無印良品

モノの名前

黒地 見やすい定規 – 株式会社良品計画が企画・販売していた定規

黒地 見やすい定規とは 黒地 見やすい定規とは、株式会社良品計画が企画・販売していた定規のことで、黒地に白の目盛りが施されているのが特徴です。この定規は、従来の定規のように目盛りが印刷されているのではなく、レーザーで刻印されているため、目盛りが消えにくく、長く使用することができます。また、黒地に白の目盛りというシンプルなデザインで、視認性が高く、使いやすくなっています。この定規は、2006年に発売され、ロングセラー商品となりましたが、現在は販売を終了しています。
モノの名前

「植林木ペーパー4コマ付箋紙」でクリエイティブな付箋使い♪

「植林木ペーパー4コマ付箋紙」は、クリエイティブな付箋使いを可能にする新しい付箋紙です。その最大の特徴は、そのままでは使えない4コマ漫画の付箋紙という点です。4コマ漫画はすべて、裏紙になっており、まるでトランプのようにめくって4コマ漫画を楽しむことができます。 また、付箋紙は、環境に優しい植林木ペーパーを使用しており、環境に配慮した商品となっています。4コマ漫画は、日本の伝統的な落語をモチーフにしており、クスッと笑えるようなユーモアあふれるものばかりです。また、植林木ペーパーは、丈夫で破れにくい素材なので、長く使用することができます。
モノの名前

印のつけられるボールペンとは?

無印良品を代表するボールペン 無印良品は、シンプルなデザインと機能性を追求した商品を販売するブランドです。その中でも、ボールペンは無印良品を代表する商品のひとつです。無印良品のボールペンは、余計な装飾を一切省いたシンプルなデザインで、使い心地も抜群です。 無印良品のボールペンは、ノック式、繰り出し式、多色ペンなど、さまざまな種類が販売されています。また、ボールペンの軸の色も、黒、白、シルバーなど、さまざまなバリエーションがあります。 無印良品のボールペンは、そのシンプルなデザインと機能性から、ビジネスシーンでもプライベートでも幅広く活用されています。また、無印良品のボールペンは比較的安価なので、プレゼントとしても人気があります。 無印良品のボールペンは、定番の黒・赤インクに加えて、青・緑・オレンジなど、さまざまなカラーバリエーションが用意されています。また、ゲルインクタイプや油性インクタイプなど、筆記用具の好みに合わせて選ぶことができます。 無印良品のボールペンは、シンプルなデザインで、使いやすく、値段も手頃なので、学生や社会人など、幅広い層に人気があります。また、無印良品のボールペンは、プレゼントとしても喜ばれるので、ギフト選びに困ったときには無印良品のボールペンをチェックしてみてはいかがでしょうか。
モノの名前

再生紙ノートの秘密

- 再生紙ノートとは何か 再生紙ノートとは、古紙を原料として作られたノートのことです。古紙は、新聞紙、雑誌、段ボール、コピー用紙など、私たちの生活の中で毎日大量に排出されているものです。これらの古紙を回収してリサイクルすることで、新たな紙製品を作り出すことができます。再生紙ノートは、古紙を原料としているため、森林伐採を抑制し、環境負荷を軽減することができるというメリットがあります。 また、再生紙ノートは、通常の紙ノートよりも丈夫で長持ちするという特徴があります。これは、古紙を原料としているため、繊維が長く、強度があるためです。そのため、再生紙ノートは、学生やビジネスマンなど、ノートをたくさん使用する人におすすめです。 再生紙ノートは、環境に優しく、丈夫で長持ちするというメリットがあることから、近年、注目を集めています。文房具店やスーパーなど、さまざまな場所で販売されているので、ぜひ一度使ってみてはいかがでしょうか。
モノの名前

植林木ペーパーインデックス付箋紙とは

「植林木ペーパーインデックス付箋紙」の特徴は、その名の通り、植林木を原材料とした紙を使用していることです。植林木とは、伐採された森林を再生させるために植林された木々のことで、環境に配慮した持続可能な森林経営において重要な役割を果たしています。 植林木ペーパーインデックス付箋紙のもう一つの特徴は、インデックス機能を備えていることです。インデックスとは、書類やノートの重要な箇所に貼り付け、見出しや内容を簡単に確認できるようにするものです。植林木ペーパーインデックス付箋紙は、インデックス部分に切れ目が入っているため、簡単に折り曲げることができます。また、付箋紙部分にメモやコメントを書き込むこともできます。 植林木ペーパーインデックス付箋紙は、環境に配慮した持続可能な製品であり、インデックス機能を備えているため、書類やノート整理に最適な製品です。
モノの名前

