福岡県

施設名・ロケ地

福岡県立戸畑高等学校の歴史と特徴

-学校の沿革と歴史- 福岡県立戸畑高等学校は、福岡県北九州市戸畑区にある公立高等学校です。1902年(明治35年)に戸畑商業学校として設立され、1907年(明治40年)に戸畑市立商業学校と改称されました。1922年(大正11年)に福岡県立戸畑商業学校となり、1948年(昭和23年)に福岡県立戸畑高等学校と改称されました。 戸畑高等学校は、商業科、情報処理科、国際コミュニケーション科の3つの学科を有し、約1,000名の生徒が在籍しています。商業科では、簿記、会計、マーケティング、流通などの商業に関する知識と技能を学びます。情報処理科では、コンピュータの基礎知識と技能を学び、プログラミングやシステム開発などの情報処理に関する知識と技能を習得します。国際コミュニケーション科では、英語や中国語などの外国語を学び、国際社会で活躍するための知識と技能を身につけます。 戸畑高等学校は、進学実績にも力を入れており、毎年多くの生徒が進学しています。2022年度の大学合格実績では、国公立大学に50名、私立大学に150名が合格しています。戸畑高等学校は、商業に関する知識と技能を身につけたい生徒、情報処理に関する知識と技能を身につけたい生徒、国際社会で活躍したい生徒におすすめの学校です。
施設名・ロケ地

「筑後川昇開橋」の歴史と魅力

筑後川昇開橋の歴史は古く、1923年に完成しました。当時は、筑後川を渡るための唯一の手段であり、人々の生活に欠かせないものでした。しかし、1977年に新しい筑後川大橋が完成すると、昇開橋は役目を終えてしまいます。その後、1990年に国の重要文化財に指定され、現在は観光スポットとして多くの人々が訪れています。 筑後川昇開橋は、世界でも数少ない可動橋の一種であり、その構造は非常に珍しいものです。橋は、中央部が左右に分かれており、船が通るときは、中央部が上昇して船を通過できるようにします。昇開橋の開閉は、人力で行われており、その様子は圧巻です。 また、まだ現役の時には筑後川昇開橋は、筑後川河口から約1kmの地点に位置しており、橋の長さは約138m、幅は約6mです。橋の材質は、鋼鉄製で、中央部は左右に分かれており、船が通るときは、中央部が上昇して船を通過できるようにします。昇開橋の開閉は、人力で行われており、その様子は圧巻です。
施設名・ロケ地

福岡第一高等学校の歴史と特色

福岡第一高等学校の歴史と沿革 福岡第一高等学校は、1885(明治18)年に福岡中学校として設立されました。1948(昭和23)年に新制高等学校となり、現在の校名となりました。福岡県内では屈指の進学実績を誇る公立高校として知られており、毎年多くの生徒が難関大学に合格しています。 福岡第一高等学校は設立以来、長い歴史と伝統を誇る名門校として多くの卒業生を輩出してきました。その中でも、特に著名な卒業生としては、元内閣総理大臣の麻生太郎氏や、元財務大臣の麻生太郎氏、歌手の桑田佳祐氏らがいます。 福岡第一高等学校は、進学実績の高さだけでなく、部活動の盛んな学校としても知られています。特に、野球部とサッカー部は全国大会に出場するなど、全国レベルで活躍しています。また、吹奏楽部も全国大会に出場するなど、文化部も盛んです。 福岡第一高等学校は、進学実績の高さや部活動の盛んさだけでなく、校風も良く、生徒一人ひとりの個性を尊重した教育が行われています。そのため、生徒たちは伸び伸びと学校生活を送ることができ、充実した高校生活を送ることができます。
地名・ロケ地

