能登半島

施設名・ロケ地

能登観光の穴場「りふれっしゅ村 鉢ヶ崎」の魅力

りふれっしゅ村 鉢ヶ崎は、珠洲半島最北端に広がるレジャー施設です。雄大な日本海を見渡すことができる絶景スポットであり、キャンプやコテージ、温泉など、様々なアクティビティが楽しめます。 キャンプ場は、オートキャンプサイトとフリーサイトの2種類があり、どちらも電源付きです。オートキャンプサイトは、車が横付けできるので、荷物の積み下ろしが楽です。フリーサイトは、自由にテントを張ることができますので、グループキャンプやファミリーキャンプにおすすめです。 コテージは、最大10名まで宿泊できるタイプから、2名まで宿泊できるタイプまで、様々な種類があります。すべてのコテージにキッチンやトイレ、お風呂が付いているので、快適に過ごすことができます。 温泉は、露天風呂と内風呂の2種類があります。露天風呂からは、日本海を一望することができ、開放感抜群です。内風呂は、広々としていて、ゆっくりと疲れを癒すことができます。
作品名

魅惑の輪島塗 ~能登半島~

日本を代表する演歌歌手、石川さゆりは、日本各地の美しい風景や文化を歌い上げてきました。その中でも、珠玉の一曲として人々に愛され続けているのが、「能登半島」です。この曲は、石川さゆりの出身地である石川県能登半島の魅力を歌い上げたもので、日本の原風景とも言えるその美しい風景や人情味あふれる人々を、石川さゆりの透き通る歌声が情感豊かに表現しています。 石川さゆりの「能登半島」は、1982年にシングルとしてリリースされ、大ヒットを記録しました。この曲は、第33回NHK紅白歌合戦でも披露され、日本中に能登半島の美しさをアピールしました。この曲は、能登半島の観光ブームにも一役買い、現在でも多くの観光客が能登半島を訪れています。 石川さゆりの「能登半島」は、日本各地の美しい風景や文化を歌い上げてきた石川さゆりの代表曲の一つです。この曲は、能登半島の魅力を余すところなく歌い上げ、多くの人々に愛され続けています。
作品名

石川県の民謡「まだら節」の魅力

「まだら節」の歴史と由来 石川県の民謡「まだら節」は、その軽快なリズムと哀愁あふれるメロディーで親しまれています。その歴史は古く、江戸時代中期にはすでに歌われていたと言われています。もともとは農作業の合間に歌われていた労働歌でしたが、次第に祭りの場で歌われるようになり、やがて県内外に広がりました。 「まだら節」の歌詞は、石川県の自然や風土を歌ったものが多いです。また、恋愛や人生の機微を歌ったものもあり、人々の共感を集めています。特に「♪重なる波は千重の笠、笠は浅間の麓あたり、越すは越されぬ恋の山」という歌詞は、石川県を代表する民謡として広く知られています。 「まだら節」は、石川県の郷土芸能として大切に継承されています。県内各地で「まだら節」のコンクールや発表会が開催されており、多くの人々が参加しています。また、石川県を代表する伝統芸能として、海外でも紹介される機会が増えています。
作品名

ちょんがり節とは?石川県の伝統的な民謡について

ちょんがり節の歴史と起源 ちょんがり節は、石川県の加賀地方に伝わる伝統的な民謡です。その起源は古く、江戸時代初期にまでさかのぼると言われています。当時は、加賀藩の藩主・前田利常が、領民の生活向上を目的として、様々な政策を実施していました。その一つが、農業の奨励でした。利常は、領内の農民に対して、新しい農作物を栽培するよう奨励しました。その結果、加賀地方では、様々な農作物が栽培されるようになりました。 そして、その農作物の一つが、ちょんがり節の名前の由来となった「ちょんがり」です。ちょんがりとは、加賀地方の方言で「小豆」のことを指します。小豆は、加賀地方で盛んに栽培されており、ちょんがり節は、その小豆を題材にした民謡として生まれました。
施設名・ロケ地

