百貨店

施設名・ロケ地

小田原の百貨店「ロビンソン」の歴史と閉店までの流れ

ロビンソンは、神奈川県小田原市の老舗百貨店でした。1933年に創業し、80年以上にわたって地元の人々に愛されてきました。 ロビンソンは、小田原駅前の好立地にあり、ファッション、コスメ、生活雑貨など幅広い商品を取り扱っていました。また、レストランや喫茶店も併設しており、買い物客の憩いの場として親しまれていました。 ロビンソンの特徴の一つは、地域密着型の店舗運営でした。地元のイベントに積極的に参加したり、地域住民向けのサービスを提供したりしていました。また、ロビンソンでは毎年恒例の「ロビンソン感謝祭」を開催しており、多くの買い物客でにぎわっていました。 しかし、近年は百貨店の経営が厳しくなり、ロビンソンもその影響を受けていました。2017年には、ロビンソンの閉店が発表され、2018年3月に閉店しました。 ロビンソンの閉店は、小田原の街に大きな衝撃を与えました。地元の人々は、ロビンソンがなくなってしまったことを惜しみ、閉店を悲しみました。しかし、ロビンソンの跡地には、新しい商業施設が建設される予定であり、小田原の街は今後も発展していくことが期待されています。
施設名・ロケ地

北海道札幌市の老舗百貨店「丸ヨ池内」の魅力

札幌市民に愛される老舗百貨店の歴史 丸ヨ池内は、1872年(明治5年)に創業者である池内豊蔵が、札幌の狸小路で小さな呉服店を開業したのが始まりです。その後、店舗を拡大し、1932年(昭和7年)には札幌駅前に丸ヨ池内百貨店を開店しました。丸ヨ池内百貨店は、札幌市民に愛される百貨店として親しまれ、市内中心部で長きにわたって営業を続けてきました。 しかし、近年は百貨店業界の競争激化やインターネット通販の普及などにより、百貨店の経営は厳しさを増していました。丸ヨ池内百貨店もその影響を受け、2019年(平成31年)に閉店することになりました。 丸ヨ池内百貨店の閉店は、札幌市民に大きな衝撃を与えました。丸ヨ池内百貨店は、札幌市民にとって思い出深い場所であり、その閉店は札幌の街から一つの歴史が消えてしまうことを意味しました。 丸ヨ池内百貨店の閉店後、その跡地には新しい商業施設が建設されました。しかし、丸ヨ池内百貨店の閉店から数年経った今でも、札幌市民の中には丸ヨ池内百貨店を懐かしむ声が多く聞かれます。
施設名・ロケ地

東武百貨店 船橋店徹底ガイド

東武百貨店 船橋店は、千葉県船橋市にある百貨店です。1971年11月に開店し、2022年現在では、地上8階、地下1階建ての建物で営業しています。総売り場面積は約68,000平方メートルで、食品、婦人服、紳士服、子供服、家庭用品、家具、雑貨など、さまざまな商品を取り扱っています。また、レストランやカフェ、フードコートなど、飲食店も充実しています。 東武百貨店 船橋店は、船橋市の中心部に位置する商業施設として、多くの人々に親しまれています。JR船橋駅や京成船橋駅から徒歩圏内にあり、アクセスも良好です。また、駐車場を完備しているので、車での来店も可能です。 東武百貨店 船橋店は、船橋市で唯一の百貨店であり、地域の人々にとってなくてはならない存在です。今後も、地域のニーズに応えながら、営業を続けていく予定です。
施設名・ロケ地