香椎線:福岡の海沿いを走るローカル線

香椎線の歴史と概要 香椎線は、福岡県福岡市東区にある西戸崎駅から、同市東区にある香椎駅までを結ぶ、JR九州が運営する鉄道路線である。香椎線は、1891年に九州鉄道が西戸崎駅と香椎駅の間を開業させたことに始まる。その後、1907年に九州鉄道が国有化され、香椎線も国有鉄道の路線となった。 香椎線は、福岡市東区の海沿いを走るローカル線であり、沿線には住宅地や工場地帯が広がっている。香椎線は、福岡市東区の通勤・通学路線として利用されているほか、観光客にも人気の路線である。香椎線沿線には、香椎宮や東公園などの人気観光スポットがある。 香椎線は、1983年に電化され、現在は電車が運行されている。香椎線の電車は、1両編成と2両編成の車両が混在している。香椎線の最高速度は80km/hであり、西戸崎駅から香椎駅までの所要時間は約20分である。 香椎線は、福岡市東区の重要な交通路線であり、今後も地域の発展に貢献していくであろう。
地名・ロケ地

企救冨士の絶景と登山情報

企救冨士ってどんな山? 企救冨士は、大分県大分市にある標高548メートルの山で、別府湾に浮かぶ美しい島々や別府市の街並みを一望できる絶景スポットとして知られています。山頂まで続く登山道は、初心者でも気軽に登れるコースから、上級者向けのコースまであるので、体力や登山経験に合わせて選ぶことができます。また、企救冨士は山頂から、朝焼けや夕焼け、夜景など、さまざまな景色を楽しめるのも魅力です。登山だけでなく、ハイキングコースとしての人気も高く、季節ごとにさまざまな花が咲き誇ります。特に、春には別府つつじ祭りが開催され、山頂一面がつつじの花で覆われることから、別府の観光名所としても有名です。
施設名・ロケ地

マリンメッセ福岡A館の魅力と利用方法

マリンメッセ福岡A館は、福岡県福岡市博多区に位置する多目的アリーナです。1981年に完成し、1983年に開催された第8回アジア競技大会のメイン会場として使用されました。その後、国内外のさまざまなイベントに利用されています。 マリンメッセ福岡A館の最大収容人数は24,000人で、メインアリーナとサブアリーナ、会議室、展示ホールなどから構成されています。メインアリーナは、バスケットボールやバレーボール、アイスホッケーなどのスポーツ大会、コンサート、展示会などさまざまなイベントに使用されます。サブアリーナは、講演会や研修会、レセプションなど、小規模なイベントに使用されます。会議室や展示ホールは、企業の会議やイベント、展示会などに利用されます。 マリンメッセ福岡A館は、福岡市の中心部から車で約15分のところに位置しています。公共交通機関を利用する場合は、福岡空港からバスで約25分、博多駅から地下鉄で約10分です。周辺には、ホテルやレストラン、コンビニエンスストアなどがあり、イベント参加者や来場者の利便性に配慮されています。 マリンメッセ福岡A館は、福岡市を代表するイベント施設であり、国内外のさまざまなイベントに利用されています。今後も、多くの人々に愛される施設として、イベント開催や観光振興に貢献していくでしょう。
スポーツ

ギラヴァンツ北九州について深く知ろう

-クラブの歴史と歩み- ギラヴァンツ北九州の歴史は、1948年に小倉FCとして創設されたことに始まります。小倉FCは、九州サッカーリーグで活躍し、1965年には全国社会人サッカー選手権大会で優勝を果たしました。1997年に北九州市が政令指定都市になると、クラブはギラヴァンツ北九州に改称し、JFLに参加しました。 ギラヴァンツ北九州は、JFLで2000年に準優勝、2001年に優勝を果たし、J2に昇格しました。J2では、2006年に17位に終わり、JFLに降格しました。しかし、クラブはすぐにJ2に復帰し、2010年にはJ1昇格を決めました。 J1では、ギラヴァンツ北九州は1年でJ2に降格しました。その後、クラブはJ2で10年間戦いましたが、J1昇格を果たすことができませんでした。2020年、ギラヴァンツ北九州はJ3に降格しました。 2022年、ギラヴァンツ北九州はJ3で優勝し、J2に復帰しました。クラブは現在、J2で戦っています。
モノの名前

