甘み

モノの名前

そら南蛮の魅力

-そら南蛮の特徴- そら南蛮は、その独特な風味が特徴の野菜です。ナス科に属しており、ピーマンの一種とされています。原産地は南米で、日本には16世紀頃に伝来しました。そら南蛮は、長さ10~20cmほどで、形は細長く、先端に向かって少し細くなっています。色は緑色で、表面には縦に溝が入っています。 そら南蛮の最大の特徴は、その辛味です。ピーマンの中では最も辛みが強く、唐辛子に近い辛さがあります。また、そら南蛮は加熱すると辛味がさらに強くなります。しかし、辛さは品種によって異なり、中には辛みの少ないものもあります。 そら南蛮は、生のまま食べてもおいしく、炒め物や煮物などの料理にもよく合います。また、漬物やソースなどにも加工されます。そら南蛮は、ビタミンCやカロテンが豊富に含まれており、健康にも良い野菜です。
モノの名前

「あけぼの大豆」の甘さと特徴

「あけぼの大豆」の生産地と由来 「あけぼの大豆」は、北海道十勝地方で生産されている大豆です。十勝地方は、肥沃な大地と温暖な気候に恵まれた農業地帯で、大豆をはじめ、小麦、ビート、じゃがいもなど、さまざまな農作物が栽培されています。 「あけぼの大豆」は、昭和40年代に北海道農業試験場で開発された品種です。従来の大豆よりも甘みが強く、煮崩れしにくいのが特徴です。また、たんぱく質や脂質の含有量も高く、栄養価に優れています。 「あけぼの大豆」は、十勝地方の特産品として広く栽培されており、北海道内外の市場に出荷されています。その甘みとおいしさから、煮豆や納豆、豆腐などの加工食品にも多く利用されています。 「あけぼの大豆」は、北海道十勝地方の豊かな自然の中で育まれた、甘くておいしい大豆です。その特徴を生かしたさまざまな加工食品が作られており、全国各地で親しまれています。
モノの名前

神奈川県相模原市で生産される「津久井在来」

「津久井在来」ってどんな大豆? 「津久井在来」は、神奈川県相模原市津久井地区で生産されている在来大豆です。在来大豆とは、その土地に古くから伝わる大豆の品種のことです。「津久井在来」は、江戸時代中期から栽培されており、相模原市の特産品として知られています。 「津久井在来」は、粒が小さく、色はやや黄色をしています。大豆の中では甘みが強く、旨味とコクがあるのが特徴です。煮豆や納豆、豆腐などの加工食品に適しており、特に納豆は「津久井在来」の美味しさを引き立てる逸品です。 「津久井在来」は、相模原市の温暖な気候と土壌に適した大豆です。栽培には手間がかかりますが、その分、美味しい大豆が収穫できます。相模原市では、「津久井在来」の栽培を推進しており、生産者や加工業者を支援しています。 「津久井在来」は、相模原市の特産品として、地元の人々に親しまれています。また、近年では、その美味しさが全国的に知られるようになり、県外からも多くの注文が入るようになっています。
モノの名前

「香駿」の味わい

-香駿の特徴- 香駿は特に香りがよく、それが名前の由来となっている。名前のおいしさがそのまま味わいに反映されているわけだ。甘味も感じられ、秀逸な食味を実現している。収穫時期は1月~4月と、他の苺より遅いが、その分、甘味が増す。ちなみに、最大のものの形は、一般的な苺と変わらない。 また、形は丸と長細い2型があり、ふぞろい度が低いため均一な形で安定した大きさになりやすいことも特徴だ。これらは、物理的情報として視覚に訴えるため、とても大事なファクターといえる。そのほか、1月~4月に出荷されているが、その中でも花蕾(からい)形成が遅いため日持ちがとてもよく、長期間の販売が可能だ。
モノの名前