天満屋 広島緑井店 – 広島が誇る百貨店

天満屋 広島緑井店の魅力とは? 天満屋 広島緑井店は、広島県広島市安佐南区緑井にある百貨店です。1992年4月に開業し、広島県内では本店に次ぐ2店舗目、広島市安佐南区では初の百貨店となりました。広島市中心部から少し離れた場所にありますが、アクセスの良さと豊富な品揃えが魅力です。 天満屋 広島緑井店は、地上7階、地下1階の建物で、売り場面積は約3万平方メートルです。ファッション、コスメ、雑貨、食品などを取り揃えており、広島県内最大級の百貨店として親しまれています。また、レストランやカフェ、映画館など、さまざまな施設が入居しており、ショッピングだけでなく、食事や映画鑑賞も楽しめます。 天満屋 広島緑井店は、広島県民に愛される百貨店です。豊富な品揃えとアクセスの良さ、そしてさまざまな施設が魅力です。広島県を訪れた際には、ぜひ天満屋 広島緑井店に足を運んでみてください。
施設名・ロケ地

近鉄百貨店 上本町店を知る

上本町の歴史と近鉄百貨店の役割 上本町は、大阪市天王寺区にある歴史ある街です。江戸時代には、上町台地の南端にあたるこの地域は、大坂城の鬼門除けとして重視され、寺社が多く建立されました。また、上本町は交通の要衝でもあり、大阪と奈良を結ぶ街道が通っていたため、宿場町として栄えました。 明治時代に入ると、上本町は大阪の南の玄関口として発展していきます。1889年(明治22年)には、大阪鉄道(現在の近鉄大阪線)が開業し、上本町駅が設置されました。また、1903年(明治36年)には、大阪電気軌道(現在のOsaka Metro御堂筋線)が開通し、上本町は大阪市内の主要なターミナル駅となりました。 大正時代になると、上本町には百貨店や映画館、劇場などが次々と開業し、大阪の繁華街として賑わいを見せるようになります。そして、1932年(昭和7年)には、近鉄百貨店上本町店が開業しました。 近鉄百貨店上本町店は、大阪で最初に開業した百貨店の一つであり、創業以来、上本町の発展に貢献してきました。同店は、ファッションやグルメ、雑貨など、幅広い商品を取り揃え、多くの人々に愛されています。また、近鉄百貨店上本町店は、文化的なイベントや催事も積極的に開催しており、上本町の文化の発信地としても重要な役割を果たしています。
施設名・ロケ地

中合清水屋店を振り返る

中合清水屋店の歴史は非常に古く、江戸時代まで遡ります。清水屋は、天明3年(1783年)に呉服商として創業し、その後、呉服、反物、雑貨などの販売を手がけていました。明治時代に入ると、清水屋は経営を拡大し、百貨店として営業を開始します。そして、昭和30年(1955年)に、中合清水屋店は、静岡市の中心部に開店しました。 中合清水屋店は、静岡県内初の百貨店として多くの人々に親しまれ、静岡県民の生活に欠かせない存在となりました。中合清水屋店には、衣料品、食品、雑貨など、さまざまな商品が揃っており、静岡県民のあらゆるニーズに応えていました。また、中合清水屋店は、催事やイベントなども頻繁に開催しており、静岡県民にとって、中合清水屋店は単なる買い物をする場所ではなく、憩いの場でもありました。 しかし、平成20年(2008年)、中合清水屋店は、経営不振のため閉店することとなりました。中合清水屋店の閉店は、静岡県民にとって大きな衝撃であり、静岡県民の中には、中合清水屋店の閉店を惜しみ、閉店を機に、静岡県から引っ越した人もいるほどです。中合清水屋店の閉店は、静岡県経済に大きな影響を与え、静岡県経済の衰退の一因となりました。
施設名・ロケ地

松屋銀座の歴史と魅力

松屋銀座の歴史は、1830年に初代の松屋当主である三井八郎右衛門が、日本橋に呉服店を開いたことに始まります。1910年に、三井八郎右衛門の孫にあたる三井高陽が、銀座に松屋デパートをオープンしました。これが、松屋銀座の前身です。松屋銀座は、1934年に現在の場所に新館を建設し、営業を開始しました。その後、1964年に増床を行い、現在の規模となりました。 松屋銀座は、銀座の中心部に位置する老舗デパートとして、多くの人々に親しまれています。松屋銀座には、約1000の専門店が入居しており、ファッション、化粧品、雑貨、食品など、幅広い商品を取り扱っています。また、松屋銀座には、レストランやカフェ、映画館など、さまざまな施設も充実しています。
施設名・ロケ地