梅ケ枝餅の歴史とおすすめのお店

梅ケ枝餅の歴史は古く、平安時代後期にさかのぼります。当時、太宰府天満宮の社僧だった慈覚大師円仁が、梅の枝を餅で包んで焼いたのが始まりとされています。梅ケ枝餅は、梅の枝を模した形をしており、中に餡が入っています。当初は梅の枝を直接餅で包んで焼いていましたが、後に梅の枝に見立てた木型の型を使って焼くようになりました。 梅ケ枝餅は、太宰府天満宮の参拝客の間で人気となり、次第に庶民にも広まっていきました。江戸時代には、太宰府天満宮の門前町に多くの梅ケ枝餅の店が軒を連ねるようになりました。現在でも、太宰府天満宮周辺には多くの梅ケ枝餅の店があり、観光客や地元の人々に親しまれています。 梅ケ枝餅は、太宰府天満宮の参拝客の間で人気となっただけでなく、全国的にも知られるようになりました。現在では、東京や大阪など日本各地のデパートやスーパーで梅ケ枝餅を販売しています。また、海外でも梅ケ枝餅を販売する店が増えてきています。
地名・ロケ地

「筑前藩」の概要と歴史

-# 筑前藩の歴史 筑前藩は、江戸時代を通じて筑前の国(現在の福岡県)を支配した藩である。初代藩主となったのは、黒田長政である。黒田長政は、豊臣秀吉の九州征伐に際し、いち早く毛利氏に降伏し、豊臣政権に帰参した。その後、関ヶ原の戦いでは、徳川家康に味方し、戦功を挙げた。戦後、筑前国を領し、筑前藩を立藩した。 筑前藩は、黒田氏の支配下で、藩政を安定させ、経済力を増強した。また、黒田氏は、学問や文化を奨励し、藩校を設立するなど、文化の振興にも努めた。筑前藩は、江戸時代を通じて、九州有数の大藩として繁栄した。 明治維新後、筑前藩は、廃藩置県により廃止された。筑前藩の藩庁が置かれていた福岡城は、現在、福岡城跡として整備され、国の史跡に指定されている。
施設名・ロケ地

善導寺 – 九州屈指の歴史ある古刹

1191年開創の古刹 善導寺は、1191年に開創された古刹です。開祖は、比叡山の僧侶であった慈覚大師円仁です。円仁は、唐に留学して天台宗を学び、帰国後、比叡山に天台宗を伝えました。その後、円仁は九州に下向し、善導寺を開創しました。 善導寺は、天台宗の九州における拠点として栄え、多くの僧侶が修行に訪れました。また、善導寺は、学問の寺としても知られ、多くの学僧を輩出しました。 室町時代には、善導寺は、応仁の乱の戦火に遭い、伽藍を焼失しました。しかし、その後、善導寺は再建され、江戸時代には、九州屈指の古刹として栄えました。 明治時代になると、善導寺は、神仏分離令により、曹洞宗の寺院となりました。しかし、その後、善導寺は、天台宗に復帰し、現在に至っています。 善導寺は、長い歴史を持つ古刹であり、多くの貴重な文化財を所蔵しています。本堂には、国宝に指定されている阿弥陀如来坐像が安置されており、他にも、重要文化財に指定されている仏像や仏具が多数収蔵されています。 善導寺は、九州屈指の歴史ある古刹であり、多くの観光客が訪れる名所となっています。
施設名・ロケ地

