石垣島

モノの名前

ウランダフイーンってなに?

石垣島地域での呼び方 石垣島地域でウランダフイーンは、主に「イラブー」と呼ばれています。これは、ウランダフイーンが、イラブー科の魚類であることに由来しています。また、石垣島地域では、ウランダフイーンのことを「オオエソ」や「エソ」と呼ぶこともあります。これらの呼び方は、ウランダフイーンが、細長い体型をしていることに由来しています。ウランダフイーンは、石垣島地域では、食用として親しまれています。刺身や煮付け、唐揚げなど、様々な料理にして食べられています。また、ウランダフイーンの干物は、石垣島地域のお土産としても人気があります。
地名・ロケ地

南の島の秘宝「白保東小島」

石垣島の秘境「白保東小島」 石垣島から約30キロに位置する白保東小島は、その美しいサンゴ礁と手つかずのビーチで知られる秘境です。島は無人島で、面積は約0.09平方キロメートルと非常に小さく、周囲は約1.2キロメートルです。島の最高標高は標高10メートルで、島のほとんどは平坦地です。 白保東小島は、石垣島の白保海岸から船で約30分で行くことができます。船は白保漁港から毎日運航されており、料金は片道1,000円です。島には宿泊施設がないため、日帰りで観光するのが一般的です。 白保東小島は、シュノーケリングやダイビングのスポットとして人気があります。島の周辺には、サンゴ礁が広がっており、様々な魚が生息しています。また、島のビーチは白砂で覆われており、とても美しいです。 白保東小島は、石垣島の秘境として知られており、多くの観光客が訪れます。島の美しい自然を満喫したり、シュノーケリングやダイビングを楽しみたい人にはおすすめです。
モノの名前

「マリヤシェイク」の味わいを満喫しよう

マリヤシェイクとは何でしょうか? 南国の風味とさわやかな甘さのユニークな一杯です。甘酸っぱいマンゴー、クリーミーなココナッツ、そしてパイナップルの爽やかな風味の完璧なブレンドでできています。マリヤシェイクは、蒸し暑い日に最適な飲み物であり、気分を高揚させ、息苦しさを吹き飛ばしてくれそうです。 マリヤシェイクは、トロピカルな風味を楽しむもっとも有名な方法ですが、パイナップルの代用として、オレンジジュースやライムジュースなど、さまざまな方法でアレンジすることもできます。また、マリヤシェイクをアルコール飲料にすることもできます。ラム酒やウォッカをブレンドすれば、熱帯の夜のリゾート気分が味わえます。 マリヤシェイクは、ハワイ発祥の飲み物ですが、今では世界中で楽しまれています。アメリカでは、マリヤシェイクは一般的にレストランやバーで提供されており、ハワイアン・パーティーやバーベキューなどでも登場しています。日本でも、マリヤシェイクは人気の飲み物となっており、専門店だけでなく、カフェやコンビニエンスストアでも販売されています。
モノの名前

マリーブの魅力

沖縄のソウルフード「マリーブ」 沖縄の人をとりこにする、やさしい味わいのグルクンを揚げた魚のすり身。マリーブは、グルクンのすり身に、塩、砂糖、味噌、島胡椒など、沖縄の調味料を複数加えた後に、じっくりと揚げた魚のすり身のことをいいます。 マリーブは、素朴な味わいで、沖縄の人々に愛される惣菜です。そのまま食べてもおいしくいただけますが、汁物や炒め物など、さまざまな料理に使われています。家庭料理はもちろん、沖縄の郷土料理店や居酒屋などでも、よく見かける一品。 マリーブは沖縄県全域で親しまれており、地域によってさまざまな作り方があります。例えば、砂糖や味噌の量を変えたり、余った魚のすり身を混ぜて作ったり、よもぎを混ぜて作ったりするなど、各家庭で独自のレシピを持っているところもあります。 沖縄県では、学校給食のメニューにもなっていることもあります。沖縄の郷土料理として、自分たちに親しんでほしいという思いが込められているのでしょう。 マリーブは、沖縄の人々にとって、なくてはならないソウルフード。居酒屋などで注文すれば、沖縄らしさを実感できる一品です。
施設名・ロケ地

