猫丸先輩シリーズ

作品名

過ぎ行く風はみどり色|倉知淳のミステリー小説

かつて警察官だった倉知淳のミステリー小説「過ぎ行く風はみどり色」は、主人公の倉知が郷里の信州で起きた殺人事件を捜査する物語である。ある日、倉知の元に中学時代の同級生である古賀京子から一通の手紙が届く。その手紙には、古賀の家に幽霊が出没するという内容が書かれていた。倉知は古賀の家に滞在しながら、幽霊の正体を突き止めようと捜査を開始する。 倉知は捜査を進めるうちに、古賀の家にまつわる様々な謎が明らかになっていく。古賀の夫である古賀剛史は、5年前に交通事故で死亡していた。しかし、剛史の死後も、古賀の家の周辺で剛史の目撃情報が相次いでいた。さらに、倉知は古賀の家の地下室で、幽霊の正体を示唆するような日記を発見する。
作品名

倉知淳の傑作短編集「日曜の夜は出たくない」

小見出し「日常に潜む謎と人間模様」 倉知淳の傑作短編集「日曜の夜は出たくない」は、日常に潜む謎と人間模様を描いた作品集である。表題作「日曜の夜は出たくない」は、郊外の住宅地に住む主婦の物語である。彼女は、ある日、夫が突然失踪してしまう。彼女は、夫を探し回るのだが、手がかりは見つからない。彼女は、夫が何者かに殺されたのではないかと疑い始める。 「日曜の夜は出たくない」は、日常のささやかな出来事の中に、大きな謎が隠されていることを描いた作品である。この作品は、読者に日常の生活を改めて見直すきっかけを与えてくれる。 「日曜の夜は出たくない」以外にも、この短編集には、日常に潜む謎と人間模様を描いた作品が数多く収録されている。「帰ってきた男」は、失踪した夫が数年後に突然帰ってくるという物語である。「隣人の秘密」は、隣人の夫婦が隠していた秘密を描いた作品である。「夜の訪問者」は、夜中にアパートを訪ねてくる謎の男の物語である。 「日曜の夜は出たくない」は、倉知淳の傑作短編集である。この作品集は、日常のささやかな出来事の中に、大きな謎が隠されていることを描いた作品である。この作品は、読者に日常の生活を改めて見直すきっかけを与えてくれる。
作品名

素敵な猫丸先輩の日常を描いた「幻獣遁走曲」

素敵な猫丸先輩の日常を描いた「幻獣遁走曲」幻獣遁走曲猫丸先輩のアルバイト探偵ノートとは。「幻獣遁走曲猫丸先輩のアルバイト探偵ノート」は、倉知淳のミステリー短編集です。1999年に刊行され、「猫丸先輩シリーズ」の一作目となっています。
作品名

猫丸先輩の推測について

-猫丸先輩の推測のストーリー- 猫丸先輩の推測は、彼が犯人について語ったストーリーです。猫丸先輩は、犯人は強盗であり、マンションに忍び込んで金を盗んだと考えました。犯人は、猫丸先輩が留守の間にマンションに忍び込み、金庫を破って金を盗みました。猫丸先輩は、犯人は金庫破りのプロではないと考えました。なぜなら、金庫を破るのに時間がかかっていたからです。猫丸先輩は、犯人が焦っていたと考えました。なぜなら、金庫を破る途中で猫丸先輩が戻ってくるのを恐れ、金庫を破るのが下手だったからです。猫丸先輩は、犯人はマンションから逃げるときにエレベーターを使わず、非常階段を使ったと考えました。なぜなら、エレベーターを使えば監視カメラに映る可能性が高かったからです。猫丸先輩は、犯人はマンションから逃げた後、すぐにタクシーに乗って逃げたと考えました。なぜなら、タクシーを使えば犯人を追跡するのが難しかったからです。