秋田県

モノの名前

佐藤錦の甘さの理由に迫る

佐藤錦は、山形県で誕生したさくらんぼの品種です。その甘さは全国に知られ、日本を代表するさくらんぼとして親しまれています。 佐藤錦は、昭和20年代に佐藤栄助氏によって偶然発見されました。佐藤氏は、自宅の庭でさくらんぼの苗木を育てていたところ、ある日、その中に甘くておいしい実をつける木があることに気づきました。佐藤氏は、この木を「佐藤錦」と名付け、栽培を開始しました。 佐藤錦は、その甘さが評判となり、瞬く間に人気品種となりました。昭和30年代には、全国各地で栽培されるようになり、現在では日本を代表するさくらんぼの品種として定着しています。
モノの名前

「五能線」の魅力:東北の絶景を満喫するローカル線

五能線の見どころ 五能線は、青森県の川部駅から秋田県の東能代駅までを結ぶ全長147.2kmのローカル線です。日本海沿岸を走る路線で、車窓からは美しい海と山々の景色を楽しむことができます。特に、十二湖や白神山地などの観光地を巡る旅行客に人気の路線です。 五能線の見どころの一つは、十二湖です。十二湖は、青森県深浦町にある大小12の湖沼群です。湖沼群は、約3000年前の大地変によってできたもので、それぞれに異なる景観を見せてくれます。十二湖を巡る遊覧船や遊歩道の他、湖畔にはキャンプ場や宿泊施設もあります。 五能線のもう一つの見どころは、白神山地です。白神山地は、青森県と秋田県にまたがる山地で、世界遺産に登録されています。白神山地は、ブナ原生林が広がっており、その景観は圧巻です。白神山地を巡るトレッキングコースが整備されており、ハイキングを楽しむことができます。 五能線は、美しい海と山々の景色を楽しむことができるローカル線です。十二湖や白神山地などの観光地を巡る旅行客に人気の路線で、車窓からは素晴らしい景色を楽しむことができます。
地名・ロケ地

秋田の仁別湖:自然と観光スポットが融合した美しい湖

仁別湖の歴史と建設目的 仁別湖は、1940 年に完成した人造湖です。この湖は、水力発電所建設のために作られました。この発電所は、稲庭川の水を利用して電力を発電しています。この発電所は、東北地方の電力の需要に応えるために建設されました。 仁別湖の建設により、稲庭川の水位が上昇しました。これにより、周辺の田んぼの稲作が盛んになりました。また、仁別湖は、観光地としても人気があります。この湖は、美しい景色を眺めることができ、釣りやボート遊びを楽しむことができます。
モノの名前

千秋苑の魅力と歴史

銘菓千秋苑の誕生と由来 千秋苑の銘菓は、その長い歴史の中で、様々なエピソードとともに生まれました。その中でも、特に有名なのが「千秋苑最中」です。千秋苑最中は、戦国時代末期に、千秋苑の初代当主が、豊臣秀吉に献上したお菓子が始まりと言われています。秀吉は、その美味しさに感動し、「千秋苑」と名付けたそうです。それ以来、千秋苑最中は、千秋苑の代表銘菓として、多くの人々に愛され続けています。 また、千秋苑のもう一つの名菓である「千秋苑まんじゅう」は、江戸時代初期に、千秋苑の2代目当主が考案したお菓子です。千秋苑まんじゅうは、こしあんを薄皮で包んだシンプルな饅頭ですが、その上品な甘さと、しっとりとした食感が特徴です。千秋苑まんじゅうは、千秋苑の定番銘菓として、今でも多くの人々に親しまれています。 千秋苑の銘菓は、千秋苑の長い歴史の中で、多くのエピソードとともに生まれました。そのエピソードの一つ一つが、千秋苑の銘菓の美味しさを引き立てています。
モノの名前

川連漆器の伝統と魅力

-川連漆器の歴史と起源- 川連漆器の起源は、江戸時代初期の慶長10年(1605年)にさかのぼると言われています。この頃、川連藩の藩主であった大久保長安が、家臣の佐藤勘兵衛に漆器の製作を命じました。佐藤勘兵衛は、京都から漆器職人を招き、川連で漆器の製作を開始しました。川連漆器は、その後、藩主の保護のもと、発展を遂げました。 川連漆器の特徴は、その精巧な細工と美しい蒔絵にあります。川連漆器の職人は、木目を生かした優しい風合いを出すために、何層にも漆を塗り重ねます。また、川連漆器には、四季折々の花や鳥獣などの蒔絵が施されています。川連漆器の蒔絵は、その細やかさと色彩の美しさで知られ、多くの人々を魅了しています。 川連漆器は、現在でも、川連町で伝統的に作られています。川連漆器の職人は、先人から受け継いだ技法を守りながら、新しい作品を作り続けています。川連漆器は、その伝統と美しさから、国内外で高く評価されています。
モノの名前