「旧宮良殿内」の歴史と魅力

「旧宮良殿内」とは? 「旧宮良殿内」とは、沖縄県国頭郡今帰仁村にある歴史的建造物です。琉球王国の按司であった宮良殿内の居城跡であり、国の史跡に指定されています。 「旧宮良殿内」は、15世紀後半に築城されたと考えられています。宮良殿内は、今帰仁城の北西に位置し、面積は約3,000坪です。城跡には、石垣、土塁、曲輪などの遺構が残されています。 「旧宮良殿内」は、1609年の薩摩藩の侵攻によって破壊されました。その後、薩摩藩は「旧宮良殿内」の跡地に番所を建て、今帰仁を支配しました。 明治維新後、「旧宮良殿内」は廃墟となっていました。その後、1931年に国の史跡に指定され、1932年に復元工事が行われました。現在、「旧宮良殿内」は公園として整備され、観光客に公開されています。
施設名・ロケ地

伊野田オートキャンプ場

石垣島北東部の海岸線に位置するキャンプ場 伊野田オートキャンプ場は、石垣島北東部の海岸線に位置するキャンプ場です。美しい海を望む丘の上にあり、石垣島で唯一のオートキャンプ場です。キャンプサイトは、テントサイトとバンガローサイトの2種類があり、テントサイトには電源と水道が完備されています。バンガローサイトには、キッチンやトイレ、シャワーなどが備え付けられており、手ぶらでキャンプを楽しむことができます。 キャンプ場の近くには、美しいビーチやシュノーケリングスポットがあり、海水浴やマリンスポーツを楽しむことができます。また、キャンプ場から車で10分ほどのところには、石垣島最大の繁華街である石垣市街地があり、買い物や食事を楽しむことができます。 伊野田オートキャンプ場は、石垣島でキャンプを楽しむのに最適な場所です。美しい海を眺めながら、ゆったりとキャンプを楽しむことができます。
施設名・ロケ地

石垣港の魅力を探る

石垣港の歴史と役割 石垣港の歴史は古く、1609年に琉球王国によって開港されました。その後、1871年に琉球藩が廃止されると、石垣港は沖縄県の管轄となりました。1896年には、日本海軍の根拠地となり、日清戦争、日露戦争で重要な役割を果たしました。第二次世界大戦中は、米軍の上陸作戦の拠点となり、大きな被害を受けました。しかし、戦後すぐに復興し、現在では、沖縄県で最も重要な港湾となっています。 石垣港は、石垣島と西表島を結ぶ離島航路のほか、台湾や中国への国際航路も発着しています。また、貨物船の出入りも多く、沖縄県の経済に大きな役割を果たしています。近年では、石垣港を拠点とした観光業も盛んになっており、多くの観光客が訪れています。 石垣港は、沖縄県の玄関口であり、県経済に重要な役割を果たしています。また、石垣島と西表島を結ぶ離島航路の拠点としても重要な役割を果たしており、多くの観光客が訪れています。
地名・ロケ地

水納島の魅力

- 水納島の基本情報 水納島は、沖縄県北部に位置する島です。面積は1.28平方キロメートル、人口は約100人です。島の周囲は約4キロメートルで、一周するのに約1時間30分かかります。水納島は、サンゴ礁に囲まれた美しい島で、シュノーケリングやダイビングのスポットとしても人気が高まっています。島の最高点は標高90メートルの水納岳で、島内にはいくつかの展望台があります。また、島内には、いくつかのビーチがあり、海水浴やマリンスポーツを楽しむことができます。水納島へのアクセスは、那覇空港から高速船で約1時間、または本部港からフェリーで約30分です。水納島は、沖縄の美しい自然を満喫することができる島です。 -人口- 水納島の人口は約100人です。島民は、漁業や観光業を営んでいます。水納島は、沖縄の伝統的な文化や生活が残る島としても知られています。 -面積- 水納島の面積は、1.28平方キロメートルです。島は、サンゴ礁に囲まれており、美しいビーチや景観が広がっています。島の最高点は標高90メートルの水納岳で、島内にはいくつかの展望台があります。 -アクセス- 水納島へのアクセスは、那覇空港から高速船で約1時間、または本部港からフェリーで約30分です。高速船は、1日4便、フェリーは1日3便運航しています。
地名・ロケ地

