由来

地名・ロケ地

御殿坂の歴史と魅力

-御殿坂の由来- 御殿坂の由来は、江戸時代にさかのぼります。当時は、この坂の周辺に大名や旗本の屋敷が軒を連ねており、参勤交代の際に大名行列が通ったことから「御殿坂」と呼ばれるようになりました。坂の起点には「御殿坂下」という交差点があり、終点には「御殿坂上」という交差点があります。坂の途中には、徳川綱吉の側室であり、霊元天皇の生母であった桂昌院の屋敷があったとされており、その跡地には現在、ホテルニューオータニが建っています。また、坂の途中には、文京区立御殿坂小学校があり、この学校は、明治6年に創立された歴史ある小学校です。
モノの名前

「詳説 英語イディオム由来辞典」の魅力を知る

「詳説 英語イディオム由来辞典」は、英語のイディオムとその由来を詳しく解説した辞典です。イディオムとは、慣用句や慣用表現のこと。その多くは直訳では理解しにくく、その背景や文化を理解することが大切です。 本書では、イディオムを1,000語以上収録。それぞれについて、意味、用法、由来を詳しく解説しています。また、類義語や対義語、例文も豊富に掲載されているので、イディオムを正しく理解し、使いこなすことができます。 本書のもう一つの特長は、イディオムの由来を詳しく解説している点です。イディオムの中には、その成り立ちは古く、その背景にはさまざまな文化や風習があります。本書では、イディオムの由来を丁寧に解説することで、その文化や風習を理解することができます。 本書は、英語学習者や翻訳家、英語教師など、英語を正しく理解し、使いこなしたい方におすすめの一冊です。イディオムを正しく理解し、使いこなすことで、英語のコミュニケーション力が格段にアップします。
モノの名前

「こども きせつのぎょうじ 絵じてん」について

小見出し「年中行事・記念日の由来や歴史が分かる」は、「こども きせつのぎょうじ 絵じてん」の重要な内容の一つです。この見出しの下では、年中行事や記念日の由来や歴史について、わかりやすく解説しています。 例えば、節分はなぜ豆をまくのか、七夕はなぜ笹に短冊を飾るのか、お正月の獅子舞や破魔弓の意味など、子供たちが興味を持ちそうな内容を丁寧に解説しています。また、各年中行事や記念日の歴史についても触れており、子供たちが日本の伝統文化について理解を深めるのに役立つようになっています。 さらに、この見出しでは、年中行事や記念日の由来や歴史を、絵や写真を使ってわかりやすく説明しています。子供たちは、絵や写真をを見ながら、年中行事や記念日の意味や歴史について学ぶことができます。 「年中行事・記念日の由来や歴史が分かる」という小見出しは、「こども きせつのぎょうじ 絵じてん」の重要な内容の一つであり、子供たちが日本の伝統文化について理解を深めるのに役立つようになっています。
モノの名前

「会津みしらず柿」の甘さと魅力

会津みしらず柿の由来と歴史 会津の風土が生み出した甘柿の逸品「会津みしらず柿」は、江戸時代初期の1653年に、会津若松市河東町塩川で生まれたとされています。とある農家の柿畑に突然変異で生まれた実が、甘くて美味しいことで評判となり、「会津みしらず柿」と名づけられました。その後、会津地方で広く栽培されるようになり、現在も会津を代表する特産品として親しまれています。会津みしらず柿は、甘さと渋みのバランスが絶妙で、果肉が柔らかく芳醇な香りが特徴です。収穫期は10月下旬から11月上旬で、木から落ちてきた実を一つ一つ丁寧に収穫します。会津みしらず柿は、そのまま食べても美味しいですが、干柿や柿ようかん、柿酢など、様々な加工品にも利用されています。
地名・ロケ地