そごう横浜店について

そごう横浜店とは そごう横浜店はそごう・西武が展開する百貨店のひとつです。1930年(昭和5年)に新館としてそごう横浜店が開店しました。神奈川県横浜市中区西口に位置し、横浜駅につながるペデストリアンデッキに直結しています。 そごう横浜店は、ファッション、化粧品、生活雑貨、食品など、幅広い品揃えが魅力です。地下1階から地上10階まで、約1000のテナントが出店しています。また、そごう横浜店のレストランフロアは、和食、洋食、中華、エスニックなど、さまざまなジャンルのレストランが揃い、グルメスポットとしても人気があります。 そごう横浜店は、横浜駅周辺のショッピングスポットとして、地元の人だけでなく、観光客にも人気です。横浜駅周辺には、そごう横浜店のほかに、横浜髙島屋、横浜ベイクォーター、横浜ジョイナスなど、多くの商業施設があります。また、横浜ランドマークタワーや横浜美術館、横浜赤レンガ倉庫など、横浜を代表する観光スポットも近くにあります。
施設名・ロケ地

宮崎山形屋の魅力と歴史

宮崎山形屋は、宮崎県宮崎市に本社を置く百貨店である。1893年(明治26年)に山形屋呉服店として創業し、1950年(昭和25年)に法人組織に変更。1966年(昭和41年)に現在の名称に変更した。宮崎市中心部の繁華街である橘通に位置し、地上11階、地下1階建てで、売り場面積は約1万2000平方メートルである。 また、各階ごとに異なるコンセプトを持っており、百貨店ではあるが、さまざまなニーズに応えられる店舗を目指している。売上高は約100億円で、県内第1位の百貨店となっている。 宮崎山形屋は、宮崎県に唯一の百貨店であり、県民にとってなくてはならない存在となっている。宮崎山形屋が提供する多彩な商品とサービスは、県民の生活を豊かにしている。
施設名・ロケ地

山形の百貨店「十字屋山形店」を振り返る

十字屋山形店は、山形県山形市に所在する百貨店である。1891年(明治24年)に十字屋として創業し、1967年(昭和42年)に十字屋山形店として開店した。十字屋は、山形県内の百貨店としては老舗であり、県民に親しまれてきた。しかし、2018年(平成30年)に経営破綻し、閉店した。 十字屋山形店は、山形市の中心部に立地し、ファッション、生活雑貨、食品など幅広い商品を取り揃えていた。また、屋上には遊園地があり、子供連れの家族でにぎわった。十字屋山形店は、山形県民にとって買い物やレジャーの拠点として親しまれていた。 しかし、近年はインターネットショッピングの台頭や、郊外型ショッピングセンターの増加などにより、百貨店の経営は厳しくなっていた。十字屋山形店も、売り上げが低迷し、経営が悪化していった。2018年(平成30年)に、十字屋山形店は経営破綻し、閉店した。 十字屋山形店の閉店は、山形県民に大きな衝撃を与えた。十字屋山形店は、山形県内の百貨店としては老舗であり、県民に親しまれてきた。十字屋山形店の閉店は、山形県民にとって一つの時代の終わりを意味した。
施設名・ロケ地