うみっこらんど七塚で自然体験と歴史を学ぶ

海と渚の博物館は、うみっこらんど七塚にある博物館で、海の民俗資料を展示しています。海の民俗資料とは、海辺で暮らす人々が生活の中で使用していた道具や漁具、海に関する信仰や伝統、海上交易に関する資料などです。海と渚の博物館では、これらの資料を展示することで、海の暮らしや文化の歴史を学ぶことができます。 博物館には、多くの展示品が収蔵されており、その中には、漁具、網、船具、海に関する民俗資料などが含まれています。また、海上交易に関する資料も展示されており、海の暮らしや文化の歴史を学ぶことができます。 海と渚の博物館は、海の民俗資料を学ぶことができる貴重な場所です。海の暮らしや文化の歴史に興味がある方は、ぜひ一度訪れてみてください。
地名・ロケ地

石川県七尾市唯一のスキー場!「七尾コロサスキー場」の魅力をご紹介!

七尾コロサスキー場の魅力 七尾コロサスキー場は、石川県七尾市にあるスキー場です。七尾市唯一のスキー場で、初心者から上級者まで楽しめるゲレンデを備えています。また、スノーボードパークもあり、フリースタイルスキーやスノーボードを楽しむことができます。七尾コロサスキー場の魅力は、なんといってもそのアクセスの良さです。高速道路のインターチェンジから車でわずか10分の距離にあるので、気軽にスキーやスノーボードを楽しむことができます。ゲレンデは、初心者向けの緩やかなコースから、上級者向けの急なコースまで、様々なコースが用意されています。また、スノーボードパークには、初心者向けのアイテムから、上級者向けのアイテムまで、様々なアイテムが設置されています。七尾コロサスキー場は、子供連れでも楽しめるスキー場です。キッズパークがあり、そりやスノーチュービングで遊ぶことができます。また、託児所も併設されているので、小さな子供を連れた家族でも安心してスキーやスノーボードを楽しむことができます。七尾コロサスキー場は、スキーやスノーボードだけでなく、雪遊びも楽しめるスキー場です。ソリやスノーチュービングで遊んだり、雪だるまを作ったり、雪合戦をしたりすることができます。また、スキー場内には、レストランやお土産店があり、食事や休憩を取ることができます。
モノの名前

「最勝」の魅力と歴史

「最勝とは?」 「最勝」とは、日本の和歌の一種で、31文字で構成される。5・7・5・7・7の音節で構成されており、5音節の部分を「上句」、7音節の部分を「中句」と「下句」と呼ぶ。最勝は、平安時代前期に成立したとされ、平安時代中期には宮廷や貴族の間で流行した。最勝には、和歌の形式としての美しさだけでなく、和歌の題材としての豊かさもあり、恋歌から自然を詠んだものまで、様々な題材が詠まれた。最勝は、平安時代後期には衰退したが、江戸時代には再び流行し、明治時代には、近代短歌の形式として定着した。最勝は、現在でも、和歌の形式として親しまれており、多くの歌人が最勝を詠んでいる。
作品名

驚愕のトラベルミステリー!「のと恋路号」殺意の旅

能登半島とセブ島を舞台にしたトラベルミステリー この物語の舞台は、石川県の能登半島と南国の楽園、フィリピンのセブ島。主人公の女性旅行作家が、能登半島の伝統芸能「のと恋路号」にまつわるミステリーに巻き込まれていく。 能登半島の伝統芸能「のと恋路号」とは、能登半島の伝統的な民謡をベースにした舞台芸能である。この芸能は、能登半島に古くから伝わる恋愛伝説をもとにしており、恋に悩む男女の物語が描かれている。 主人公の女性旅行作家は、「のと恋路号」の取材のために能登半島を訪れる。しかし、取材を進めるうちに、「のと恋路号」をめぐる奇妙な事件に巻き込まれていく。 「のと恋路号」の公演中に、主演の女優が何者かに襲われる事件が発生する。さらに、主人公の女性旅行作家も何者かから命を狙われることになる。事件を追ううちに、主人公は「のと恋路号」にまつわる驚愕の真実を知ることになる。
施設名・ロケ地

