竹書房ホラー文庫

作品名

竹書房ホラー文庫とは?

- 竹書房ホラー文庫の歴史 - 竹書房ホラー文庫は、株式会社竹書房が発行する日本のホラー小説文庫レーベルである。1992年11月に創刊され、2018年現在までに約700冊のタイトルが刊行されている。代表的な作家としては、門田浩子、乾くるみ、小野不由美、北原雅紀、田中明生、天童荒太、西村京太郎、林真理子、東野圭吾、山白朝子などがいる。 竹書房ホラー文庫は、1990年代に日本で起きたホラー小説ブームを背景に創刊された。当時の日本のホラー小説は、三津田信三の『犬神家の一族』や北原雅紀の『リング』など、映画化やドラマ化された作品がヒットし、その人気は社会現象的なものとなっていた。竹書房ホラー文庫は、こうしたブームに乗って創刊され、初期には三津田信三、北原雅紀、小野不由美といった人気作家の作品を多く刊行した。 1990年代後半になると、日本のホラー小説ブームは下火となり、竹書房ホラー文庫もその影響を受けて発行部数が減少した。しかし、竹書房はホラー文庫の刊行を継続し、2000年代に入ると発行部数が回復し始めた。2010年代には、竹書房ホラー文庫に所属する作家の中から、門田浩子や東野圭吾など、映画化やドラマ化された作品を発表する作家が輩出され、その人気は再び社会現象的なものとなった。 現在、竹書房ホラー文庫は日本のホラー小説文庫レーベルの中で最も発行部数が多いレーベルのひとつである。竹書房ホラー文庫から刊行された作品は、映画化やドラマ化されたものも多く、その人気は幅広い層に及んでいる。