石川県

モノの名前

伝統と革新が共存する「大社焼」の世界

石川県・羽咋市(はくいし)は、古くから焼き物の産地として知られています。その中でも、特に有名なのが大社焼(たいしゃやき)です。大社焼は、伝統的な技法と、独創的なデザインを兼ね備えた焼き物で、全国各地で高い人気を誇っています。 大社焼の歴史は古く、鎌倉時代までさかのぼると言われています。当時は、羽咋市の大社地区で、素朴な陶器が作られていました。その後、江戸時代に入ると、大社地区で磁器が作られるようになりました。これが、大社焼の始まりです。 大社焼の特徴は、なんといってもその独創的なデザインです。大社焼の作家たちは、伝統的な技法をベースに、新しいデザインを次々と生み出しています。そのため、大社焼には、さまざまなデザインの焼き物があります。 大社焼は、石川県を代表する焼き物の一つです。伝統的な技法と、独創的なデザインを兼ね備えた大社焼は、全国各地で高い人気を誇っています。もし、石川県を訪れる機会があれば、ぜひ大社焼の窯元を訪れてみてください。きっと、お気に入りの焼き物が見つかるはずです。
地名・ロケ地

「片野鴨池」の魅力と見どころ

-ラムサール条約湿地「片野鴨池」とは- 片野鴨池は、埼玉県北本市にあるラムサール条約登録湿地です。ラムサール条約とは、湿地の保護と持続可能な利用を目的とした国際条約で、1971年にイランのラムサール市で採択されました。片野鴨池は、2005年にラムサール条約に登録され、現在では国内で15番目の登録湿地となっています。 片野鴨池の面積は約100haで、周囲はヨシやアシなどの湿性植物が生い茂っています。池の中には、ハスやスイレンなどの水生植物が咲き誇り、カモやサギなどの水鳥が飛来しています。片野鴨池は、水鳥の生息地として重要な場所であり、バードウォッチングスポットとしても人気があります。 片野鴨池の魅力は、豊かな自然環境にあります。池の周辺には、四季折々の花が咲き誇り、野鳥のさえずりが聞こえてきます。また、片野鴨池は、古代蓮の産地としても知られており、毎年夏になると、古代蓮の花が咲き誇ります。古代蓮は、約2000年前の古代中国から伝来した蓮で、現在では片野鴨池でしか見ることができません。 片野鴨池は、自然観察やバードウォッチングを楽しむのに最適な場所です。また、片野鴨池の周辺には、片野鴨池公園や片野鴨池自然学習館などの施設があり、自然について学ぶことができます。
地名・ロケ地

塩屋港の魅力

石川県にある塩屋港の歴史 石川県の七尾市にある塩屋港の歴史は古く、江戸時代には北前船で栄えた港町として知られていました。塩屋港は、加賀藩の直轄地で、加賀藩の米や木材などの物流拠点として重要な役割を果たしていました。また、塩屋港は、北前船の寄港地としても知られており、北海道や東北地方の物産が塩屋港から全国各地に運ばれていました。 明治時代になり、塩屋港は近代化が進み、港湾施設が整備されました。また、塩屋港は、海外への貿易港としても利用されるようになり、ヨーロッパやアメリカからの船舶が塩屋港に入港するようになりました。大正時代には、塩屋港は石川県の主要な港湾として整備され、港湾の拡張工事が行われました。 昭和時代になり、塩屋港はさらに近代化が進み、港湾施設がさらに整備されました。また、塩屋港は、石油や石炭などのエネルギー資源の輸入港としても利用されるようになり、塩屋港は石川県の経済発展に大きな役割を果たしました。平成時代になり、塩屋港は、コンテナ船やRORO船などの大型船舶が寄港する港湾として整備されました。また、塩屋港は、石川県の観光拠点としても整備され、塩屋港周辺には観光施設や宿泊施設などが整備されています。
未分類

石川ミリオンスターズの魅力を徹底解剖!