「伝九郎柿」の秘密

-伝九郎柿の特徴- 伝九郎柿は、甘柿の一種で、果皮が薄くて柔らかく、果汁が豊富で、甘みが強いのが特徴です。果肉は熟すとゼリー状になり、とろけるような食感が楽しめます。また、渋柿を人工的に熟成させて作る「干し柿」や「あんぽ柿」としても人気があります。 伝九郎柿は、日本各地で栽培されていますが、特に和歌山県と奈良県のものが有名です。和歌山県では「紀州伝九郎」として、奈良県では「大和伝九郎」としてブランド化されており、高級品として扱われています。 伝九郎柿は、生で食べても美味しいですが、干し柿やあんぽ柿にしても美味しくいただけます。干し柿は、甘みが凝縮されて、より濃厚な味わいになります。あんぽ柿は、干し柿をさらに熟成させて、柔らかくしたもので、とろけるような食感が特徴です。 伝九郎柿は、ビタミンCやカリウムが豊富に含まれており、栄養価も高いため、健康維持にも役立ちます。また、ポリフェノールの一種であるカテキンも含まれており、抗酸化作用があるため、アンチエイジング効果も期待できます。 伝九郎柿は、甘柿の中でも特に人気が高い品種で、その美味しさは格別です。ぜひ一度、伝九郎柿を味わってみてはいかがでしょうか。
モノの名前

渭東ねぎの甘さと香りがたまらない!

渭東ねぎは、兵庫県加西市で栽培されているねぎの一種です。その特徴は、なんといっても甘さと香りです。甘さは、完熟した玉ねぎのように甘く、香りは九条ねぎのような独特の風味があります。また、渭東ねぎは非常にやわらかいので、生で食べてもおいしくいただけます。 渭東ねぎの甘さと香りは、その栽培方法に由来しています。渭東ねぎは、加西市の肥沃な土壌で栽培されており、水はけの良い畑で作られています。また、渭東ねぎは、丁寧に手作業で収穫されており、収穫後も丁寧に管理されています。
モノの名前

阿久津曲がりねぎの秘密

阿久津曲がりねぎの特徴 阿久津曲がりねぎは、その名の通り、曲がった形状が特徴的なネギです。この曲がり方は、阿久津曲がりねぎが栽培されている阿久津地区の土壌に由来します。阿久津地区の土壌は、粘土質で水はけが悪いため、ネギが曲がってしまうのです。しかし、この曲がり方が阿久津曲がりねぎの美味しさにつながっています。 阿久津曲がりねぎは、通常のネギよりも甘みが強く、やわらかい食感が特徴です。その理由は、曲がった部分に養分が蓄えられるためです。また、阿久津曲がりねぎは、曲がっていることで日当たりが良くなり、光合成が行われやすくなります。そのため、通常のネギよりもビタミンやミネラルが豊富に含まれています。 阿久津曲がりねぎは、様々な料理に使用されます。鍋物や味噌汁、炒め物など、どのような料理に入れても美味しくいただけます。また、阿久津曲がりねぎは、生のまま食べても甘くて美味しいので、サラダにして食べるのもおすすめです。
モノの名前

鈴成砂糖の知られざる魅力

鈴成砂糖とは、黒糖の一種で、沖縄県で古くから作られている伝統的な砂糖です。さとうきびの搾り汁を煮詰めて作られ、黒糖よりもさらに濃い褐色をしています。味は黒糖よりもまろやかで上品で、独特の香ばしさがあります。 鈴成砂糖は、さとうきびの品種や栽培方法、収穫時期によって味が異なります。一般的に、早刈りのさとうきびで作られた鈴成砂糖は、すっきりとした甘さで、後味もさわやかです。遅刈りのさとうきびで作られた鈴成砂糖は、コクがあり、濃厚な甘さが特徴です。 鈴成砂糖は、そのまま食べてもおいしいですが、料理やお菓子作りにもよく使われます。特に、黒糖よりもまろやかな甘さなので、煮物や佃煮などの料理に使うと、上品な甘みとコクを加えることができます。また、お菓子作りでは、黒糖よりもコクがあるので、より風味豊かなお菓子を作ることができます。
モノの名前