「伊夜比め神社」で神聖な火祭り体験を

伊夜比め神社の歴史と祭神 伊夜比め神社は、東京都台東区谷中にある古社で、天照大神の妹神である伊邪那美命を祀っています。伊邪那美命は、日本の神話に登場する女神で、日本列島の創造や死の概念の形成に関わったとされています。 伊夜比め神社の歴史は古く、創建は平安時代初期に遡ると伝えられています。当初は小さな社でしたが、江戸時代には徳川将軍家の崇敬を受け、社殿や境内の整備が進められました。現在では、東京都の有形文化財に指定されている本殿や、国の重要無形民俗文化財に指定されている火祭りなど、多くの貴重な文化遺産を有しています。 伊夜比め神社の火祭り 伊夜比め神社の火祭りは、毎年2月11日に行われる伝統的な神事です。この火祭りは、伊邪那美命が黄泉の国から地上に戻ってきたことを祝うために執り行われるもので、参拝者は火の周りを3回まわって無病息災を祈願します。火祭りの炎は、厄除けや開運のご利益があるとされ、毎年多くの人が参拝に訪れます。 また、伊夜比め神社には、縁結びのご利益があるといわれる「夫婦楠」があります。夫婦楠は、2本の楠の木が根元で絡み合っている珍しい木で、恋愛成就や夫婦円満を願う人々が多く参拝しています。
地名・ロケ地

のと里山海道の魅力と見どころ

のと里山海道の沿岸地域は、歴史と文化が息づく魅力的なエリアです。能登半島は古くから海運の要衝として栄え、多くの文物や文化が伝承されています。また、この地域は、豊かな自然にも恵まれており、四季折々の美しい景観を楽しむことができます。 沿岸地域には、多くの史跡や文化施設があります。なかでも、世界遺産に登録されている「白川郷・五箇山の合掌造り集落」は、必見のスポットです。合掌造りの民家が立ち並ぶ集落は、日本の原風景ともいえる美しい景観です。また、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されている「輪島塗伝統的建造物群保存地区」も、見どころのひとつです。輪島塗の伝統を受け継ぐ職人が今も数多く工房を構えており、輪島塗の工芸品を実際に制作する様子を見学することができます。 さらに、沿岸地域には、数多くの寺社仏閣があります。その中でも、「總持寺祖院」は、曹洞宗の大本山として知られる名刹です。總持寺祖院は、1321年に開山され、長い歴史を持つ古刹です。境内には、国の重要文化財に指定されている「三門」や「大庫裏」などの貴重な建造物が数多く残されています。また、「那谷寺」は、国の特別名勝に指定されている寺院です。那谷寺は、717年に開山され、長い歴史を持つ古刹です。境内には、国の重要文化財に指定されている「本堂」や「三重塔」などの貴重な建造物が数多く残されています。 のと里山海道の沿岸地域は、歴史と文化が息づく魅力的なエリアです。四季折々の美しい景観を楽しみながら、歴史や文化を学ぶことができる、おすすめです。
モノの名前

「つるも」とは?味噌汁や鍋物の食材として食べられる海藻

「つるも」の特徴と生息域 「つるも」は、海藻の一種で、褐藻類に分類されます。色は濃緑色で、葉状の藻体が扇形に広がっています。葉体の縁は波打っており、表面には細かな突起があります。根は岩や貝殻などに付着して生息しています。 「つるも」は、日本全国の沿岸部に分布しており、特に太平洋側の岩礁地帯に多く見られます。水深10mから30mくらいの浅い海に生息しており、潮間帯にも見られることがあります。 「つるも」は、栄養価が高く、カルシウムや鉄分、ビタミンCなどの栄養素を豊富に含んでいます。また、食物繊維も豊富で、腸内環境を整える効果があります。 「つるも」は、味噌汁や鍋物の具材としてよく使用されます。また、佃煮や酢の物にして食べても美味しく、酒の肴としても人気があります。
モノの名前