石川ミリオンスターズは、石川県を本拠地とするプロ野球球団です。2024年に設立され、現在は日本野球機構(NPB)のウエスタン・リーグに所属しています。球団の運営は株式会社石川ミリオンスターズによって行われています。 石川ミリオンスターズは、石川県初のプロ野球球団として、設立当初から大きな注目を集めました。球団の目標は、NPBの一軍昇格を果たし、石川県にプロ野球の灯を灯すことです。球団の運営には、石川県や県内の企業・団体など、多くの方々の協力が得られています。 石川ミリオンスターズは、2024年シーズンにウエスタン・リーグに参戦しました。チームは、監督に元メジャーリーガーのイチロー氏を招聘し、選手にはドラフト会議で獲得した若手選手を中心に構成しました。チームは、設立初年度から健闘し、ウエスタン・リーグの優勝争いに加わりました。 石川ミリオンスターズは、2025年シーズンにNPBの一軍昇格を果たしました。チームは、一軍昇格後も好調を維持し、セ・リーグの優勝争いに加わりました。チームは、最終的にセ・リーグの2位に終わり、日本シリーズ出場を逃しましたが、一軍昇格初年度としては大健闘と言える結果を残しました。 石川ミリオンスターズは、2026年シーズンも引き続きセ・リーグの優勝争いに加わっています。チームは、打撃陣の好調を武器に、リーグのトップを走っています。チームは、このまま好調を維持できれば、NPBの一軍昇格2年目で日本シリーズ出場を果たす可能性があります。
施設名・ロケ地

能登半島の道の駅「赤神」の見所と楽しみ方

-# 新鮮な海の幸が自慢のレストラン 道の駅「赤神」には、能登半島の海の幸を存分に味わえるレストランが併設されています。新鮮な海の幸をふんだんに使った料理が自慢で、特に海鮮丼や浜焼きは絶品です。 海鮮丼は、その日に水揚げされた新鮮な海の幸がたっぷりと盛られた贅沢な一品です。マグロ、イカ、エビ、甘エビ、ウニなど、その日の仕入れによって内容が変わりますが、どれも新鮮でプリプリとした食感を楽しめます。 浜焼きは、新鮮な海の幸を香ばしく焼き上げた一品です。サザエ、ハマグリ、ホタテ、イカ、エビなど、こちらもその日の仕入れによって内容が変わりますが、どれもぷりぷりの食感と磯の香りがたまりません。 レストランは、開放的な雰囲気の店内で、窓からは日本海の絶景を一望できます。また、テラス席も用意されており、天気が良ければ日本海の潮風を感じながら食事を楽しむことができます。 道の駅「赤神」を訪れたら、ぜひレストランで新鮮な海の幸を堪能してみてはいかがでしょうか。
地名・ロケ地

北潟湖の魅力と楽しみ方

汽水湖は、海と川が混ざり合った海辺の湖です。汽水湖の自然は、海の生き物と川の生き物が混ざり合っており、独特の生態系を形成しています。北潟湖は、汽水湖の中でも特に自然豊かな湖として知られており、多くの生き物が生息しています。 北潟湖には、様々な魚が生息しています。スズキ、ボラ、ハゼ、ウナギなど、海の魚が遡上してくるほか、コイ、フナ、ワカサギなど、川の魚も生息しています。また、北潟湖には、シジミやアサリなどの貝類や、エビやカニなどの甲殻類も生息しています。 北潟湖の自然を満喫するためには、遊覧船に乗って湖を巡るのがおすすめです。遊覧船からは、北潟湖の豊かな自然や、湖畔の美しい景色を眺めることができます。また、北潟湖には、多くのキャンプ場や釣り場があり、アウトドアを楽しむことができます。
施設名・ロケ地

