畠中恵

作品名

「しゃばけシリーズ」の魅力とは?

「しゃばけシリーズ」の魅力は、なんといっても個性的なキャラクターたちだ。主人公の半妖「しゃばけ」こと佐清は、飄々としてつかみどころがなく、それでいて人情に厚く、困っている人を放っておけない性格。相棒の和尚「ニャンコ先生」は、高貴な生まれながらに気まぐれでわがままだが、いざというときには頼りになる存在だ。そして、しゃばけとニャンコ先生を取り巻く妖怪や人間たちも、一人ひとりに個性があふれ、読者を飽きさせない。 例えば、しゃばけの姉である「三月姫」は、気性が激しく口が悪いが、実は弟思いの優しい女性。しゃばけの親友である「鉄鼠」は、見た目はいかつい大男だが、実は義理堅く心優しい男。そして、人間側のキャラクターである「姫君」は、聡明で気品のある女性だが、どこか天然ボケな一面も持っている。 こうした個性的なキャラクターたちが織りなす物語は、ユーモアたっぷりのものから、シリアスなものまでさまざま。読者は、彼らと一緒に笑い、泣き、そして成長していく。まさに「しゃばけシリーズ」は、老若男女問わず楽しめる小説シリーズなのだ。
作品名

「しゃばけ」の魅力と面白さ

「しゃばけ」は、畠中恵氏による日本の小説シリーズです。人外(妖怪・魔物・神仏)と人が共存する世界を舞台に、主人公の半妖の青年・九十九と、彼を取り巻く個性豊かなキャラクターたちが活躍する物語です。 「しゃばけ」の魅力の一つは、個性豊かなキャラクターたちです。九十九は、半妖であることを隠しながら、人々と交流し、時には彼らを助けるために妖怪と戦います。九十九は、優しく思いやりのある性格ですが、同時に強くて勇気のあるところも魅力的です。 九十九を取り巻くキャラクターたちも、それぞれに個性豊かです。九十九の親友である人間の長寿郎は、九十九の秘密を知りつつも、彼を人間として受け入れています。また、九十九の幼なじみの雪女・小夜は、九十九のことを想いつつも、彼との恋は叶わないことを知っていて苦悩しています。 「しゃばけ」には、他にも個性豊かなキャラクターがたくさん登場します。化け狸の佐助、河童の太郎、天狗の吉兵衛など、それぞれの人外たちは、九十九との交流の中で成長していきます。 「しゃばけ」のキャラクターたちは、それぞれに悩みや葛藤を抱えながらも、お互いに支え合い、助け合いながら生きていきます。彼らの姿は、私たちに勇気と希望を与えてくれます。
作品名

つくもがみ貸します

つくもがみってどんな妖怪? つくもがみとは、古道具や古道具に宿る妖怪のことです。その名の由来は「つくる」と「かたち」「もの」が合わさったものだといわれています。つくもがみは日本各地に伝承されており、その姿形はさまざまです。中には、人間の形をしているものもいますが、ほとんどの場合は、その古道具の形のままの姿をしています。つくもがみは、一般的に悪霊とされており、人に危害を加えることがありますが、中には、人に福をもたらすつくもがみもいます。
作品名

「うずら大名」ってどんな小説?内容とあらすじを紹介!

「うずら大名」とは、里見八犬伝の著者である瀧沢馬琴による歴史小説です。通称「南総里見八犬伝」とも呼ばれ、そのタイトルは、千葉県南部の房総半島を領有した戦国大名、里見義堯(里見八犬伝のモデル)が、鶉(うずら)にちなんだ薙刀を所有していたことに由来しています。 この小説は、1814年(文化11年)に初版が出版され、その後、1841年(天保12年)に増補改訂されて全36巻にまとめられました。物語は、里見義堯の祖先である里見家の祖、里見太郎義俊が、鎌倉時代末期に房総半島に下向して以降、戦国時代末期まで、里見家と周辺の豪族との戦いを描いたものです。 小説は、里見義堯の死後に、里見家の家臣たちが、義堯の遺児である三人の息子たちを擁立して、家督争いを展開するところから始まります。三人の息子たちは、それぞれ、義堯の正室である日野富子に産まれた長男の里見義弘、義堯の側室である中根姫に産まれた次男の里見義豊、義堯の側室である尾崎姫に産まれた三男の里見義頼です。 義弘は、里見家の家臣たちの支持を得て、家督を継ぎます。しかし、義豊と義頼は、義弘に反旗を翻し、房総半島を二分する内乱が勃発します。内乱は、義弘の勝利に終わり、義豊と義頼は、自害に追い込まれます。 義弘の死後、里見家は、家督争いを繰り返し、最終的には、徳川家康に滅ぼされます。しかし、里見家の物語は、小説「南総里見八犬伝」の中で、生き続け、現在に至るまで、多くの人々に親しまれています。
作品名

つくもがみ、遊ぼうよ:江戸時代を舞台にした心温まる小説

「つくもがみとは何か?」 つくもがみとは、日本の民間伝承に登場する、使い込まれた道具や日用品に宿る付喪神のことです。長年大切に扱われてきた道具は、やがて魂を持ち、意思と感情を持つようになります。 つくもがみは、人間に害を及ぼすこともありますが、多くは人間に協力したり、助けたりする存在として描かれています。例えば、茶碗が人間に茶を淹れてくれたり、傘が人間を雨から守ってくれたりなど、つくもがみはさまざまな形で人間を助けてくれます。 つくもがみは、日本の文化や歴史を反映した存在です。日本の民間伝承では、道具を大切にすることが美徳とされており、つくもがみは、その考え方を具現化した存在だと言えるでしょう。また、つくもがみは、日本人が古くから自然や物体に精霊が宿ると考えていたことを反映した存在でもあります。
作品名

吉川英治文庫賞とは?受賞作と著者は?

吉川英治文庫賞の概要 吉川英治文庫賞は、吉川英治の文学功績を称え、優れた時代小説を後世に残すことを目的とした文学賞です。1958年に創設され、1960年に第1回受賞作が発表されました。選考は、吉川英治の遺志を継ぐ「吉川英治文庫賞選考委員会」が行っています。選考基準は、物語性の高さ、人物描写の巧みさ、時代考証の正確さなどです。受賞作には、賞金100万円と、吉川英治の著書が贈られます。吉川英治文庫賞は、時代小説の登竜門として知られており、多くの作家が受賞を目標にしています。