群馬県

施設名・ロケ地

「塩原家住宅」の魅力

「国の重要文化財に指定された建築物」 塩原家住宅は、江戸時代中期を中心とした建物群であり、国の重要文化財に指定されている。主屋は、切妻造り茅葺き屋根の典型的な農家住宅で、間口12間、奥行き6間の広さを誇る。内部は、土間、居間、座敷、仏間、納戸などに分かれており、各部屋にはそれぞれ特徴的な意匠が施されている。また、主屋の東側には、土蔵や納屋、味噌蔵などの附属屋が建ち並び、当時の農家の暮らしぶりを今に伝えている。 塩原家住宅が国の重要文化財に指定された理由は、その建築様式の美しさや、当時の農家の暮らしぶりを伝える貴重な史料であることなどがあげられる。特に、主屋の屋根は茅葺き屋根であり、その茅葺きの技術は、江戸時代から受け継がれた伝統的な技法によるものである。また、主屋の内部には、囲炉裏やカマドなど当時の農家の暮らしぶりを伝える貴重な道具や調度品が数多く残されており、当時の生活を垣間見ることができる。 塩原家住宅は、国の重要文化財として保護されており、一般公開されている。入館料は無料であり、年中無休で公開されている。アクセスは、公共交通機関では、JR会津若松駅からバスで約30分である。車の場合は、東北自動車道会津若松ICから約15分である。
地名・ロケ地

月形山「富士浅間山」の魅了

月形山「富士浅間山」の魅了 群馬県甘楽郡南牧村に位置する月形山 月形山は、群馬県甘楽郡南牧村に位置する標高1,004mの山です。その名の通り、山頂が月の形をしているのが特徴です。別名「富士浅間山」とも呼ばれ、その名の通り、山頂には富士山の形をした浅間神社があります。 月形山は、その独特な形状から古くから信仰の対象となっており、山頂には浅間神社が祀られています。また、山頂からは、浅間山、妙義山、榛名山など、上毛三山を一望することができます。 月形山は、登山初心者でも気軽に登ることができる山として人気があります。山頂までの道のりは、整備されており、危険な箇所はありません。また、山頂からは、素晴らしい景色を眺めることができます。 月形山は、春には山菜採り、夏には避暑地、秋には紅葉狩り、冬にはスキーやスノーボードなど、四季折々楽しむことができます。また、月形山周辺には、キャンプ場や温泉など、観光スポットもたくさんあります。 月形山は、群馬県の自然を満喫できる山です。ぜひ一度、登ってみてはいかがでしょうか。
その他

「上毛かるた」を紐解く – 群馬県の郷土かるた

「上毛かるた」の概要 「上毛かるた」は、群馬県の郷土かるたです。1928年(昭和3年)に群馬県教育会が発行した「上毛かるた」が前身となっており、1930年(昭和5年)に完成しました。 「上毛かるた」は、群馬県の歴史、文化、自然、産業などを題材とした44枚の札で構成されています。札には、上毛三山や榛名山、日光東照宮、草津温泉、富岡製糸場、碓氷峠、赤城山、高崎だるま、渋川花火大会などの群馬県の代表的な名所や特産物が描かれています。 「上毛かるた」は、群馬県民に親しまれているかるたであり、県内各地の小学校や中学校では、郷土学習の一環として「上毛かるた」の授業が行われています。また、毎年、群馬県内で「上毛かるた大会」が開催されており、県内外から多くの参加者が集まっています。 「上毛かるた」は、群馬県の郷土愛を育むとともに、群馬県の歴史や文化を学ぶことができる貴重な教材です。
施設名・ロケ地

