網走市

モノの名前

北海道網走のご当地グルメ「網走モヨロ鍋」

網走モヨロ鍋の歴史と由来 網走モヨロ鍋は、網走市のご当地グルメとして知られる郷土料理です。網走地方は、かつてアイヌの人たちが暮らしており、モヨロ鍋もアイヌの伝統的な料理のひとつといわれています。アイヌの人たちは、鮭や鹿肉、山菜を鍋に入れて煮て食べる料理を食べていました。この料理が、網走モヨロ鍋のルーツだといわれています。 網走モヨロ鍋は、鮭やタラ、野菜などを味噌で煮込んだ鍋料理です。鮭やタラの代わりに、鶏肉や豚肉を使うこともあります。野菜は、白菜、玉ねぎ、にんじん、じゃがいもなど、さまざまな種類のものが入ります。味噌は、北海道産のものが使われることが多いです。網走モヨロ鍋は、寒い冬にぴったりの料理です。温かく、栄養満点で、食べ応え抜群です。
モノの名前

網走ザンギの魅力と美味しい食べ方

「網走ザンギの歴史と由来」 網走ザンギの始まりは、網走監獄で囚人に与えられていた鶏肉料理に由来すると言われています。当時、囚人は過酷な労働を強いられていたため、体力をつけるために鶏肉が食事に出されていました。鶏肉はザンギという調理法で調理され、囚人たちはザンギを食べてスタミナをつけていたそうです。 ザンギは網走監獄から網走市内に広がり、やがて網走の郷土料理として定着しました。現在では、網走市内の飲食店や居酒屋では、ザンギが定番メニューとして提供されています。また、網走ザンギは全国的にも知られるようになり、今では北海道を代表する郷土料理の一つとなっています。 ザンギは、鶏肉を一口大に切って小麦粉と卵の衣をつけ、油で揚げた料理です。鶏肉は、鶏もも肉や鶏むね肉が使用され、衣には塩、胡椒、にんにく、醤油、生姜などの調味料が加えられます。ザンギは、アツアツのうちに食べると、衣のサクサク感と鶏肉のジューシーさを楽しむことができます。また、ザンギはソースやマヨネーズをかけて食べても美味しく、さまざまな食べ方を楽しむことができます。
モノの名前

「オホーツクあばしり和牛」の魅力

-オホーツクあばしり和牛の特徴- オホーツクあばしり和牛とは、北海道網走市で生産されている黒毛和種牛です。オホーツク海に面した厳しい自然の中で育ち、きめ細やかな肉質と濃厚な味わいが特徴です。 オホーツクあばしり和牛の最大の特徴は、その霜降りの美しさです。きめ細かく、サシがしっかり入っているため、見た目に高級感があり、食欲をそそります。また、脂の融点が低いため、口の中でとろけるような食感を楽しめます。 オホーツクあばしり和牛のもう一つの特徴は、濃厚な旨味です。オホーツク海に面した厳しい自然の中で育つことで、牛の筋肉が鍛えられ、その結果、旨味のある肉質になります。特に、モモ肉や肩ロース肉は、しっかりと歯ごたえがあり、噛むほどに旨味が口の中に広がります。 オホーツクあばしり和牛は、その品質の高さから、全国の和牛の中でも特に評価の高いブランド牛です。高級料亭やステーキハウスなどで提供されることが多く、その味わいは多くの人を魅了しています。
施設名・ロケ地

網走神社の魅力を徹底解説!北海道を訪れるなら必見!

網走神社の歴史と由緒 網走神社は、北海道網走市にある神社です。網走国総鎮守であり、北海道三大神社の一つに数えられています。祭神は、大國主命、事代主命、素戔嗚命の三神です。 網走神社の創建は、1870年の開拓使によって行われました。当時は、網走神社の他に網走八幡宮も建立されており、網走開拓の中心的な役割を果たしていました。1948年に両神社は合祀され、現在の網走神社となりました。 網走神社は、北海道の開拓の歴史を伝える貴重な建造物であり、多くの観光客が訪れます。また、毎年7月に行われる網走神社例大祭は、北海道三大祭りの一つに数えられ、多くの見物客で賑わいます。 網走神社は、北海道の歴史を伝える貴重な神社であり、北海道を訪れる際にはぜひ足を運んでいただきたい場所です。
施設名・ロケ地

