モノの名前

「ごりょんさん」の知られざる魅力とは?

「ごりょんさん」の歴史と由来 「ごりょんさん」は、奈良県奈良市にある興福寺の中金堂に安置されている仏像です。正式名称は「金剛力士像」で、阿形(あぎょう)と吽形(うんぎょう)の2体が祀られています。阿形は口を開いており、吽形は口を閉じています。 「ごりょんさん」の歴史は古く、奈良時代に作られたと伝えられています。作者は不明ですが、興福寺を建立した藤原不比等(ふじわらのふひと)が、国家鎮護と仏教の興隆を祈願して造らせたと言われています。 「ごりょんさん」は、興福寺の中で最も重要な仏像の一つであり、毎年多くの参拝者が訪れます。仏像の大きさは約3.5メートルで、木造としては日本最大級のものです。また、「ごりょんさん」は、その迫力ある姿から、全国各地に「ごりょんさん」を模した仏像が作られました。
モノの名前

「ンム」ってなに?

「ンム」って何? 「ンム」は、日本語の助詞の一つで、名詞や動詞に付いて、対象が複数であること、あるいは対象を総称することを表す。例えば、「犬が三匹いる」という文では、「犬」に「が」が付いているが、これは犬が複数であることを表している。「犬たち」という言い方もできるが、この場合も「たち」は「犬」が複数であることを表している。「ンム」は、「犬たち」のように、対象を総称する場合にも使うことができる。例えば、「鳥たちが空を飛んでいる」という文では、「鳥」に「たち」が付いているが、これは鳥が複数であることを表している。「鳥たち」という言い方もできるが、この場合も「たち」は「鳥」が複数であることを表している。
モノの名前

「野遊び」を徹底解説

-「野遊び」とはどんな飲み物か- 「野遊び」は、果実を原料としたスピリッツです。その名前のとおり、野生の果実を使ったものが多く、自然な甘みと酸味が特徴です。日本では、梅酒や梨酒など、果実を浸したものを「果実酒」と呼びますが、「野遊び」は、果実を蒸留してアルコール度数を上げたものです。そのため、果実酒よりもアルコール度数は高くなります。また、「野遊び」は、果実を蒸留する際に、果実の皮や種も一緒に蒸留するため、果実の風味が非常に濃厚になります。 「野遊び」の飲み方は、ストレートやロック、ソーダ割りなどが一般的です。また、カクテルのベースとして使われることもあります。「野遊び」は、果実の風味が強いので、どんな飲み方でも美味しくいただけます。 「野遊び」は、日本だけでなく、世界各地で生産されています。その中でも、特に有名なのが、スコッチ「野遊び」です。スコッチ「野遊び」は、スコットランドで生産される「野遊び」で、大麦を原料としています。スコッチ「野遊び」は、その名の通り、スコッチウイスキーのような風味を持っています。 「野遊び」は、果実の風味が豊かなので、食前酒や食後酒としてぴったりです。また、カクテルのベースとしても活躍します。自宅で簡単に楽しむことができるので、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。
モノの名前

千夜一酔の魅力と製造元

千夜一酔とは、香川県小豆島にある「小豆島酒造」が製造する日本酒です。千夜一酔の魅力は、その名の通り、千夜一酔できるほど飲み飽きしない味にあります。飲み口は軽く、フルーティーな香りと甘みが特徴です。また、後味はすっきりとしており、食事にもよく合います。 千夜一酔は、小豆島産の酒米「山田錦」を使用し、伝統的な製法で丁寧に醸造されています。山田錦は、酒造好適米の最高峰とも呼ばれる酒米で、千夜一酔に華やかな香りとキレのある味わいを与えています。また、千夜一酔は、小豆島の名水「寒霞渓の伏流水」で仕込まれています。寒霞渓の伏流水は、清らかでミネラル分を多く含んでおり、千夜一酔にまろやかな口当たりと深いコクを与えています。
モノの名前

愛知県新城市の「八名丸」- 歴史と特徴

愛知県新城市の伝統野菜「八名丸」の歴史 八名丸は、愛知県新城市八名地区で栽培される伝統野菜です。その歴史は古く、江戸時代初期にまでさかのぼります。八名地区は、古くから水が豊富で、野菜作りが盛んな地域でした。この八名地区で、江戸時代初期に栽培が始められたのが、八名丸です。八名丸は、丸みを帯びた形をしたナスで、皮は薄く、中は柔らかく、甘みがあります。八名丸は、八名地区の特産品として親しまれ、地元の食卓に欠かせない野菜となりました。八名丸は、現在でも八名地区で栽培されており、地元の農家の方々が大切に育てています。八名丸は、JA愛知みなみ八名支店や、道の駅「もっくる新城」などで販売されており、地元の方々はもちろん、県外の方々にも人気があります。
モノの名前