えびすかぼちゃ、知っておきたい魅力や選び方

えびすかぼちゃは、鮮やかな橙色が特徴のかぼちゃです。果肉は甘みが強く、ねっとりとした食感で、煮物や天ぷら、プリンなど、さまざまな料理に利用できます。また、えびすかぼちゃは、ビタミンA、ビタミンC、カロテンが豊富に含まれており、栄養価も高く、食卓に取り入れると健康維持に役立ちます。冬の時期になると、スーパーや八百屋でよく見かける野菜のひとつです。 えびすかぼちゃは、おもに北海道で多く栽培されています。寒さに強く、病気になりにくいことから、栽培が容易で、安定した収穫量を得ることができます。えびすかぼちゃは、さまざまな料理に利用できますが、煮物や天ぷらが一般的です。煮物にすると、えびすかぼちゃの甘さが引き出され、ねっとりとした食感が楽しめます。天ぷらにすると、えびすかぼちゃの香ばしさとサクサクとした食感が楽しめます。えびすかぼちゃのプリンは、えびすかぼちゃの甘さとプリンのなめらかな食感が楽しめる、人気のデザートです。
モノの名前

紀州みかんの魅力

紀州みかんの歴史と由来 紀州みかんは、和歌山県で栽培されているみかんです。和歌山県は、温暖な気候と日照時間が長く、みかん栽培に適した土地柄です。紀州みかんは、江戸時代初期に和歌山県で栽培が始まり、明治時代には日本全国に広まりました。紀州みかんは、甘酸っぱくてジューシーな味わいが特徴です。また、栄養価が高く、ビタミンCやカロテン、カルシウムなどが豊富に含まれています。紀州みかんは、そのまま食べても美味しいですが、ジュースやジャム、ゼリーなどの加工品にもよく使われています。
モノの名前

はなっこりーとは?特徴と魅力をお届け

-新感覚野菜「はなっこりー」の魅力- はなっこりーは、近年注目されている野菜で、その特徴的な見た目と食感が人気を博しています。はなっこりーは、カリフラワーの一種ですが、通常のカリフラワーと比べて花蕾の部分が小さく、ブロッコリーに近い形状をしています。色味は淡い緑色で、葉の部分は濃い緑色をしています。 はなっこりーの魅力は、何といってもその食感が挙げられます。花蕾の部分は柔らかく、茎の部分はシャキシャキしており、両方の食感が同時に楽しめます。また、はなっこりーは栄養価も高く、ビタミンCや食物繊維が豊富に含まれています。 はなっこりーは、生食はもちろん、炒め物や煮物、揚げ物など、さまざまな調理方法で楽しむことができます。特に、はなっこりーの甘味と食感を活かした天ぷらは、人気が高いメニューです。はなっこりーは、見た目も可愛らしく、栄養価も高い新感覚野菜です。ぜひ、一度味わってみてはいかがでしょうか。
モノの名前

信州の名産「山口大根」のすべて

信州上田の特産品、山口大根とは? 山口大根は、長野県上田市の特産品です。江戸時代から栽培されている大根で、その名が知られるようになったのは明治時代からです。山口大根は、信州の厳しい気候風土の中で育ち、独特の風味と辛味が特徴です。大きさは、長さ20~30センチ、重さは1~2キロほどです。皮は薄く滑らかで、中は白色でみずみずしいです。葉は緑色で、茎は太く短いです。山口大根は、煮物、漬物、サラダなど、さまざまな料理に使われます。生で食べると、辛味と甘みが口の中に広がり、とても美味しいです。
モノの名前

秦荘のやまいも~その歴史と特徴~

-秦荘のやまいもの歴史- 秦荘のやまいもは、奈良県葛城市秦荘町で栽培されているやまいもです。平安時代の延喜元年(901年)に、秦荘の地に最初にやまいもが植えられたと伝えられています。秦荘のやまいもは、江戸時代には、「大和の七つ宝物」の一つに数えられました。明治時代以降も、秦荘のやまいもの栽培は盛んになり、昭和30年代には、秦荘のやまいもの年間収穫量は100トンを超えていました。しかし、その後は、作付け面積の減少や、後継者不足などにより、秦荘のやまいもの栽培は衰退の一途をたどり、平成20年代には、年間収穫量は50トンを切るまでになってしまいました。
モノの名前

