福島県

地名・ロケ地

尾瀬沼の自然と魅力

尾瀬沼の特徴と成り立ち 尾瀬沼は、尾瀬国立公園の中心にある、標高1,665mの高地に位置する湖沼です。面積は約6.3平方キロメートル、周囲は約13キロメートルで、尾瀬の中で最も大きな湖沼です。尾瀬沼は、尾瀬ヶ原を流れる複数の沢の水が合流して形成されたもので、源流は尾瀬ヶ原の北にある燧ケ岳です。尾瀬沼は、尾瀬ヶ原の北西に位置する尾瀬ヶ原湿原や尾瀬ヶ原湿原を囲む山々などと共に、尾瀬国立公園の景観を代表するスポットです。 尾瀬沼は、尾瀬国立公園の中で最も高地に位置する湖沼であり、尾瀬ヶ原湿原の北西に位置しています。尾瀬沼は、尾瀬ヶ原湿原を流れる複数の沢の水が合流して形成されたもので、源流は尾瀬ヶ原の北にある燧ケ岳です。尾瀬沼は、尾瀬ヶ原の北西に位置する尾瀬ヶ原湿原や尾瀬ヶ原湿原を囲む山々などと共に、尾瀬国立公園の景観を代表するスポットです。 尾瀬沼は、様々な動植物が生息する豊かな自然が残されています。尾瀬沼には、ニッコウキズガメ、イワナ、ヤマメ、ウグイなど魚類が生息しています。また、尾瀬沼の周辺には、尾瀬ヶ原湿原や尾瀬ヶ原湿原を囲む山々などがあり、様々な動植物が生息しています。尾瀬沼は、尾瀬国立公園の中で最も人気のあるスポットの一つであり、毎年多くの観光客が訪れます。尾瀬沼は、尾瀬国立公園の景観を代表するスポットであり、尾瀬の自然を満喫するには最適な場所です。
モノの名前

魅力が詰まった郷土料理「天ぷらまんじゅう」

長野、岐阜、福島で愛される郷土料理 天ぷらまんじゅうは、長野県、岐阜県、福島県の郷土料理です。いずれの地域でも、小麦粉を水で溶いた生地で餡を包み、油で揚げたものです。餡の材料は地域によって異なり、長野県では小豆やくるみ、岐阜県ではあんこやカボチャ、福島県では豆や野菜などがよく使われています。天ぷらまんじゅうは、その地域の特産品や郷土料理を餡に使用することで、その地域の特色をアピールしているのです。 天ぷらまんじゅうは、その地域の人たちに愛されている郷土料理です。長野県では、お盆や正月などの伝統的な行事の際に、天ぷらまんじゅうを食べる習慣があります。岐阜県では、天ぷらまんじゅうを「てんまん」と呼び、おやつや軽食として親しまれています。福島県では、天ぷらまんじゅうを「あげまんじゅう」と呼び、お祭りやイベントの際に販売されています。 天ぷらまんじゅうは、その地域の人たちに愛されている郷土料理です。その地域の特産品や郷土料理を餡に使用することで、その地域の特色をアピールしており、その地域の人たちに親しまれています。
モノの名前

「葉隠」について知ろう

「葉隠」の産地と特徴 「葉隠」は、佐賀県武雄市にある御船山楽園で栽培されているお茶です。御船山楽園は、標高約250メートルの山に位置しており、昼夜の寒暖差が大きく、お茶の栽培に適した気候です。また、御船山楽園の土壌は、水はけが良く、お茶の生育に適しています。 「葉隠」は、玉露と同じ製法で作られており、煎茶よりも高級なお茶です。「葉隠」の特徴は、甘みと渋みのバランスが良く、まろやかな味わいです。また、「葉隠」は、香りが高く、淹れたときには部屋中に香が広がります。 「葉隠」は、日本国内だけでなく、海外でも人気のお茶です。海外では、「葉隠」を「日本の緑茶の最高峰」と称賛する人もいます。「葉隠」は、日本文化の象徴として、世界中の人々に愛されています。
地名・ロケ地