秋田の銘酒「両関」の魅力

秋田県を代表する銘酒といえば、「両関」です。両関は、秋田市に本社を置く両関酒造株式会社が製造している日本酒です。両関の歴史は古く、江戸時代初期の1630年に創業されました。両関は、秋田の豊かな自然と伝統的な酒造技術を活かした日本酒造りを行っており、全国新酒鑑評会で金賞を受賞したこともある実力派の蔵元です。 両関の日本酒は、米の旨味と甘みを活かした、まろやかで飲みやすい味わいが特徴です。特に、純米大吟醸酒「両関 本醸造」は、華やかな香りとキレのある味わいが特徴で、全国的に高い評価を得ています。両関の日本酒は、魚介類や野菜を使った秋田の郷土料理との相性が抜群です。
地名・ロケ地

目潟の魅力と特徴

目潟が誕生した経緯 目潟は、江戸時代初期の1620年に、加賀藩の藩主・前田利長によって築造された人造湖です。利長は、琵琶湖の景観を模して、金沢の町に潤いと美しさを与えるため、犀川の上流に堤防を築いて水をせき止めました。 目潟は、長さ約1キロメートル、幅約300メートル、面積は約30ヘクタールの広さを持ち、周囲は緑豊かな木々に囲まれています。湖畔には、遊歩道や公園が整備されており、市民の憩いの場となっています。また、毎年夏には、目潟で花火大会が開催され、多くの観光客が訪れます。 目潟は、金沢の町を代表する観光スポットのひとつであり、その美しい景観は多くの文人に愛されてきました。松尾芭蕉は、目潟を詠んだ句を数多く残しており、与謝野晶子は、目潟を「日本の風景美の最高傑作」と評しています。
モノの名前

「福乃友」の魅力と受賞歴

福乃友の特徴と味わい 福乃友は、徳島県三好市で造られている日本酒です。阿波山田錦という酒造好適米を使用し、伝統的な製法で丁寧に造られています。そのため、福乃友は、米の旨味をしっかりと感じられる、芳醇な味わいが特徴です。また、福乃友は、すっきりとした飲み口で、食中酒としても最適です。 福乃友の特徴は、米の旨味をしっかりと感じられる、芳醇な味わいです。これは、阿波山田錦という酒造好適米を使用し、伝統的な製法で丁寧に造られているためです。福乃友は、冷やして飲むと、米の旨味と甘みがより際立ちます。また、常温で飲むと、米の旨味と香りがより豊かに感じられます。 福乃友は、すっきりとした飲み口で、食中酒としても最適です。福乃友は、和食はもちろん、洋食や中華料理にも合います。特に、刺身や寿司、天ぷらなどの和食との相性は抜群です。また、福乃友は、ロックや水割りにしてもおいしく飲むことができます。
施設名・ロケ地

秋田県山本郡八峰町にある道の駅「みねはま」について

道の駅「みねはま」の概要 道の駅「みねはま」は、秋田県山本郡八峰町にある道の駅です。日本海に面した風光明媚な場所に位置し、ドライブの休憩ポイントとしても人気があります。道の駅の施設には、農産物や海産物を販売する直売所、レストラン、休憩所などがあります。また、道の駅には、八峰町の観光情報を提供する観光案内所も併設されています。道の駅「みねはま」は、八峰町の観光拠点として、多くの人々に利用されています。 道の駅「みねはま」の直売所には、地元の農家や漁師が生産した新鮮な農産物や海産物がずらりと並んでいます。野菜や果物、魚介類など、種類も豊富で、ここでしか手に入らない珍しい食材も見つけることができます。直売所の隣には、レストランがあり、地元の食材を使った料理を楽しむことができます。また、道の駅には、休憩所も併設されており、ドライブの疲れを癒すことができます。 道の駅「みねはま」には、八峰町の観光情報を提供する観光案内所も併設されています。観光案内所では、八峰町の観光スポットやイベント情報などを教えてもらうことができます。また、観光案内所では、八峰町の観光パンフレットや地図を無料で配布しています。道の駅「みねはま」は、八峰町の観光拠点として、多くの人々に利用されています。
施設名・ロケ地