信州で愛される「清内路かぼちゃ」の魅力

信州で古くから栽培されてきた「清内路かぼちゃ」は、地域の食文化に深く根ざした伝統野菜です。 江戸時代初期に大町市清内路地区の清沢山如法寺に伝播したとされ、地元の人たちが大切に育ててきました。 明治時代には、全国に広まり、かぼちゃの代表的な品種として親しまれるようになりました。 また、清内路かぼちゃは、皮が薄く、肉質が柔らかく、煮物や天ぷらなど、さまざまな料理に適しています。 さらに、カロテンやビタミンCが豊富に含まれており、栄養価が高いです。 近年では、地元の農家を中心に、清内路かぼちゃをブランド化し、全国にPRする取り組みが行われています。
モノの名前

宮ねぎ – 栃木県栃木市の伝統野菜

宮ねぎの特徴 宮ねぎは、栃木県栃木市で栽培されている伝統野菜です。その特徴は、何と言ってもその甘みです。生で食べても辛みがなく、甘みを感じることができます。火を通すとさらに甘みが増し、ネギ特有の香りは控えめになります。また、宮ねぎは、一般のネギよりも太いため、食べ応えがあります。 宮ねぎは、江戸時代頃から栃木市で栽培されてきました。当時は、江戸幕府に献上され、将軍家や大名が好んで食べたとされています。現在でも、栃木市では宮ねぎの栽培が盛んで、市内のほぼ全域で栽培されています。宮ねぎは、栃木市の特産品として知られ、全国各地に出荷されています。 宮ねぎは、さまざまな料理に使用することができます。生のまま刻んで薬味として使うのはもちろん、焼き鳥や鍋、煮物などの具材としてもよく合います。また、宮ねぎを丸ごと焼いて食べる「焼きネギ」も、栃木県では人気の料理です。
モノの名前

しあわせコーンの魅力と栽培方法

-簡単に育てられる「しあわせコーン」の栽培方法- 「しあわせコーン」は、甘くておいしいトウモロコシの一種です。育てやすく、家庭菜園にもおすすめです。ここでは、「しあわせコーン」の栽培方法を紹介します。 -1. 品種選び- 「しあわせコーン」には、さまざまな品種があります。収穫までの期間や甘さ、粒の大きさなどが異なります。自分の好みに合った品種を選びましょう。 -2. 栽培時期- 「しあわせコーン」は、5〜7月に種まきをします。地域によって異なりますが、遅霜の心配がなくなってから種まきしましょう。 -3. 種まき- 「しあわせコーン」は、種を直接畑にまきます。株間は30〜40cm、条間は60〜70cmにします。種は1cmくらいの深さにまいて、土をかけます。 -4. 水やり- 「しあわせコーン」は、乾燥に弱い植物です。土が乾いたら、たっぷりと水やりをしましょう。 -5. 追肥- 「しあわせコーン」は、成長期に追肥をします。1回目の追肥は、種まきから2週間後、2回目の追肥は、穂が出始めた頃に行います。 -6. 収穫- 「しあわせコーン」は、種まきから60〜70日くらいで収穫できます。穂がふっくらとして、ひげが茶色くなったら収穫しましょう。 -7. 病害虫対策- 「しあわせコーン」は、アワノメイガやアブラムシなどの害虫がつきやすいです。定期的に畑をチェックして、害虫を見つけたら駆除しましょう。また、うどんこ病やさび病などの病気に感染することもあります。病気を防ぐために、畑を清潔に保ち、水はけをよくしましょう。
モノの名前