福島県の小玉ダムについて

-小玉ダムの基本情報- 小玉ダムは、福島県いわき市の鮫川水系小玉川に建設されたダムである。1967年に完成し、高さ109.0m、堤頂長289.0m、総貯水容量5,600万トンである。ダムの目的は、洪水調節、かんがい、上水道供給、工業用水供給である。 小玉ダムは、ロックフィルダムという種類のダムであり、岩や土を積み上げて作られている。ダムの建設には、約220万立方メートルの岩や土が使用された。ダムの表面はコンクリートで覆われており、ダムの内部は空洞になっている。この空洞は、ダムの水圧を分散させる役割を果たしている。 小玉ダムは、福島県で最も高いダムである。また、日本国内で最も高いロックフィルダムでもある。ダムの建設には、約10年間の歳月を要した。ダムの総事業費は約130億円であった。 小玉ダムは、福島県の重要なインフラ施設である。ダムは、洪水から地域を守り、かんがい用水や上水道水を供給している。また、ダムは工業用水も供給しており、福島県の産業を支えている。
施設名・ロケ地

SISFFの魅力

SISFFの歴史 札幌国際短編映画祭(SISFF)は、1990年に札幌市が主催・運営する映画祭としてスタートしました。当初は、短編映画の国際コンペティションのみでしたが、回を重ねるごとに部門やコンテンツを拡充し、現在では、短編映画のコンペティションに加え、特集上映、ワークショップ、シンポジウム、ライブパフォーマンスなど、様々なプログラムを提供する映画祭として成長しています。 SISFFの最大の特徴は、短編映画に特化した映画祭であることです。短編映画は、長編映画よりも制作費や上映時間が短いため、新人監督や低予算の映画制作者が活躍しやすいという特徴があります。また、短編映画は、長編映画とは異なる独特の表現方法やストーリー展開が魅力です。 SISFFでは、毎年、世界各国から応募された短編映画の中から、優秀作品を選出し、上映しています。入選作品は、観客の投票によってグランプリや審査員特別賞などの賞が授与されます。また、SISFFでは、短編映画の制作に関するワークショップやシンポジウムも開催しており、映画制作に興味のある人や学生が参加しています。 SISFFは、短編映画の振興や映像文化の普及に貢献している映画祭として、国内外から高く評価されています。今後も、SISFFは、短編映画の魅力を世界中に発信し続け、映像文化の発展に寄与していくでしょう。
モノの名前

ふくしま牛の魅力を再発見!

-銘柄福島牛の歴史- 福島牛は、福島県内で生産されている黒毛和種です。その歴史は古く、江戸時代後期から明治時代にかけて、福島県は東北地方有数の牛の産地でした。当時は、農耕用の牛として飼育されていたのが主でしたが、明治維新以降に食肉用として飼育されるようになりました。 1960年代に入ると、福島牛は品質の高さから全国的に認知されるようになり、1970年代には「銘柄福島牛」としてブランド化されました。銘柄福島牛は、県内産の黒毛和種で、一定の基準を満たした牛のみが認定されます。その基準は、血統、肥育期間、肉質など多岐にわたっており、厳格に管理されています。 銘柄福島牛は、その品質の高さから、全国各地のホテルやレストランで提供されています。また、福島県内の直売所やスーパーでも販売されており、県民に親しまれています。銘柄福島牛は、福島県の特産品であり、その魅力は再発見されつつあります。
施設名・ロケ地

マルトについて

-マルトの歴史- マルトは、1950年に創業した老舗の食品メーカーです。当初は小さな工場からスタートしましたが、徐々に事業を拡大し、今では国内有数の食品メーカーに成長しました。マルトの主力商品は、パンやお菓子などの焼き菓子です。また、コーヒーや紅茶などの飲料、冷凍食品などの加工食品も取り扱っています。マルトは、高品質な製品と優れたサービスで、多くのお客様から支持を集めています。 マルトは、創業以来、常に新しいことにチャレンジし続けてきました。1970年代には、日本で初めてクロワッサンを製造・販売しました。また、1980年代には、国内初のパンの自動販売機を開発・導入しました。マルトは、常に時代の先を行く企業として、業界をリードし続けています。 マルトは、社会貢献にも積極的に取り組んでいます。2011年の東日本大震災の際には、被災地に食料や生活物資を支援しました。また、環境保全にも力を入れており、工場からの排出物を削減するなどの取り組みを行っています。マルトは、地域社会と地球環境に配慮した企業として、これからも事業を展開していきます。
モノの名前