布描き名前ペンの魅力

布描き名前ペンとは、布に直接名前や文字を書くことができるペンです。アイロンをかけるだけで定着するので、とても簡単で便利です。布描き名前ペンには、さまざまな特徴があります。 まず、布描き名前ペンは水性なので、匂いがほとんどありません。そのため、小さなお子さんがいるご家庭でも安心して使えます。また、布描き名前ペンは速乾性があるので、すぐに乾いて、ベタベタしません。 さらに、布描き名前ペンは、布に直接書けるので、とても簡単です。アイロンをかけるだけで定着するので、初心者でもきれいに書くことができます。また、布描き名前ペンには、さまざまなカラーバリエーションがあるので、お好みの色を選ぶことができます。 布描き名前ペンは、保育園や幼稚園の持ち物に名前を書くのに最適です。また、洋服や帽子に名前を書くのにも便利です。布描き名前ペンを使えば、簡単にオリジナルのアイテムを作ることができます。
モノの名前

3色ボールペンで自分好みの組み合わせを作ろう

色や軸径を組み合わせることで自分に合った1本に  3色ボールペンといえば、黒や赤、青という定番の組み合わせが一般的ですが、近年では軸径や色のバリエーションも豊富になり、自分好みの組み合わせを作ることができるようになりました。  まず、軸径ですが、一般的には0.3mm、0.5mm、0.7mmの3種類が主流です。0.3mmは細い線で繊細な書き心地が特徴で、手帳やノートに細かい文字を書くのに適しています。0.5mmは最も一般的な軸径で、書きやすさと見やすさのバランスが良く、幅広いシーンで使用できます。0.7mmは太い線で力強い書き心地が特徴で、ポスターやPOPなど、目立つ文字を書きたい場合に適しています。  色については、黒、赤、青の定番3色の他、緑、オレンジ、紫、ピンクなど、様々なカラーバリエーションが揃っています。また、ラメ入りやマーブル模様など、デザイン性に富んだものも人気です。  3色ボールペンの軸径と色を組み合わせることで、自分に合った1本を作ることができます。例えば、手帳やノートに細かい文字を書くことが多い人は、0.3mmの軸径で、黒、赤、青の定番3色を組み合わせたものが良いでしょう。ポスターやPOPなど、目立つ文字を書きたい人は、0.7mmの軸径で、黒、赤、緑の組み合わせなどがおすすめです。
モノの名前

スティック型ハサミを徹底解説!無印良品が販売する定番アイテム

スティック型ハサミとは、刃と刃の間に軸を設け、片側だけが軸を中心に回転するようになっているハサミの一種です。先端がとがっており、狭い場所や細かい作業をするときなど、普通のハサミでは届かない場所を切るときにも便利です。また、スティック型ハサミは、刃が短く、本体の頭の部分が比較的小さいため、一般的なハサミよりも安全に扱えるのも特徴です。そのため、子供や年配の方、初めてハサミを使用する方にも適しています。
モノの名前

サラサについて

「サラサ」の特徴 サラサの特徴は、その鮮やかな発色と滑らかな書き心地です。発色は、一般的なボールペンよりも鮮やかで、文字がくっきりとはっきり見えます。書き心地も滑らかで、さらさらと書くことができます。また、サラサは、耐水性にも優れているため、水がかかってもにじんだり滲んだりしません。 サラサのもう一つの特徴は、豊富なカラーバリエーションです。サラサは、ブラック、ブルー、レッドの定番カラーに加えて、ピンク、グリーン、オレンジなど、様々なカラーが用意されています。そのため、自分の好みに合ったカラーを選ぶことができます。 サラサは、その鮮やかな発色と滑らかな書き心地、豊富なカラーバリエーションから、多くの人に愛されています。学生から社会人まで、幅広い層に使用されています。
モノの名前