加屋真島を旅して

加屋真島は、広島県尾道市の沖合約10kmに位置する小さな島である。島にはウサギが数百匹生息しており、ウサギの島として知られている。加屋真島は、ウサギとふれあいながら、自然を満喫できる人気の観光スポットである。 島のウサギたちは、人懐っこく、近づいても逃げることなく、餌をねだりに寄ってくる。訪問者は、ウサギに餌をあげたり、撫でたり、写真を撮影したりして楽しむことができる。 加屋真島は、ウサギだけでなく、美しい自然にも恵まれている。島には、森林、草原、海岸など、さまざまな自然環境があり、ハイキングや釣り、海水浴などを楽しむことができる。 ウサギの島で自然とふれあい、癒しのひとときを過ごしてみてはいかがだろうか。
モノの名前

八重山の誇り「ヤタフツイ」のあれこれ

ヤタフツイとは? 八重山地方に伝わるヤタフツイは、3本の主柱を竹を用いて三角形に組んだ簡素な家で、主に八重山地方の御嶽や墓地で見られる特徴的な建築様式です。八重山の誇りとも言われるヤタフツイは一般的に屋根裏や壁などがなく、地面から柱を直接立てたシンプルな構造となっているのが特徴です。屋根はコンクリートブロックか木で造られ、屋根の形は切妻か入母屋が多くなっています。 ヤタフツイは、八重山の地域に見られる独特の建築物であり、地域の歴史や文化を象徴する建造物の一つです。八重山諸島の各地の御嶽や墓地で見ることができ、特に八重山諸島最大の島である石垣島に見られるヤタフツイは、その規模の大きさや装飾の美しさから「八重山の誇り」と呼ばれています。
施設名・ロケ地

石垣島の秘境「桃林寺」の歴史と魅力

桃林寺の歴史と由来 桃林寺は、石垣島の中央部に位置する標高549mの御嶽山に祀られていた御嶽の「桃林寺御獄」を起源としています。御嶽とは、沖縄の自然崇拝の対象とされる場所であり、桃林寺御獄もその一つでした。 桃林寺御嶽は、1591年に琉球王国の尚永王が訪れ、その際に寺を建立するように命じました。これが、桃林寺の始まりだと言われています。桃林寺は、その後も琉球王国の保護を受け、発展を遂げていきました。 1609年に、桃林寺は現在の場所に移転しました。移転先は、琉球王国の首里城の鬼門にあたる場所であり、桃林寺は琉球王国の守護寺として重要な役割を担うようになりました。 1879年の琉球処分によって、琉球王国は日本に併合されました。桃林寺も、日本の仏教寺院として存続することになりました。しかし、太平洋戦争中は、桃林寺も戦火に遭い、多くの建物が焼失しました。 戦後、桃林寺は復興され、現在では石垣島を代表する観光スポットの一つとなっています。桃林寺には、県指定有形文化財の仏像や絵画が数多く収蔵されており、毎年多くの観光客が訪れています。
モノの名前

沖縄の伝統野菜「アコン」の魅力

-# アコンの特徴と歴史 アコンは、沖縄県で古くから親しまれてきた伝統野菜の一種です。沖縄県では、アコンは「アコム」と呼ばれています。「アコン」という名称は、アコンの実が爪によく似ていることから名付けられたと言われています。 アコンは、ツルムラサキ科の多年草で、草丈は1~3mほどになります。葉はハート形で、葉の縁にはギザギザがあります。花は、夏から秋にかけて、茎の先端に小さな白い花を咲かせます。アコンの実の特徴は、真っ赤な色と、爪のような形をしています。果実は10~12月にかけて結実します。 アコンは、沖縄県全域で栽培されており、主に葉と茎を食用として利用されています。葉は、炒め物や天ぷら、汁物などに利用され、茎は主に漬物として利用されます。アコンは、β-カロテンやビタミンC、鉄分を豊富に含んでおり、栄養価の高い野菜です。 アコンは、沖縄県では古くから親しまれてきた伝統野菜ですが、近年では栽培する農家が減少しており、生産量は減少傾向にあります。しかし、近年では、沖縄県内の飲食店やスーパーなどでアコンを使った料理や商品が販売されるようになり、アコンの知名度と人気が高まっています。
モノの名前