猫村さんワールドの魅力

猫村さんワールドの魅力の根幹を担う主人公・猫村ねこは、場を和ませる天賦の才能を持った女性です。どこにいても自然と人々が集まってきてしまう不思議な魅力があり、彼女の周りはいつも明るく前向きな雰囲気に包まれます。また、誰に対しても分け隔てなく接する優しさあふれる人柄で、誰とでもすぐに打ち解けることができます。猫村さんは、ただそこにいるだけで人々を魅了してしまうような、そんな不思議な人なのです。彼女の愛猫であるニャンコ先生も、猫村さんの魅力に惹かれて彼女の元にやって来ましたが、そんなニャンコ先生ですら猫村さんの魅力に嫉妬してしまうほどの天性の魅力を備えています。
施設名・ロケ地

中山家住宅の歴史と魅力

中山家住宅は、国指定重要文化財に指定された歴史的建造物です。江戸時代初期に建てられたとされており、当時の豪商の住居として使用されていました。中山家住宅は、木造平屋建ての建物で、茅葺き屋根と土壁が特徴です。内部は、座敷や台所、物置などがあり、当時の生活の様子を垣間見ることができます。中山家住宅は、江戸時代初期の豪商の住居として貴重な建築物であり、当時の生活や文化を学ぶことができる貴重な資料となっています。
モノの名前

福島建設工業新聞って知ってる?

福島県内の建設に関する情報を網羅 福島建設工業新聞は、福島県内の建設に関する情報を網羅した新聞です。建設業界の最新ニュースや動向、入札情報や公共工事情報、企業情報や人事情報など、幅広い情報を掲載しています。また、建設現場の安全対策や環境対策についても特集を組むなど、建設業界の課題にも積極的に取り組んでいます。 福島建設工業新聞は、建設業界関係者にとって欠かせない情報源です。建設会社や設計事務所、ゼネコン、公共団体など、建設業界のあらゆる企業や組織が購読しています。また、建設業界に関心のある一般読者も購読しており、その発行部数は福島県内最大級です。 福島建設工業新聞は、福島県内の建設業界の発展に貢献しています。建設業界の最新情報を提供することで、建設会社や設計事務所の経営に役立っています。また、入札情報や公共工事情報を掲載することで、建設業界の透明性を高め、公正な競争を促進しています。さらに、建設現場の安全対策や環境対策についても特集を組むことで、建設業界の課題解決に貢献しています。 福島建設工業新聞は、福島県内の建設業界の羅針盤となっています。建設業界関係者にとって欠かせない情報源であり、建設業界の発展に貢献しています。
モノの名前

霜ゆたか:甘味のある独特な食感のホウレンソウ

-霜ゆたかの特徴と産地- 霜ゆたかは、名前の通り霜が降りるほど寒い時期に露地栽培されることからその名がつきました。露地栽培により厳しい寒さに耐えて育つため、霜ゆたかは甘味のある独特な食感が特徴です。また、葉肉が厚く、葉柄が短いのが特徴で、アクが少なく食べやすいのも特徴です。 霜ゆたかは、長野県で多く栽培されていますが、青森県や岩手県でも栽培されています。霜ゆたかは、寒さに強く、霜が降りても枯れません。そのため、冬の間も収穫することができ、冬場の野菜不足を解消するのに役立っています。霜ゆたかは、サラダや鍋物、お浸しなど、さまざまな料理に使われます。特に、お浸しは霜ゆたかの甘味と食感を味わうのに最適な料理です。
施設名・ロケ地