「吉乃鉱山」の歴史と鉱山の役割

「吉乃鉱山」の歴史をたどる 「吉乃鉱山」の歴史は古く、奈良時代にまで遡ることができる。当時は金銀銅を産出する鉱山として知られており、朝廷に献上されるほどであった。その後、江戸時代に入ると、吉乃鉱山は幕府の直轄となり、さらに大規模に開発されるようになった。この頃には、金、銀、銅に加えて、鉛、亜鉛、鉄などの鉱物も産出されるようになった。 明治時代に入ると、日本の鉱山業は近代化が進み、「吉乃鉱山」もその流れに乗った。最新の機械や技術が導入され、生産量は飛躍的に増加した。しかし、大正時代に入ると、鉱山の資源は枯渇し始め、生産量は減少していった。昭和時代に入ると、ついに「吉乃鉱山」は閉山となり、長い歴史に幕を閉じた。 「吉乃鉱山」は、日本の鉱山業の歴史を語る上で重要な鉱山である。その歴史は古く、奈良時代から江戸時代、明治時代、大正時代まで、日本の鉱山業の発展を支えてきた。また、「吉乃鉱山」は、金、銀、銅、鉛、亜鉛、鉄など、さまざまな鉱物を産出する鉱山として知られており、日本の鉱山業の発展に大きな貢献をした。
施設名・ロケ地

秋田県大仙市の「旧池田家庭園」の魅力

-庭園の見どころ- 旧池田家庭園の庭園は、江戸時代末期から明治時代初期にかけて作られたものです。広さは約1,000坪で、池泉回遊式庭園となっています。庭園内には、松や楓などの樹木が植えられ、池には鯉が泳いでいます。また、茶室や東屋などの建物もあり、四季折々の景色を楽しむことができます。 庭園の見どころの一つは、池の中央に浮かぶ中島です。中島には、松や桜などの樹木が植えられ、池面に映る景色が美しいです。また、中島には、亀や鳥が住んでおり、自然豊かな環境を感じることができます。 庭園のもう一つの見どころは、茶室です。茶室は、江戸時代末期に建てられたもので、数寄屋造りの建物です。茶室からは、庭園の景色を一望することができ、落ち着いた雰囲気の中で茶を楽しむことができます。 旧池田家庭園の庭園は、自然豊かな美しい庭園です。四季折々の景色を楽しむことができ、また、茶室や東屋などの建物もあり、ゆっくりと過ごすことができます。大仙市を訪れた際には、ぜひ旧池田家庭園の庭園を見学してみてはいかがでしょうか。
施設名・ロケ地

「かづの」の魅力を徹底解剖!秋田県鹿角市の道の駅

「かづの」は、秋田県鹿角市の道の駅です。道の駅「かづの」は、鹿角市の特産品や地元の野菜、果物を販売する物産館や、地元の食材を使った料理が味わえるレストラン、また、鹿角市の観光情報や歴史を紹介するコーナーなど、様々な施設が充実しています。 「かづの」には、鹿角市の特産品である鹿角きりたんぽや鹿角ホルモン、また、鹿角市の新鮮な野菜や果物が販売されています。鹿角きりたんぽは、鹿角市の郷土料理で、きりたんぽを比内地鶏のスープで煮込んだものです。鹿角ホルモンは、鹿角市のホルモン焼きで、ホルモンを醤油ベースのタレで焼いたものです。鹿角市の野菜や果物は、鹿角市の豊かな自然の中で育った新鮮なものです。 「かづの」には、地元の食材を使った料理が味わえるレストランがあります。レストランでは、鹿角きりたんぽや鹿角ホルモン、また、鹿角市の新鮮な野菜や果物を使った料理が味わえます。鹿角きりたんぽは、鹿角市の郷土料理で、きりたんぽを比内地鶏のスープで煮込んだものです。鹿角ホルモンは、鹿角市のホルモン焼きで、ホルモンを醤油ベースのタレで焼いたものです。鹿角市の野菜や果物は、鹿角市の豊かな自然の中で育った新鮮なものです。 「かづの」には、鹿角市の観光情報や歴史を紹介するコーナーがあります。コーナーでは、鹿角市の観光スポットやイベント情報、また、鹿角市の歴史や文化を紹介しています。鹿角市の観光スポットは、鹿角市の豊かな自然や歴史を感じることができるスポットです。鹿角市のイベント情報は、鹿角市の観光情報や歴史を紹介するコーナーで確認することができます。鹿角市の歴史や文化は、鹿角市の豊かな自然の中で育まれたものです。
施設名・ロケ地