「伊勢崎シティマラソン」の基礎知識と挑戦へのヒント

大会の概要 伊勢崎シティマラソンは、毎年2月に伊勢崎市で開催されるマラソン大会です。2002年に初めて開催され、今年で22回目を迎えます。フルマラソン、ハーフマラソン、10キロの3種目があり、参加者は全国から集まります。 コースは、伊勢崎市の街中を巡るフラットなコースで、記録を狙いやすいコース設定となっています。また、沿道には多くの応援者が集まり、ランナーを後押ししてくれます。 大会当日は、伊勢崎市がマラソン一色に染まります。街中にはランナーの走る姿が見られ、沿道には応援する人々の声が響き渡ります。そして、ゴールにたどり着いたランナーたちを温かく迎えてくれます。 伊勢崎シティマラソンは、ランナーとしても、応援者としても楽しめる大会です。ぜひ一度、参加してみてはいかがでしょうか。
施設名・ロケ地

群馬県片品村の人気スキー場「オグナほたかスキー場」の魅力

初心者・ファミリー向け設備が充実 オグナほたかスキー場は、初心者やファミリー向けの施設や設備が充実しています。初心者向けのゲレンデは、緩やかな傾斜で幅も広く、滑りやすい設計になっています。また、ファミリー向けのゲレンデでは、そりやチューブのコースがあり、子供でも安心して楽しめます。さらに、キッズパークでは、雪遊びや雪だるま作りなどのアクティビティが用意されており、家族で一緒に過ごすことができます。 レンタルスキーやスノーボードも充実しており、手ぶらで来ても気軽に滑走を楽しむことができます。初心者には、インストラクターによるレッスンを受けることもできますので、安心して滑走を楽しむことができます。 また、託児所も完備されているため、小さなお子様連れのご家族でも安心して滑走を楽しむことができます。
モノの名前

上毛新聞の歴史と現状

-上毛新聞の創刊と初期の歴史- 上毛新聞は、1887年(明治20年)11月1日に太田町(現・太田市)で創刊された。創刊者は、太田町の名望家である関根竹太郎である。関根は、自由民権運動に強い関心を抱いており、上毛新聞を創刊した目的は、自由民権運動を支援することであった。 上毛新聞は、創刊当初から自由民権運動を積極的に支持し、政府の弾圧にも屈することなく、自由民権運動に関する記事を掲載した。そのため、上毛新聞は政府から弾圧を受け、何度も休刊を余儀なくされた。しかし、上毛新聞は、休刊を繰り返しながらも、自由民権運動を支援し続け、自由民権運動の発展に大きく貢献した。 1890年(明治23年)に、上毛新聞は前橋市に移転し、新聞の発行部数を拡大した。また、1900年(明治33年)に、上毛新聞は、株式会社組織に改組され、近代的な新聞社として体制を整えた。 1910年(明治43年)には、上毛新聞は、群馬県の全域を対象とした地方新聞として確立した。また、1920年(大正9年)には、上毛新聞は、東京支局を開設し、全国的な新聞社として発展した。 1940年(昭和15年)には、上毛新聞は、戦時体制下で新聞統制を受け、新聞の発行部数が制限された。しかし、上毛新聞は、戦後すぐに新聞の発行部数を回復し、群馬県を代表する地方新聞として発展した。 1960年(昭和35年)には、上毛新聞は、中上毛支局を開設し、新聞の発行部数をさらに拡大した。また、1970年(昭和45年)には、上毛新聞は、上毛新聞社ビルを新築し、新聞社の体制を強化した。 1980年(昭和55年)には、上毛新聞は、コンピュータを導入し、新聞の制作体制を近代化した。また、1990年(平成2年)には、上毛新聞は、インターネット上にホームページを開設し、新聞の情報を発信した。 2000年(平成12年)には、上毛新聞は、創刊120周年を迎えた。そして、2010年(平成22年)には、上毛新聞は、創刊130周年を迎えた。 上毛新聞は、創刊以来、群馬県の歴史を伝えてきた。そして、上毛新聞は、群馬県の発展に大きく貢献してきた。上毛新聞は、群馬県を代表する地方新聞として、これからも群馬県の発展に貢献していくであろう。
施設名・ロケ地

