神戸尊

作品名

相棒Season10|ストーリや見どころを解説

相棒Season10のストーリーは、杉下右京と亀山薫が難事件を解決していくというものです。Season10では、杉下と亀山のコンビが解散し、新たに神戸尊が相棒に加わります。杉下と神戸は、性格も捜査方法も異なるため、最初はうまくいきませんでしたが、徐々に信頼関係を築き、難事件を解決していきます。 Season10では、杉下と亀山が捜査中に命を狙われたり、神戸が誘拐されたりするなど、緊迫感あふれる展開が続きます。また、杉下と神戸の過去が明かされたり、新しいキャラクターが登場したりするなど、見どころ満載です。 Season10の最終回では、杉下と亀山が最後の事件を解決し、コンビを解散します。しかし、その後も杉下は神戸と一緒に捜査を続け、難事件を解決していきます。
作品名

「相棒〈Season7〉」あらすじ・解説・キャスト

「相棒〈Season7〉」は、2008年10月から2009年3月までテレビ朝日系で放送された刑事ドラマ「相棒」の第7シーズンである。水谷豊と寺脇康文がダブル主演を務めた前6シーズンとは異なり、本作からは水谷豊と及川光博によるダブル主演となった。 本作では、杉下右京(水谷豊)と亀山薫(寺脇康文)のコンビが解散し、杉下右京(水谷豊)と新しい相棒・神戸尊(及川光博)のコンビが誕生することになる。神戸尊(及川光博)は、警察庁長官官房付のキャリア組であり、頭脳明晰で語学堪能なエリート警官である。しかし、捜査に対しては慎重すぎる面があり、杉下右京(水谷豊)とは捜査方針を巡って衝突することも多い。 そんな中、杉下右京(水谷豊)と神戸尊(及川光博)は、様々な難事件に挑んでいくことになる。第1話「右京、風邪をひく」では、杉下右京(水谷豊)が風邪をひいて倒れてしまい、神戸尊(及川光博)が単独で捜査を進めることになる。第2話「狙われた刑事」では、杉下右京(水谷豊)と神戸尊(及川光博)が捜査中に狙撃され、命の危険にさらされる。第3話「密室の死体」では、密室で殺人事件が発生し、杉下右京(水谷豊)と神戸尊(及川光博)が捜査に乗り出す。