切り出し七輪の魅力と歴史

-古くから受け継がれる伝統の技- 切り出し七輪は、古くから受け継がれる伝統の技で作られています。その起源は、室町時代初期にまでさかのぼると言われています。当時、京都の七条で七輪が作られており、その七輪が「切り出し七輪」と呼ばれていました。切り出し七輪は、粘土を薄く伸ばして型に押し当て、切り出していくという手法で作られています。この手法は、熟練の職人による手作業で行われ、大量生産ができないため、希少価値の高い七輪となっています。 切り出し七輪の最大の特徴は、その薄さと軽さです。粘土を薄く伸ばして作られているため、一般的な七輪よりもはるかに薄く、軽くなっています。また、切り出し七輪は、炭を燃やしても割れにくいという特徴もあります。これは、粘土を薄く伸ばして作られているため、炭の熱が均等に行き渡り、七輪が割れにくくなっているからです。 切り出し七輪は、その薄さと軽さ、そして炭を燃やしても割れにくいという特徴から、茶道や炭火焼きなど、様々な用途で使用されています。また、切り出し七輪は、その希少価値の高さから、美術品としても珍重されています。
施設名・ロケ地

輪島港の歴史と役割

輪島港の歴史と変遷 輪島港の歴史は古く、平安時代には既に港として利用されていたと伝えられています。中世には輪島が能登国の経済の中心地として栄え、輪島港は北前船の寄港地として大いに賑わいました。江戸時代には加賀藩の直轄港となり、米や木材などの物流拠点としてますます重要性を増していきました。明治時代に入ると、輪島港は近代化が進み、ふ頭や倉庫が整備されました。また、輪島と東京を結ぶ定期航路が開設され、輪島港は全国的な流通拠点としての地位を確立しました。 昭和時代に入ると、輪島港はさらに拡張され、コンテナターミナルや大型船用のバースが整備されました。また、輪島港と能登半島の主要都市を結ぶ道路網が整備され、輪島港は能登半島の経済の中心地としての役割をさらに強めました。平成時代に入ると、輪島港は観光港としての整備が進み、クルーズ船の寄港地として人気を集めるようになりました。また、輪島港周辺にはマリーナやヨットハーバーが整備され、マリンレジャーの拠点としても人気が高まっています。
モノの名前

「のとドン」- 石川県の元気印

のとドンとは? のとドンは、石川県の能登地区をPRするためのキャラクターです。能登の特産品である輪島塗をモチーフにしたデザインで、頭には輪島塗の椀を被り、体は朱色で塗られています。目の部分は片方はウインクしており、片方はぐるぐるとさせており、いつも笑顔を浮かべています。 のとドンは、2004年に開催された「のと里山里海博2004」のマスコットキャラクターとして誕生しました。博覧会終了後も石川県のマスコットキャラクターとして活躍しており、県内のイベントや物産展などに登場しています。また、県外でも活躍しており、東京や大阪などの都市部にも出張しています。 のとドンは、石川県の魅力を全国に発信するために活躍しています。輪島塗の椀を被っていることから、石川県の伝統工芸である輪島塗をPRしています。また、朱色の体は、石川県の特産品である加賀野菜の赤かぶをイメージしています。のとドンは、石川県の元気印として、県内外で活躍しています。
その他