前武尊の美しい自然に囲まれた「桐の木平キャンプ場」

前武尊の魅力と自然 群馬県利根郡みなかみ町の桐の木平キャンプ場は、前武尊の麓に位置する美しい自然に恵まれたキャンプ場です。標高1,000メートル以上の高地に位置するため、夏でも涼しく過ごしやすい気候が魅力です。また、前武尊や尾濑ヶ原など、周辺には人気の登山スポットが数多くあります。 前武尊は、標高2,379メートルの山で、武尊山の前衛峰に位置しています。山頂からは、谷川岳や赤城山、榛名山などの上毛三山を一望できます。また、前武尊の登山道は、花の種類が豊富で、季節ごとにさまざまな花を楽しむことができます。 尾瀬ヶ原は、群馬県、福島県、新潟県の県境に位置する高層湿原です。尾瀬ヶ原は、約6,000ヘクタールの広さがあり、日本最大の湿原として知られています。尾瀬ヶ原には、ニッコウキスゲやワタスゲなどの湿原植物が群生しており、その美しい景観は多くの人々を魅了しています。 桐の木平キャンプ場は、前武尊や尾瀬ヶ原など、周辺の自然を満喫できるキャンプ場です。キャンプ場には、キャンプサイトの他に、コテージやバンガローなどの宿泊施設もあります。また、キャンプ場内には、炊事場やトイレなどの設備が整っています。
施設名・ロケ地

群馬県のスキー場「四季の森ホワイトワールド尾瀬岩鞍」の魅力

標高1700メートルからの絶景 四季の森ホワイトワールド尾瀬岩鞍は、群馬県にあるスキー場です。標高1700メートルに位置するゲレンデからは、尾瀬の美しい景色を一望することができます。ゲレンデは、初心者から上級者まで楽しめるコースが揃っています。また、スノーボードパークやクロスカントリースキーコースも完備されています。 四季の森ホワイトワールド尾瀬岩鞍の魅力は、なんといっても標高1700メートルからの絶景です。ゲレンデからは、尾瀬の美しい景色を一望することができます。晴れた日には、谷川岳や武尊山などの山々を望むことができます。また、ゲレンデの眼下には、尾瀬の湿原が広がっています。尾瀬の湿原は、日本の自然の美しさを象徴する景観であり、四季を通して様々な表情を見せてくれます。 四季の森ホワイトワールド尾瀬岩鞍は、初心者から上級者まで楽しめるコースが揃っています。初心者向けのコースは、緩やかな斜面で、幅も広いため、安心して滑ることができます。上級者向けのコースは、急斜面やコブ斜面など、変化に富んだコースとなっています。スノーボードパークやクロスカントリースキーコースも完備されているため、様々なウインタースポーツを楽しむことができます。
モノの名前

西上州竹皮編の伝統を受け継ぐ

西上州竹皮編とは、長野県と群馬県の県境に位置する西上州地域に伝わる伝統的な編み物のことです。竹皮を中心に、藤やアシなどの植物繊維を用いて、かごやざる、帽子などの日用品や工芸品を制作します。西上州竹皮編は、その細やかな編み込みと美しい文様が特徴で、国の伝統工芸品にも指定されています。 西上州竹皮編の歴史は古く、鎌倉時代にはすでに存在していたと考えられています。当時は、農作業や漁業で使用する日用品として作られていましたが、江戸時代以降は、工芸品としても人気が高くなりました。明治時代には、西上州竹皮編の技術は全国的に広まり、現在では、日本各地で作られています。 西上州竹皮編の制作方法は、竹皮を細長く裂き、それを編み上げていきます。編み方は、平編み、立編み、斜め編みなど、さまざまな種類があり、それぞれに違った表情があります。また、文様も、幾何学模様や花模様、動物模様など、実にさまざまです。 西上州竹皮編は、その美しさと実用性から、多くの人々に愛されています。日用品としてだけでなく、工芸品としても親しまれており、国内外で高い評価を得ています。
モノの名前