藤倉水源地水道施設:日本の近代水道遺産

石張りの重力式コンクリートダムは、藤倉水源地水道施設の重要な構造物の一つです。高さ約15メートル、幅約60メートルの重厚なダムで、石張りによって補強されています。石張りは、ダムの表面を保護し、水圧に耐える強度を高める役割を果たしています。 このダムは、1913年に完成した日本最古のコンクリートダムの一つです。当時のコンクリート技術はまだ発展途上にあったため、ダムの表面を石張りで補強することで、強度を高めています。石張りは、地元の石材である花崗岩を用いており、一つ一つの石を丁寧に積み上げることで、美しい景観を作り出しています。 石張りの重力式コンクリートダムは、日本の近代水道遺産として貴重な構造物です。その歴史的価値と景観の美しさから、多くの観光客が訪れる人気スポットとなっています。
モノの名前

日本酒「銀鱗」の魅力と全国新酒鑑評会での金賞受賞歴

银鱗とは、秋田県横手市にある株式会社髙清水が醸造している日本酒の銘柄である。1909年(明治42年)に創業した蔵元で、1939年(昭和14年)から「銀鱗」の醸造を開始した。「銀鱗」とは、米の表面を覆う白濁した層のことを指し、この層が魚鱗のように見えることから名付けられた。 銀鱗は、伝統と革新を融合させた秋田を代表する銘酒である。伝統的な手法を守りながら、新しい技術やアイデアを積極的に取り入れることで、常に高品質な日本酒を造り続けている。銀鱗は、全国新酒鑑評会で通算14回的金賞を受賞しており、その品質の高さが認められている。 銀鱗は、華やかな香りとフルーティーな味わいが特徴である。吟醸酒は、生酒・純米大吟醸・特別純米酒など様々な種類が揃っている。また、焼酎や梅酒など、他の酒類も製造している。銀鱗は、秋田県の酒造会社としては唯一、全米日本酒歓評会の「Grand Champion」を受賞している。これは、日本の日本酒の中で最高位の賞である。
地名・ロケ地

十和田湖内の島々を巡る旅

-十和田湖の島々とは- 十和田湖は、青森県と秋田県にまたがるカルデラ湖で、国の特別天然記念物にも指定されている美しい湖です。その十和田湖には、大小さまざまな島々が浮かんでおり、それぞれが uniqueな魅力を持っています。 十和田湖の島々の中で最も有名なのが、乙女の像で知られる「乙女の像」です。この像は、1950年に湖の真ん中に建てられたもので、高さは12.5メートル。湖畔から眺める乙女の像は、とても神秘的で美しいです。 また、十和田湖には「中島」という大きな島もあります。この島は、十和田湖最大の島であり、面積は2.07平方キロメートル。島内には、原生林や湿地帯などの自然が残されており、ハイキングやバードウォッチングを楽しむことができます。 さらに、十和田湖には「御倉島」という小さな島もあります。この島は、十和田湖のほぼ中央に位置しており、面積はわずか0.02平方キロメートル。島内には、御倉山という標高184メートルの山があり、山頂からは十和田湖の絶景を見ることができます。 十和田湖の島々は、それぞれに uniqueな魅力を持っています。ぜひ、十和田湖を訪れて、その美しい景色を堪能してください。
地名・ロケ地

宮田又鉱山とは

宮田又鉱山の歴史 宮田又鉱山は、岩手県久慈市に位置する、かつて存在した銅鉱山である。1905年(明治38年)に発見され、1908年(明治41年)に操業を開始した。当初は露天掘りでの採掘が行われていたが、1913年(大正2年)からは坑道掘りが開始された。最盛期には、約1,000人の鉱山労働者が働いていた。しかし、銅価の低迷などにより、1973年(昭和48年)に閉山となった。なお、閉山後も、鉱山跡地は観光地として整備され、現在は「宮田又鉱山跡地公園」として公開されている。 宮田又鉱山の歴史は、大きく分けて3つの時期に分けられる。第1期は、1908年(明治41年)の操業開始から1913年(大正2年)の坑道掘りが開始されるまでの時期である。この時期には、露天掘りでの採掘が行われており、銅の生産量は比較的少なかった。 第2期は、1913年(大正2年)の坑道掘りが開始されてから1945年(昭和20年)の終戦までの時期である。この時期には、坑道掘りの採掘が行われており、銅の生産量は大幅に増加した。最盛期には、年間約1万トンの銅を生産していた。しかし、戦時中は、銅の需要が減少したため、銅の生産量は減少した。 第3期は、1945年(昭和20年)の終戦から1973年(昭和48年)の閉山までの時期である。この時期には、銅の需要が回復し、銅の生産量は再び増加した。しかし、銅価の低迷などにより、1973年(昭和48年)に閉山となった。
施設名・ロケ地