「ゲンキクール」ってどんな飲み物?石垣島のご当地ドリンクの魅力に迫る

ゲンキクールとは、石垣島のご当地ドリンクであり、新鮮なパイナップルと牛乳をブレンドし、風味付けのためにはちみつとレモンを加えた飲み物です。パイナップルの甘酸っぱさと牛乳のまろやかさが絶妙にマッチしており、暑い石垣島で人気の一品です。ゲンキクールは、石垣島産のパイナップルを使用しており、パイナップルの甘みと酸味が強く、牛乳とブレンドすることでまろやかな味わいになります。また、はちみつとレモンを加えることで、より風味豊かな味わいになります。ゲンキクールは、石垣島を訪れた際にはぜひとも味わいたいご当地ドリンクです。
地名・ロケ地

【多良間港】先島諸島の港湾を知る

多良間港の歴史 多良間港は、沖縄県宮古島市多良間にある港湾である。多良間島の東側に位置し、多良間空港に隣接している。多良間港は、1965年(昭和40年)に多良間島と沖縄本島を結ぶ定期航路が開設されたことに伴い、建設された。その後、多良間島と宮古島を結ぶ定期航路も開設され、多良間港は、多良間島と周辺離島を結ぶ重要な港湾となった。 多良間港は、多良間島と周辺離島への物資の輸送や、観光客の受け入れなど、多良間島の経済や観光に重要な役割を果たしている。また、多良間港は、多良間島と沖縄本島を結ぶ航路の拠点として、沖縄県の交通網にとっても重要な位置を占めている。 多良間港は、2011年(平成23年)に、国の重要港湾に指定された。これにより、多良間港は、国の財政支援を受けることが可能となり、港湾施設の整備や拡充が行われることとなった。現在、多良間港では、港湾施設の整備や拡充が行われており、将来的には、多良間島と沖縄本島を結ぶ高速船の就航も計画されている。
モノの名前

石垣島きたうち牧場プレミアムビーフの魅力

石垣島きたうち牧場プレミアムビーフとは? 石垣島きたうち牧場プレミアムビーフは、沖縄県石垣島で飼育されている黒毛和牛です。この牛は、日本の最南端にある石垣島で、豊かな自然の中で放牧されています。そのため、牛はストレスを感じることなく、健康で丈夫に育ちます。また、石垣島きたうち牧場では、牛に与える飼料にもこだわっています。牛の健康を第一に考え、遺伝子組み換え作物や化学肥料は一切使用していません。また、牛の成長を促進するために、抗生物質やホルモン剤なども一切使用していません。 石垣島きたうち牧場プレミアムビーフは、その優れた肉質で知られています。肉は柔らかく、ジューシーで、旨味があります。また、脂身は少なめなので、ヘルシーな牛肉です。石垣島きたうち牧場プレミアムビーフは、ステーキや焼肉、すき焼きなど、様々な料理に使用することができます。また、高級レストランでも使用されているので、その美味しさを堪能することができます。
モノの名前

「マンジュイ」の魅力と活用法

マンジュイとは マンジュイは、北海道の銘菓として知られる和菓子です。小麦粉を水で溶いて練り、砂糖や塩を加えて伸ばした後、あんこを包んで蒸したものです。あんこには、つぶあん、こしあん、白あんの3種類があります。また、マンジュイの中には、バターやクリーム、チーズなどの洋風テイストのものもあります。 マンジュイは、その形状から「まんじゅう」と呼ばれることもありますが、まんじゅうとは異なります。まんじゅうは、小麦粉や米粉をベースとした生地で餡を包み、蒸したり、焼いたり、揚げたりしたものです。一方、マンジュイは、小麦粉をベースとした生地で餡を包み、蒸したものです。そのため、マンジュイは、まんじゅうよりも柔らかく、もちもちとした食感があります。 マンジュイは、北海道だけでなく、全国各地で販売されています。北海道では、お土産として人気が高く、多くの観光客が購入していきます。また、マンジュイは、その手軽さと美味しさから、家庭の定番のおやつとしても親しまれています。
地名・ロケ地