「窓付き蛍光ペン」の魅力

「窓付き蛍光ペン」の魅力 窓付き蛍光ペンの特徴 蛍光ペンは、文章や文字を強調表示するために使用される文房具です。一般的な蛍光ペンは、ペン先が丸く、ペン先を紙に押し当てると、墨が紙に付着して、強調したい部分が目立つようになります。しかし、窓付き蛍光ペンは、ペン先が透明な窓になっていて、強調したい部分の下にペン先を当てると、強調したい部分が見えながら蛍光ペンで印をつけることができます。これにより、強調したい部分が正確に強調表示できるという特徴があります。 また、窓付き蛍光ペンは、ペン先が透明なので、強調したい部分の大きさを調整しやすいという特徴もあります。一般的な蛍光ペンは、ペン先が丸いため、強調したい部分の大きさを調整するのが難しい場合がありますが、窓付き蛍光ペンは、ペン先が透明なので、強調したい部分の大きさを調整しやすいです。そのため、細かい部分も正確に強調表示したい場合に適しています。 さらに、窓付き蛍光ペンは、ペン先が透明なので、強調したい部分の下に印をつけたことがあるかどうかを確認しやすいという特徴もあります。一般的な蛍光ペンは、ペン先が丸いため、強調したい部分の下に印をつけたことがあるかどうかを確認するのは難しい場合がありますが、窓付き蛍光ペンは、ペン先が透明なので、強調したい部分の下に印をつけたことがあるかどうかを確認しやすいです。そのため、強調したい部分を正確に強調表示したい場合に適しています。
モノの名前

塗ったところがわかるスティックのり

無印良品の塗ったところがわかるスティックのり 無印良品から、塗ったところがわかるスティックのりという商品が登場しました。こちらは2023年2月10日発売の新商品です。スティックのりの主成分である澱粉に、色を付けて可視化。塗ることで、塗り過ぎや塗り残しを解消する効果があります。また、乾き時間が早く、くっつかない面には塗り直しが可能なのも特徴です。 塗ったところがわかるスティックのりは、2023年2月10日に発売された無印良品の商品です。パッケージはシンプルで、中身がよく見えるようになっています。また、スティックのりの表面に凹凸がついており、塗りやすい形状になっています。 スティックのりは、塗ったところが白くなるので、塗り過ぎや塗り残しを防ぐことができます。また、乾き時間が早く、くっつかない面には塗り直しが可能なので、使い勝手が良いです。 スティックのりの価格は、税込150円です。無印良品の店舗で購入することができます。また、無印良品のオンラインストアでも取り扱っています。
モノの名前

水性ツインペンの特長と使い方

水性六角ツインペンは、水性顔料インクを採用しており、耐水性と耐光性に優れています。発色が鮮やかで、にじみや裏抜けが少ないのが特徴です。また、先端が六角形になっているため、安定感のある書き心地で長時間使用しても疲れにくいです。色の種類が豊富で、太字と細字の2種類のペン先が一体となっているので、使い分けることで幅広い用途に使用できます。 水性六角ツインペンは、イラストやスケッチ、レタリングなど、さまざまな用途に使用できます。また、耐水性があるため、屋外での使用にも適しています。使用後は、ペン先を水洗いしてインクを落としておくと、長持ちします。
モノの名前

『中性ゲルインキ六角ボールペン』の魅力と使い方

「中性ゲルインキ六角ボールペン」の特徴 「中性ゲルインキ六角ボールペン」は、その名の通り、中性ゲルインキを使用した六角形のボールペンです。中性ゲルインキは、水性顔料インキをゲル化したもので、油性インキと水性インキの両方の長所を兼ね備えています。油性インキのように速乾性があり、滲みにくく、水性インキのように滑らかで書きやすいのが特徴です。また、六角形のボディは、手にフィットしやすく、長時間筆記しても疲れにくい設計となっています。 中性ゲルインキ六角ボールペンは、様々なメーカーから販売されており、それぞれに特徴があります。例えば、三菱鉛筆の「ジェットストリーム」は、滑らかな書き心地と速乾性に優れています。ゼブラの「サラサクリップ」は、ポップなカラーバリエーションと、クリップ付きで携帯しやすいのが特徴です。パイロットの「アクロボール」は、油性ボールペンに匹敵するほどの速乾性と、滑らかな書き心地が特徴です。 最近では、中性ゲルインキ六角ボールペンに様々な機能を搭載したモデルも登場しています。例えば、パイロットの「アクロボール3色ボールペン」は、1本で3色のインクを使い分けることができる多色ボールペンです。ゼブラの「サラサグランド」は、グリップ部分にラバーグリップを採用し、長時間筆記しても疲れにくいのが特徴です。三菱鉛筆の「ジェットストリームエッジ」は、特殊なインクを採用し、極細の線でもくっきりとした文字を書くことができます。 中性ゲルインキ六角ボールペンは、その書き心地の良さや機能性から、学生からビジネスパーソンまで幅広く愛用されています。
モノの名前