榎坂のなる木と坂の由来

榎坂の歴史を紐解く  榎坂は、東京の目黒区と品川区の境に位置する坂である。坂の全長は約200メートルで、最高地点は標高38メートルである。坂の名は、坂の途中に榎の大木があったことに由来する。この榎の木は、江戸時代にはすでに存在しており、目黒不動尊参拝客の目印となっていたという。  榎坂は、古くから人々の往来が盛んな場所であった。江戸時代には、目黒不動尊への参拝客や、江戸と品川を結ぶ街道を利用する人々が行き交っていた。また、明治時代以降には、この坂の近くに学校や病院が建てられ、坂の周辺は住宅地として発展した。  榎坂は、歴史ある坂であり、人々の暮らしと深く結びついている。坂の途中にある榎の木は、この坂のシンボルであり、人々に親しまれている。
地名・ロケ地

御殿坂の魅力を探る

-御殿坂の歴史と由来- 御殿坂の歴史は古く、江戸時代まで遡ります。当時は、徳川将軍家の御殿である江戸城が現在の日比谷公園一帯に位置していました。この御殿への参勤交代のために、多くの諸大名が江戸城へと向かいました。その際に、諸大名は坂を上り下りしており、その坂の名が御殿坂となったと言われています。 また、御殿坂の由来には、この坂が皇居(旧江戸城)の御殿に続く坂であることから、名付けられたという説もあります。御殿坂は、江戸時代には単なる坂道でしたが、明治以降に東京の街が急速に発展したことにより、多くの商店や住宅が立ち並ぶようになりました。また、御殿坂には数多くの寺社仏閣があり、東京を代表する観光スポットのひとつとなっています。 御殿坂で最も有名な寺社仏閣のひとつが、増上寺です。増上寺は、徳川将軍家の菩提寺であり、広大な敷地に多くの伽藍を有しています。また、御殿坂には、芝東照宮や、日枝神社など、数多くの神社もあります。これらの神社仏閣は、江戸時代から現在に至るまで、多くの人々の信仰を集めています。 御殿坂は、江戸時代から現在に至るまで、東京の歴史と文化を色濃く残す街です。坂道には、歴史を感じさせる風情があり、また、数多くの寺社仏閣が立ち並ぶことから、東京屈指の観光スポットとなっています。
その他

サンドウィッチの日とは?

サンドウィッチの発明者サンドウィッチ伯爵ってどんな人? サンドウィッチの発明者とされるサンドウィッチ伯爵は、18世紀のイギリスの貴族です。正式名はジョン・モンタギューといい、第4代サンドウィッチ伯爵でした。彼はギャンブル好きで知られており、ゲームに夢中になりすぎて食事をする時間も惜しかったため、片手で食べられるようにパンに具材を挟んだ料理を考案したと言われています。 サンドウィッチ伯爵は、政治家としても活躍し、海軍卿を務めたこともあります。また、彼は芸術にも興味があり、作曲家や画家と交友関係を持っていました。しかし、彼が残した最も有名なものは、やはりサンドウィッチです。 サンドウィッチは、世界中で親しまれるようになった料理です。手軽に食べることができ、具材を変えることでさまざまなバリエーションが楽しめるため、多くの人々に愛されています。サンドウィッチは、サンドウィッチ伯爵がギャンブル好きだったという偶然から生まれた料理ですが、今では世界中で愛される国民食となりました。
地名・ロケ地

袖摺坂の由来と歴史

坂の名の由来 袖摺坂という独特な名前の由来は、大きく分けて2つの説があります。 1つ目は、江戸時代初期に薩摩藩主・島津家久の夫人が、城下まで出向いた際に、袖が桜の花と擦れるほどの満開の桜並木を散策して、この坂を「袖摺坂」と名付けたという説です。この説には、当時、家久の側室で、後継ぎの島津光久を産み落とした寵姫であるお福の方のエピソードが関わっています。この桜並木は、お福の方のたっての希望で植えられたものだったそうです。 2つ目は、この坂が、薩摩藩の郷中教育制度の基礎を築いたとされる鎌田政近(かまた まさちか)の出身地である袖ケ浦に登る坂道であったことから、「袖ヶ浦坂」と呼ばれ、それが訛って「袖摺坂」になったという説です。袖摺坂の歴史は古く、薩摩藩の郷中教育の基礎を築いた鎌田政近(かまた まさちか)が、この坂を登って郷中教育を行っていたと言われています。また、薩摩藩の重臣島津義久が、この坂を登って薩摩藩の基礎を築いたとも言われています。 どちらの説が正しいのかは定かではありませんが、いずれにしても江戸時代にはすでに「袖摺坂」と呼ばれていたようです。
その他