霜ゆたか:甘味のある独特な食感のホウレンソウ

-霜ゆたかの特徴と産地- 霜ゆたかは、名前の通り霜が降りるほど寒い時期に露地栽培されることからその名がつきました。露地栽培により厳しい寒さに耐えて育つため、霜ゆたかは甘味のある独特な食感が特徴です。また、葉肉が厚く、葉柄が短いのが特徴で、アクが少なく食べやすいのも特徴です。 霜ゆたかは、長野県で多く栽培されていますが、青森県や岩手県でも栽培されています。霜ゆたかは、寒さに強く、霜が降りても枯れません。そのため、冬の間も収穫することができ、冬場の野菜不足を解消するのに役立っています。霜ゆたかは、サラダや鍋物、お浸しなど、さまざまな料理に使われます。特に、お浸しは霜ゆたかの甘味と食感を味わうのに最適な料理です。
モノの名前

新潟の甘~い桃!「砂丘桃」の魅力

砂丘桃は、新潟県中蒲原郡聖籠町の砂丘で栽培されている桃です。砂丘の土壌は水はけが良く、甘みのある桃が育ちます。また、砂丘は寒暖の差が大きく、昼夜の気温差が大きいことから、桃が甘くなる条件が整っています。 砂丘桃は、7月下旬から9月上旬にかけて収穫されます。収穫された桃は、市場に出荷されるほか、地元の直売所や農園などで販売されています。砂丘桃は、甘みと香りが強く、ジューシーな食感が特徴です。そのまま食べても美味しいですが、ジャムやコンポートなどの加工品にも適しています。 砂丘桃は、新潟県の特産品として知られており、多くの観光客が訪れます。砂丘桃の旬の時期には、砂丘桃狩りを楽しむことができます。また、砂丘桃を使ったスイーツやドリンクを提供するカフェやレストランも数多くあります。
モノの名前

国府白菜ってなに?魅力は?

国府白菜の歴史は古く、平安時代から栽培されていたとされています。当初は現在の愛知県にあたる三河国で栽培され、その後江戸時代には全国に広まりました。 国府白菜の特徴は、葉が厚くて大きく、白菜の王様とも呼ばれています。また、甘味が強く、歯ごたえがあり、鍋物や漬物に最適です。また、ビタミンCやカルシウム、鉄分などの栄養素が豊富に含まれています。 国府白菜は、現在でも愛知県の特産品として生産されています。愛知県では、国府白菜の品質を高めるために、厳格な栽培基準を設けています。国府白菜は、愛知県だけでなく全国のスーパーや八百屋で販売されています。 国府白菜は、日本の伝統野菜のひとつです。その歴史は古く、平安時代から栽培されていたとされています。国府白菜は、葉が厚くて大きく、甘味が強く、歯ごたえがあります。鍋物や漬物に最適です。また、ビタミンCやカルシウム、鉄分などの栄養素が豊富に含まれています。
モノの名前

甘くてみずみずしい「泉州黄たまねぎ」

泉州黄たまねぎの歴史と特徴 泉州黄たまねぎは、大阪府泉州地域で栽培されているタマネギの一種です。甘みとみずみずしさが特徴で、サラダや炒め物、煮物など、さまざまな料理に使われています。 泉州黄たまねぎの歴史は古く、江戸時代から栽培されていたといわれています。当時は、主に薬用として利用されていましたが、やがて食用としても人気が高まり、現在では大阪府を代表する特産品のひとつとなっています。 泉州黄たまねぎの特徴は、その甘さとみずみずしさです。甘みは、タマネギに含まれる糖質によるもので、みずみずしさは、タマネギに含まれる水分によるものです。泉州黄たまねぎは、他のタマネギと比べて糖質と水分が多く含まれているため、甘くてみずみずしい味わいが特徴です。 また、泉州黄たまねぎは、栄養価も高く、ビタミンCやカリウムが豊富に含まれています。ビタミンCは、免疫力を高め、風邪予防に効果があるといわれており、カリウムは、高血圧を予防する効果があるといわれています。 泉州黄たまねぎは、甘くてみずみずしく、栄養価も高いことから、さまざまな料理に使われています。サラダや炒め物、煮物など、どんな料理にも合います。ぜひ、泉州黄たまねぎを使った料理をお楽しみください。
モノの名前