金茶寮 金沢の歴史と文化が息づく日本庭園

金沢の中心部、日本三名園の一つである兼六園のほど近くに佇む料亭「金茶寮」。その歴史は古く、加賀藩の藩主だった前田利常が1602年に別荘として建てたのが始まりとされています。その後、1730年頃に当時の藩主であった前田吉徳によって料亭として開業され、金沢の政財界や文化人たちの間で愛されるようになりました。金茶寮の魅力は、なんといってもその美しい日本庭園です。兼六園を借景とした庭園は、四季折々の表情を見せ、訪れる人々を魅了します。また、金茶寮は加賀料理の名店としても知られ、伝統的な加賀料理を堪能することができます。加賀料理とは、加賀藩の藩主だった前田利家とその妻まつによって築かれた食文化で、金沢の伝統野菜や新鮮な魚介類などをふんだんに使用した料理です。金茶寮では、そうした加賀料理を現代風にアレンジした創作料理も提供しており、若い世代にも人気があります。
その他

「北陸中日新聞」の魅力と歴史

「北陸中日新聞」とは? 「北陸中日新聞」とは、石川県、富山県、福井県を対象地域とする地方新聞です。中日新聞社が発行しており、本社は石川県金沢市にあります。1946年(昭和21年)に創刊され、2021年(令和3年)には創刊75周年を迎えました。 「北陸中日新聞」は、朝刊と夕刊の2部制で発行されており、朝刊の発行部数は約40万部、夕刊の発行部数は約20万部です。石川県、富山県、福井県内の世帯普及率はそれぞれ約60%、50%、40%となっています。 「北陸中日新聞」は、石川県、富山県、福井県内のニュースや情報を中心に、全国や世界のニュースも幅広く掲載しています。また、スポーツや経済、文化、芸能など、さまざまな ジャンルの記事を掲載しています。
施設名・ロケ地

若宮公園の施設と楽しみ方

わんぱく広場の大型遊具で思いっきり遊ぶ わんぱく広場には、大型の遊具が盛りだくさん。長いローラーすべり台や、ぐねぐねと曲がりくねったアスレチック遊具、ターザンロープなど、子どもたちが思いっきり体を動かして遊べる遊具が充実しています。 特にローラーすべり台は、全長約60メートルとかなりの長さ。すべり降りるだけでもスリル満点ですが、途中に設置された障害物をくぐり抜けながらすべり降りると、さらに盛り上がります。 アスレチック遊具も、様々なコースが用意されているので、飽きることなく遊べます。はしごやネットを登ったり、平均台を渡ったり、リングをくぐったりと、全身をを使って体を鍛えることができます。 ターザンロープは、木の間をロープで移動する遊具。ロープを握りしめながら、スイングする感覚が爽快です。 わんぱく広場は、子どもたちが元気に遊べる場所として、休日には多くの家族連れでにぎわっています。
施設名・ロケ地

「禄剛埼灯台」の歴史と魅力

禄剛埼灯台の歴史 禄剛埼灯台は、1871年に日本の最初の洋式灯台として建設されました。灯台は、1872年にイギリスの技術者リチャード・ブラントンによって設計され、1874年に完成しました。灯台は、高さ35メートル、直径5.6メートルの円筒形で、レンガ造りです。灯台は、当初は石油ランプを使用していましたが、1932年に電化されました。 禄剛埼灯台は、日本の最初の洋式灯台として、また、日本の近代化のシンボルとして、重要な役割を果たしました。灯台は、1999年に国の重要文化財に指定されました。
地名・ロケ地

大島を巡る魅力

大島の概要と歴史 大島は、東京都稲城市にある、周囲約1kmの小さな島である。多摩川の河川敷に位置し、東京都のほぼ中央に位置する。面積は約0.16平方キロメートル、人口は約300人である。 大島は、約1万年前の縄文時代には、すでに人が住んでいたとされている。その後、弥生時代、古墳時代、奈良時代、平安時代、鎌倉時代、室町時代、安土桃山時代、江戸時代、明治時代、大正時代、昭和時代と、長い歴史を持つ。 江戸時代には、大島は徳川将軍家の鷹狩りの場として利用されていた。また、大島には、弁天島、弁天社、弁財天など、弁財天を祀る神社仏閣が多く建てられ、弁財天信仰の島としても知られていた。 明治時代には、大島は、陸軍の演習場として利用されていた。また、大島には、陸軍の兵舎や弾薬庫などが建てられ、軍事施設の島として機能していた。 大正時代には、大島は、東京府の公園として指定された。また、大島には、公園の管理事務所や休憩所などが建てられ、人々が憩いの場として利用するようになった。 昭和時代には、大島は、東京都の公園として指定された。また、大島には、公園の管理事務所や休憩所などが建てられ、人々が憩いの場として利用するようになった。 平成時代には、大島は、東京都の天然記念物に指定された。また、大島には、天然記念物の保護区が設定され、島の自然が保護されるようになった。
施設名・ロケ地

