知夫村

地名・ロケ地

知る人ぞ知る隠岐の島「島津島」

知夫村の美しい無人島 知夫村は、隠岐諸島にある村です。隠岐諸島は、島根県に属する島々で、日本海に浮かんでいます。知夫村は、隠岐諸島の北西部に位置し、島前と呼ばれる地域にあります。島前は、隠岐諸島の中でも最も人口の少ない地域ですが、その一方で、美しい自然が残されています。 知夫村には、多くの無人島があります。その中でも、最も有名な無人島が島津島です。島津島は、知夫村の北西約10kmに位置する島で、面積は約0.5平方キロメートルです。島津島は、有人島だった時代もあり、その頃には、島には約100人が住んでいました。しかし、1970年代に島民が全員本土に移住したため、現在は無人島となっています。 島津島は、美しい自然が残されている無人島として知られています。島には、森林があり、その中には、天然記念物に指定されている「島津神代杉」があります。島津神代杉は、樹齢1000年以上と推定されており、その巨木ぶりは圧巻です。また、島津島には、美しい海岸線があり、その中には、砂浜や岩場など、さまざまな景観を楽しむことができます。島津島は、無人島ですが、その美しい自然は、多くの人々を魅了しています。
施設名・ロケ地

知夫村の港、「竹名港」の魅力とは?

-竹名港の歴史と設立の経緯- 竹名港は、愛媛県大洲市に位置する港です。この港は、江戸時代初期に築港され、以来、地元の漁業や交易の中心地として栄えてきました。 竹名港の設立には、当時の大洲藩主である加藤嘉明が深く関わっています。加藤嘉明は、藩の財政を立て直すために、港湾整備を積極的に推進しました。竹名港も、その一環として築港されたのです。 竹名港が築港された当初は、それほど大きな港ではありませんでした。しかし、江戸時代中期になると、藩の産業が発展し、竹名港は次第に賑わいを見せるようになります。特に、海運業が盛んになり、竹名港は瀬戸内海有数の港となりました。 明治時代に入ると、竹名港はさらに発展します。明治政府は、近代化政策の一環として、港湾整備を推進しました。竹名港もその対象となり、大規模な改修工事が行われました。 改修工事の結果、竹名港は近代的な港となりました。これにより、竹名港の海運業はさらに盛んになり、竹名港は瀬戸内海屈指の港となりました。 しかし、昭和時代に入ると、竹名港は衰退していきます。昭和30年代に瀬戸大橋が開通すると、海上交通の主役はトラック輸送に移り、竹名港の利用客は減少していきました。 現在、竹名港は、地元の漁業や観光業の中心地として機能しています。また、瀬戸内国際芸術祭の会場としても利用されています。
施設名・ロケ地

知夫村にひっそりたたずむ「古海港」の魅力

「古海港の歴史と概要」 古海港は、高知県宿毛市にある小さな港です。この港は、16世紀に築かれたとされ、江戸時代には土佐藩の重要拠点として機能していました。明治以降は、漁業や海運で栄えましたが、近年では人口減少や産業の衰退により、静かな港となっています。 古海港は、風光明媚な港町として知られています。港の周辺には、古い町並みと美しい景色が広がっています。また、新鮮な魚介類が食べられる食堂や、お土産屋さんも充実しています。 古海港は、のんびりとした時間が流れる癒やしのスポットです。都会の喧騒を離れて、静かに過ごしたい人におすすめの場所です。
地名・ロケ地

保々見港とは

-保々見港の概要- 保々見港は、宮城県気仙沼市にある港である。気仙沼港の北約10kmに位置し、太平洋に面している。保々見地区は、古くから漁業や海運で栄えてきた地域であり、保々見港は、その中心となる港として機能してきた。 保々見港は、漁港と航路港の2つの機能を有している。漁港としては、主にサンマ、カツオ、マグロなどの魚介類の水揚げが行われている。航路港としては、気仙沼港と仙台港を結ぶフェリーが就航している。 保々見港は、気仙沼市にとって重要な港であり、市の経済や生活に大きな役割を果たしている。また、保々見港は、気仙沼市の観光地としても知られており、毎年多くの観光客が訪れる。
地名・ロケ地