百貨店「丸栄」の歴史と閉店

丸栄の歴史 丸栄は、1914年(大正3年)に名古屋市中区に丸栄百貨店を創業したのが始まりです。1920年(大正9年)には、名古屋市中区に本店ビルを建設、増築を重ねて、名古屋を代表する百貨店として発展しました。1945年(昭和20年)の名古屋大空襲で本店ビルが焼失しましたが、戦後すぐに復興し、1951年(昭和26年)に本店ビルを再建しました。 1960年代以降は、名古屋市郊外に店舗を拡大し、1970年(昭和45年)には、名古屋市西区に「丸栄西店」、1973年(昭和48年)には、名古屋市北区に「丸栄北店」、1979年(昭和54年)には、名古屋市緑区に「丸栄緑店」をオープンしました。また、1983年(昭和58年)には、名古屋市中村区に「丸栄栄店」をオープンし、名古屋市内での店舗網を拡充しました。 1990年代に入ると、百貨店の経営環境が悪化し、丸栄も苦戦を強いられました。1995年(平成7年)には、名古屋市北区の「丸栄北店」を閉店し、1997年(平成9年)には、名古屋市緑区の「丸栄緑店」を閉店しました。2001年(平成13年)には、名古屋市西区の「丸栄西店」を閉店し、名古屋市内での店舗を本店のみとしました。 2000年代に入ると、丸栄は経営再建を進め、2003年(平成15年)に民事再生法を申請しました。2006年(平成18年)に民事再生法を廃止し、経営再建に成功しました。その後、丸栄は店舗の改装や新規出店などを行い、経営を立て直してきました。しかし、2018年(平成30年)に、名古屋市中区の本店ビルを売却し、2019年(令和元年)に本店を閉店しました。現在、丸栄は、名古屋市中村区の「丸栄栄店」のみを営業しています。
施設名・ロケ地

「東急百貨店 吉祥寺店」の歴史と特徴

-「東急百貨店 吉祥寺店」の歴史- 「東急百貨店 吉祥寺店」は、1929年(昭和4年)に「吉祥寺ストア」として開業しました。吉祥寺駅前にある「東急吉ビル」の地下1階から地上5階までの建物で営業しています。吉祥寺は、東京都武蔵野市にある街で、東急線やJR中央線などのターミナル駅があり、交通の便が良好です。吉祥寺は、昔から文化や芸術が盛んな街として知られており、多くの大学や芸術家が集まっています。吉祥寺ストアは、地元の人々や観光客に愛されるデパートとして営業を続けてきました。 1968年(昭和43年)に「東急百貨店 吉祥寺店」に改称されました。改称後は、より幅広い商品を取り扱うデパートとして営業してきました。1991年(平成3年)には、増築工事が行われ、売場面積が約2倍になりました。増築後は、ファッション、生活雑貨、食品など、さまざまな商品を取り扱うデパートとして営業しています。 「東急百貨店 吉祥寺店」は、吉祥寺で唯一のデパートとして営業を続けています。吉祥寺は、東京都武蔵野市にある街で、東急線やJR中央線などのターミナル駅があり、交通の便が良好です。吉祥寺は、昔から文化や芸術が盛んな街として知られており、多くの大学や芸術家が集まっています。「東急百貨店 吉祥寺店」は、地元の人々や観光客に愛されるデパートとして営業を続けています。
施設名・ロケ地

東京駅の百貨店「大丸 東京店」の魅力

大丸 東京店は、東京都千代田区丸の内に位置する百貨店です。1933年(昭和8年)に日本橋に開業し、1961年(昭和36年)に現在の丸の内の地に本店を移転しました。大丸 東京店は、東京駅八重洲口に直結しており、交通アクセスに優れています。また、地下1階から地上12階までの13フロアに、約300の店舗が軒を連ね、ファッション、化粧品、食品、雑貨など、幅広い商品を取り扱っています。大丸 東京店の特徴は、なんといってもその歴史の長さです。日本橋で創業してから、約100年の歴史があります。その間、関東大震災や東京大空襲など、幾多の困難を乗り越えてきました。また、大丸 東京店は、日本百貨店協会の会員でもあり、品質やサービスの高さに定評があります。
施設名・ロケ地