群馬県の伝統工芸「太田の絞り」

-群馬県の伝統工芸、草木染の絞りの歴史と特徴- -歴史- 群馬県の伝統工芸である草木染の絞りは、江戸時代初期に始まったとされています。群馬県は古くから養蚕業が盛んで、生糸の生産量が日本一でした。その生糸を使って、さまざまな染色技術が発達しました。 草木染の絞りは、植物の色素を使って布を染める染色技法です。植物の色素は、花、葉、茎、根など、植物のさまざまな部分から抽出することができます。草木染の絞りは、単色で染めるものもあれば、複数の色を使って染めるものもあります。 草木染の絞りは、江戸時代後期に最盛期を迎えました。その頃、群馬県には多くの絞り染工房があり、全国各地に絞り染の製品を販売していました。しかし、明治時代以降、化学染料の普及により、草木染の絞りの生産量は減少しました。 現在、群馬県では、草木染の絞りを生産する工房は数えるほどしかありません。しかし、その伝統の技法を守り続け、美しい作品を生み出している職人たちがいます。 -特徴- 草木染の絞りの特徴は、その独特の色合いと風合いです。草木染の絞りは、植物の色素を使って染めているため、化学染料で染めたものとは異なる自然な色合いになります。また、草木染の絞りは、手作業で染めているため、一つ一つの作品に微妙な違いがあります。 草木染の絞りは、丈夫で長持ちするのも特徴です。草木染の絞りは、植物の色素を使って染めているため、化学染料で染めたものよりも色落ちしにくいです。また、草木染の絞りは、天然素材の糸を使用しているため、肌に優しく、着心地が良いです。 -群馬県の伝統工芸草木染の絞りは、美しい色合いと風合いが特徴の染色技法です。丈夫で長持ちするのも特徴です。現在、群馬県では、草木染の絞りを生産する工房は数えるほどしかありませんが、その伝統の技法を守り続け、美しい作品を生み出している職人たちがいます。-
施設名・ロケ地

榛名湖オートキャンプ場:自然を満喫する高地のキャンプ場

榛名湖オートキャンプ場は、群馬県高崎市の榛名山麓にあるキャンプ場です。榛名湖畔に位置し、自然豊かな環境の中でキャンプを楽しむことができます。 榛名湖オートキャンプ場の概要は以下の通りです。 ・キャンプサイトオートキャンプサイトが50区画、テントサイトが30区画あります。オートキャンプサイトは、電源付きと電源なしのどちらかを選択できます。 ・施設炊事場、トイレ、シャワー、売店、バーベキュー場、釣り堀、レンタルボートなど、充実した施設が整っています。 ・アクティビティ榛名湖では、釣り、ボート遊び、水泳などのアクティビティを楽しむことができます。また、キャンプ場周辺には、ハイキングコースや登山道があり、自然を満喫することができます。 ・料金オートキャンプサイトは、1泊1区画5,000円〜、テントサイトは、1泊1人1,000円〜です。 榛名湖オートキャンプ場は、自然を満喫できる高地のキャンプ場です。榛名湖畔の美しい景色を眺めながら、キャンプやアクティビティを楽しむことができます。
施設名・ロケ地

利根川の河川敷でキャンプ!「ひするまキャンプ場」の魅力を徹底解説

「ひするまキャンプ場」の特徴 「ひするまキャンプ場」は、利根川の河川敷に位置するキャンプ場です。周囲には緑豊かな木々が広がり、自然を満喫できる環境が整っています。キャンプ場の広さは約10万平方メートルと広々としており、テントやタープを張るスペースは十分にあります。また、オートキャンプが可能なので、車でのアクセスも便利です。 「ひするまキャンプ場」の魅力の一つは、なんといってもその立地です。利根川の河川敷に位置しているため、川でのアクティビティを楽しむことができます。キャンプ場内には、カヌーやカヤックをレンタルできる施設があり、初心者でも気軽に川遊びを楽しむことができます。また、釣りスポットも点在しているので、釣り好きにはたまらないキャンプ場です。 「ひするまキャンプ場」の魅力のもう一つは、その設備の充実です。キャンプ場内には、炊事場やトイレ、シャワーなどの施設が整っています。また、バーベキューコンロやテーブル、イスなどのレンタルも可能なので、手ぶらでキャンプを楽しむことができます。さらに、キャンプファイヤーができる場所も設けられているので、夜のキャンプファイヤーを満喫することもできます。
施設名・ロケ地