無印良品・さらさら描けるゲルボールペン

「さらさら描けるゲルボールペン」の特徴 無印良品から発売されている「さらさら描けるゲルボールペン」は、その名の通り、さらさらと滑らかに描けるのが特徴です。インクの粘度が低く、紙との摩擦が少ないため、筆圧が弱くてもしっかりと書くことができます。また、速乾性にも優れており、書き始めから最後までかすれずに書くことができます。 「さらさら描けるゲルボールペン」は、0.4mm、0.5mm、0.7mmの3つのペン先径が用意されています。0.4mmは細い線が描けるので、細かい文字や図形を書くのに適しています。0.5mmは一般的なペン先径で、幅広い用途に使用できます。0.7mmは太い線が描けるので、強調したい部分や太字の文字を書くのに適しています。 「さらさら描けるゲルボールペン」は、ブラック、ブルーブラック、レッド、グリーン、ブルーの5色のインクが用意されています。ブラックは定番の色で、ビジネスシーンや学校などで幅広く使用することができます。ブルーブラックは落ち着いた色で、フォーマルなシーンにも適しています。レッドは目立つ色で、強調したい部分やポイントを書くのに適しています。グリーンはさわやかな色で、ノートや手帳のデコレーションなどに使用することができます。ブルーは爽やかな色で、カジュアルなシーンやプライベートで使用することができます。 「さらさら描けるゲルボールペン」は、1本100円というリーズナブルな価格で販売されています。また、詰め替え用インクも販売されているので、長く愛用することができます。
モノの名前

ステンレスペンホルダの魅力を徹底解説

ステンレスペンホルダの特徴と魅力 ステンレスペンホルダは、比較的丈夫で長持ちし、お手入れが簡単。ペン立てやハンカチなどに入れて持ち運ぶ際、他のものに引っかかってペンの先が曲がったり破損したりすることがありません。 また、ステンレスはさびにくい素材であるため、お手入れも簡単。水洗いして乾かすだけで、長く綺麗な状態を保つことができます。 そのうえ、ステンレスペンホルダはシンプルでスタイリッシュなデザインが多く、どんなペンにも合わせやすい。オフィスや学校など、さまざまなシーンで使用でき、どんなペンとも相性抜群です。 ペンが転がって机から落ちないようにと、市販されているペン立てにペンを立てておいても、ペンが滑って転倒してしまうことがあります。 ステンレスペンホルダは、ペンとちょうど良い摩擦でホールドし、ペンが転倒しないように守ります。
モノの名前

「お手紙ふせん」の廃盤が決定した背景とは

無印良品が「お手紙ふせん」の廃盤を決めた理由は、需要の低迷です。お手紙ふせんは、もともと手紙を書く際に使う付箋紙として開発されましたが、近年はメールやSNSの普及により、手紙を書く機会が減少し、需要が低迷していました。また、お手紙ふせんは、他の付箋紙と比べて価格が高いため、コストパフォーマンスが悪いと感じる消費者も多かったようです。 無印良品は、お手紙ふせんの需要の低迷を受け、2023年3月に廃盤を決定しました。お手紙ふせんは、無印良品の中でも人気商品の一つでしたが、需要の低迷により、廃盤を余儀なくされた形です。 お手紙ふせんの廃盤は、手紙を書く機会の減少や、コストパフォーマンスの悪さなどが原因です。無印良品は、廃盤を決定する際に、これらの要因を考慮したようです。
モノの名前