流氷街道網走:眺めるレジャー

-流氷街道の楽しみ方- 流氷街道は、北海道オホーツク海沿岸に沿って広がる、流氷を眺めながらドライブを楽しむことができる道路です。流氷の時期は、例年1月下旬から3月上旬まで。流氷が接岸すると、一面真っ白な世界が広がり、その景色は息を呑むほど美しいです。 流氷街道には、流氷を眺めることができるビューポイントが点在しています。中でも人気なのが、能取岬。岬の先端からは、オホーツク海と流氷が一望できます。また、流氷の迫力を間近で感じたい方には、流氷ウォークがおすすめです。流氷の上を歩くことができるので、流氷の感触や音を楽しむことができます。 流氷街道沿いには、流氷を眺めながら食事ができるレストランやカフェもあります。また、流氷をテーマにしたお土産も販売されているので、流氷街道を訪れた思い出に購入するのもおすすめです。 流氷街道は、冬ならではのオホーツク海の絶景を眺めることができる、おすすめのドライブコースです。流氷の時期になったら、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。
施設名・ロケ地

知られざる港の魅力

-網走港の歴史と起源- 網走港は、北海道東部、オホーツク海に面した港町。古くからニシン漁で栄え、現在でも日本有数の水揚げ量を誇る漁港として知られています。 網走港の歴史は、江戸時代にさかのぼります。1699年(元禄12年)に、北海道に流刑されていた松前藩家老の松前勘解由左衛門が、網走川河口に漁場を開設したのが始まりとされています。その後、ニシンの大漁に恵まれ、網走港は急速に発展。1872年(明治5年)には、北海道開拓使によって網走港が開港され、本格的な港町としての歩みを開始しました。 明治時代以降、網走港はニシン漁に加え、サケ・マス漁、ホタテ漁など、さまざまな漁業が盛んに行われるようになりました。また、明治末期には、網走港から釧路港までを結ぶ釧網本線が開通し、網走港は北海道東部の物流拠点として重要な役割を果たすようになりました。 昭和時代に入ると、網走港はさらに発展を遂げます。1950年(昭和25年)には、網走港に防波堤が建設され、1960年(昭和35年)には、網走港に隣接する能取岬に能取岬灯台が建設されました。これらの整備によって、網走港は安全で効率的な港湾として、さらに発展することになりました。 現在、網走港は日本有数の水揚げ量を誇る漁港として、全国各地から漁船が集まる一大拠点となっています。また、網走港周辺には、博物館や美術館、観光施設などが充実しており、多くの観光客が訪れる人気のスポットとなっています。
施設名・ロケ地

北海道立オホーツク公園の魅力

広大な敷地と充実の施設 北海道立オホーツク公園の最大の魅力は、その広大な敷地と充実した施設です。敷地はなんと100ヘクタールもあり、森林や湿原、川や湖など、多様な自然が広がっています。公園内には、キャンプ場やバーベキュー場、遊歩道、展望台など、さまざまな施設が整備されており、自然を満喫することができます。 特に人気が高いのが、オホーツク海岸を望む丘陵地にある「絶景展望台」です。丘陵地を登り切ると、眼下に広がるオホーツク海の絶景が広がり、晴れた日には知床半島や国後島まで見渡すことができます。また、園内には「オホーツク牧場」があり、牛や馬、羊などの家畜を間近で見ることができます。牧場では、乗馬体験や乳搾り体験などのイベントも開催されており、子供から大人まで楽しむことができます。
施設名・ロケ地

エミュー牧場の魅力

「オホーツクエミューらんど」とは? オホーツクエミューらんどは、北海道網走郡津別町にあるエミュー牧場です。1992年に開設され、現在は約1,000羽のエミューを飼育しています。エミューは、オーストラリア原産の鳥類で、ダチョウに次いで世界で2番目に大きい鳥類です。その特徴的な姿と、その肉や卵の美味しさで知られています。 牧場内には、エミューの飼育場や、エミューの卵を孵化させる保育器、エミューの肉や卵を販売する売店などがあります。また、エミューに乗馬したり、エミューの卵を食べる体験もすることができます。 オホーツクエミューらんどは、エミューを間近で見学することができる貴重な施設です。エキゾチックな鳥類に興味がある方は、ぜひ一度訪れてみてください。