秋田県湯沢市

モノの名前

「木地山こけし」の魅力と歴史

木地山こけしの特徴 木地山こけしは、その独特なフォルムと鮮やかな色彩で人気を博しています。中でも、頭部が大きく胴体が細いフォルムは、木地山こけしの特徴の一つです。また、木地山こけしは、胴体に描かれる模様も特徴的です。木地山こけしの胴体は、主に赤、黄、青、緑、紫の5色で彩られており、その模様は、花、鳥、動物、風景など、様々なものが描かれています。木地山こけしの表情も特徴的で、中には、ニッコリと微笑んでいるこけしもいれば、困ったような表情をしているこけしもいます。木地山こけしの表情は、職人がひとつひとつ丁寧に彫り上げているため、どのこけしも個性豊かになっています。
施設名・ロケ地

鷹ノ湯温泉の魅力

鷹ノ湯温泉の歴史 鷹ノ湯温泉は、1000年以上の歴史を持つ古湯であり、その始まりは平安時代にまで遡ります。この温泉は、源義経が奥州平泉に逃れる途中、この地に立ち寄り、傷を癒したという伝説が残っています。その後、多くの武将や旅人がこの温泉を訪れ、その名声が広がっていきました。 江戸時代には、鷹ノ湯温泉は湯治場として栄え、多くの湯治客が訪れました。また、この温泉は、文豪・夏目漱石や与謝野晶子など、多くの文化人も訪れたことで知られています。 明治時代以降は、鷹ノ湯温泉は近代的な温泉地として発展し、現在では、多くの観光客が訪れる人気の観光スポットとなっています。鷹ノ湯温泉は、その歴史的な価値や景観の美しさから、国の重要文化財にも指定されています。
モノの名前

秋田の伝統野菜「関口なす」の魅力

「関口なす」の歴史と産地 「関口なす」は、秋田県南部の横手市関口地域で古くから栽培されているナスです。その歴史は古く、江戸時代初期にこの地域に住んでいた関口氏が栽培を始めたのが始まりと言われています。関口氏は、江戸幕府に献上する野菜を栽培していましたが、その中でも「関口なす」は特に将軍家に喜ばれたそうです。 「関口なす」は、独特の形と味を持つナスです。実は小ぶりで、丸みを帯びた形をしています。色は濃い紫色で、皮は薄く、中は柔らかくジューシーです。味は甘みと酸味のバランスが良く、とても美味しいナスです。 「関口なす」は、横手市関口地域で栽培されています。この地域は、肥沃な土壌と温暖な気候に恵まれており、「関口なす」栽培には最適です。現在では、横手市関口地域を中心に、秋田県内各地で栽培されています。 「関口なす」は、様々な料理に使用することができます。煮物、焼き物、揚げ物など、どんな料理にも合います。特に、夏野菜の代表格である「関口なす」は、夏場の料理に欠かせない存在です。
モノの名前

「三関せり」の生産と特徴 – 秋田の伝統野菜

「三関せり」の生産地と歴史 「三関せり」は、秋田県湯沢市三関地区で栽培されている伝統野菜です。三関地区は、雄物川と皆瀬川の合流地点に位置する水田地帯で、肥沃な土壌と清らかな水に恵まれています。この恵まれた環境が、「三関せり」の生産に適しており、古くから栽培されてきました。 「三関せり」の歴史は古く、江戸時代にはすでに栽培されていたとされています。当時は、藩主への献上品として珍重され、庶民の間でも食用として親しまれていました。明治時代以降は、栽培面積が拡大し、秋田県内各地に出荷されるようになりました。現在では、秋田県の特産品として全国に出荷されています。
地名・ロケ地

「力水」とは?秋田県の名水について知ろう!

秋田県は全国的にも名水として知られる土地であり、その中でも大館市の「力水」は特に有名です。力水とは、大館市比内町手倉田にある湧き水で、その名の通り、力強い水の流れが特徴です。 力水の歴史は古く、その起源は平安時代まで遡ると言われています。当時は、この湧き水は「比内七水」と呼ばれ、人々の生活用水として利用されていました。また、江戸時代には、力水は武士の飲み水としても重宝され、その名が全国的に知れ渡るようになりました。 明治時代には、力水は「名水百選」に選ばれ、さらにその名が全国に広がりました。また、昭和時代には、力水は「天然記念物」に指定され、その価値がさらに高まりました。