銀座三越の歴史と魅力

-銀座三越の歴史を紐解く- 銀座三越は、三越伊勢丹グループの旗艦店であり、東京都中央区銀座にある百貨店です。1930年(昭和5年)に現在の場所に開業し、90年以上の歴史を誇ります。銀座三越は、日本の百貨店業界を牽引してきた老舗であり、その歴史は日本の近代化と商業の発展を反映しています。 銀座三越の歴史は、1902年(明治35年)に呉服店「三越呉服店」として創業したことに始まります。三越呉服店は、1911年(明治44年)に銀座に進出し、1930年(昭和5年)に現在の場所に「松坂屋銀座三越店」として開業しました。松坂屋銀座三越店は、1947年(昭和22年)に「銀座三越」に改称され、現在に至っています。 銀座三越は、開業以来、銀座のランドマークとして親しまれてきました。銀座三越の建物は、1930年(昭和5年)に建築家・渡辺節によって設計されたもので、ルネサンス様式とアールデコの要素を融合させたデザインが特徴です。銀座三越は、銀座の街並みになじむ美しい建物として評価されており、国の登録有形文化財に登録されています。 銀座三越は、百貨店としてだけでなく、文化発信地としても知られています。銀座三越には、ギャラリーやホールなどの文化施設が併設されており、展覧会やコンサートなどのイベントが定期的に開催されています。銀座三越は、銀座の文化の発展に貢献しており、銀座の街のシンボルとして親しまれています。
施設名・ロケ地

神戸・三宮のランドマーク「さんプラザ」の魅力

さんプラザの歴史と特徴 さんプラザは、1981年に神戸市の中心部、三宮にオープンした複合施設です。地上35階、地下4階建ての建物には、百貨店、ホテル、オフィス、レストラン、映画館などが入居しており、1日に約30万人が訪れる人気スポットとなっています。 さんプラザは、近代的なデザインと機能性を兼ね備えた建物として高い評価を受けており、1982年にはBCS賞を受賞しています。また、さんプラザ屋上にある「神戸ポートタワー」は、神戸のシンボルとして親しまれており、多くの観光客が訪れます。 さんプラザは、神戸のランドマークとして、多くの人々に愛されている施設です。これからも、神戸の街の発展に貢献し続けることでしょう。
施設名・ロケ地

名古屋栄三越の歴史と特徴

-名古屋栄三越誕生の経緯- 名古屋栄三越は、1928年(昭和3年)10月1日に開業した老舗百貨店です。栄三越の誕生は、名古屋のまちづくりと密接に関係しています。 1910年(明治43年)に、名古屋市は都市計画の一環として、栄地区を商業の中心地として開発することにしました。栄地区は、名古屋城の東に位置しており、交通の便が良く、名古屋の中心部から徒歩圏内にあることから、商業地として適した場所でした。 栄地区の開発が始まると、名古屋の有力な商人たちが続々と栄地区に進出するようになりました。1925年(大正14年)には、名古屋で百貨店を経営していた三越が、栄地区に百貨店を開業することを決定しました。 三越が名古屋に進出するにあたっては、地元の商工会議所や有力者たちの協力が不可欠でした。商工会議所や有力者たちは、名古屋の経済を発展させるためには、三越のような大規模な百貨店を誘致することが必要であると考えており、三越の名古屋進出を積極的に支援しました。 三越は、名古屋の有力者たちの協力のもと、1928年(昭和3年)10月1日に栄地区に百貨店を開業しました。栄三越の開業は、名古屋のまちづくりに大きな影響を与え、名古屋の商業の中心地としての地位を確立するのに貢献しました。
施設名・ロケ地

遠鉄百貨店:浜松のランドマーク的存在

遠鉄百貨店の歴史と特徴 遠鉄百貨店は、1929年に浜松市に開店した百貨店です。浜松市の中心部に位置し、市民に親しまれるランドマーク的存在となっています。 遠鉄百貨店の特徴は、食料品から衣料品、雑貨など、幅広い商品を取り扱っていることです。また、遠鉄百貨店には、レストランやカフェ、映画館などが入居しており、買い物だけでなく、食事や映画を楽しむこともできます。 遠鉄百貨店は、1929年の開店以来、浜松市民に愛され続けてきた百貨店です。これからも、浜松市のランドマーク的存在として、市民に親しまれ続けるでしょう。
施設名・ロケ地