田切唄の魅力と歌い継がれてきた歴史

-田切唄の歴史と起源- 田切唄の歴史は古く、平安時代まで遡ります。平安時代の貴族の間では、田植えの際に唄う「田植え唄」が流行しており、その中でも特に優雅で美しいとされていたのが「田切唄」でした。田切唄は、田植えの作業が終わった後に唄われるもので、五七調のリズムと切ないメロディーが特徴です。田切唄は、貴族の遊びとして唄われていただけでなく、農民の間でも唄われていました。農民にとっては、田植えの作業の終わりを祝うための歌であり、また、豊作を祈願する歌でもありました。 田切唄は、平安時代から鎌倉時代にかけて、日本各地に広がっていきました。鎌倉時代になると、田切唄は「田植節」と呼ばれるようになり、より素朴なメロディーになりました。田植節は、農民の間で広く唄われており、日本の伝統的な民謡の一つとなりました。田切唄は、江戸時代にも唄われていましたが、明治時代になると、西洋音楽の影響を受けて、次第に衰退していきました。しかし、最近では、田切唄を復活させようとする動きがあり、各地で田切唄のコンクールなどが開催されています。
モノの名前

「さんにょもんの塩」で味わう珠洲の伝統と食文化

-珠洲市の誇り「さんにょもんの塩」の魅力- 石川県珠洲市にある「株式会社さんにょもん」は、約1300年前から伝わる伝統的な製法を守りながら、塩づくりを行っている会社です。珠洲市が発祥の地である「さんにょもんの塩」は、海のミネラルを豊富に含んだ天然塩で、そのまろやかな味わいと旨味が高い評価を得ています。 「さんにょもんの塩」最大の特徴はその製造方法にあります。海水を天日によって乾燥させて塩田で結晶化させた後、釜で炊き上げて作られます。この製法によって、海水に含まれるミネラル分が塩の中に凝縮され、まろやかで風味豊かな塩が生まれます。 「さんにょもんの塩」は、にぎり寿司や焼き魚などの魚介類との相性が抜群です。また、そのまろやかな味わいを活かして、天ぷらやお惣菜などの料理にも広く使用されています。珠洲市を訪れた際には、ぜひ「さんにょもんの塩」を購入して、そのならではの味わいを堪能してみてください。
施設名・ロケ地

七尾港の魅力を知る

七尾港の概要 七尾港は、石川県七尾市にある港湾です。日本海に面し、能登半島の付け根に位置しています。古くから交通の要衝として栄え、現在では日本有数の漁港として知られています。 七尾港の規模は、東西約1,500m、南北約1,000mで、面積は約150ヘクタールです。港内には、大型船舶が接岸できる岸壁や、漁船のための係留施設が整備されています。また、七尾港は、日本海側の主要な港湾であるため、全国各地から船舶が寄港しています。 七尾港の主な産業は、漁業です。七尾港では、ブリやサバなどの魚介類が水揚げされており、全国各地に出荷されています。また、七尾港は、観光地としても人気があります。七尾港の周囲には、七尾城跡や能登島などの観光スポットがあり、多くの観光客が訪れています。 七尾港は、石川県の重要な港湾であり、漁業や観光など、さまざまな産業に貢献しています。今後も、七尾港は、石川県の発展に欠かせない存在であり続けるでしょう。
地名・ロケ地

能登半島の西端にある「福浦港」

-福浦港の概要- 福浦港は、石川県輪島市にある港で、能登半島の西端にあります。北緯37度18分、東経137度18分に位置し、日本海の海岸線に沿って細長く伸びています。港の総面積は約10ヘクタールで、水深は約10メートルです。 福浦港は、古くから漁業の拠点として栄えてきました。江戸時代には、北前船の寄港地として知られており、多くの船乗りが行き交う賑やかな港でした。明治時代以降も、漁業と交易の中心地として発展を続け、現在では石川県有数の漁港となっています。 福浦港には、多くの漁船が係留されており、年間の水揚げ量は約1万トンにもなります。主な水揚げ魚種は、ブリ、マグロ、アジ、サバなどです。また、福浦港には魚市場があり、新鮮な魚介類を販売しています。 福浦港は、漁業だけでなく、観光地としても人気があります。港の近くには、美しい砂浜が続いており、海水浴や釣りを楽しむことができます。また、港では定期的にイベントが開催されており、多くの観光客が訪れます。
施設名・ロケ地

