美唄市

モノの名前

アスパラヒツジって知ってる?

北海道美唄市発の銘柄羊肉「アスパラヒツジ」とは アスパラヒツジは、北海道美唄市で生産されている銘柄羊肉です。美唄市は、北海道のほぼ中央に位置する市で、農業や畜産業が盛んな地域です。アスパラヒツジは、美唄市で生産されているアスパラガスを食べさせて育てられた羊肉で、肉質がやわらかく、臭みが少ないのが特徴です。アスパラガスを食べさせることで、羊肉特有の臭みが軽減され、うまみが増すと言われています。アスパラヒツジは、ジンギスカンや焼肉、しゃぶしゃぶなど、さまざまな料理に使用することができます。北海道の郷土料理であるジンギスカンは、アスパラヒツジを使用することで、より一層おいしくなるでしょう。
地名・ロケ地

「美唄市ハーフマラソン大会」とは何か

「大会概要」という小見出しの下では、大見出し「「美唄市ハーフマラソン大会」とは何か」で触れられた美唄市ハーフマラソン大会の内容について詳しく説明します。まず、大会の日程や場所、コースなどの基本情報を紹介します。そして、参加資格や定員、参加料、賞金など、参加者が気になる情報を提供します。さらに、大会の運営体制や協賛企業、ボランティアスタッフなどの大会を支える人々についても触れます。 大会の概要を説明する段落では、大会の規模や特徴、魅力などをアピールすることもできます。例えば、大会が初めて開催された年や、これまで開催された大会の参加者数、大会のコースの特徴や景観の美しさ、大会に参加したランナーの感想や体験談などを紹介することができます。また、大会の開催目的や意義、大会を通じて伝えたいメッセージなども盛り込むと、大会の理念や精神を伝えることができます。 「大会概要」という小見出しの下に書かれた段落は、美唄市ハーフマラソン大会を初めて知る人や参加を検討している人にとって、大会の基本情報を理解し、大会の魅力や意義を知ることができる重要な部分となります。
施設名・ロケ地

美唄市のアンテナショップ「PiPa」

北海道美唄市のアンテナショップ「PiPa」は、東京都世田谷区松原にあるアンテナショップです。2021年10月にオープンし、美唄市の特産品や観光情報を発信しています。 店内は、美唄市の特産品である炭坑節瓦せんべいや美唄和牛、美唄焼酎などが販売されています。また、観光情報コーナーでは、美唄市の観光名所やイベントを紹介しています。 アンテナショップ「PiPa」は、美唄市の魅力を伝えるための拠点として、多くの人々に親しまれています。
モノの名前

北海道美唄市のソウルフード「美唄焼き鳥」

美唄焼き鳥の歴史と由来 美唄焼き鳥の起源は、明治時代末期にさかのぼると言われています。当時の美唄は、炭鉱で栄えており、炭鉱で働く人々が、仕事帰りに安価で食べやすい食事として、焼き鳥を好んで食べていたことが始まりとされています。 美唄焼き鳥の最大の特徴は、そのタレにあります。醤油、みりん、砂糖、にんにくなどをベースとした甘辛いタレは、鶏肉によく絡み、炭火で焼かれることで香ばしい風味が加わります。また、美唄焼き鳥は、鶏肉だけでなく、レバーや砂肝などの内臓系も一緒に串に刺して焼かれることが多いのも特徴です。 美唄焼き鳥は、安価で食べやすい上に、その美味しさから、美唄市民に愛されてきました。そして、現在では、美唄市を代表するソウルフードとして、観光客にも人気となっています。美唄市には、美唄焼き鳥を提供する飲食店が数多くあり、それぞれのお店独自のタレや焼き方で、美唄焼き鳥を楽しむことができます。
モノの名前

