白和え

モノの名前

郷土料理「ウサチ」の魅力

ウサチの種類 ウサチにはさまざまな種類があります。その中でも代表的なものは「小ウサチ」と「本ウサチ」です。小ウサチは、その名の通り小ぶりなウサチで、一般的にウサチと言えばこの小ウサチを指します。本ウサチは、小ウサチよりも大きく、肉厚で食べ応えがあります。また、ウサチには「ムギウサチ」という種類もあります。ムギウサチは、小麦粉を練って作った皮で、あんを包んで蒸したものです。皮はモチモチとしていて、あんは甘さ控えめで上品な味わいです。
モノの名前

「かきのもと」とは?新潟県の特産、紫色の食用菊

「かきのもと」の由来 「かきのもと」は、なぜ「かきのもと」と呼ばれているのでしょうか。その由来には、諸説あります。 一説によると、「かきのもと」は、漢字で「柿のもと」と書かれることがあります。これは、「かきのもと」が、柿の木の根元に生えていることが多いことに由来していると言われています。 もう一説によると、「かきのもと」は、漢字で「垣のもと」と書かれることもあります。これは、「かきのもと」が、垣根の根元に生えていることが多いことに由来していると言われています。 また、別説では食用菊は景気が良く金のなる花と言うことで「金のもと」がなまったものとも考えられています。 いずれにせよ、「かきのもと」は、新潟県で古くから親しまれてきた食用菊です。その由来には、様々な説があります。
モノの名前

ニガナ:沖縄の伝統的な野菜とその活用法

ニガナは、沖縄県の伝統的な野菜で、苦みのある葉が特徴です。島野菜の中でも最も苦い葉野菜のひとつとして知られており、沖縄では古くから親しまれてきました。 ニガナの原産地は中国南部から東南アジアにかけてとされており、沖縄には古くから伝わる在来種が栽培されています。ニガナの苦みは、含まれるラクトン類によるもので、このラクトン類には抗菌作用や抗酸化作用があることから、健康に良い野菜として注目されています。