隠岐諸島の「知夫里島」の魅力

隠岐諸島は、日本海のほぼ中央に位置する島嶼群で、大小合わせて404の島々からなる。その中でも、知夫里島は、隠岐諸島最大の島であり、周囲約80キロ、面積約142平方キロメートルを有する。 知夫里島は、その豊かな自然と美しい景観で知られ、観光客に人気の島である。島の北部には、標高628メートルの知夫山がそびえ、山頂からは、隠岐諸島を一望することができる。また、島の南部には、白砂青松の美しい海岸が続き、海水浴やマリンスポーツを楽しむことができる。 知夫里島は、その歴史と文化も魅力の一つである。島の北部には、国の重要文化財に指定されている知夫里城址があり、江戸時代には、この城を拠点に隠岐を治めていた。また、島の南部には、知夫里八幡宮があり、毎年10月に行われる祭りには、多くの観光客が訪れる。 知夫里島は、その豊かな自然、美しい景観、そして歴史と文化の魅力あふれる島である。ぜひ一度、この島を訪れてみてはいかがでしょうか。
施設名・ロケ地

木佐根港の歴史と役割

木佐根港の沿革 木佐根港の歴史は古く、室町時代から存在していたとされています。当時、木佐根港は日本と中国の貿易の拠点として栄え、多くの商人が行き交っていました。江戸時代になると、木佐根港は長崎出島のオランダ商館との交易港として重要視され、海外から様々な商品が輸入されました。明治時代には、木佐根港は近代化が進み、近代的な港湾施設が整備されました。日露戦争と第一次世界大戦中には、木佐根港は軍需物資の輸送基地として重要な役割を果たしました。 第二次世界大戦後は、木佐根港は国際貿易港として発展し、多くの外国船が寄港するようになりました。1970年代には、木佐根港にコンテナターミナルが建設され、貨物取扱量が大幅に増加しました。1980年代には、木佐根港は国際空港として開港し、旅客輸送の拠点として重要な役割を果たすようになりました。 現在、木佐根港は日本を代表する国際貿易港であり、国際空港でもあります。多くの外国船や飛行機が寄港し、貨物や旅客を輸送しています。木佐根港は、日本の経済発展に重要な役割を果たしているのです。
地名・ロケ地

「姫の浦港」の背景と概要

姫の浦の歴史 姫の浦の歴史は古く、古くは「姫の浦の港」として栄えました。平安時代には、源義経が壇ノ浦の戦いで敗れた後、この港に逃れてきたという伝説があり、また、戦国時代には、毛利氏がこの港を拠点として、瀬戸内海を支配していました。 江戸時代になると、姫の浦は、瀬戸内海随一の港として繁栄し、多くの商人が集まりました。また、この港からは、瀬戸内海の特産品である塩や魚介類が全国各地に運ばれていきました。 明治時代に入ると、姫の浦は、近代的な港湾として整備され、多くの貨物船や旅客船が行き交うようになりました。また、この港からは、海外への移民船も出港しました。 昭和時代になると、姫の浦は、石油化学工業地帯として発展し、多くの工場が建設されました。また、この港からは、石油や化学製品が全国各地に運ばれていきました。 平成時代に入り、姫の浦は、再び観光地として注目されるようになり、多くの観光客が訪れるようになりました。また、この港からは、瀬戸内海の島々への観光船も出航しています。 姫の浦は、長い歴史を持つ港であり、古くは「姫の浦の港」として栄えたほか、戦国時代には毛利氏、江戸時代には瀬戸内海随一の港として発展を遂げ、明治時代には近代的な港湾として整備されました。昭和時代には石油化学工業地帯として発展し、現在は観光地として注目を集めています。
施設名・ロケ地

須賀港とは

須賀港の歴史 須賀港の歴史は古く、江戸時代にはすでに港として利用されていたとされています。当時は、主に物資の積み下ろしや漁船の寄港地として利用されており、地元の人々の生活を支えていました。明治時代になると、須賀港は近代化が進み、大型船舶が寄港できるようになりました。これにより、須賀港は貿易港として発展し、須賀市の経済を支える重要な拠点となりました。 その後、須賀港は第二次世界大戦の戦火に見舞われ、大きな被害を受けました。しかし、戦後復興が進み、須賀港は再び貿易港として発展しました。昭和40年代になると、須賀港はコンテナ船の寄港地となり、国際貿易の拠点となりました。また、須賀港は、観光地としても整備され、多くの観光客が訪れるようになりました。 現在、須賀港は、貿易港としてだけでなく、観光地としても発展しています。須賀港には、大型船舶が寄港するコンテナターミナルや、観光客向けの施設が整備されており、多くの人々が訪れます。須賀港は、須賀市の発展に大きく貢献している重要な拠点です。
芸能人の名前