石垣島北端の無人島「大地離」の魅力

「大地離」ってどんな島? 石垣島北端から約15キロ、竹富島と西表島の間にある無人島「大地離」。面積は約5ヘクタールで、周囲の長さは約1.5キロです。島全体が亜熱帯の森林に覆われており、干潮時には周囲にサンゴ礁が現れ、美しい景観を楽しむことができます。また、島にはウミガメの産卵地があり、毎年多くのウミガメが産卵に訪れます。大地離は、手つかずの自然が残る美しい無人島で、シュノーケリングやダイビング、海水浴など、さまざまなマリンアクティビティを楽しむことができます。
施設名・ロケ地

バンナ公園:石垣島で自然観察と美しい景色を満喫

標高230mの自然観察スポット 石垣島の北部、バンナ公園は、手つかずの自然が残る自然観察スポットとして知られています。公園内には、標高230mのバンナ岳があり、頂上からは石垣島の美しい景色を望むことができます。また、バンナ岳には、さまざまな動植物が生息しており、自然観察を楽しむことができます。 バンナ岳の麓には、バンナ公園ビジターセンターがあり、公園内の自然について学ぶことができます。ビジターセンターには、展示室やシアターがあり、公園内の動植物や歴史について学ぶことができます。また、ビジターセンターでは、ガイドツアーも開催されており、公園内の自然をより深く知ることができます。 バンナ公園は、石垣島の自然を満喫できるスポットとして、観光客に人気があります。公園内では、ハイキングやバードウォッチング、写真撮影を楽しむことができます。また、公園内には、キャンプ場やバーベキュー場があり、アウトドアアクティビティを楽しむこともできます。
モノの名前

「フェリーよなくに」の旅

石垣島から与那国島へ 石垣港を発着するフェリー「フェリーよなくに」に乗船して、石垣島から与那国島へ行くことができます。与那国島は、石垣島から西に約60キロ離れた、沖縄県最西端の島です。フェリーの所要時間は約2時間30分です。 フェリーは、石垣島と与那国島を結ぶ唯一の交通手段です。そのため、フェリーは与那国島への観光客や島民の生活物資を運ぶ重要な役割を果たしています。フェリーには、旅客船と貨物船の2種類があります。旅客船は、約200人を収容することができます。貨物船は、約100トンの貨物を積載することができます。 フェリーの旅は、石垣島と与那国島の美しい景色を楽しむことができるので、観光客にも人気があります。フェリーは、石垣島を出発すると、西表島や鳩間島などの島々を眺めながら進みます。与那国島に近づくにつれて、与那国島の特徴的な山である与那国馬場島が見えてきます。与那国馬場島は、海抜229メートルの山で、与那国島のシンボルとして親しまれています。 フェリーは、与那国島の久部良港に到着します。久部良港は、与那国島の玄関口として、多くの観光客や島民が利用しています。
モノの名前

八重山かまぼこ:石垣島の特産揚げ蒲鉾

八重山かまぼこは、石垣島の特産揚げ蒲鉾です。その特徴は、白身魚をすり身にして作る「白かまぼこ」ではなく、マグロやカツオなどの赤身魚をすり身にして作る「赤かまぼこ」であることです。赤かまぼこは、白かまぼこよりも味が濃く、噛み応えがあります。また、八重山かまぼこは、すり身に泡立てた卵白を加えることで、ふんわりとした食感に仕上げられています。 八重山かまぼこの製法は、まず、マグロやカツオなどの赤身魚を三枚におろして、皮と骨を取り除きます。次に、すり身機にかけてすり身を作ります。すり身に泡立てた卵白を加えて混ぜ合わせます。最後に、型に流し込んで蒸します。蒸した後は、油で揚げます。 八重山かまぼこは、そのまま食べてもおいしいですが、天ぷらや煮物などにしてもおいしくいただけます。また、八重山かまぼこを使ったおにぎりも人気があります。
地名・ロケ地

仲間港の魅力と歴史

西表島の南東部に位置する港 大見出し「仲間港の魅力と歴史」の下に作られた小見出しの「西表島の南東部に位置する港」では、仲間港の位置や、その周辺の地理的な特徴について説明しています。 仲間港は、西表島の南東部に位置する港です。港のすぐ近くには、仲間川が流れ込んでいます。仲間川は、西表島で最も長い川であり、その上流には、マングローブ林や亜熱帯の森が広がっています。港の周囲には、高い山々がそびえ立ち、その山々には、さまざまな動植物が生息しています。 仲間港は、古くから西表島と石垣島の間の交易拠点として栄えてきました。また、仲間港は、西表島観光の玄関口としても知られており、毎年多くの観光客が訪れます。仲間港からは、西表島のさまざまな観光スポットへのアクセスが可能です。
地名・ロケ地