穴水港とは?役割や歴史を詳しく解説

-穴水港とは- 穴水港は、石川県鳳珠郡穴水町に位置する地方港湾です。港湾管理者は石川県であり、港湾法上の重要港湾に指定されています。穴水港は、古くから海運の拠点として栄えてきた港であり、江戸時代には北前船の寄港地として重要な役割を果たしました。明治時代以降も、近代化に伴い、港湾施設が整備され、貨物や旅客の輸送拠点として発展しました。現在では、穴水港は、貨物や旅客の輸送だけでなく、観光や漁業などの拠点としても利用されています。 穴水港は、石川県鳳珠郡穴水町に位置する地方港湾です。港湾管理者は石川県であり、港湾法上の重要港湾に指定されています。穴水港は、古くから海運の拠点として栄えてきた港であり、江戸時代には北前船の寄港地として重要な役割を果たしました。明治時代以降も、近代化に伴い、港湾施設が整備され、貨物や旅客の輸送拠点として発展しました。現在では、穴水港は、貨物や旅客の輸送だけでなく、観光や漁業などの拠点としても利用されています。
モノの名前

「能登の塩」の魅力を徹底解説!

能登の塩とは? 能登の塩は、石川県の能登半島で生産される塩です。能登半島は、日本海に面した半島で、古くから塩の生産が盛んな地域です。能登の塩は、海水を天日や釜で煮詰めて作られています。天日で煮詰める方法は、自然の力だけで塩を作る伝統的な方法です。釜で煮詰める方法は、天日よりも早く塩を作ることができる方法です。 能登の塩は、ミネラルを豊富に含んだ塩です。ミネラルは、人体にとって必要な栄養素です。能登の塩には、カルシウム、マグネシウム、カリウムなどのミネラルが豊富に含まれています。これらのミネラルは、骨や歯の健康維持、筋肉の収縮、神経の伝達など、体内のさまざまな機能に関与しています。 能登の塩は、まろやかな味わいの塩です。天日で煮詰める方法は、塩にまろやかな味わいを引き出します。釜で煮詰める方法は、塩にシャープな味わいを引き出します。能登の塩は、さまざまな料理に使用することができます。天ぷらや焼き魚などの和食はもちろん、洋食や中華料理にも使用することができます。
地名・ロケ地

能登半島の海のエメラルド「鉢ヶ崎海水浴場」

日本の渚に秘められた驚異の海水 日本の渚には、エメラルドグリーンに輝く美しい海水が広がっています。この海水は、サンゴ礁や海藻などが生息する豊かな生態系によって作り出されています。また、海水には様々なミネラルが含まれており、健康維持に役立つと言われています。 エメラルドグリーンの海水を作り出すサンゴ礁は、熱帯・亜熱帯の海に生息する動物です。サンゴ礁は、石灰質の骨格を持つ小さな生物が集まって形成されたもので、様々な魚類や貝類が生息しています。サンゴ礁は、海の生態系を支える重要な役割を果たしています。 海藻は、海に生息する藻類の一種です。海藻は、昆布やワカメ、海苔など様々な種類があり、食用や肥料として利用されています。海藻は、海水を浄化し、海の生態系を維持する役割を果たしています。 エメラルドグリーンの海水を作り出すもう一つの要因は、ミネラルです。海水には、カルシウム、マグネシウム、ナトリウム、カリウムなどの様々なミネラルが含まれています。これらのミネラルは、人間の健康維持に役立つと言われています。 エメラルドグリーンの海水は、日本の渚の美しい景観を彩るだけでなく、健康維持にも役立つと言われています。日本の渚を訪れた際には、ぜひエメラルドグリーンの海水を楽しんでみてください。
モノの名前