小倉のショッピングスポット「サニーサイドモール小倉」の魅力

サニーサイドモール小倉は、福岡県北九州市小倉北区にあるショッピングモールです。1992年(平成4年)11月20日に開業し、2008年(平成20年)3月1日にリニューアルオープンしました。 サニーサイドモール小倉は、地上4階建ての建物で、延べ床面積は約6万平方メートルです。店舗数は約150店舗で、ファッション、雑貨、飲食店、映画館など、さまざまな業態のお店が入居しています。また、屋上には遊園地「スペースワールド」があります。 サニーサイドモール小倉は、小倉駅から徒歩5分の場所に位置しており、交通アクセスが良好です。駐車場も約2,000台分用意されているので、車での来店も便利です。 サニーサイドモール小倉は、北九州市最大のショッピングモールとして、地元の人々はもちろん、遠方から訪れる人も多く、年間約1,000万人が利用しています。
地名・ロケ地

相島ー歴史ある筑前諸島の島々

潮井石と黒田藩接待所跡 相島の東海岸沿いには、潮井石と黒田藩接待所跡が残っています。潮井石は、約1億年前の白亜紀に形成されたチャートと呼ばれる岩石で、その表面には波の浸食によってできた滑らかな縞模様が見られます。潮井石は、相島のシンボルとして親しまれ、国の天然記念物に指定されています。 相島には、江戸時代、福岡藩の黒田氏によって築かれた接待所跡があります。接待所は、藩主が島を訪れた際に宿泊する施設として利用され、現在もその当時の建物が残されています。接待所跡は、国の史跡に指定されており、相島の歴史を学ぶことができる貴重な場所となっています。 潮井石と黒田藩接待所跡は、相島を代表する観光スポットです。相島を訪れた際には、ぜひこの2つの史跡を訪れてみてください。
施設名・ロケ地

舞鶴公園の魅力に迫る!

舞鶴公園は、豊かな歴史と美しい自然を併せ持つ、京都屈指の人気観光スポットです。公園内のあちこちには、京都の歴史を物語る史跡や、四季折々の自然美を堪能できるスポットが存在します。 公園の歴史は、平安時代まで遡ります。この時代には、舞鶴公園の地に、京都御所の一部として利用されていた建物が存在しました。その後、室町時代には、この建物が取り壊され、代わりに舞鶴公園が整備されました。 舞鶴公園の魅力の一つは、京都の歴史を物語る史跡の存在です。公園内には、平安時代の貴族の邸宅跡が残されており、当時の人々の暮らしぶりを垣間見ることができます。また、公園には、応仁の乱や本能寺の変など、京都の歴史上重要な出来事が起きた場所も数多く存在します。 舞鶴公園の魅力のもう一つは、四季折々の自然美です。公園内には、桜や梅、ツツジなど、様々な花が咲き誇り、季節ごとに異なる表情を見せてくれます。また、公園には、池や小川、滝など、美しい自然景観も数多く存在します。 舞鶴公園は、京都の歴史と自然が融合する絶景スポットです。公園内を散策しながら、京都の歴史を肌で感じ、美しい自然を満喫してみてはいかがでしょうか。
モノの名前

ぶどう大福の魅力を味わう

ぶどう大福とは、求肥で粒あんを包み、その周りをぶどうで覆った和菓子です。ぶどうは、シャインマスカットやピオーネ、藤稔など、さまざまな品種が使用されます。求肥の甘さとぶどうの酸味が絶妙にマッチした、見た目も華やかなお菓子です。 ぶどう大福は、室町時代に京都で生まれたと言われています。当時は、ぶどうを贅沢品として扱う風習があったため、ぶどう大福は限られた人しか食べることができませんでした。しかし、江戸時代になると、ぶどうの栽培が盛んになり、ぶどう大福は庶民の間にも広がっていきました。 ぶどう大福は、夏にぴったりの和菓子です。ぶどうの爽やかな酸味が、夏バテ気味の人でもさっぱりと食べることができます。また、ぶどうの皮ごと食べられるので、栄養価も高く、美容にも良いとされています。 ぶどう大福は、全国各地で販売されていますが、特に山梨県と長野県が生産地として有名です。山梨県では、ぶどうの生産量が日本一で、その中でも甲斐市はぶどう大福の生産地として知られています。長野県では、須坂市がぶどう大福の生産地として有名です。 ぶどう大福は、そのまま食べても美味しいですが、冷やして食べてもまた違った美味しさを楽しむことができます。また、温かい緑茶と合わせてもよく合います。
施設名・ロケ地

