目薬αで殺菌します

作品名

目薬αで殺菌します→ 森博嗣の長編推理小説

「目薬αで殺菌します→」は、森博嗣の長編推理小説です。1996年に単行本が講談社から刊行され、2002年に文庫版が講談社ノベルスから刊行されました。本作は、森博嗣の初期の作品であり、彼の代表作である「Vシリーズ」の第1作目でもあります。 ストーリーは、大学生の犀川創平が、ある日、図書館で女性が殺害される現場を目撃することから始まります。犯人は、被害者の女性の目に目薬をさした後、逃走します。犀川は、この事件をきっかけに、被害者の女性の妹である西之園萌絵と出会い、一緒に事件の捜査に乗り出します。 捜査を進めていくうちに、犀川と西之園萌絵は、被害者の女性の目から検出された目薬が、ある製薬会社が開発した新薬であることを突き止めます。新薬は、目薬として使用すると、目に殺菌効果を発揮するのですが、過剰に摂取すると、死に至ることもあります。 犀川と西之園萌絵は、新薬を開発した製薬会社を調べた結果、同社が新薬の副作用を隠蔽するために、被害者の女性を殺害したのではないかという疑念を抱きます。犀川と西之園萌絵は、製薬会社の関係者に接触し、新薬の副作用について調査を進めます。 やがて、犀川と西之園萌絵は、新薬の副作用を隠蔽するために、製薬会社が被害者の女性を殺害したという確信を得ます。犀川と西之園萌絵は、製薬会社を告訴し、裁判で製薬会社の罪を暴きます。