群⾺サファリパークどうぶつたちと触れ合おう!

群⾺サファリパークでは、動物たちが自然に近い状態で飼育されています。これは、彼ら本来の生態系を理解し、健康を維持するために不可欠です。飼育員は、動物たちが自由に動き回り、食べ物を探すことができるような環境作りに努めています。 また、動物たちにストレスを与えないように、来園者との触れ合いは最小限に抑えられています。ただし、一部の動物は、来園者が触れ合うことができるようになっています。例えば、ヤギやヒツジは、人懐っこく、子供たちにも人気です。 自然に近い状態で飼育された動物たちは、健康で幸せな生活を送っています。彼らは、広い敷地の中を駆け回り、木々や草を食べ、仲間とコミュニケーションを取っています。このような環境で飼育されることで、動物たちは本来の生態を維持し、健康を維持することができます。
地名・ロケ地

安中藩の歴史と特色

安中藩の成立と変遷 安中藩は、1590年に徳川家康の家臣である安中久繁が安中城を築城し、初代藩主となったことに始まる。安中は、中山道の宿場町として栄え、また、上信越地方屈指の穀倉地帯として知られていた。藩主安中氏は、徳川幕府の譜代大名であり、旗本や御家人の取り立て、江戸城の普請奉行、勘定奉行、寺社奉行など、幕府の重要職を歴任した。 1682年、安中藩主安中信濃守吉長は、上州沼田藩主となった。それに伴い、安中藩は廃藩となり、安中陣屋が置かれた。沼田藩は、1695年に廃藩となり、安中陣屋も廃された。その後、安中は幕府の直轄地となり、代官が支配した。 1868年、明治維新により安中藩は再置され、安中藩主安中信濃守吉長の孫である安中信濃守吉昌が藩主となった。しかし、1871年、廃藩置県により安中藩は廃藩となり、安中県が置かれた。安中県は、1876年に群馬県に編入され、安中は群馬県に属することとなった。
施設名・ロケ地

敷島公園の魅力と見どころ

-敷島公園の歴史と概要- 敷島公園は、埼玉県さいたま市にある都市公園です。敷地面積は118.3ヘクタールで、埼玉県の都市公園としては最大規模を誇ります。公園内には、芝生広場、花壇、池、遊具、スポーツ施設などがあり、市民の憩いの場として親しまれています。 敷島公園の歴史は古く、平安時代には貴族の別荘地として利用されていました。江戸時代には、徳川将軍家の鷹狩りの場所として指定され、明治時代には皇室の御料地となりました。その後、1974年にさいたま市に寄贈され、都市公園として整備されました。 敷島公園は、のどかな田園風景が広がる丘陵地に位置しています。園内には、四季折々の花が咲き誇り、美しい景観を楽しむことができます。また、公園内には、敷島神社や茶室などの歴史的建造物もあり、散策しながら歴史に触れることができます。 敷島公園は、市民の憩いの場として親しまれているだけでなく、さいたま市の観光スポットとしても人気があります。四季折々の花が咲き誇る景観や、歴史的建造物を巡る散策コースなど、見どころ満載の公園です。
モノの名前