福島県会津高原高畑スキー場のおすすめポイントと魅力

大見出し「福島県会津高原高畑スキー場のおすすめポイントと魅力」 小見出し「滑走禁止のスノーボードが楽しめるスキー場」 福島県会津高原高畑スキー場は、福島県大沼郡会津美里町にあるスキー場です。標高1,360mから1,600mに位置し、コース数は11本、最大滑走距離は2,500mです。 このスキー場の最大の特徴は、滑走禁止のスノーボードが楽しめることです。スノーボードは一般的に滑走禁止とされていますが、このスキー場では特別に許可されています。そのため、スノーボードを滑りたい人にとっては、絶好のスキー場です。 また、このスキー場は初心者にもおすすめです。コースは比較的緩やかで、初心者でも安心して滑ることができます。また、インストラクターが常駐しているので、滑り方を教えてもらうこともできます。 さらに、このスキー場は景色が綺麗です。ゲレンデからは、会津盆地や磐梯山を眺めることができます。晴れた日には、燧ケ岳や尾瀬沼なども見ることができます。 福島県会津高原高畑スキー場は、スノーボードを滑きたい人や、初心者におすすめのスキー場です。また、景色が綺麗なので、景色を楽しみたい人にもおすすめです。
施設名・ロケ地

磐梯

道の駅磐梯 磐梯山の麓にある道の駅磐梯は、磐梯山や周辺地域の魅力を伝える情報発信拠点として、また、地元の特産品や農産物を販売する店舗としても人気がある。道の駅には、磐梯山や周辺地域の魅力を伝える展示室や、地元の特産品や農産物を販売する店舗、レストラン、物産館などがある。 道の駅磐梯は、磐梯山や周辺地域の魅力を伝える情報発信拠点として、また、地元の特産品や農産物を販売する店舗としても人気がある。道の駅には、磐梯山や周辺地域の魅力を伝える展示室や、地元の特産品や農産物を販売する店舗、レストラン、物産館などがある。 道の駅磐梯では、磐梯山や周辺地域の観光情報や、地元の特産品や農産物の販売、レストランなどがある。道の駅磐梯は、磐梯山や周辺地域の魅力を伝える拠点として、また、地元の特産品や農産物を販売する場所としても人気がある。道の駅には、磐梯山や周辺地域の魅力を伝える展示室や、地元の特産品や農産物を販売する店舗、レストラン、物産館などがある。
モノの名前

「花いかだ」の美味しさの秘密

近江屋本店の銘菓「花いかだ」 「花いかだ」は、近江屋本店の銘菓であり、滋賀県の郷土料理のひとつです。近江屋本店は、滋賀県長浜市にある老舗菓子店で、創業は1871年。当初は和菓子のみを扱っていましたが、1923年に「花いかだ」を発売し、瞬く間に人気商品となりました。 「花いかだ」は、薄い小麦粉の皮で餡を包み、油で揚げたお菓子です。餡は、こしあん、粒あん、白あんの3種類から選ぶことができます。外側はサクサク、中はしっとりとした食感で、餡の甘さが口の中で広がります。 「花いかだ」の美味しさの秘密は、何と言ってもその餡にあります。近江屋本店では、北海道産の最高級小豆を使用し、丁寧に炊き上げています。また、皮の薄さと食感も絶妙で、餡を引き立てています。 「花いかだ」は、滋賀県のお土産としても人気が高く、県内のデパートや道の駅などで購入することができます。また、近江屋本店のオンラインショップでも販売されているので、全国どこからでも購入することができます。 「花いかだ」は、老若男女問わず楽しめるお菓子です。滋賀県を訪れた際には、ぜひ一度味わってみてください。
モノの名前