「石炭やきそば」を作ってみる

「石炭やきそば」の特徴 「石炭やきそば」は、使う材料と特徴的な調理法が合わさって、独特の風味を生み出しています。 まず、石炭やきそばに使用される麺は、普通の焼きそば麺ではなく、中華麺の太麺または細麺を使います。この太麺or細麺が、ソースをしっかり絡め取ってくれるので、食べ応えがあり満足度の高い一品となります。 また、調理法も特徴的で、麺を茹でる代わりに、フライパンやホットプレートで焼き上げるように調理します。これにより、麺に焼き色がつき、香ばしい風味がプラスされます。 さらに、ソースも普通の焼きそばソースではなく、ソースとケチャップを合わせたオリジナルソースを使用します。このソースが、石炭やきそばの決め手となっており、甘酸っぱさとコクのある味わいを演出します。 そして、石炭やきそばの最も特徴的な点は、仕上げに「石炭」をトッピングすることです。この石炭は、もちろん本物の石炭ではなく、イカスミを加えた生地を焼いたものを使用します。イカスミを加えることで、石炭のような黒い色と風味が再現され、見た目も味も楽しめる一品です。
モノの名前

角屋のやきそば – 北海道の製麺会社のロングセラー

「角屋のやきそば」の歴史と特徴 「角屋のやきそば」は、北海道苫小牧市に本社を置く製麺会社、角屋食品が製造・販売しているロングセラー商品です。1955年に発売されて以来、北海道を中心に多くのファンに愛され続けています。 「角屋のやきそば」の特徴は何といっても、その麺にあります。小麦粉と水、食塩のみで作られたシンプルな麺は、コシが強く、もちもちとした食感。また、ソースは特製の醤油ベースで、甘みとコクのある味わいが特徴です。 「角屋のやきそば」は、単品で食べるのはもちろん、野菜炒めや目玉焼きなどと一緒にアレンジして食べるのもおすすめです。また、北海道では「やきそば弁当」として、やきそばをご飯の上にのせたお弁当が親しまれています。 北海道のソウルフードのひとつとして愛され続けている「角屋のやきそば」。北海道を訪れた際には、ぜひ一度味わってみてください。
モノの名前

「中村のとりめし」の作り方と歴史

中村のとりめしの歴史と由来 中村のとりめしは、その名の通り、宮崎県児湯郡高鍋町の旧中村地域で古くから食されてきた郷土料理です。材料は鶏肉、椎茸、タケノコ、ニンジン、ゴボウ、こんにゃく、油揚げ、グリンピース、そしてもち米です。鶏肉はもっぱら地鶏を使用し、醤油と酒で味付けされています。 とりめしの起源については諸説ありますが、最も有力なのは、江戸時代に中村城の城主だった加藤嘉明が、領民のために考案したという説です。加藤嘉明は、領民の食生活を改善するために、鶏肉や野菜をふんだんに使った料理を考案しました。これがとりめしの原型になったとされています。 とりめしは、地元の人々だけでなく、観光客にも人気の料理です。高鍋町には、とりめしを提供する飲食店が数多くあります。また、毎年秋のとりめしまつりが開催され、多くの人々がとりめしを味わいに訪れます。
地名・ロケ地

「びばい湖」の魅力と歴史

「びばい湖」の基本情報 「びばい湖」は、北海道美唄市の美唄炭鉱跡地に作られた人造湖です。誕生は1985年(昭和60年)で、面積は約20ヘクタール、水深は平均10メートルあります。湖の周囲は公園として整備されており、ジョギングや散歩、釣りなどを楽しむことができます。 「びばい湖」は、美唄市のシンボル的な存在として親しまれており、年間を通して多くの観光客が訪れます。特に、春には湖畔に桜が咲き誇り、多くの人々が花見を楽しみます。また、冬には湖が凍結し、ワカサギ釣りやスケートなど、冬のレジャーを楽しむことができます。 「びばい湖」は、市民の憩いの場としてだけでなく、美唄市の観光スポットとしても重要な存在です。今後も、多くの人々に親しまれ続ける湖であり続けることでしょう。