「プルミエ サンジェルマン」:特別なパンが楽しめるベーカリーチェーン

-プルミエ サンジェルマンについて- プルミエ サンジェルマンは、フランスのパリに本社を置くベーカリーチェーンです。1993年に創業し、現在ではフランス国内に100店舗以上、海外に40店舗以上を展開しています。プルミエ サンジェルマンの特徴は、伝統的なフランスパンとペストリーに加え、サンドイッチやサラダなど、さまざまな軽食を提供していることです。また、プルミエ サンジェルマンでは、すべての商品を店内で焼き上げており、新鮮な商品を提供しています。プルミエ サンジェルマンは、その品質の高さから、多くのパリジャンに愛されています。 プルミエ サンジェルマンのパンは、伝統的なフランスパンの製法で作られています。生地には、小麦粉、水、塩、酵母のみを使用し、長時間発酵させています。また、パンは、石窯で焼き上げているため、外はカリッとして中はしっとりとした食感になっています。プルミエ サンジェルマンのペストリーも、伝統的なフランス菓子の製法で作られています。バターや砂糖をふんだんに使用しており、甘くて美味しいペストリーを提供しています。 プルミエ サンジェルマンでは、サンドイッチやサラダなど、さまざまな軽食も提供しています。サンドイッチは、バゲット、クロワッサン、パン・オ・ショコラなどのパンに、ハム、チーズ、野菜などを挟んだものです。サラダは、新鮮な野菜や果物を使用したサラダです。また、プルミエ サンジェルマンでは、コーヒーや紅茶などの飲み物も提供しています。 プルミエ サンジェルマンは、その品質の高さから、多くのパリジャンに愛されています。朝食や昼食、おやつなど、さまざまなシーンで利用することができます。また、プルミエ サンジェルマンは、手頃な価格で商品を提供しているため、観光客にも人気があります。
施設名・ロケ地

仙台のランドマーク「藤崎」の歴史と魅力

藤崎の歴史と沿革 藤崎は、仙台のランドマークとして親しまれている百貨店です。その歴史は、1917年に藤崎林右衛門が「藤崎呉服店」として創業したことに始まります。その後、1924年に「藤崎百貨店」と改称し、1932年には現在地に新店舗を建設しました。1950年には、東北地方で初めての本館増築を行い、1961年には別館を増築しました。1972年には、新館を増築し、1982年には本館を増築しました。1990年には、別館を全面改装し、1997年には、本館と別館を連結する「アネックス」を増築しました。2002年には、本館の全面改装を行い、2010年には、別館の全面改装を行いました。 藤崎は、創業以来、地域に根ざした百貨店として事業を展開してきました。地元の産品を積極的に取り扱うとともに、文化活動にも貢献しています。また、環境保全にも取り組んでおり、2003年には、ISO14001の認証を取得しました。 藤崎は、仙台市民だけでなく、全国各地から多くの観光客が訪れる人気のスポットです。百貨店だけでなく、レストランやカフェ、映画館などの施設も充実しており、一日中楽しむことができます。また、藤崎の屋上からは、仙台の街並みを一望することができます。
施設名・ロケ地

近鉄百貨店 東大阪店を知る

-近鉄百貨店 東大阪店の概要- 近鉄百貨店 東大阪店は、大阪府東大阪市にある百貨店である。近鉄百貨店の旗艦店であり、近鉄花園ラグビー場の隣に位置する。1969年に開業し、東大阪市で最も大きな百貨店となっている。売り場面積は約5万9千平方メートルで、地下2階地上9階建ての建物に入居している。 近鉄百貨店 東大阪店は、ファッション、食品、生活雑貨、家具、家電など幅広い商品を取り揃えている。特に、ファッション売り場は充実しており、国内外の有名ブランドのショップが多数出店している。また、食品売り場には、新鮮な野菜や果物、肉や魚介類、惣菜などがずらりと並ぶ。生活雑貨売り場には、食器や調理器具、日用品など生活に必要なものがすべて揃っている。家具売り場には、ソファやベッド、テーブルなど様々な家具が展示されている。家電売り場には、テレビや冷蔵庫、洗濯機など最新の家電製品が並んでいる。 近鉄百貨店 東大阪店は、東大阪市で最も人気のあるショッピングスポットの一つである。休日は多くの買い物客で賑わい、特にファッション売り場や食品売り場は混雑する。また、近鉄百貨店 東大阪店では、定期的にイベントやセールを開催しており、多くの人々が訪れる。
施設名・ロケ地