群馬銘菓「糸くるま」の魅力

-糸くるまの特徴と歴史- 糸くるまは、群馬県の銘菓として知られるお菓子です。小麦粉、砂糖、卵、バターを原料とし、くるくると巻いた形状が特徴的です。その見た目は、糸車で糸を巻いている様子に似ていることから、糸くるまという名前が付けられました。 糸くるまは、江戸時代中期頃に伊勢崎市で生まれたとされており、200年以上もの歴史を持つお菓子です。当時は、砂糖もバターも貴重な食材であったため、糸くるまは富裕層にのみ食べられる高級なお菓子でした。 明治時代になると、砂糖やバターの生産量が増加し、糸くるまは庶民の間でも食べられるようになりました。また、この頃には、糸くるまの製造工程が機械化され、大量生産が可能となりました。これにより、糸くるまは群馬県の代表的な銘菓として全国的に知られるようになりました。 糸くるまの最大の特徴は、その食感です。表面はサクサクと香ばしく、中はしっとりとして柔らかく、絶妙なハーモニーを奏でます。また、糸くるまは甘すぎず、素朴な味わいが魅力です。日本茶やコーヒーはもちろん、牛乳や紅茶にもよく合います。 現在、糸くるまは、群馬県の土産物として広く販売されています。また、伊勢崎市には、糸くるまを専門に製造・販売している老舗菓子店が数多くあります。これらの老舗菓子店では、伝統的な製法を守りながら、丁寧に糸くるまを製造しています。糸くるまは、群馬県を訪れた際にはぜひ味わいたい一品です。
施設名・ロケ地

榛名神社:群馬県高崎市榛名山中腹の神社

榛名神社は、群馬県高崎市榛名山の中腹に鎮座する神社です。榛名山の主峰である榛名富士の山頂にある「榛名神社本殿」と、山麓にある「榛名神社総本殿」の2つに分かれています。 榛名神社は、古くから「榛名権現」として信仰を集めており、その歴史は古く、平安時代には朝廷から位階を授けられていたとされています。戦国時代には、武田信玄や上杉謙信など、多くの戦国武将が榛名山に参拝し、出陣の際などに祈願したと伝えられています。 榛名神社の本殿は、1601年に徳川家康によって再建されたもので、国指定重要文化財に指定されています。本殿は、入母屋造茅葺き屋根の建物で、彫刻や絵画で華やかに彩られています。 榛名神社の総本殿は、1823年に当時の藩主である松平定信によって再建されたもので、こちらも国指定重要文化財に指定されています。総本殿は、神明造茅葺き屋根の建物で、本殿よりも簡素な造りになっています。 榛名神社は、地元の人々から厚く信仰されており、毎年多くの参拝者が訪れます。神社の境内には、本殿や総本殿のほか、榛名山ロープウェイや榛名湖など、様々な見どころがあります。
モノの名前

岩 -群馬県、酒造の日本酒

岩は、群馬県渋川市にある岩崎酒造が製造する日本酒です。岩崎酒造は1868年(明治元年)に創業し、以来150年以上もの間、日本酒を醸造し続けてきました。 岩は、地元の米と水を使用し、伝統的な製法で醸造されています。岩の原料米は、群馬県産の「金紋錦」です。金紋錦は、酒造好適米として知られる品種で、柔らかく滑らかな口当たりが特徴です。岩の仕込み水は、渋川市の地下水を使用しています。渋川市の地下水は、ミネラル分を豊富に含んでおり、清涼で爽やかな味わいの日本酒を醸造することができます。 岩の製造工程は、まず、米を洗米して浸漬させます。浸漬させた米を蒸して、麹菌を振りかけて麹を作ります。麹は、日本酒の甘味や旨味の源となるものです。麹ができたら、米と水を加えて仕込みます。仕込みは、酒母と米と水を混ぜ合わせる工程です。酒母は、酵母菌を培養したもので、日本酒の発酵を促す役割を果たします。 仕込みが終わったら、発酵工程に入ります。発酵は、酵母菌が糖分をアルコールと炭酸ガスに変換する工程です。発酵工程は、温度や湿度を管理しながら行われます。発酵が終わったら、上槽工程に入ります。上槽は、日本酒を酒粕から分離する工程です。上槽が終わったら、火入れ工程に入ります。火入れは、日本酒を加熱して雑菌を殺し、品質を安定させる工程です。 火入れが終わったら、瓶詰め工程に入ります。瓶詰めが終わったら、日本酒が完成します。岩は、フルーティーな香りと、まろやかな口当たりが特徴の日本酒です。冷やして飲んでも、燗にして飲んでも美味しくいただけます。
施設名・ロケ地