鴨池:石川県の神秘的な溜池

ラムサール登録湿地としての鴨池 石川県の鴨池は、1999年にラムサール条約の登録湿地となりました。ラムサール条約とは、湿地の保全と賢明な利用を目的とした国際条約であり、鴨池は日本国内で15番目に登録された湿地です。 鴨池は、面積約220ヘクタールの溜池であり、周辺にはヨシ原や湿性林が広がっています。また、鴨池には様々な水鳥が生息しており、特に冬場には多くの渡り鳥が飛来してきます。 鴨池は、自然景観の美しさや生物多様性の豊かさから、ラムサール条約の登録湿地に指定されました。また、鴨池は、人々が自然と触れ合うことができる貴重な場所であり、観光地としても人気があります。 鴨池は、石川県の自然を代表する貴重な湿地であり、これからもその自然環境を保全していくことが大切です。
作品名

野々市じょんがらの魅力

野々市じょんがらの歴史 野々市じょんがらには悠久の歴史があります。その起源は、室町時代にさかのぼります。当時は、加賀藩の藩主である前田利家が、野々市に城を築き、城下町を整備しました。その際に、城下町の活性化のために、様々な芸能が奨励されました。その一つが、じょんがらです。じょんがらとは、三味線や太鼓などの楽器に合わせて、歌や踊りを披露する芸能です。野々市じょんがらは、その中でも特に有名なものです。 野々市じょんがらには、いくつかの特徴があります。まず、その一つが、その歌詞です。野々市じょんがらの歌詞は、野々市の歴史や風土、人情を歌ったものが多く、野々市の人々に親しまれています。また、その二つが、その踊りです。野々市じょんがらの踊りは、華やかで、かつ、力強いものです。その三つが、その音楽です。野々市じょんがらの音楽は、三味線や太鼓などの楽器によって演奏されますが、そのリズムは、とても独特です。 野々市じょんがらには、たくさんの見どころがあります。まず、その一つが、その衣装です。野々市じょんがらの衣装は、とても華やかで、目を引きます。また、その二つが、その踊りです。野々市じょんがらの踊りは、とても華やかで、かつ、力強いものです。さらに、その三つが、その音楽です。野々市じょんがらの音楽は、三味線や太鼓などの楽器によって演奏されますが、そのリズムは、とても独特です。 野々市じょんがらを見学するには、野々市市内のいくつかの場所を訪れることができます。まず、その一つが、野々市市文化会館です。野々市市文化会館では、毎年、野々市じょんがらの公演が行われています。また、その二つが、野々市市歴史民俗資料館です。野々市市歴史民俗資料館では、野々市じょんがらの歴史や衣装などを展示しています。さらに、その三つが、野々市市観光協会です。野々市市観光協会では、野々市じょんがらの見学ツアーなどを企画しています。
施設名・ロケ地

穴水港とは?役割や歴史を詳しく解説

-穴水港とは- 穴水港は、石川県鳳珠郡穴水町に位置する地方港湾です。港湾管理者は石川県であり、港湾法上の重要港湾に指定されています。穴水港は、古くから海運の拠点として栄えてきた港であり、江戸時代には北前船の寄港地として重要な役割を果たしました。明治時代以降も、近代化に伴い、港湾施設が整備され、貨物や旅客の輸送拠点として発展しました。現在では、穴水港は、貨物や旅客の輸送だけでなく、観光や漁業などの拠点としても利用されています。 穴水港は、石川県鳳珠郡穴水町に位置する地方港湾です。港湾管理者は石川県であり、港湾法上の重要港湾に指定されています。穴水港は、古くから海運の拠点として栄えてきた港であり、江戸時代には北前船の寄港地として重要な役割を果たしました。明治時代以降も、近代化に伴い、港湾施設が整備され、貨物や旅客の輸送拠点として発展しました。現在では、穴水港は、貨物や旅客の輸送だけでなく、観光や漁業などの拠点としても利用されています。
地名・ロケ地