北九州保育福祉専門学校について

北九州保育福祉専門学校は、福岡県北九州市にある私立の専門学校です。1972年に開校し、保育士や社会福祉士などの福祉分野の専門職業人を育成しています。 学校は、北九州市の繁華街である小倉駅から徒歩圏内に立地しており、アクセスが良好です。また、近くには公園や図書館などもあり、学生の学びや生活に適した環境となっています。 学校には、保育学科、社会福祉学科、幼児教育学科の3学科があり、それぞれで専門的な知識や技能を学ぶことができます。保育学科では、保育士の資格取得を目指して、子どもの発達や保育方法などについて学びます。社会福祉学科では、社会福祉士の資格取得を目指して、社会福祉の制度や理論、相談援助の技術などについて学びます。幼児教育学科では、幼稚園教諭二種免許状の取得を目指して、幼児教育の理論や実践、保育方法などについて学びます。 各学科には、専門分野のスペシャリストである教員が在籍しており、学生の学びをサポートしています。また、学校には、実習施設や図書館、学生ラウンジなどの設備が充実しており、学生が快適に過ごすことができる環境が整っています。
施設名・ロケ地

自然と歴史が織りなす、寺内ダムの魅力

寺内ダムの魅力 寺内ダムは、徳島県美馬郡つるぎ町にあるダムです。1960年に完成し、高さ95m、長さ318mの重力式コンクリートダムです。寺内ダムは、吉野川水系の支流である寺内川に建設され、灌漑、発電、洪水調節などの目的を持っています。 寺内ダムの魅力は、その自然の美しさにあります。ダム湖である寺内湖は、周囲の山々に囲まれた美しい湖で、四季折々の景色を楽しむことができます。また、寺内ダムには、ダム建設の歴史を伝える資料館があり、ダムの建設技術や当時の生活の様子を知ることができます。 寺内ダムは、自然と歴史が織りなす美しい景色を楽しむことができるスポットです。ダム湖周辺には遊歩道が整備されており、散歩やサイクリングを楽しむことができます。また、寺内湖では、釣りやボート遊びを楽しむこともできます。 寺内ダムは、徳島県を代表する観光スポットの一つです。ぜひ一度、その美しい景色を堪能してみてください。
施設名・ロケ地

キャナルシティ劇場の魅力

キャナルシティ劇場の歴史 キャナルシティ劇場は、福岡県福岡市博多区にある劇場です。キャナルシティ博多の敷地内にあり、1996年4月に開場しました。設計は黒川紀章、施工は大林組が担当しました。キャナルシティ劇場は、総面積約1万平方メートル、客席数約2,000席の大型劇場です。オペラ、バレエ、演劇、コンサートなど、さまざまなジャンルの公演が行われます。 キャナルシティ劇場は、1996年に開場した当初は「キャナルシティ劇場ホール」という名称でした。2015年に「キャナルシティ劇場」に改称されました。また、2017年に大規模な改修工事が行われ、客席の椅子が新しくなったり、音響設備が強化されたりしました。 キャナルシティ劇場は、開場以来、数多くの有名な公演が行われてきました。例えば、オペラ「トゥーランドット」や「カルメン」、バレエ「白鳥の湖」や「くるみ割り人形」、演劇「ハムレット」や「マクベス」、コンサート「第九交響曲」や「ピアノ協奏曲第1番」などです。また、キャナルシティ劇場は、毎年開催される「博多座大歌舞伎」の会場にもなっています。 キャナルシティ劇場は、福岡県内最大級の劇場であり、福岡の文化の発信地として重要な役割を果たしています。今後も、さまざまなジャンルの公演が行われ、多くの人々に愛され続ける劇場であり続けるでしょう。
施設名・ロケ地