大松川ダムの多様性

大松川ダムの目的 大松川ダムの目的は、洪水調節、都市水道用水供給、農業用水供給、発電、レクリエーションの5つです。 洪水調節は、ダムによって洪水を貯留し、下流への洪水の流出を抑制することです。これにより、下流の地域を洪水から守ることができます。 都市水道用水供給は、ダムの水を都市の水道に供給することで、市民の生活に必要な水を確保することです。 農業用水供給は、ダムの水を農業用水として供給することで、農作物の生産を支えることです。 発電は、ダムの水を利用して発電することで、電力需要を賄うことです。 レクリエーションは、ダム周辺を公園として整備し、市民の憩いの場を提供することです。
施設名・ロケ地

「協和スキー場」の歴史と魅力

「日本初のスノーボード全日本選手権大会が開催されたスキー場」 協和スキー場は、日本初のスノーボード全日本選手権大会が開催されたスキー場として知られています。1989年、協和スキー場で開催された全日本選手権大会には、全国からトップレベルのスノーボーダーが集結し、白熱した戦いを繰り広げました。この大会の開催を機に、日本国内におけるスノーボードの競技人口は増加し、スノーボードは一気にメジャースポーツへと成長しました。現在でも、協和スキー場はスノーボードの聖地として多くのスノーボーダーに愛されており、毎年、全国各地からスノーボーダーが訪れています。
モノの名前

がんたくんについて知ろう!

がんたくん誕生の歴史 がんたくんは、1999年にがん研究会が立ち上げたキャラクターです。がんの予防や早期発見、早期治療を推進するために作られ、以来、がん啓発活動のシンボルとして活躍しています。がんたくんは、がん細胞を退治する「がん玉」を持った男の子で、元気で明るい性格をしています。がんたくんは、テレビCMやポスター、パンフレットに登場し、がんの予防や早期発見、早期治療の大切さを伝えています。また、がんたくんは、がんに関するイベントや講演会にも参加し、がんと闘う人々を激励しています。 がんたくんの誕生には、ある少年の存在がありました。その少年は、1998年にがんのために亡くなりました。少年の父親は、がんの予防や早期発見、早期治療の大切さを伝えるために、がん啓発キャラクターを作ることを決意しました。そして、1999年にがんたくんが誕生しました。 がんたくんは、がんの予防や早期発見、早期治療の大切さを伝えるために、今日も活躍しています。がんたくんは、がんと闘う人々を励まし、がんのない社会を目指して活動しています。
地名・ロケ地

能代 海岸にそよぐ風の松原

能代海岸にそよぐ風の松原の歴史と由来 能代海岸の風の松原は、日本三大松原のひとつで、約4kmにわたって海岸に沿って松並木が続いている美しい景勝地です。この松原は、江戸時代初期に藩主が植林事業を行ったことで形成されたと伝えられています。藩主は、海岸の砂丘を固定するために松を植林し、また、海の荒波から町を守る防風林としても機能させました。松原は、その後も大切に保護され、現在では国の天然記念物に指定されています。 風の松原は、松林の美しさだけでなく、歴史的な背景も魅力的です。松原には、かつて藩主が狩りをしたとされる「御狩場」や、藩主が参拝したとされる「弁天島」など、多くの史跡が残っています。また、松原には多くの伝説や民話も伝えられており、地元の人々に親しまれています。 風の松原は、四季折々に美しい景色を見せる景勝地です。春には、松林に桜が咲き誇り、夏には、松林を吹き抜ける風が涼しさを運んでくれます。秋には、松林が紅葉に染まり、冬には、松林に雪が積もって銀世界となります。風の松原は、いつ訪れても美しい景色を楽しむことができます。
モノの名前