山形の伝統野菜「西又かぶ」の魅力

西又かぶの特徴は、何と言ってもその大きさと重さです。一般的なカブの重さは100~200グラム程度ですが、西又かぶは平均で500グラム、大きいものでは1キロを超えることもあります。また、直径も15センチメートルほどあり、見た目にもインパクトがあります。 西又かぶは、その大きさだけでなく、味も優れています。身は緻密で甘みが強く、煮物や漬物にしてもおいしいです。特に、西又かぶの漬物は、山形県の郷土料理として知られており、多くの家庭で作られています。 西又かぶは、山形県の気候風土が育んだ伝統野菜です。その大きさや味、そして郷土料理として親しまれていることから、山形県の誇るべき特産品の一つと言えます。
モノの名前

さがびよりの魅力と特徴

-佐賀県の特産品「さがびより」- 「さがびより」は、佐賀県産のブランド米です。2004年に「夢しずく」と「にこまる」を掛け合わせて生まれた品種で、2009年に品種登録されました。 「さがびより」は、粒が大きく、粘りと弾力のある食感が特徴です。また、冷めてもおいしいため、お弁当やおにぎりにも適しています。 「さがびより」は、佐賀県内の農家が中心となって栽培されており、県内の約半分の水田で栽培されています。佐賀県では、「さがびより」の生産・販売を促進するため、さまざまな取り組みを行っています。例えば、県内の飲食店や小売店で「さがびより」を使用したメニューや商品を提供する「さがびより応援隊」を結成したり、「さがびより」の生産量や販売量を調査する「さがびより生産・販売実態調査」を実施したりしています。 「さがびより」は、佐賀県の特産品として、県内だけでなく、全国各地に出荷されています。佐賀県産のブランド米として、そのおいしさと品質が認められ、多くの人々に愛されています。
モノの名前

「紀ノ川柿」の作り方と美味しさの秘密

「紀ノ川柿」とは何か? 「紀ノ川柿」とは、和歌山県紀の川市で生産されている柿の品種です。果実は大きく、平均的な重さは200~300gにもなります。果皮は薄く、果肉は柔らかく、果汁たっぷりで、甘味が強いのが特徴です。また、「紀ノ川柿」は、日持ちが良く、収穫後2~3ヶ月は常温で保存することができます。 「紀ノ川柿」は、紀の川市の特産品として知られており、地元では「紀州柿」とも呼ばれています。紀の川市の柿の生産量は、和歌山県内でもトップクラスです。「紀ノ川柿」は、地元の直売所や道の駅などで販売されており、また、全国各地のスーパーマーケットやデパートでも販売されています。
モノの名前

豊福早生:熊本が生んだ極早生の温州ミカン

豊福早生は、熊本県で生まれた極早生の温州ミカンです。その歴史は古く、1928年に熊本県八代郡豊福村(現在の八代市)の農家、豊福長次郎氏によって発見されました。豊福氏は、自分のミカン畑の中に、他のミカンよりも早く色づき、甘みのあるミカンがあることに気づき、そのミカンを接ぎ木して増やしていきました。それが豊福早生の始まりです。 豊福早生は、極早生品種であるため、収穫時期が早く、9月下旬から10月上旬にかけて収穫されます。一般的な温州ミカンよりも1ヶ月ほど早く収穫できるため、市場に出回る時期が短く、希少価値があります。また、豊福早生は、甘みが強く、酸味が少ないのが特徴です。果肉はジューシーで、みずみずしい食感が楽しめます。香りは強く、爽やかな香りが特徴です。 豊福早生は、熊本県を代表するミカンとして知られ、県内各地で栽培されています。熊本県では、豊福早生の収穫時期に合わせて、毎年10月に「豊福早生みかん祭り」が開催されます。このお祭りでは、豊福早生の販売や、豊福早生を使った料理の振る舞いなどが行われ、多くの人でにぎわいます。