鮭の日をスッキリ解説

鮭の日の由来 鮭の日とは、毎年11月11日に開催されるイベントで、国産サケの消費拡大を目的としています。このイベントは1987年に「鮭を食べる、その日に決まりだ鮭の日」として初めて開催されました。そして、1992年に「鮭の日」として全国的に普及しました。 鮭の日は、日本全国のスーパーやデパートなどで鮭の販売促進が行われ、鮭を使った料理の試食会や鮭のつかみ取り大会などのイベントが開催されます。また、鮭の日の前後には、鮭に関するテレビ番組や新聞記事が放送・掲載され、鮭の消費拡大を呼びかけています。 鮭の日は、国産サケの消費拡大を目的として始まったイベントですが、今では鮭の文化や食文化をアピールするイベントとしても親しまれています。また、鮭の日のイベントに参加することで、鮭の旬を知ったり、鮭の美味しい食べ方を学んだりする機会にもなります。
地名・ロケ地

「ビール坂」のおもしろ雑学

ビール坂の由来 渋谷区恵比寿にある「ビール坂」は、メルシャン美術館のある坂の下の交差点から坂を上り、目黒川の手前の道路まで続く約200メートルの坂道です。この名前は、かつてこの坂の周辺にビール工場やビール販売店が多くあり、ビールを積んだ馬車が坂を上り下りしていたことに由来しています。 ビール坂は、急な坂道で、上り坂は特にキツく、自転車で上る人は苦戦します。また、坂道には車の通行が多く、歩行者や自転車は注意が必要です。 ビール坂は、恵比寿で最も有名な坂のひとつで、周辺には多くの飲食店やショップがあります。また、ビール坂を上りきったところにあるメルシャン美術館は、ワインやウイスキーなどの酒類に関する展示を行っています。 ビール坂は、恵比寿を代表する坂のひとつで、その急な坂道や周辺の飲食店やショップ、メルシャン美術館など、さまざまな魅力がある坂道です。
地名・ロケ地

伊皿子坂の歴史をたどる

伊皿子坂の由来は、謎に包まれています。一説には、医王寺の僧が、江戸の湯島天神に詣でる際、この坂道を利用したことから、医皿坂と呼ばれ、伊皿子坂になったという説があります。この伊皿子坂は、新橋の料亭街だった花柳界の真ん中を東西に走る、わずか200メートルほどの坂です。 しかし、医王寺は伊皿子坂の下にある徳川家康の墓所「増上寺」の塔頭で、江戸時代にはすでに廃寺になっていました。また、湯島天神への参詣道は、伊皿子坂から離れた西側を通っていたことがわかっています。そのため、この説は、信憑性が薄いと考えられています。 伊皿子坂の由来は、謎に包まれています。この坂の由来については、いくつかの説がありますが、いずれも確証はありません。その謎が、伊皿子坂をより魅力的なものにし、人々を惹きつけているのかもしれません。
地名・ロケ地

ソビエト → 謎に包まれた離島の魅力

ソビエトの由来と命名の謎 小笠原諸島を代表する島の一つであるソビエト島は、父島や母島と並んで主要な有人島です。人口は約100人で、漁業や農業を営んでいます。ソビエト島は、他の小笠原諸島と同様に、第二次世界大戦後まで日本の統治下にありましたが、その後アメリカ合衆国の統治下に移り、1968年に日本に返還されました。 ソビエト島という名前の由来は、謎に包まれています。一説によると、ロシア語で「評議会」を意味するソビエトに由来していると言われています。しかし、この説には根拠がなく、ソビエト島がソビエト連邦にちなんで名付けられたという説もあります。この説は、第二次世界大戦中に日本とソビエト連邦が同盟関係にあったことから、ソビエト連邦に敬意を表してソビエト島と名付けられたというものです。しかし、この説も根拠がなく、ソビエト島という名前の由来は、今もって謎に包まれています。
地名・ロケ地