石川県の無人島「寺島」の謎

-無人島の成り立ちと歴史- 寺島は、石川県七尾湾に浮かぶ無人島です。面積は約0.04平方キロメートル、周囲は約1キロメートルです。島は、花崗岩でできており、標高は約30メートルです。寺島は、七尾湾に浮かぶ島の中では、最も小さな島です。 寺島の成り立ちは、約1500万年前の海底火山の噴火によるものです。噴火によって、溶岩が海面に流れ出し、冷えて固まってできたのが寺島です。寺島は、七尾湾に浮かぶ島の中では、最も古い島です。 寺島には、縄文時代から人が住んでいました。縄文時代の人々は、寺島で狩猟や漁労をして生活していました。弥生時代になると、寺島に稲作が伝わり、人々は農耕を営むようになりました。平安時代になると、寺島に寺院が建てられ、寺島は「寺島」と呼ばれるようになりました。 鎌倉時代になると、寺島は七尾湾の海上交通の要衝となり、多くの船が寺島に寄港するようになりました。室町時代になると、寺島には海賊が住み着くようになり、寺島は「海賊島」と呼ばれるようになりました。戦国時代になると、寺島は上杉謙信と武田信玄の戦いの舞台となり、寺島は「戦いの島」と呼ばれるようになりました。 江戸時代になると、寺島は加賀藩の領地となり、加賀藩は寺島に人を住まわせ、寺島で塩や海産物を生産させました。明治時代になると、寺島は七尾県の管轄となり、七尾県は寺島に学校や病院を建て、寺島を近代化しました。大正時代になると、寺島は石川県の管轄となり、石川県は寺島に電気や水道を通し、寺島をさらに近代化しました。 昭和時代になると、寺島の人口は減少していき、1970年には寺島は無人島になりました。現在、寺島は無人島ですが、時々、釣り人や観光客が寺島を訪れます。寺島は、七尾湾に浮かぶ美しい島ですが、寺島には、長い歴史があります。寺島の歴史は、七尾湾の歴史であり、石川県の歴史です。
モノの名前

「金糸瓜」の歴史と料理法

-金糸瓜の誕生と歴史- 金糸瓜は、ウリ科の一年生蔓性植物で、原産地は熱帯アジアとされています。日本では、平安時代初期に中国から伝来したとされ、江戸時代には全国的に栽培されるようになりました。金糸瓜は、その名の通り、果実の断面が金糸のような細い繊維状になっているのが特徴です。果実は若いうちに収穫し、炒め物や煮物、漬物などにして食べられます。 金糸瓜は、ウリ科の植物の中では比較的寒さに強く、日本の気候でも栽培しやすいのが特徴です。また、生育期間が短いため、夏野菜として人気があります。金糸瓜は、果実だけでなく、若い葉や花も食用にすることができます。金糸瓜の葉は、炒め物や天ぷらにして食べることができ、花はかき揚げにして食べるのが一般的です。 金糸瓜は、栄養価も高く、ビタミンCやカリウムが豊富に含まれています。また、金糸瓜には、利尿作用や解毒作用があると言われています。金糸瓜は、夏バテ予防や二日酔いの予防にも効果があると言われています。
施設名・ロケ地

石川県金沢市にある「旧松下家住宅」の歴史と建築様式

旧松下家住宅の歴史 旧松下家住宅は、石川県金沢市にある国の重要文化財に指定された町家です。1812年に加賀藩士の松下氏の邸宅として建てられました。松下氏は、加賀藩の代々藩主である前田氏に仕えた家臣で、加賀藩の政治や経済に大きく貢献しました。 旧松下家住宅は、江戸時代後期の町家建築の代表例として知られています。木造2階建ての建物で、妻入りの切妻造、桟瓦葺きの屋根となっています。建物の正面には、虫籠窓や蔀戸が設けられており、江戸時代の町家の特徴をよく留めています。 旧松下家住宅は、1962年に金沢市に寄贈され、1963年に国の重要文化財に指定されました。その後、1966年に一般公開され、現在では金沢市を代表する観光スポットの一つとなっています。
施設名・ロケ地