「無月」を知る! 宮崎の芋、麦、米焼酎

「無月」の誕生の裏にあるストーリー 「無月」は、宮崎県産の芋、麦、米を原料とした本格焼酎です。この焼酎は、1980年代後半に宮崎県内の酒造メーカーが共同で開発したもので、その背景には、当時宮崎県産の焼酎が全国的にあまり知られていなかったという事情があります。 宮崎県では、江戸時代から焼酎造りが盛んに行われていましたが、そのほとんどは県内消費にとどまり、県外にはあまり出回っていませんでした。そのため、宮崎県産の焼酎は、全国的に知名度が低く、全国的な焼酎ブームが起こった1980年代後半になっても、その恩恵を受けることができませんでした。 そこで、宮崎県内の酒造メーカーは、共同で宮崎県産の焼酎を全国にアピールするため、新しい焼酎の開発に乗り出しました。そして、誕生したのが「無月」です。「無月」は、宮崎県産の芋、麦、米を原料とした本格焼酎で、その名の通り、クセのないすっきりとした飲み口が特徴です。 「無月」は、1989年に発売されて以来、その品質の高さから全国的に人気を集め、現在では宮崎県を代表する銘柄の一つとなっています。また、「無月」の開発は、宮崎県産の焼酎の知名度を向上させることに成功し、全国的な焼酎ブームの波に乗ることができました。
モノの名前

秋田県仙北市の名物「山の芋鍋」を深堀りする

山の芋鍋とは、秋田県仙北市の名物料理です。山の芋をすりおろして鍋に入れたもので、その粘りとコクが特徴の一品です。山の芋は、山で栽培される多年草で、その根の部分が食用となります。山の芋の根は、粘りが強く、栄養価も高く、昔から滋養強壮に良い食べ物として親しまれてきました。 山の芋鍋は、山の芋をすりおろして、鶏肉や豚肉、野菜などの具材と一緒に鍋に入れたものです。鍋のスープは、山の芋の粘りとコクが溶け出して、とても濃厚な味わいとなります。山の芋鍋は、寒い冬にぴったりの料理で、仙北市では、毎年12月から3月にかけて、山の芋鍋を提供する飲食店が増えます。 山の芋鍋は、仙北市だけでなく、秋田県内各地で食べられている料理です。しかし、仙北市の山の芋鍋は、粘りとコクが特に強く、地元の人々にも愛される郷土料理となっています。仙北市を訪れた際には、ぜひ山の芋鍋を味わってみてください。
モノの名前

喜多里の魅力

焼酎「喜多里」とは 鹿児島県加治木町で、南さつま酒造が製造している焼酎。 焼酎の「喜多里」は、米麹と薩摩産のサツマイモを主原料として造られており、芋焼酎独特の濃厚で芳醇な香りと、スッキリとした味わいが特徴である。 「喜多里」という名前は、南さつま酒造がかつて販売していた焼酎「酒麗都(しゅれいと)」を、地元の古老たちの意見を取り入れ、現在の「喜多里」に変更したとされる。 「喜多里」は、様々な飲み方で楽しむことができる焼酎である。 ストレートで飲めば、芋焼酎らしい力強い味わいを、ロックや水割り、ソーダ割りで飲めば、スッキリとした味わいを、お湯割りで飲めば、まろやかな味わいを、それぞれ楽しむことができる。 また、「喜多里」は、料理にもよく合う焼酎である。 焼き鳥や餃子、唐揚げなどの、濃厚な味わいの料理に合わせれば、芋焼酎らしい力強い味わいが、刺身やカルパッチョなどの、あっさりとした味わいの料理に合わせれば、スッキリとした味わいが、それぞれ引き立つ。
モノの名前

本格芋焼酎「蘭」の魅力を徹底解説

-蘭の歴史と由来- 蘭は、1917年に鹿児島県薩摩川内市で創業した本格芋焼酎の銘柄です。創業者である蘭寿光は、もともと味噌や醤油の醸造を生業としていましたが、焼酎造りに魅せられ、本格芋焼酎の製造を開始しました。 蘭という銘柄は、ランの花のように美しく香りの良い焼酎でありたいという思いから名付けられました。蘭は、創業以来、伝統的な製法を守り続けながら、常に品質向上に努めてきました。その結果、蘭は、全国的に知られる銘酒となり、多くの焼酎愛好家に愛されています。 蘭の原料には、鹿児島県産のさつまいも「黄金千貫」と「紫優」を使用しています。黄金千貫は、甘みとコクのあるさつまいもで、紫優は、華やかな香りとキレのある味わいのさつまいもです。蘭は、この2種類のさつまいもをブレンドすることで、バランスのとれた味わいに仕上げています。 蘭の仕込みには、米麹と黒麹を使用しています。米麹は、甘味と旨味を、黒麹は、香りとコクを焼酎に与えます。蘭は、米麹と黒麹のバランスを調整することで、複雑で奥深い味わいに仕上げています。 蘭の蒸留には、減圧蒸留機を使用しています。減圧蒸留機は、低温で蒸留を行うことができるため、焼酎の香りと味を損なうことなく、蒸留することができます。蘭は、減圧蒸留機を使用することで、華やかな香りとまろやかな味わいの焼酎に仕上げています。