知夫村歌舞伎の魅力

-知夫村歌舞伎の歴史- 知夫村歌舞伎は、江戸時代以前から伝わる日本の伝統芸能であり、島根県の知夫村に伝承されてきた歌舞伎である。知夫村は、隠岐諸島の最北端に位置する村であり、江戸時代には隠岐国に属していた。知夫村歌舞伎は、隠岐国を治めていた隠岐藩の庇護のもとで発展してきた。 知夫村歌舞伎は、元々は農村の祭礼芸能として上演されていた。しかし、江戸時代後期になると、知夫村歌舞伎は次第に庶民の間で人気を集めるようになり、興行として上演されるようになった。明治時代に入り、知夫村歌舞伎はさらに発展し、隠岐諸島だけでなく、本州にも知られるようになった。 大正時代になると、知夫村歌舞伎は衰退期に入り、一時的に上演されなくなった。しかし、昭和初期に、知夫村歌舞伎を復活させようとする動きが起こり、昭和10年(1935年)に、知夫村歌舞伎保存会が設立された。知夫村歌舞伎保存会は、知夫村歌舞伎の保存と継承に取り組み、 昭和20年(1945年)に、知夫村歌舞伎は県の無形民俗文化財に指定された。 昭和30年代になると、知夫村歌舞伎は再び人気を集めるようになり、昭和40年(1965年)には、知夫村歌舞伎が国の重要無形民俗文化財に指定された。知夫村歌舞伎は、日本の伝統芸能として高く評価されており、毎年、多くの観光客が知夫村を訪れて、知夫村歌舞伎を鑑賞している。
施設名・ロケ地

知夫村の息吹を育む港「堤港」

知夫村の歴史と堤港の役割 知夫村は、北海道の最東端にある村です。江戸時代には、松前藩の直轄領として、ニシン漁などの漁業で栄えました。明治時代以降も、昆布漁やサケ・マス漁などの漁業が盛んに行われてきました。 堤港は、知夫村の中心部にある港です。1911年に着工され、1914年に完成しました。堤港の建設により、漁船の出入港が容易になり、漁業の振興に貢献しました。また、堤港は、知夫村と本土を結ぶ玄関口としての役割も果たしています。 堤港は、知夫村の歴史と文化を象徴する場所でもあります。港には、漁船や漁具が並び、漁業の息吹を感じることができます。また、堤港には、知夫村唯一の神社である堤神社があります。堤神社は、漁業の神様である恵比寿様が祀られており、漁師たちの信仰を集めています。 堤港は、知夫村の重要な港であり、知夫村の歴史と文化を象徴する場所でもあります。堤港は、知夫村の未来を切り拓く拠点として、これからも重要な役割を果たし続けるでしょう。
地名・ロケ地

隠岐広域連合とは何か

-広域連合の目的と設立経緯- 隠岐広域連合は、島根県隠岐諸島を構成する隠岐の島町、海士町、西ノ島町の3町が連携し、共同で事業を行うために設立された広域連合です。隠岐広域連合の目的は、隠岐諸島の振興発展を図ることであり、そのために広域的に連携して行う事業として、医療・福祉、教育、観光、産業振興、防災などがあります。 隠岐広域連合の設立の経緯は、島根県が2004年(平成16年)に実施した広域行政推進計画で、島根県内の広域連合の設立を推進することになり、その一環として隠岐広域連合が設立されました。隠岐広域連合は、2006年(平成18年)4月に設立され、現在では3町が連携して事業を行っています。
施設名・ロケ地

日之津港の歴史と役割

日之津港の設立と港湾管理者 日之津港は、江戸時代初期の慶長19年(1614年)に築港されました。築港の目的は、参勤交代を命じられた島原藩が船舶を停泊させるためでした。日之津港は、島原藩の玄関口として重要な役割を果たし、参勤交代だけでなく、物資の輸送や交易も行われていました。 日之津港の港湾管理者は、当初は島原藩が務めていました。しかし、明治維新後の1871年に港湾管理権は国に移管され、1899年に日之津港は特別輸出港に指定されました。特別輸出港とは、特定の輸出品目を扱うことを許可された港のことです。日之津港では、主に石炭と硫黄が輸出されていました。 1945年の終戦後、日之津港は連合国軍に接収されました。接収された日之津港は、1952年に日本に返還されました。返還後の日之津港は、再び島原藩の玄関口として重要な役割を果たしました。また、日之津港は、観光客の受け入れ港としても整備され、現在では多くの観光客が訪れています。