「高遠そば」の歴史と魅力

高遠そばの起源と歴史 高遠そばの起源は、江戸時代初期にまで遡ります。当時、高遠藩の藩主であった保科正之が、江戸から蕎麦職人を招き、蕎麦の製法を伝授させたと言われています。その後、高遠そばは、藩主や家臣の間で愛されるようになり、次第に庶民の間にも広まっていきました。 高遠そばの特徴は、蕎麦の実の中心部分のみを使用した更科粉を使用していることです。更科粉は、蕎麦の実の中でも最も白い部分であり、高遠そばに独特の白さと滑らかさをもたらしています。また、高遠そばは、切り刃の細い包丁で手切りされており、細く繊細な麺となっています。 高遠そばのつゆは、鰹節と昆布でとった出汁に、醤油とみりんを加えたシンプルなものです。つゆは、蕎麦の風味を引き立てるように、薄味に仕上げられています。 高遠そばは、長野県下伊那郡高遠町の郷土料理として知られており、現在でも町内には多くの蕎麦屋があります。高遠そばは、その美味しさから、多くの蕎麦通に愛されており、遠方から訪れる人も少なくありません。
施設名・ロケ地

「お座トロ展望列車」の魅力を徹底解剖!

-お座トロ展望列車とは?- 「お座トロ展望列車」とは、窓がとても大きく、通常の列車よりも高い位置にあるため、まるで列車の上に座っているかのように景色を楽しむことができる展望列車です。この列車は、日本各地を走る特急列車や観光列車などに導入されており、その名の通り、座ったままトロッコに乗っているような感覚で景色を楽しむことができます。 お座トロ展望列車の魅力は、なんといってもその開放感にあるでしょう。大きな窓から広がる景色は、まるで絵画のように美しく、列車の走行中は常に新しい景色が飛び込んできます。また、お座トロ展望列車は通常の列車よりも高い位置にあるため、より広い範囲の景色を楽しむことができます。 お座トロ展望列車は、観光客に人気の列車ですが、鉄道ファンにも人気があります。お座トロ展望列車は、通常の列車とは異なる構造をしているため、鉄道ファンにとっては貴重な体験となります。また、お座トロ展望列車は、普段は見られないような景色を楽しむことができるため、鉄道ファンにとっても魅力的です。
施設名・ロケ地

南会津の道の駅「尾瀬街道みしま宿」の魅力を探る

「尾瀬街道みしま宿」とは? 南会津の道の駅「尾瀬街道みしま宿」は、福島県南会津郡下郷町にある道の駅です。尾瀬国立公園への玄関口として、また、南会津の特産品を販売する拠点として、多くの観光客で賑わっています。 道の駅の敷地内には、売店、レストラン、休憩所、足湯などがあり、旅の途中の休憩に最適なスポットです。また、売店では、南会津の特産品である、そば、こんにゃく、味噌などを購入することができます。さらに、レストランでは、南会津の郷土料理である、ソースカツ丼や、へそっこ汁などを味わうことができます。 道の駅の周辺には、尾瀬国立公園の入り口である、「御池自然探勝路」や、「沼山峠」などがあり、自然を満喫することができます。また、下郷町には、白河藩の城下町であった、「会津下郷」の町並みがあり、歴史情緒を味わうことができます。 「尾瀬街道みしま宿」は、南会津の自然と歴史を満喫できる道の駅です。ぜひ、足を運んでみてください。
施設名・ロケ地

龍門寺の魅力を徹底解説!

龍門寺の沿革と歴史 龍門寺は、平安時代前期の仁寿2年(852年)、慈覚大師円仁によって創建されたと伝えられています。円仁は、唐から帰国後、比叡山に延暦寺を開き、その後、越前国(現在の福井県)に龍門寺を開きました。龍門寺は、天台宗の寺院として栄え、平安時代末期には、源義経が祈願所としたと伝えられています。 鎌倉時代には、龍門寺は、越前国守護職を務めた斯波氏の庇護を受け、繁栄しました。斯波氏は、龍門寺に多くの寄進を行い、寺領を拡大させました。また、斯波氏は、龍門寺に多くの僧侶を招き、寺勢を充実させました。 室町時代には、龍門寺は、応仁の乱で焼失しましたが、その後、再建されました。戦国時代には、龍門寺は、朝倉氏の庇護を受け、繁栄しました。朝倉氏は、龍門寺に多くの寄進を行い、寺領を拡大させました。また、朝倉氏は、龍門寺に多くの僧侶を招き、寺勢を充実させました。 安土桃山時代には、龍門寺は、豊臣秀吉の朱印状を受け、寺領を安堵されました。江戸時代には、龍門寺は、徳川将軍家の庇護を受け、繁栄しました。徳川将軍家は、龍門寺に多くの寄進を行い、寺領を拡大させました。また、徳川将軍家は、龍門寺に多くの僧侶を招き、寺勢を充実させました。 明治時代には、龍門寺は、廃仏毀釈により、一時、荒廃しましたが、その後、復興されました。現在、龍門寺は、天台宗の寺院として、多くの人々に親しまれています。
施設名・ロケ地

