白老郡

地名・ロケ地

北海道の自然を満喫!インクラの滝の絶景を堪能しよう!

インクラの滝の歴史と由来 インクラの滝は、北海道の西海岸、余市郡余市町にある滝です。高さ40m、幅10mの雄大な滝で、その美しい景観から北海道の観光スポットとしても人気を博しています。 インクラの滝の歴史は古く、アイヌの人々がこの滝を信仰していたと言われています。アイヌ語で「インクラ」は「雷」を意味し、この滝が雷神が住む場所であると信じられていたことから、その名が付けられたそうです。 その後、明治時代になると、この滝が観光地として注目されるようになりました。1880年(明治13年)には、イギリス人宣教師のジョン・バチェラーがインクラの滝を訪れ、その美しさを絶賛したことで、この滝は一躍有名になりました。 大正時代になると、インクラの滝周辺に観光施設が整備され、多くの人がこの滝を訪れるようになりました。昭和時代には、インクラの滝を舞台にした映画や歌謡曲が作られ、この滝はさらに全国的に知られるようになりました。 現在、インクラの滝は、北海道を代表する観光スポットの一つとして、多くの人が訪れる場所となっています。滝の周辺には、遊歩道や展望台が整備されており、誰でも気軽に滝の絶景を楽しむことができます。
施設名・ロケ地

白老滝の美しい景観

北海道白老郡白老町にある白老滝は、白老川の支流である白老川に位置する落差26メートルの滝です。白老滝は、その美しい景観から、国の天然記念物に指定されており、北海道遺産にも選定されています。 白老滝は、白老川の上流にある白老ダムから放流された水が、白老川を流れ下って、白老滝に注ぎ込んでいます。白老滝は、白老川の水が、白老滝の岩肌を流れ落ちることで、美しい景観を作り出しています。白老滝は、春夏秋冬、四季折々の表情を見せる景勝地として、多くの観光客が訪れる人気のスポットです。 白老滝は、白老川の上流にある白老ダムから放流された水が、白老川を流れ下って、白老滝に注ぎ込むことで形成されています。白老滝は、白老川の水が、白老滝の岩肌を流れ落ちることで、美しい景観を作り出しています。白老滝は、春夏秋冬、四季折々の表情を見せる景勝地として、多くの観光客が訪れる人気のスポットです。
モノの名前

「虎杖浜たらこ」の特徴と歴史

虎杖浜たらこの特徴 虎杖浜たらこは、北海道厚岸町虎杖浜で生産されるたらこです。虎杖浜は、厚岸湾に面した小さな漁村で、たらこの生産が盛んです。虎杖浜たらこは、その品質の高さから、全国的に有名であり、北海道を代表する特産品の一つとなっています。 虎杖浜たらこの特徴は、まず、その鮮やかな色です。虎杖浜たらこは、鮮やかなオレンジ色をしており、非常に食欲をそそります。また、虎杖浜たらこの味は、濃厚かつまろやかです。たらこの旨味がぎゅっと詰まっており、口の中でとろけるような食感も特徴です。 虎杖浜たらこは、主に生食用として販売されています。そのまま食べても美味しいですが、焼き物や煮物にしても美味しくいただけます。また、虎杖浜たらこで作られたたらこスパゲティやたらこおにぎりも人気があります。 虎杖浜たらこは、北海道の海の幸を代表する逸品です。その鮮やかな色と濃厚な味は、多くの人を魅了しています。北海道を訪れた際には、ぜひ虎杖浜たらこを味わってみてください。
地名・ロケ地

白老バーガー&ベーグルの魅力と歴史

白老バーガー&ベーグルとは 白老バーガー&ベーグルは、北海道白老町で生まれたご当地グルメであり、地元の食材をふんだんに使ったボリューム満点のハンバーガーと、もっちりとした食感のベーグルを組み合わせた一品です。 白老バーガーの特徴は、まず、地元産の牛肉を使用した肉厚なパティです。白老産の牛肉は、脂身が少なくヘルシーであることから、食べ応えがありながらも、後味スッキリとしたハンバーガーに仕上がります。 また、白老バーガーには、地元産の新鮮な野菜もふんだんに使用されています。レタス、トマト、オニオンなどの定番の野菜に加え、アボカドやパプリカ、チーズなど、さまざまなトッピングも用意されています。 バンズは、地元のベーカリーで焼き上げられた特製バンズを使用しています。もっちりとした食感と香ばしい味わいがハンバーガーの美味しさを引き立てます。 ベーグルは、職人が一つ一つ丁寧に焼き上げたものです。もちもちとした食感と、噛むほどに味わいが広がるのが特徴です。ベーグルは、クリームチーズやハム、野菜などを挟んで食べるのが一般的ですが、白老ベーグルは、そのまま食べても十分に美味しいのが特徴です。 白老バーガー&ベーグルは、白老町内にあるバーガーショップやベーカリーなどで販売されています。また、白老町で開催されるイベントに出店することも多く、毎年多くの人でにぎわっています。