能登花火の伝統と魅力

能登花火の歴史と起源 能登花火の歴史は古く、江戸時代初期にまでさかのぼります。能登地方は、豊かな森林資源と清流に恵まれた土地であり、花火に必要な材料である火薬や和紙の生産が盛んでした。また、能登は海に面しており、交通の便が良かったため、花火の原料を全国各地から集めることも容易でした。 能登の花火は、初めは祭礼や祝い事の際に打ち上げられるものでしたが、次第に娯楽として人々に親しまれるようになりました。特に、夏になると各地で花火大会が開催され、多くの人々が花火を楽しみました。能登の花火は、その美しさや迫力から、全国的に有名になりました。 明治時代になると、能登花火は海外にも輸出されるようになりました。ヨーロッパやアメリカでは、能登の花火は「日本の花火」として高く評価され、多くの賞を受賞しました。能登の花火は、日本の伝統文化として世界に認められるようになりました。 昭和時代になると、能登花火はさらに進化を遂げました。新しい技術が導入され、花火の演出がより華やかになりました。また、花火大会の規模も拡大し、多くの観客を動員するようになりました。能登の花火は、日本の夏の風物詩として、人々に親しまれています。
モノの名前

珪藻土コンロの魅力とは?

珪藻土コンロの特徴と魅力 珪藻土は、珪藻というプランクトンが堆積してできたもので、非常に多孔質であることが特徴です。この多孔質のおかげで、珪藻土は優れた吸水性と断熱性を備えています。珪藻土コンロは、珪藻土を主原料として作られており、これらの優れた性質を備えています。 珪藻土コンロの魅力は、何といってもその調理性にあります。珪藻土コンロは、熱伝導率が低いため、表面の温度が上昇しにくく、食材が焦げにくいという特徴があります。また、断熱性が高いので、熱を逃がさず、食材をムラなく調理することができます。 さらに、珪藻土コンロは、遠赤外線効果が高いという特徴もあります。遠赤外線は、食材の内部までしっかり熱を通すので、食材をふっくらと美味しく仕上げることができます。 珪藻土コンロは、優れた調理性に加えて、お手入れが簡単という魅力もあります。珪藻土は、吸水性が高いので、汚れをサッと拭き取るだけでお手入れが完了します。また、珪藻土は耐熱性に優れているので、汚れを焼き切ることもできます。 珪藻土コンロは、優れた調理性と簡単なお手入れが魅力のコンロです。健康的な料理を作りたい方や、お手入れが楽なコンロを探している方に最適です。
モノの名前

能登本まぐろについて学ぼう!

能登本まぐろの特徴 能登本まぐろは、その名の通り石川県能登半島沖で獲れる本まぐろの一種です。本まぐろの中でも、脂の乗り方や身の締まり方が特に優れていることから、高級魚として珍重されています。 能登本まぐろの特徴は、まずその脂の乗り方です。本まぐろは元々脂の乗った魚ですが、能登本まぐろは特に脂の乗り方が良く、とろけるような食感を楽しめます。また、身の締まり方も抜群で、歯ごたえのある食感が特徴です。 能登本まぐろのもう一つの特徴は、その色の良さです。本まぐろは一般的に赤身の色が濃いですが、能登本まぐろは特に赤身の色が鮮やかで、見た目にも美しい魚です。この鮮やかな赤身は、能登本まぐろが新鮮な証拠でもあります。 能登本まぐろは、その特徴から刺身や寿司ネタとして人気があります。また、煮付けや焼き物にしてもおいしくいただけます。能登半島の郷土料理である「ぶりしゃぶ」に能登本まぐろを使用すると、まぐろの脂が溶け出し、まろやかな味わいのスープを楽しめます。 能登本まぐろは、そのおいしさから全国各地に出荷されています。しかし、能登本まぐろの漁獲量は年々減少しており、近年では貴重な魚となりつつあります。能登本まぐろを食べる機会があれば、ぜひそのおいしさを堪能してみてはいかがでしょうか。