魅力いっぱいの道の駅「八ッ場ふるさと館」

八ッ場ふるさと館とは? 八ッ場ふるさと館は、群馬県吾妻郡長野原町にある道の駅です。2014年4月19日にオープンしました。八ッ場ふるさと館は、八ッ場ダムの建設に伴い、地域住民の交流と活性化を目的として整備されました。八ッ場ふるさと館には、地元の特産品を販売する物産館や、農産物を直売する農産物直売所、観光情報を提供する観光案内所、レストラン、カフェ、休憩所などがあります。また、八ッ場ふるさと館の敷地内には、八ッ場ダム建設の歴史を紹介する展示室や、八ッ場ダムの模型を展示する展示室、八ッ場ダムの建設現場を眺めることができる展望台などがあります。八ッ場ふるさと館は、八ッ場ダムの建設に伴い整備された道の駅ですが、八ッ場ダムの建設の歴史や、八ッ場ダムの模型を展示する展示室、八ッ場ダムの建設現場を眺めることができる展望台などがあり、観光スポットとしても人気があります。
地名・ロケ地

「たんばらスキーパーク」の遊び方ガイド

ファミリー向けイベント・施設をご紹介します たんばらスキーパークは、家族連れに優しいスキー場です。子供向けのイベントや施設が充実しており、お子様連れでも安心して楽しむことができます。 イベントとしては、毎年2月に開催される「たんばらファミリーウィンターフェスティバル」がおすすめです。このイベントでは、雪遊びやスノーモービル体験、雪上アスレチックなど、さまざまなアクティビティを楽しむことができます。また、雪像コンテストやビンゴ大会などのイベントも開催されます。 施設としては、子供向けのゲレンデやスノーパークが整備されています。子供向けのゲレンデは、傾斜が緩やかで安全に滑ることができます。スノーパークでは、ソリやチューブで滑るなど、雪遊びを楽しむことができます。 また、たんばらスキーパークには、託児所も併設されています。託児所では、経験豊富なスタッフが子供のお世話をしてくれるので、安心してスキーを楽しむことができます。 たんばらスキーパークは、家族連れに優しいスキー場です。子供向けのイベントや施設が充実しており、お子様連れでも安心して楽しむことができます。ぜひ、家族揃ってたんばらスキーパークに遊びに来てください。
地名・ロケ地

「小幡藩」の歴史と歴代藩主

小幡藩は、現在の山梨県南都留郡富士河口湖町にあたる地域に存在した藩です。1590年、徳川家康の家臣である小幡景広が所領を安堵され、小幡藩が成立しました。その後、景広は関ヶ原の戦いで功績を上げ、所領を2万5千石に加増されました。1619年、景広が死去すると、跡を養子の信景が継ぎました。信景は、小幡藩の領地を拡大し、3万石の大名となりました。しかし、1639年、信景は改易され、小幡藩は廃藩となりました。 小幡藩は、わずか49年間しか存在しませんでしたが、その間に多くの出来事がありました。景広は、小幡藩の領地を拡大し、城下町を整備して、藩政を安定させました。信景は、小幡藩の領地をさらに拡大し、3万石の大名となりました。また、信景は、江戸幕府の老中を務め、幕政に参与しました。しかし、信景は、江戸幕府の将軍である徳川家光から、謀反の疑いをかけられ、改易されてしまいました。 小幡藩は、短命に終わった藩でしたが、その間に多くの功績を残しました。景広は、小幡藩の領地を拡大し、城下町を整備して、藩政を安定させました。信景は、小幡藩の領地をさらに拡大し、3万石の大名となりました。また、信景は、江戸幕府の老中を務め、幕政に参与しました。小幡藩は、徳川幕府の重要な藩の一つであり、その歴史は、江戸時代の日本を知る上で貴重な資料となっています。
施設名・ロケ地