じーもの魅力と活躍

じーもの概要 じーもとは、地元で生産された農産物や畜産物、水産物などのことを指す。近年では、食の安全や環境への意識が高まっていることから、じーもを積極的に取り入れた食生活を送る人が増えている。 じーもの魅力の一つは、新鮮で安全であること。地元で生産されたものは、収穫後すぐに地元の市場や直売所に出回るため、新鮮さが保たれている。また、生産者と消費者が直接つながっているため、生産方法や安全性について直接確認することができる。 もう一つの魅力は、地域の特色が反映されていること。じーもは、その地域特有の気候や風土によって育まれ、その地域の食文化に根付いている。そのため、じーもを味わうことは、その地域の文化や歴史を学ぶことにもつながる。 じーもを取り入れた食生活を送ることは、健康にも良い。じーもは、その地域の気候や風土に適した品種が生産されており、栄養価が高い。また、じーもは新鮮なため、ビタミンやミネラルが豊富に含まれている。 このように、じーもは新鮮で安全、地域の特色が反映されており、健康にも良いという魅力を持っている。そのため、近年では、じーもを積極的に取り入れた食生活を送る人が増えている。
施設名・ロケ地

友泉亭公園の魅力

日本の歴史公園100選に選ばれている友泉亭公園 友泉亭公園は、東京都文京区にある公園です。1932年に開園し、面積は約1万平方メートルです。園内には、池や橋、築山があり、四季折々の花を楽しむことができます。また、友泉亭という茶室があり、茶会やイベントなどが開催されています。友泉亭公園は、日本の歴史公園100選に選ばれており、多くの観光客が訪れます。 友泉亭公園は、江戸時代初期に旗本であった内藤正勝の屋敷跡に作られました。正勝は、徳川家康の重臣であり、大名に取り立てられました。正勝は、屋敷内に茶室を建て、友泉亭と名付けました。友泉亭は、江戸の名園の一つとして知られ、多くの文人墨客が訪れました。 明治時代になると、友泉亭公園は東京市に買収されました。公園には、池や橋、築山などが整備され、一般に公開されました。友泉亭公園は、市民の憩いの場として親しまれるようになりました。 友泉亭公園は、日本の歴史公園100選に選ばれており、多くの観光客が訪れます。園内には、池や橋、築山があり、四季折々の花を楽しむことができます。また、友泉亭という茶室があり、茶会やイベントなどが開催されています。友泉亭公園は、歴史と文化を感じることができる公園です。
施設名・ロケ地

KITTE博多 〜芸術と自然が融合する複合施設〜

博多郵便局跡地に2020年5月30日にオープンした複合商業施設KITTE博多は、博多の歴史と文化を尊重しながら、芸術と自然が融合する新たなランドマークとして誕生しました。地上10階、地下2階建ての施設には、ファッションや雑貨、レストランなど約100店舗が入居しており、屋上には庭園や展望台も設けられています。 KITTE博多は、博多の豊かな歴史と文化を継承し、新たな博多のシンボルとなることを目指しています。施設内には、博多の伝統工芸である博多織や博多人形など、博多の魅力を伝える展示スペースもあります。また、博多の歴史を学ぶことができるシアターや、博多の特産品を販売するショップも充実しています。 KITTE博多は、博多の新しい観光スポットとしてだけでなく、地元の人々にも愛される憩いの場として親しまれています。屋上庭園からは博多の街並みを一望することができ、展望台からは福岡タワーや博多港を一望することができます。また、施設内には、子供たちが遊べるプレイグラウンドや、大人たちがリラックスできるカフェなどもあり、幅広い世代の方々が楽しむことができます。 KITTE博多は、博多の歴史と文化を尊重しながら、新たな博多のシンボルとなることを目指した複合商業施設です。博多の新しい観光スポットとしてだけでなく、地元の人々にも愛される憩いの場として親しまれています。
モノの名前