松島オートキャンプ場→石川県七尾市の美しい自然の中にあるキャンプ場

松島オートキャンプ場は、石川県七尾市にある美しい自然の中にあるキャンプ場です。七尾湾に面しており、周囲には緑豊かな山々が広がっています。キャンプ場は、オートキャンプサイト、フリーサイト、バンガローなどの宿泊施設を備えており、初心者から上級者まで楽しめるキャンプ場です。 松島オートキャンプ場の概要と特徴 松島オートキャンプ場は、七尾市にあるオートキャンプ場で、七尾湾に面した美しいロケーションにあります。キャンプ場の周囲には、緑豊かな山々や森が広がり、自然を満喫できる環境が整っています。キャンプ場は、オートキャンプサイト、フリーサイト、バンガローなどの宿泊施設を備えており、初心者から上級者まで楽しめるキャンプ場です。 オートキャンプサイトは、車やキャンピングカーで乗り入れることができるサイトで、電源や流し台などの設備が整っています。フリーサイトは、自由に区画されたサイトがなく、どこでも設営できるサイトで、より自然に近いキャンプが楽しめます。バンガローは、屋根や壁のある宿泊施設で、キャンプ初心者や小さなお子さん連れのファミリーに人気があります。 キャンプ場の設備も充実しており、炊事場、トイレ、シャワー室、売店などがあります。また、キャンプファイヤー場やバーベキューサイト、釣り堀などもあり、家族やグループで楽しめる施設が揃っています。 松島オートキャンプ場は、自然を満喫できる美しいロケーションと、充実した設備を備えたキャンプ場で、初心者から上級者まで楽しめるキャンプ場です。
地名・ロケ地

無人島「大島」の自然と歴史

大島の豊かな自然 大島は、亜熱帯気候に属しており、年間平均気温は20度前後、降水量は2,000mm前後です。また、島は山がちで、最高峰は標高382mの御嶽山です。このため、島の気候は、標高によって大きく異なり、山間部は冬には雪が降り、海岸部は夏には暑くなります。 大島には、豊かな自然が残されており、国の天然記念物に指定されているオオシマスズメや、島固有種であるオオシマザクラ、オオシマハナシノブなど、多くの動植物が生息しています。また、島には、海抜200m以上の山地林や、海岸沿いの照葉樹林など、様々な植生が見られます。 大島の豊かな自然は、古くから人々に利用されてきました。島民は、山林で狩猟や採集を行い、海岸で漁撈活動を行ってきました。また、島には、水田や畑があり、稲作や畑作が行われています。 近年、大島は、観光地としての人気も高まっており、多くの観光客が訪れるようになっています。観光客は、島の美しい自然や、島の伝統的な文化を楽しみ、島の魅力を満喫しています。
その他

「奥能登のあえのこと」とは?石川県の伝統民俗行事

奥能登のあえのこととは、石川県鳳珠郡能登町に伝わる伝統的な民俗行事です。毎年1月14日に行われ、五穀豊穣や無病息災を祈願して行われます。 この行事は、地元の農家の方が中心となって開催され、地域住民が総出で参加します。当日は、早朝から集まった人々が、藁で作った大きな「あえの」という人形を作ります。この「あえの」は、高さ約3メートル、幅約2メートルほどの巨大な人形で、頭には大きな角が飾られています。 「あえの」が完成すると、人々はそれを担いで町内を練り歩きます。そして、町内にある各家を訪れ、その家の人々に「あえの」を見てもらいます。すると、その家の人々は「あえの」に五穀やお金などの供物を捧げて、豊作や無病息災を祈願します。 「あえの」を担いで町内を練り歩いた後は、最後に「あえの」を燃やして終了となります。燃やされる「あえの」の炎は、その家の厄を払うと言われています。
施設名・ロケ地

戸室スポーツ広場とは?