敷島公園陸上競技場の魅力

敷島公園陸上競技場は、福島県いわき市にある陸上競技場です。1985年に開場し、2002年に日本陸上競技連盟公認第一種陸上競技場となりました。収容人数は20,000人で、サッカーやラグビーなどの球技にも対応できる多目的競技場です。 敷島公園陸上競技場は、トラックとフィールドのほか、室内練習場、トレーニングルーム、会議室なども備えています。また、隣接する敷島公園には、多目的運動広場、テニスコート、野球場などもあり、スポーツ施設が充実しています。 敷島公園陸上競技場は、いわき市のスポーツの中心的な施設として、多くの大会やイベントが開催されています。また、市民の憩いの場としても親しまれており、ジョギングやウォーキングを楽しむ人でにぎわっています。
地名・ロケ地

群馬県高崎市の市内循環バス「ぐるりん」の魅力

「ぐるりん」の運行ルートと時刻表 「ぐるりん」は、高崎市街地を循環する市内循環バスです。高崎駅を起点に、市内中心部、高崎城址、高崎芸術劇場など、市内主要スポットを巡回しています。運行間隔は、平日は15分間隔、土日祝日は10分間隔です。運賃は、大人100円、小児50円です。 「ぐるりん」の運行ルートは、以下の通りです。 -高崎駅→高崎城址→高崎芸術劇場→群馬県立女子大学→高崎東高校→高崎商工会議所→高崎市役所→高崎駅- 「ぐるりん」の時刻表は、以下の通りです。 -平日- * 午前7時00分から午後7時00まで、15分間隔で運行 -土日祝日- * 午前7時00分から午後6時00まで、10分間隔で運行 「ぐるりん」は、高崎市街地を巡るのに便利なバスです。観光やショッピング、ビジネスなど、さまざまな目的でご利用いただけます。
施設名・ロケ地

尾瀬かたしなの魅力

尾瀬かたしなの魅力 尾瀬かたしなとは? 尾瀬かたしなとは、群馬県利根郡片品村にある地域のことです。尾瀬国立公園の一部であり、美しい自然景観で知られています。尾瀬かたしなには、尾瀬ヶ原、尾瀬沼、至仏山など、多くの観光スポットがあります。また、尾瀬かたしなは、温泉地としても知られており、湯の小屋温泉や川上温泉など、多くの温泉施設があります。尾瀬かたしなは、自然を満喫したい人や、温泉でゆっくりしたい人におすすめの場所です。 尾瀬かたしなは、尾瀬国立公園の一部であり、尾瀬ヶ原、尾瀬沼、至仏山など、多くの観光スポットがあります。尾瀬ヶ原は、日本有数の高層湿原であり、夏には多くの花が咲き乱れます。尾瀬沼は、尾瀬ヶ原の中にある湖で、その美しさから「尾瀬の瞳」と呼ばれています。至仏山は、尾瀬かたしなにある標高2,228mの山で、尾瀬ヶ原を一望することができます。 尾瀬かたしなは、温泉地としても知られており、湯の小屋温泉や川上温泉など、多くの温泉施設があります。湯の小屋温泉は、尾瀬ヶ原の入り口にある温泉で、尾瀬ヶ原を散策した後に疲れを癒すことができます。川上温泉は、尾瀬かたしなの奥にある温泉で、静かな雰囲気の中で温泉を楽しむことができます。 尾瀬かたしなは、自然を満喫したい人や、温泉でゆっくりしたい人におすすめの場所です。