日本最大の百貨店!「あべのハルカス近鉄本店」の魅力を紹介

「あべのハルカス近鉄本店」とは? 「あべのハルカス近鉄本店」は、大阪府大阪市阿倍野区にある、近鉄百貨店が運営する日本最大の百貨店です。2014年3月7日に開業し、地上30階、地下2階建ての建物には、約1,000店舗が出店しています。 あべのハルカス近鉄本店は、ファッション、コスメ、食料品、書籍、家電など、幅広いジャンルの商品を取り揃えています。また、レストランやカフェ、映画館、劇場など、さまざまな施設も充実しています。 あべのハルカス近鉄本店は、大阪のランドマーク的存在であり、国内外から多くの観光客が訪れます。また、地元の人々にも親しまれており、買い物や食事、映画鑑賞など、さまざまな目的で利用されています。
施設名・ロケ地

「大沼 米沢店」の思い出と歴史

大沼 米沢店の歴史 米沢市にある大沼は、1960年に創業した老舗の百貨店です。米沢市民に長く愛され、親しまれてきました。しかし、近年はインターネット通販の普及や郊外型ショッピングモールの台頭などにより、経営が悪化。2020年3月31日、ついに閉店することになりました。 大沼の閉店は、米沢市民に大きな衝撃を与えました。長年、大沼で買い物をしてきた人々は、閉店を惜しんでいました。また、大沼で働いていた従業員も、突然の閉店に驚き、悲しんでいました。 大沼は、米沢市民にとって、なくてはならない存在でした。百貨店としてだけでなく、地域社会の交流の場としても機能していました。大沼の閉店は、米沢市に大きな穴を残しました。 しかし、大沼の閉店は、米沢市の衰退を意味するものではありません。米沢市は、豊かな自然と歴史文化を持つ魅力的な街です。大沼の閉店を機に、米沢市がさらに魅力的な街になることを期待しています。
施設名・ロケ地

沖縄三越:創業から閉店まで

沖縄三越は、1971年に開いた沖縄初の本格的な百貨店として、県民に親しまれてきました。那覇市の中心部に位置し、観光客にも人気のスポットでした。しかし、近年は経営が厳しくなり、2020年に閉店を発表しました。 沖縄三越の歴史は、1945年の沖縄戦後に始まります。戦後、沖縄には百貨店がありませんでした。そのため、県民は買い物をするために本土まで行かなければなりませんでした。 1971年、三越は沖縄県に初の百貨店を開業しました。沖縄三越は、県民にとって待望の百貨店でした。沖縄三越は、衣料品、食品、雑貨などさまざまな商品を取り揃えていました。また、レストランや映画館なども併設されていました。 沖縄三越は、県民や観光客に親しまれるようになりました。しかし、近年は経営が厳しくなりました。2020年、沖縄三越は閉店を発表しました。沖縄三越の閉店は、県民に大きな衝撃を与えました。 沖縄三越は、49年間県民に親しまれてきた百貨店でした。沖縄三越の閉店は、県民にとって大きな損失となりました。
施設名・ロケ地

大宮タカシマヤの魅力を徹底解説!

大宮タカシマヤの歴史と特徴 大宮タカシマヤは、埼玉県さいたま市にある百貨店です。1954年(昭和29年)に開業し、現在はタカシマヤグループの中核店舗の一つとなっています。店舗面積は約5万平方メートルで、地下1階から地上8階まであります。 大宮タカシマヤの特徴は、豊富な商品ラインナップと、質の高いサービスです。婦人服、紳士服、子供服、化粧品、食品、生活雑貨など、さまざまな商品を取り扱っています。また、レストランやカフェ、映画館など、充実した施設が整っています。 大宮タカシマヤは、さいたま市だけでなく、近隣の市町村からも多くの人が訪れる人気の百貨店です。特に、週末や祝日は、多くの人で賑わっています。