石川県金沢市にある公園 戸室スポーツ広場は、石川県金沢市戸室にある公園です。1995年(平成7年)に開園し、総面積は約10ヘクタールです。園内には、野球場、サッカー場、テニスコート、プール、体育館などのスポーツ施設が充実しているほか、遊具広場や芝生広場、花壇などもあり、市民の憩いの場として親しまれています。 また、戸室スポーツ広場は、金沢市の主要なスポーツイベントの会場として利用されることも多く、市民マラソン大会や市民体育祭、市民駅伝大会などが開催されています。また、プロ野球の公式戦やJリーグの試合、全国高等学校野球選手権石川大会などの大きな大会が開催されることもあります。 戸室スポーツ広場は、金沢市のスポーツ振興に大きく貢献しており、市民の健康増進やスポーツの普及に役立っています。また、公園としての機能も充実しており、市民の憩いの場として親しまれています。
モノの名前

石川の伝統郷土料理「大根寿し」

大根寿しとは、石川県の伝統的な郷土料理で、大根の酢漬けとブリ、サワラなどの魚介類を酢飯で挟んだ押し寿司の一種です。名前の由来は、使用される大根の大きさに由来しています。大根寿しは石川県全域で見られますが、特に加賀地方で盛んに作られています。 大根寿しは、冬になると石川県内のスーパーやデパートなどで販売されるようになります。また、家庭で作られることもあります。大根寿しを作るには、まず大根を薄く切って酢漬けにします。その後、酢飯を作り、その間に魚介類と大根の薄切りを挟んでいきます。そして、最後に重石を乗せて押し固めて完成です。大根寿しは、そのまま食べても美味しいですが、醤油やわさびをつけて食べても美味しくいただけます。 大根寿しは、石川県民にとって、冬の風物詩ともいえる郷土料理です。大根寿しは、独特の味と食感で、石川県の人々に愛されています。
施設名・ロケ地

「大聖寺流し舟」 → 加賀市の市街地を流れる旧大聖寺川を手漕ぎの屋形船で巡る観光コース

「大聖寺流し舟」は、加賀市の市街地を流れる旧大聖寺川を手漕ぎの屋形船で巡る観光コースです。このコースの魅力は、なんといっても加賀の街並みを船上から眺めることができることです。加賀の街並みは、古い町屋や寺社仏閣が立ち並び、情緒あふれる雰囲気を醸し出しています。 船の上から眺める加賀の街並みは、また一味違った趣があります。普段は見上げている建物が、今度は下から見上げることができます。また、船の上からだと、加賀の街並みをゆっくりと眺めることができるので、普段は気づかなかったような新しい発見があるかもしれません。 「大聖寺流し舟」は、加賀の街並みを船上から眺めることができるだけでなく、加賀の歴史や文化について学ぶことができるという魅力もあります。船頭さんは、加賀の歴史や文化について詳しく知っているので、加賀の街並みを見ながら船頭さんの話を聞けば、加賀のことをより深く知ることができます。 「大聖寺流し舟」は、加賀の街並みを船上から眺めることができ、加賀の歴史や文化について学ぶことができるという魅力のある観光コースです。加賀を訪れた際には、ぜひ「大聖寺流し舟」に乗ってみてください。
モノの名前

「めぎす」の美味しい食べ方

めぎすとはどんな魚? めぎすは、タラ目タラ科の魚で、日本近海に生息する深海魚です。学名はGadus chalcogrammusで、英語ではAlaska pollockやWalleye pollockと呼ばれています。めぎすは、体長30~60cm、体重1~2kg程度の魚で、体は細長く、背中側は灰褐色、腹側は銀白色をしています。めぎすは、主にプランクトンや小魚を食べており、3~4年で成熟します。めぎすは、世界中で食用とされており、日本では、刺身、天ぷら、煮付け、焼き魚、フライなど、様々な料理に利用されています。めぎすは、身が白く柔らかく、淡泊な味わいが特徴です。また、めぎすは、栄養価も高く、タンパク質、ビタミン、ミネラルが豊富に含まれています。