空気清浄

モノの名前

プラズマクラスターイオン発生器で空気清浄

プラズマクラスターイオン発生器とは、シャープが開発した空気清浄機に搭載されている技術です。微小な電気を放出することによってプラズマクラスターイオンを発生させ、帯電しているウイルスやカビ菌などの粒子を無害化します。プラズマクラスターイオン発生器は、空気清浄機に搭載されているだけでなく、空気清浄機能付きのエアコンや加湿器、空気清浄機能付きの冷蔵庫など、さまざまな製品に搭載されています。 プラズマクラスターイオンの発生メカニズムは以下の通りです。プラズマクラスターイオン発生器には、高電圧を発生させる電極と、空気中の水分を分解する触媒の2つが搭載されています。高電圧を発生させる電極から放出された電子が空気中の酸素分子と反応して、プラズマを発生させます。プラズマは、プラスとマイナスのイオンで構成されており、これらのイオンが空気中の水分を分解して、ヒドロキシルラジカルを発生させます。ヒドロキシルラジカルは、強力な酸化力で、ウイルスやカビ菌などの粒子を分解することができます。 プラズマクラスターイオンは、空気中のウイルスやカビ菌などの粒子を無害化するだけではなく、消臭効果もあります。ペットの臭いや生ゴミの臭いなど、さまざまな臭いを分解することができます。また、プラズマクラスターイオンは、花粉やハウスダストなどのアレルゲンを抑制する効果があるため、アレルギー症状の改善にも効果的です。 プラズマクラスターイオン発生器は、空気清浄機に搭載されているだけでなく、空気清浄機能付きのエアコンや加湿器、空気清浄機能付きの冷蔵庫など、さまざまな製品に搭載されています。プラズマクラスターイオン発生器によって発生したイオンは、空気中を漂いながらウイルスやカビ菌などの粒子を分解するため、空気清浄機を設置する場所を問わず、部屋全体を清潔に保つことができます。
モノの名前

スゴイオンの仕組みと効果

スゴイオンとは何か スゴイオンとは、空気中に存在する水分子に含まれる水素原子の代わりに、他の元素の原子などが置換されたイオンのことです。スゴイオンは、空気中に自然に存在しており、その濃度は約100万個/cm3と言われています。スゴイオンの代表的な種類としては、水素イオン、酸素イオン、窒素イオン、二酸化炭素イオンなどがあります。スゴイオンは、空気中に存在するほこりやウイルス、細菌などの粒子に付着し、それらを中和する働きがあります。また、スゴイオンは、人の体内の細胞を活性化させ、免疫力を高める効果があると言われています。スゴイオンは、自然界に存在する物質であり、人体に無害であるため、健康に良いイオンとして注目されています。
モノの名前

ステンレスプラズマ空清で空気をクリーンに

ステンレスプラズマ空清とは、ステンレス製の電極に電圧をかけることでプラズマを発生させ、そのプラズマが空気中の細菌やウィルス、におい物質などを分解・除去する空気清浄機です。プラズマとは、気体に電圧をかけてイオン化し、電子と陽イオンが自由に動き回る状態のことです。プラズマは、高い殺菌力と消臭力を持つことが知られており、医療機関や食品工場などでも使用されています。 ステンレスプラズマ空清は、フィルターを使用しないため、メンテナンスが簡単で、ランニングコストがかかりません。また、フィルターがないため、風量を大きくすることができ、広い空間でも効率的に空気を清浄することができます。さらに、ステンレスプラズマ空清は、オゾンを発生させないため、人体に害がありません。
モノの名前

シャープのプラズマクラスター技術搭載のエアコン機能

-高濃度プラズマクラスター25000とは何か?- シャープのプラズマクラスター技術を搭載したエアコンには、「高濃度プラズマクラスター25000」という機能があります。この機能は、1立方センチメートルあたり25,000個のプラズマクラスターイオンを発生させ、お部屋の空気を浄化します。プラズマクラスターイオンは、ウイルスや菌、花粉、PM2.5などの有害物質を分解・除去する効果があるため、お部屋の空気を清潔で快適に保つのに役立ちます。 高濃度プラズマクラスター25000は、シャープ独自の技術によって開発された機能です。プラズマクラスターを発生させるためには、空気中の酸素と水分が必要ですが、高濃度プラズマクラスター25000では、これらの成分を効率的に取り込み、高濃度のプラズマクラスターイオンを発生させることができます。 高濃度プラズマクラスター25000は、エアコンの冷房や暖房運転中に自動的に作動します。そのため、電源を入れるだけで、お部屋の空気を浄化することができます。また、高濃度プラズマクラスター25000は、花粉やPM2.5などの季節によって気になる物質を分解・除去する効果があるため、一年中快適に使用することができます。
その他