【尖閣諸島】魚釣島について知ろう

魚釣島の歴史と概要 魚釣島は、沖縄県・尖閣諸島の中核をなす島のひとつです。行政的には沖縄県石垣市に属しています。尖閣諸島は、魚釣島のほか、久場島、大東島、北小島、南小島、大正島の6つの島々で構成されています。そのうち魚釣島がもっとも大きく、面積は4.3平方キロメートルです。東シナ海に位置し、台湾から約170キロ、沖縄県石垣島から約400キロのところにあります。島は、玄武岩で形成されており、最高点は標高362メートルです。無人島であり、常住人口はありません。 魚釣島の歴史は古く、古くから台湾や中国、日本の漁師たちによって漁場として利用されてきました。16世紀には、ポルトガル人が魚釣島を発見し、その後、オランダ人も魚釣島にやってきました。1895年に、清国から日本に割譲され、沖縄県の管轄となりました。しかし、1945年には、第二次世界大戦の終結とともに沖縄県とともにアメリカ合衆国の統治下におかれました。1972年に、沖縄県が日本に返還された際に、魚釣島も日本に返還されました。 その後、魚釣島は、中国と台湾が領有権を主張するようになりました。中国は、魚釣島は古くから中国の領土であったと主張し、台湾は、魚釣島は清国から日本に割譲された際に台湾に属していたと主張しています。日本政府は、魚釣島は1895年に日本に割譲され、アメリカの統治下を経て、1972年に日本に返還されたため、日本の領土であると主張しています。現在、魚釣島は、日本の実効支配下にあります。
モノの名前

きたうち牧場プレミアムビーフ40とは?

石垣島の銘柄牛肉「石垣島きたうち牧場プレミアムビーフ」 石垣島きたうち牧場プレミアムビーフは、沖縄県石垣島で飼育された黒毛和牛の牛肉です。石垣島きたうち牧場は、石垣島北部の標高300mに位置する牧場で、豊かな自然の中で牛を飼育しています。牛は健康でストレスフリーな環境で育てられ、良質な餌を与えられています。その結果、石垣島きたうち牧場プレミアムビーフは、きめ細やかな肉質とジューシーな味わいが特徴の牛肉となっています。 石垣島きたうち牧場プレミアムビーフは、石垣島内の飲食店で食べることができます。また、石垣島のお土産として購入することもできます。石垣島きたうち牧場プレミアムビーフは、石垣島の豊かな自然と、牧場主の愛情が込められた牛肉です。石垣島を訪れた際には、ぜひ石垣島きたうち牧場プレミアムビーフを味わってみてください。
モノの名前

「パンソー」の魅力、石垣島の伝統野菜を知る

「パンソー」とは、石垣島の伝統野菜として知られる、ウリ科のつる性多年生植物です。別名、ツルレイシ、ウリズナとも呼ばれます。沖縄県や鹿児島県、台湾、中国南部などに分布しており、石垣島では古くから栽培されており、島民に親しまれてきました。 「パンソー」の実は、球形または長円形で、熟すと赤色またはオレンジ色に変化します。果肉は甘酸っぱく、そのまま生で食べたり、炒め物やスープなどに調理して食べられます。また、葉や茎も食用になり、葉は天ぷらや炒め物、茎は漬物などに利用されます。 「パンソー」の栽培は、石垣島では4月頃から開始されます。種をまき、苗を育てて、5月頃から畑に定植します。定植後、約3か月で収穫期を迎えます。収穫した「パンソー」は、地元の市場や直売所で販売されます。 「パンソー」は、栄養価が高く、ビタミンCやカリウム、鉄分などを豊富に含んでいます。また、カロテノイドの一種であるβ-カロテンも豊富に含まれており、抗酸化作用や免疫力を高める効果があると言われています。 「パンソー」は、石垣島の伝統野菜として、島民に親しまれているだけでなく、その栄養価の高さから、近年では健康志向の人にも注目されています。