第75回米国アカデミー賞長編アニメ映画賞ノミネート

作品名

リロ・アンド・スティッチの魅力

リロ・アンド・スティッチの魅力は、その魅力的なキャラクターにあります。主人公のリロは、ハワイに住む陽気で元気な少女です。彼女は少し生意気ですが、家族や友人をとても大切にしています。スティッチは、地球に不時着した宇宙人で、リロの家に住むことになります。スティッチは、最初は凶暴で攻撃的な性格でしたが、リロの愛情を受けて徐々に心を開いていきます。リロとスティッチは、やがてかけがえのない家族のような関係を築いていきます。また、本作には、リロとスティッチの妹であるラニや、スティッチの親友であるジャンバ博士、プレクリー博士など、個性豊かなキャラクターが登場します。これらのキャラクターたちのやりとりは、見ていて飽きません。
作品名

スピリット:心の自由への旅

物語の概要 スピリット心の自由への旅は、ドリームワークス・アニメーションが製作した2002年のアメリカの長編アニメーション映画です。ケリー・アズベリーとローナ・クックが共同監督し、テッド・エリオットとテリー・ロシオが脚本を担当しました。この映画は、ネイティブアメリカンの民話に着想を得て、若いアパラチア・インディアンのマルーンが、彼の部族が住む森を破壊する可能性のある鉄道建設を阻止するために、馬に乗って西に旅をする冒険を描いています。 映画の主人公であるマルーンは、アパラチア地方に住む若いインディアンです。彼は、自然と一体となる能力を持っていて、動物と話すことができます。ある日、馬に乗って西を目指している途中、マルーンは、森を破壊する可能性のある鉄道建設を知ります。彼は、森を守るために、鉄道建設を阻止したいと考えます。マルーンは、馬に乗って西を目指し、途中でさまざまな動物や人々と出会いながら、鉄道建設を阻止するための方法を探します。
作品名

氷河期を舞台にした大冒険

氷河期を舞台にした大冒険マンモス、ナマケモノ、サーベルタイガーのトリオ 氷河期の壮大な風景を舞台に、マンモス、ナマケモノ、サーベルタイガーのトリオが繰り広げる大冒険の物語。マンモスのマンモ、ナマケモノのシド、サーベルタイガーのディエゴは、ある日、人間の子どもに出会う。彼らを人間社会に送り届けるために、三匹は協力して旅に出る。 氷河期を舞台にした大冒険マンモス、ナマケモノ、サーベルタイガーのトリオ マンモス、ナマケモノ、サーベルタイガーのトリオは、様々な困難に遭遇しながら、旅を続ける。氷河を越え、雪山を登り、恐ろしい肉食動物と戦いながら、彼らは人間の子どもを人間社会に送り届けようとする。その過程で、三匹は友情を深め、家族のような絆を結んでいく。 氷河期を舞台にした大冒険マンモス、ナマケモノ、サーベルタイガーのトリオ 最後に、三匹は人間の子どもを人間社会に送り届けることに成功する。そして、三匹はそれぞれの道を歩み始めるが、彼らは永遠に親友であり続けることを誓い合う。この物語は、友情、冒険、そして家族の大切さを教えてくれる感動作である。