「ブラックストーン」とは

ブラックストーンの特徴 ブラックストーンは、世界最大の民間投資会社です。1985年にスティーブン・シュワルツマンとピーター・ピーターソンによって設立されました。ブラックストーンは、プライベートエクイティ、不動産、インフラ、クレジットなど、様々な分野に投資しています。ブラックストーンの投資ポートフォリオは、世界中に分散しており、投資先は企業、不動産、インフラなど多岐にわたります。ブラックストーンは、投資対象企業の経営陣と協力して、企業の価値を高め、リターンを得ることを目指しています。ブラックストーンは、世界各地にオフィスを構え、世界中の投資家から資金を集めています。ブラックストーンは、投資家に対して、安定したリターンを提供することを目指しています。
モノの名前

秋田県のアイドル?『んだッチ』とは?

んだッチの誕生秘話 「んだッチ」は、秋田県をPRするために2011年に誕生したゆるキャラです。「んだ」は秋田弁で「そうだ」という意味で、「ッチ」は「ちょっと」という意味です。秋田県の特産品である稲庭うどんをモチーフにしており、頭には稲穂が乗っています。 んだッチの誕生秘話は、秋田県の職員が「秋田県のPRのためにゆるキャラを作ろう」と考えたことから始まります。職員たちは、秋田県の特産品である稲庭うどんをモチーフにすることにしました。そして、稲穂を頭に乗せたゆるキャラのデザインが完成しました。 デザインが決まった後、名前を「んだッチ」にすることに決まりました。「んだ」は秋田弁で「そうだ」という意味で、「ッチ」は「ちょっと」という意味です。秋田県の職員たちは、この名前が秋田県をアピールするのにぴったりだと考えました。 こうして、「んだッチ」は誕生しました。そして、秋田県のPR活動に積極的に参加しています。ゆるキャラグランプリにも出場しており、2012年には4位に入賞しました。また、テレビや雑誌にも多数出演しています。 「んだッチ」は、秋田県を代表するゆるキャラとして活躍しています。秋田県の観光や特産品のPRに貢献しており、秋田県民からも愛されています。
モノの名前

「喜久水」を知る→ 秋田県を代表する日本酒の魅力

「秋田の銘酒「喜久水」の歴史と特徴」 「喜久水」は、秋田県を代表する日本酒であり、その歴史は古く、江戸時代まで遡ります。「喜久水」を醸造する「新政酒造」は、1852年に秋田県大仙市で創業されました。創業当時は「新政」という銘柄を醸造していましたが、1910年に「喜久水」と改めました。 「喜久水」の特徴は、そのすっきりとした味わいにあります。米の旨味をしっかりと感じさせることができ、キレも良く、後味まで爽やかなのが特徴です。また、「喜久水」は、比較的アルコール度数が高めで、飲み応えのある日本酒でもあります。 「喜久水」は、秋田県内で広く飲まれている日本酒ですが、近年では県外でも人気が高まっています。その理由は、「喜久水」が、和食だけでなく、洋食や中華料理にも合わせやすい日本酒だからです。また、「喜久水」は、常温でも冷やしても美味しく飲むことができます。 「喜久水」は、秋田県の豊かな自然と、酒造りの伝統が生んだ、珠玉の日本酒です。そのすっきりとした味わいと、飲み応えのある飲み口は、日本酒好きにはたまらない逸品です。
施設名・ロケ地

「本荘港」秋田県由利本荘市の港の歴史や特徴を解説

本荘港の歴史と管理者 本荘港の歴史は古く、江戸時代には北前船の寄港地として栄えました。明治時代に入ってからは、県北の物資の集散地として発展し、昭和初期には、県内有数の港湾として整備されました。その後、昭和40年代には、日本海沿岸の貿易港として指定され、さらに平成14年には、国の重要港湾に指定されました。 本荘港は、秋田県由利本荘市に位置し、本荘市街から約3kmに位置しています。港湾面積は約50万平方メートルで、岸壁の長さは約1,000mです。港湾には、貨物船や旅客船が発着しており、県内外の物資の集散や、県内外への人の移動に重要な役割を果たしています。また、本荘港には、水産加工工場や製紙工場などが立地しており、県北の産業振興にも貢献しています。 本荘港の管理者は、秋田県由利本荘市です。秋田県由利本荘市は、本荘港の安全な航行と港湾施設の整備・管理を行うために、港湾管理条例を制定しています。また、秋田県由利本荘市は、本荘港の利用促進を図るために、港湾利用促進条例を制定しています。