スパリゾートハワイアンズの魅力を解説

常磐ハワイアンセンターからスパリゾートハワイアンズへ 1966年に常磐ハワイアンセンターとしてオープンしたスパリゾートハワイアンズは、2006年にリニューアルされて現在の名称になりました。常磐ハワイアンセンターの時代は、フラガールのパフォーマンスやフラダンス教室が人気を博し、国内外の観光客が訪れる一大観光地として知られていました。 しかし、バブル崩壊後の経済低迷や、海外旅行の普及などにより、常磐ハワイアンセンターは経営難に陥り、2002年に民事再生法の適用を申請しました。その後、2006年にスパリゾートハワイアンズとしてリニューアルオープンし、現在に至ります。 スパリゾートハワイアンズは、常磐ハワイアンセンターの時代と比べて、よりリゾートとしての機能が強化されました。フラガールのパフォーマンスやフラダンス教室は引き続き人気を博していますが、他にもウォーターパークやスパ、プール、レストラン、ホテルなど、様々な施設が充実しています。 また、スパリゾートハワイアンズは、常磐ハワイアンセンターの時代よりも、地元の福島県との連携を強化しています。地元の食材を使用した料理を提供したり、福島県の観光情報を発信したりするなど、地域振興にも貢献しています。 スパリゾートハワイアンズは、常磐ハワイアンセンターの時代から続くフラガールのパフォーマンスやフラダンス教室に加えて、ウォーターパークやスパ、プール、レストラン、ホテルなど、様々な施設が充実したリゾートとして、国内外の観光客に人気を博しています。また、地元の福島県との連携を強化しており、地域振興にも貢献しています。
モノの名前

岩手&福島の郷土料理、味ぶかし

岩手と福島の郷土料理は、その地域の歴史と自然を反映したもので、豊かな味と多様性を備えた美食体験を提供します。それぞれの料理には独自の歴史と起源があり、世代から世代へと受け継がれてきた伝統的な方法で作られています。 岩手県の郷土料理であるわんこそばは、そば粉から作られた細い麺を、薬味やネギなどのトッピングとともに小さな椀に入れて食べる郷土料理です。わんこそばは、広く知られており、岩手の郷土料理を代表する一皿です。 福島県の郷土料理であるこづゆは、里芋やコンニャク、人参、油揚げなどの具材を煮込んだ汁物です。こづゆは、福島県の郷土料理として広く知られており、家庭料理としても人気があります。 岩手と福島の郷土料理は、その地域の歴史と文化を反映しており、地元の人々にとって重要な意味を持っています。これらの料理は、地元の食材や地元の調味料を使用して作られており、その地域の食文化の多様性を象徴しています。
作品名

猫魔ヶ岳の妖怪の魅力とは

-八百板洋子の再話による魅力- 八百板洋子は、日本の作家であり、児童文学や民話などを数多く執筆しています。彼女の作品は、その美しい言葉遣いと豊かな想像力で、多くの人々から愛されています。 八百板洋子は、猫魔ヶ岳の妖怪についても、いくつかの作品を残しています。その中で、特に有名なのが『猫魔ヶ岳の妖怪たち』という作品です。 「猫魔ヶ岳の妖怪たち」は、猫魔ヶ岳に住む妖怪たちが繰り広げる不思議な物語です。妖怪たちは、時に人間を驚かせ、時に人間を助けます。彼らの姿は、時に恐ろしく、時にユーモラスです。 この作品は、八百板洋子の豊かな想像力が遺憾なく発揮された名作です。妖怪たちの姿や性格、そして彼らの繰り広げる物語は、八百板洋子の筆によって、生き生きと描かれています。 この作品を読めば、猫魔ヶ岳の妖怪たちの魅力にとりつかれること間違いなしです。妖怪たちの姿や性格、そして彼らの繰り広げる物語は、あなたをきっと魅了することでしょう。 八百板洋子の作品は、日本の文学史において、重要な位置を占めています。彼女の作品は、多くの人々に愛され、読み継がれています。もしあなたが、日本の文学に興味があるなら、ぜひ八百板洋子の作品を読んでみてください。
施設名・ロケ地

