くの観光客を魅了しています。フデ岩は、種差海岸に訪れた際には、必ず見ておきたいスポットです。
地名・ロケ地

熊本県上天草市の無人島「瀬島」の記憶

瀬島は、熊本県上天草市の無人島ですが、かつては人が住んでいました。瀬島に人が住み始めたのは、江戸時代初期のことです。漁業や農業などを営む人々が移り住み、瀬島は小さな集落となりました。瀬島の集落は、山の斜面に沿って家が建ち並び、狭い路地が入り組んでいました。家々は木造で、瓦葺きや茅葺きでした。 瀬島の住民たちは、主に漁業を営んでいました。瀬島周辺の海は、魚の種類が豊富で、漁獲量も多かったため、瀬島の住民たちは漁業で生計を立てることができました。また、瀬島の住民たちは農業も営んでいました。瀬島は、山がちな地形ですが、山の斜面には畑や田んぼが開墾されていました。瀬島の住民たちは、米や麦、野菜などを栽培していました。 瀬島の住民たちは、狭い島の中で助け合いながら暮らしていました。瀬島の住民たちは、お互いに助け合い、協力しながら暮らしていました。例えば、漁業を営む住民たちは、漁の獲物を分け合ったり、農業を営む住民たちは、田植えや稲刈りの作業を手伝ったりしていました。瀬島の住民たちは、助け合いながら暮らし、島の生活を守っていました。 瀬島の住民たちは、1960年代後半に瀬島を離れ、本土に移住しました。瀬島の住民たちが瀬島を離れた理由は、島の生活が不便だったためです。瀬島には、電気やガス、水道などのインフラが整備されておらず、島民たちは不便な生活を強いられていました。また、瀬島の学校は小規模で、中学校以上は本土に通学しなければなりませんでした。瀬島の住民たちは、島の生活の不便さを理由に瀬島を離れ、本土に移住しました。 瀬島は、現在は無人島ですが、かつては人が住んでいました。瀬島の住民たちは、漁業や農業を営み、助け合いながら暮らしていました。瀬島の住民たちは、1960年代後半に瀬島を離れ、本土に移住しました。しかし、瀬島の記憶は今もなお、瀬島を訪れる人々の心に残り続けています。
地名・ロケ地

幻の島「和田島」の魅力

和田島の地理と歴史 和田島は、鹿児島県の薩摩半島の南端にある小島です。面積は約1平方キロメートル、周囲は約4キロメートルで、島の最高点は標高約100メートルです。和田島は、周囲を海に囲まれた小さな島ですが、その景観は非常に美しいもので、島の北側には白い砂浜が続き、南側には断崖絶壁がそびえ立っています。 和田島は、かつては有人島でしたが、現在は無人島となっています。島の住民は、1960年代に全員が本土に移住したため、現在では島には人は住んでいません。和田島には、かつて集落や学校、神社などがあったと言われています。和田島の集落跡には、今もなお石垣や土台などの遺構が残っています。和田島の神社は、和田島八幡神社という名前で、島の中央部に鎮座していました。和田島八幡神社は、島民の信仰を集めていましたが、現在は無人島となったため、神社も無人となっています。
地名・ロケ地

無人島「大島」の自然と歴史

大島の豊かな自然 大島は、亜熱帯気候に属しており、年間平均気温は20度前後、降水量は2,000mm前後です。また、島は山がちで、最高峰は標高382mの御嶽山です。このため、島の気候は、標高によって大きく異なり、山間部は冬には雪が降り、海岸部は夏には暑くなります。 大島には、豊かな自然が残されており、国の天然記念物に指定されているオオシマスズメや、島固有種であるオオシマザクラ、オオシマハナシノブなど、多くの動植物が生息しています。また、島には、海抜200m以上の山地林や、海岸沿いの照葉樹林など、様々な植生が見られます。 大島の豊かな自然は、古くから人々に利用されてきました。島民は、山林で狩猟や採集を行い、海岸で漁撈活動を行ってきました。また、島には、水田や畑があり、稲作や畑作が行われています。 近年、大島は、観光地としての人気も高まっており、多くの観光客が訪れるようになっています。観光客は、島の美しい自然や、島の伝統的な文化を楽しみ、島の魅力を満喫しています。
地名・ロケ地

「高島」の魅力とアクセス方法

「高島の魅力」 高島は、琵琶湖の北西部に浮かぶ湖上最大の島です。島の面積は約22平方キロメートルで、南北約10キロメートル、東西約7キロメートルです。高島は、その美しい自然景観や歴史文化遺産で知られており、多くの観光客が訪れます。 高島の自然景観は、四季折々に変化します。春には、島のいたるところで桜が咲き誇り、秋には、紅葉が湖面に映える美しい景色を楽しむことができます。また、高島には、多くの野鳥が生息しており、バードウォッチングを楽しむのにも最適です。 高島の歴史文化遺産も、見どころがたくさんあります。島の西部にある「高島城跡」は、戦国時代に築かれたお城の跡地です。城跡からは、琵琶湖の美しい景色を一望することができます。また、島の東部にある「海津大崎」は、日本三景のひとつに数えられています。海津大崎は、湖に突き出た岬で、その先端には、高さ約100メートルの断崖絶壁がそびえています。