無印良品のシャープペン「アクリル シャープペン エアーグリップ付」

-アクリル シャープペン エアーグリップ付の特徴と使い方- 無印良品のアクリル シャープペン エアーグリップ付は、その名の通り、本体が透明のアクリル樹脂でできており、軸の内部構造が見えるおしゃれなシャープペンです。また、グリップ部分には滑り止め加工が施されており、長時間使用しても疲れにくいのが特徴です。 このアクリル シャープペン エアーグリップ付は、ノック式で、芯の硬さは0.5mmです。また、芯の出し入れは、ノック部分の下にある小さなボタンを押すことで行うことができます。 アクリル シャープペン エアーグリップ付は、そのスタイリッシュな見た目と、使いやすさから、学生やビジネスマンの間で人気のあるシャープペンです。また、比較的安価なので、気軽に購入しやすいのも魅力です。 アクリル シャープペン エアーグリップ付を使用する際は、以下の点に注意してください。 * シャープペンの芯が折れないように、ノックはゆっくりと行ってください。 * シャープペンを落としたり、強い衝撃を与えないようにしてください。 * シャープペンを使い終わったら、芯を収納してください。
モノの名前

水性六角カラーペン

-水性六角カラーペンの特徴- 水性六角カラーペンは、その名の通り、水性インクを使用し、六角形の軸が特徴的なカラーペンです。水性インクを使用しているため、水で溶かすことができ、水彩画のような風合いを出すことができます。また、六角形の軸は、手にフィットしやすく、長時間の使用でも疲れにくい設計になっています。さらに、水性六角カラーペンは、発色が良く、鮮やかな色合いが特徴です。そのため、イラストや絵画、デザインなど、さまざまな用途に使用することができます。 水性六角カラーペンの特徴は、その使いやすさと表現力の高さです。水で溶かすことができるため、水彩画のような風合いを出すことができ、また、発色が良く、鮮やかな色合いは、イラストや絵画、デザインなど、さまざまな用途に使用することができます。さらに、六角形の軸は、手にフィットしやすく、長時間の使用でも疲れにくい設計になっています。 水性六角カラーペンは、その使いやすさと表現力の高さから、多くの人に愛されているカラーペンです。
モノの名前

「水性六角ミニカラーペンセット」の特徴と使い方

-六角形ミニカラーペンの特徴- 六角形ミニカラーペンは、その名の通り六角形の小さなペンです。三角形のペンより持ちやすく、手の小さな子供でも握りやすい形状です。また、六角形のペンは転がりづらく、机の上で転がって落としてしまう心配がありません。 六角形ミニカラーペンは、鮮やかな発色で、塗り絵やイラストを書くのに適しています。また、水性なので、水で簡単に洗い流すことができます。そのため、小さい子供でも安心して使用することができます。 六角形ミニカラーペンは、12本入りや18本入りなどのセットで販売されています。さまざまな色があるので、絵を描くのに必要な色はすべて揃えることができます。また、携帯に便利なケース付きのセットもあるので、持ち運ぶことも簡単です。
モノの名前

無印良品の魅力とは?

無印良品の魅力とは? 無印良品は、シンプルで機能的なデザインの商品を販売するブランドとして知られています。無印良品の魅力は、その商品の特徴にあります。 無印良品の商品の特徴 無印良品の商品は、シンプルで機能的なデザインの商品が特徴です。余計な装飾を一切施さず、機能を追求したデザインの商品が多く、どんなインテリアにも合わせやすいのが特徴です。 また、無印良品の商品は、自然素材にこだわって作られています。木やコットンなどの天然素材を使用した商品が多く、環境にも配慮した商品作りを行っています。 さらに、無印良品の商品は、リーズナブルな価格の商品が特徴です。シンプルで機能的なデザインの商品を、できるだけ低価格で提供することを目指しており、学生や若い世代からも人気があります。 無印良品の魅力は、その商品の特徴にあります。シンプルで機能的なデザインの商品を、リーズナブルな価格で提供している無印良品は、多くの人々から支持を集めています。
モノの名前