馬陵公園の魅力と楽しみ方

日本の歴史公園100選に選ばれた馬陵公園 馬陵公園は、大阪府茨木市の茨木ニュータウンに位置する公園です。1977年に開園し、総面積は約100ヘクタール。芝生広場、池、小川、遊具、テニスコート、サッカー場など、様々な施設が整備されています。 馬陵公園の魅力の一つは、日本の歴史公園100選に選ばれていることです。日本の歴史公園100選とは、1995年に環境庁(現・環境省)が選定した、歴史的・文化的に価値の高い公園のことです。馬陵公園は、その中の大阪府で唯一の公園です。 馬陵公園の魅力の二つ目は、四季折々の花々が楽しめることです。春には桜、夏にはあじさい、秋には紅葉、冬には雪景色と、一年を通して美しい景色を楽しむことができます。 馬陵公園の魅力の三つ目は、様々なイベントが開催されていることです。春には「馬陵公園さくらまつり」、夏には「馬陵公園納涼まつり」、秋には「馬陵公園紅葉まつり」など、様々なイベントが開催されています。 馬陵公園は、自然と歴史を感じながら、一年を通して楽しめる公園です。ぜひ一度、足を運んでみてください。
施設名・ロケ地

川俣:福島県伊達郡川俣町の道の駅

-道の駅川俣の施設とサービス- 道の駅川俣は、福島県伊達郡川俣町に位置する道の駅である。2003年に開業し、以来、川俣町の玄関口として観光客を迎えている。 道の駅川俣の施設は、主に以下のようになっている。 ・情報コーナー川俣町とその周辺地域の観光情報を提供している。 ・物産館川俣町の特産品や地元の野菜や果物を販売している。 ・レストラン川俣町の郷土料理や地元の食材を使った料理を提供している。 ・休憩所旅の疲れを癒すことができる休憩スペースである。 ・駐車場普通車100台、大型車10台を収容できる。 道の駅川俣のサービスは、主に以下のようになっている。 ・観光案内川俣町とその周辺地域の観光情報を提供している。 ・特産品販売川俣町の特産品を販売している。 ・レストラン川俣町の郷土料理や地元の食材を使った料理を提供している。 ・休憩所旅の疲れを癒すことができる休憩スペースである。 道の駅川俣は、川俣町とその周辺地域の観光の中心地である。川俣町を訪れる際には、ぜひ立ち寄ってほしい場所である。
モノの名前

花塚御影で知る、石材の美と歴史

「花塚御影」とは、熊本県阿蘇郡小国町花塚地区で産出される石材です。花崗岩の一種であり、淡いピンク色を帯びた美しい石材として知られています。その歴史は古く、平安時代にはすでに朝廷に献上されていたという記録が残されています。その後、鎌倉時代から室町時代にかけて、花塚御影は寺院や仏像の建造物に使用されるようになり、その名が全国的に知られるようになりました。 江戸時代になると、花塚御影はさらに広く使用されるようになり、城郭や藩邸、武家屋敷などの建築物に使用されました。明治時代以降も、花塚御影は公共建築物や学校、病院などの建物に使用され、現在に至るまで日本の石材として重要な地位を占めています。 花塚御影は、その美しい色合いと耐久性から、古くから日本の建築物に使用されてきました。現在でも、花塚御影は公共建築物や学校、病院などの建物に使用されており、その美しさと耐久性を維持しています。