達磨坂の歴史と由来

達磨坂の由来 達磨坂の由来は、鎌倉時代まで遡ります。当時は、この坂を「加茂坂」と呼んでいました。加茂坂は、京都の加茂神社に参拝する人々が通る道でした。加茂神社は、京都最古の神社の一つで、縁結びや厄除けのご利益があるとされています。 鎌倉時代末期に、中国から渡来した禅僧、達磨大師が加茂坂を登り、建仁寺の開山祖となったことから、この坂を「達磨坂」と呼ぶようになりました。達磨大師は、禅宗の開祖とされ、日本の禅宗の発展に大きな功績を残しました。 達磨坂は、急な坂道ですが、両脇には桜の木が植えられており、春になると美しい桜並木を見ることができます。また、達磨坂には、達磨大師の像が安置されているお堂があります。このお堂は、達磨堂と呼ばれ、多くの人が参拝に訪れます。
地名・ロケ地

3分坂の歴史と由来

3分坂の場所と概要 3分坂は、京都府京都市東山区にある坂です。京都駅から東に約1.5km、清水寺から南に約500mの場所にあります。坂の名称は、坂を上りきるのに3分かかることから名づけられたと言われています。 3分坂は、清水寺や二年坂・三年坂に続く観光地であり、年間を通して多くの観光客が訪れます。坂の両側は、土産物屋や飲食店が立ち並び、京都の風情を感じることができます。 3分坂の坂の途中には、八坂庚申堂があります。八坂庚申堂は、京都で最も古い庚申堂のひとつで、縁結びや厄除けのご利益があるとされています。また、3分坂の坂下には、二年坂があります。二年坂は、清水寺や三年坂に続く坂で、石畳の風情ある坂道です。
モノの名前

めはりずしの魅力を再発見!

めはりずしのルーツと由来 めはりずしのルーツは、古くから和歌山県で行われてきた農作業の際に食べる携行食として作られたのが始まりと言われています。農作業中は両手を自由に使う必要があり、片手で食べられるようにおにぎりにたくあんや梅干などを詰めて、さらにそれを梅の葉で包んだのが、めはりずしの原型になったと考えられています。 めはりずしという名前の由来には諸説ありますが、ひとつは、めはりずしの見た目が「目張り」に似ていることから名付けられたという説です。「目張り」とは、木造建築の際に、隙間を麻や紙などで埋めて補強する方法のことを指し、めはりずしの梅の葉で包まれた姿が、目張りに似ていることからこの名がついたと考えられています。 もう一つの説は、めはりずしを梅の葉で包んで食べる際、梅の葉の香りをより強くするために、梅の葉を梅酢などで「めはった」状態にしてから使っていたことから、この名がついたという説です。いずれにしても、めはりずしは、和歌山県の豊かな自然と人々の知恵から生まれた郷土料理なのです。
モノの名前

土佐文旦の魅力と特徴

-土佐文旦の歴史と由来- 土佐文旦は、高知県土佐地方発祥の柑橘類で、その歴史は古く、室町時代にまでさかのぼると言われています。土佐文旦の起源については、さまざまな説がありますが、その一つは、土佐藩主の山内一豊が、紀伊の国(現在の和歌山県)から持ってきたという説です。 もう一つの説は、土佐の士族である伊予部喜左衛門が、文旦の種を土佐に持ち帰り、栽培したという説です。いずれにしても、土佐文旦は、土佐で栽培され、改良を重ねて現在の形になったとされています。 土佐文旦は、その独特の香りと甘酸っぱさが特徴で、多くの人に愛されています。また、土佐文旦は、ビタミンCが豊富に含まれており、風邪予防や美肌効果があるとされています。 土佐文旦は、高知県の特産品であり、県内各地で栽培されていますが、中でも、土佐市と香美市は生産量が多く、全国有数の産地となっています。 土佐文旦は、その美味しさから、全国各地に出荷されており、多くの人に親しまれています。また、土佐文旦を原料とした、文旦ゼリーや文旦ジュースなどのお土産品も人気です。