「書き込めるメジャー」の魅力と活用法

「書き込めるメジャー」とは? 「書き込めるメジャー」とは、その名の通り、メジャーに直接書き込みができる画期的なメジャーのことです。メジャーの表面に特殊なコーティングが施されており、鉛筆やペンで直接書き込みができます。これにより、測定した長さをメモしたり、図面を描いたりすることができるようになります。 従来のメジャーでは、測定した長さをメモするには、別途メモ帳やノートを用意する必要がありました。しかし、「書き込めるメジャー」を使用すれば、メジャー自体に書き込むことができるため、メモ帳やノートを用意する必要がありません。また、図面を描く場合は、従来のメジャーでは、メジャーを当てながら図面を描く必要がありました。しかし、「書き込めるメジャー」を使用すれば、メジャーに直接書き込むことができるため、メジャーを当てながら図面を描く必要がありません。 「書き込めるメジャー」は、建築や土木、電気工事などの現場で活躍する職人の方々に最適なメジャーです。また、DIYやガーデニングなど、ご家庭でのさまざまな作業にも活躍します。
モノの名前

時計付箋紙の魅力と活用術

機能的なふせん 時計付箋紙は、単なるメモ用紙ではなく、機能的なふせんとして活用できます。まず、時計機能を利用して、タスクの期限を管理できます。付箋紙にタスクの期限を書いて、目立つ場所に貼っておけば、期限が近づくと時計を見てすぐにわかります。また、リマインダー機能として活用することもできます。付箋紙にタスクを書いて、アラームを設定しておけば、アラームが鳴ったときにタスクを思い出すことができます。 さらに、時計付箋紙は、複数のタスクを管理するのにも便利です。付箋紙にタスクを書いて、それぞれのタスクに期限や優先度を書き込んでおけば、タスクを優先順位順に並べることができます。また、付箋紙の色分けを利用して、タスクの種類を分類することもできます。 時計付箋紙は、単なるメモ用紙ではなく、機能的なふせんとして活用できます。タスクの期限を管理したり、リマインダーとして活用したり、複数のタスクを管理したりするのに便利です。
モノの名前

ノック式蛍光ペンで効率アップ!無印良品の魅力とは

ポリプロピレンノック式蛍光ペンは、無印良品が販売している蛍光ペンの中でも特に 人気の商品です。その特徴は何といっても、そのシンプルなデザインと使いやすさです。 ポリプロピレンノック式蛍光ペンは、本体がポリプロピレン樹脂でできており、とても丈夫で軽いです。また、ノック式なので、キャップを外したり付けたりする手間がなく、片手で簡単に使うことができます。 ポリプロピレンノック式蛍光ペンのメリットは、その使いやすさだけでなく、リーズナブルな価格も魅力です。無印良品のポリプロピレンノック式蛍光ペンは、1本100円前後で購入することができます。また、インクの補充も可能なので、長く使い続けることができます。 ポリプロピレンノック式蛍光ペンは、学生やビジネスマンなど、幅広い層の人々に支持されている蛍光ペンです。そのシンプルなデザインと使いやすさ、リーズナブルな価格で、勉強や仕事に欠かせないアイテムとなっています。
施設名・ロケ地

「エコール・ロゼ」の魅力とアクセス方法

エコール・ロゼの基本情報 エコール・ロゼは、フランスのパリにある私立カトリック系女子校です。1880年に設立され、現在は幼稚園から高校まで約2,000人の生徒が在籍しています。エコール・ロゼは、フランスで最も権威のある女子校の一つとして知られており、卒業生の中にはフランスの政界、経済界、文化界で活躍する著名人が数多くいます。 エコール・ロゼの教育理念は、「生徒一人ひとりの個性を尊重し、その可能性を最大限に伸ばす」ことです。そのため、エコール・ロゼでは少人数制のクラス編成を行い、一人ひとりの生徒にきめ細やかな指導を行っています。また、エコール・ロゼには、充実した課外活動プログラムがあり、生徒たちは自分の興味や関心に合った活動に参加することができます。 エコール・ロゼの校舎は、パリの高級住宅街であるアンヴァリッド地区にあります。校舎は、19世紀に建てられた美しい建物で、歴史を感じさせる雰囲気があります。エコール・ロゼの校舎内には、図書館、体育館、プール、礼拝堂など、様々な施設が整っています。 エコール・ロゼのアクセス方法は、メトロ、バス、RERなどがあります。メトロの最寄り駅は、アンヴァリッド駅とラトゥール・モブール駅です。バスの最寄り停留所は、アンヴァリッド停留所とラトゥール・モブール停留所です。RERの最寄り駅は、アンヴァリッド駅です。