サニーパンの魅力

-サニーパンの歴史- サニーパンは、1961年に神戸市須磨区に本店を置く株式会社サンキョーが、全国で初めて製造・販売した食パンである。発売当初は、全国的に知られたパンではなかったが、1970年代に入ると、その独特の甘みと風味が人々から支持され、全国的に人気を博すようになった。 サニーパンの生地には、砂糖、練乳、バター、卵などの材料がふんだんに使用されており、焼き上げると表面がこんがりと黄金色になる。また、生地に含まれる卵の風味が特徴で、そのまま食べても十分においしい食パンである。 サニーパンは、そのおいしさだけでなく、その安さも魅力の一つである。スーパーやコンビニエンスストアなど、どこでも手軽に購入することができ、価格は1斤あたり200円前後である。また、サニーパンは日持ちもするため、まとめ買いしておくこともできる。 サニーパンは、発売から50年以上経った今でも、多くの人々に愛され続けている食パンである。そのおいしさと安さはもちろん、その素朴な見た目が、人々に懐かしさと親しみを感じさせるのだろう。
施設名・ロケ地

福岡県立小倉高等学校について

福岡県立小倉高等学校の歴史 福岡県立小倉高等学校は、1886年(明治19年)に小倉藩藩校育徳館を前身として創設された、福岡県北九州市小倉北区にある公立高等学校である。 1886年(明治19年)に小倉藩藩校育徳館を前身として創設され、1899年(明治32年)に福岡県立小倉中学校と改称された。1948年(昭和23年)には学制改革により福岡県立小倉高等学校と改称され、現在に至る。 福岡県立小倉高等学校は、北九州地区を代表する進学校として知られており、多くの卒業生が東京大学や京都大学などの難関大学に進学している。また、部活動も盛んで、全国大会に出場する部活動もある。 福岡県立小倉高等学校は、長い歴史と伝統を持つ名門校であり、地域からも愛されている学校である。今後も、多くの優秀な人材を輩出し、社会に貢献していくことが期待されている。
施設名・ロケ地

福岡パルコの魅力を徹底解剖!

九州最大級のショッピングセンターとして知られる福岡パルコは、幅広い年齢層の方に人気のスポットです。ファッション、雑貨、コスメ、グルメなど、様々なジャンルのショップが揃っているので、一日中楽しむことができます。 また、映画館やゲームセンター、ボウリング場などのエンターテインメント施設も充実しているので、ショッピングだけでなく、家族や友人とのレジャーにも最適です。 福岡パルコは、博多駅から徒歩圏内にあるので、アクセスも抜群です。駐車場も完備されているので、車での来場も可能です。 九州最大級のショッピングセンターとして、福岡パルコは、地元の方だけでなく、観光客にも人気のスポットです。福岡を訪れた際には、ぜひ一度足を運んでみてください。
その他

ポネコ:筑後市のPRキャラクター

-ポネコ誕生の経緯- ポネコは、福岡県筑後市のPRキャラクターです。2010年に、筑後市制50周年を記念して誕生しました。ポネコのデザインは、筑後市の花であるポピーと、筑後川の清流をイメージしています。 ポネコ誕生のきっかけは、筑後市が「元気なまちづくり」を推進するために、PRキャラクターの制作を決定したことでした。筑後市のイメージをアピールするキャラクターとして、ポピーと筑後川の清流をイメージしたキャラクターが作成されました。 ポネコは、誕生以来、筑後市の様々なイベントに出演しています。また、筑後市の特産品である筑後米や筑後茶のPRにも協力しています。ポネコは、筑後市の知名度向上に貢献しており、市民からも親しまれています。