「日本空気清浄協会」の概要と活動内容

「日本空気清浄協会」とは 「日本空気清浄協会」は、空気清浄機の普及と発展を目的として設立された団体です。空気清浄機に関する調査や研究を行い、その成果を普及させることで、健康で快適な空気環境の実現を目指しています。また、空気清浄機に関する規格や試験方法を定め、空気清浄機の品質向上を図っています。 「日本空気清浄協会」は、1968年に設立された長い歴史を持つ団体です。空気清浄機に関する調査や研究を行い、その成果を普及させることで、健康で快適な空気環境の実現に貢献しています。また、空気清浄機に関する規格や試験方法を定め、空気清浄機の品質向上を図っています。 「日本空気清浄協会」の会員は、空気清浄機を製造・販売する企業、研究機関、大学などです。会員企業は、空気清浄機の開発や製造、販売に携わっており、研究機関は空気清浄機に関する調査や研究を行っています。大学は、空気清浄機に関する教育や研究を行っています。 「日本空気清浄協会」は、空気清浄機に関する調査や研究を行い、その成果を普及させることで、健康で快適な空気環境の実現を目指しています。また、空気清浄機に関する規格や試験方法を定め、空気清浄機の品質向上を図っています。
モノの名前

「エアロボ」開発の歴史と最新機能

エアロボが生まれた背景と開発の経緯 エアロボは、ロボットの概念を大きく変えた画期的な発明である。従来のロボットは、剛体で重い構造が多かったが、エアロボは空気の力を使って動くため、軽量で柔軟な構造が可能になった。この柔軟性が、これまで不可能だった複雑な動きを実現し、さまざまな分野での活用が期待されている。 エアロボの開発は、1990年代にさかのぼる。当時、アメリカの航空宇宙局(NASA)は、火星探査機に搭載するロボットの開発を進めていた。しかし、火星の大気は非常に薄いため、従来のロボットでは飛行することが困難であった。そこで、NASAの研究者たちは、空気の力を使って飛行するロボットの開発を始めた。 開発当初は、試行錯誤の繰り返しであった。空気の力を使ってロボットを飛行させるためには、ロボットの構造を軽量化する必要があったが、軽量化すると強度が低下し、飛行中に壊れてしまうという問題があった。また、空気の力を制御してロボットを安定して飛行させることも難しかった。 しかし、研究者たちは粘り強く開発を続け、2000年代初頭にようやく実用的なエアロボの開発に成功した。エアロボは、火星探査機に搭載され、火星の大気中で飛行することに成功した。この成功は、エアロボの技術が実用レベルに達したことを示すものであり、エアロボの開発に大きな弾みをつけることとなった。 現在では、エアロボの開発は世界中で進められており、さまざまな分野での活用が期待されている。例えば、エアロボは、災害救助や危険な場所での作業などに活用することができる。また、エアロボは、物流や農業などにも活用することができると期待されている。
モノの名前

「うるおいエアーリッチ」除菌機能搭載で快適空間づくり

パナソニックの「うるおいエアーリッチ」とは パナソニックの「うるおいエアーリッチ」は、独自の技術で空気の除菌と加湿を実現した空気清浄機です。空気中のウイルスや細菌、PM2.5などの有害物質を除去しつつ、清潔で快適な空間を作り出します。また、加湿機能も搭載されているため、冬の乾燥時でも潤いのある空間を保つことができます。 「うるおいエアーリッチ」には、独自の「ナノイーX」技術が搭載されています。「ナノイーX」とは、ナノサイズの微粒子イオンのことで、空気中のウイルスや細菌を抑制する効果があります。また、消臭効果や静電気除去効果も備えているため、快適な空間を維持することができます。 「うるおいエアーリッチ」は、その除菌機能と加湿機能を兼ね備えたことで、発売以来多くの人々に支持されています。また、操作性やデザイン性にも優れているため、使い勝手が良いのも特徴です。