茨城県

施設名・ロケ地

ザ・ヒロサワ・シティ会館の魅力

ザ・ヒロサワ・シティ会館とは? ザ・ヒロサワ・シティ会館は、東京都渋谷区にある複合施設です。地上35階、地下3階建ての建物で、オフィス、商業施設、住宅、ホテルなどが入居しています。竣工は2023年で、設計は日建設計、施工は大林組が担当しました。 ザ・ヒロサワ・シティ会館の最大の特徴は、その規模です。敷地面積は約1万2,000平方メートル、延床面積は約14万平方メートルと、渋谷区内でも有数の規模を誇ります。また、建物内には、大小さまざまな会議室やホール、レストラン、カフェ、コンビニエンスストアなど、さまざまな施設が充実しています。 ザ・ヒロサワ・シティ会館は、その立地も魅力的です。渋谷駅からは徒歩約5分、新宿駅や原宿駅からも徒歩圏内と、主要ターミナル駅へのアクセスが良好です。また、周辺には、渋谷ヒカリエや東急百貨店本店など、デパートやショッピングモールが多数あり、買い物や食事を楽しむことができます。 ザ・ヒロサワ・シティ会館は、その規模、施設、立地など、あらゆる面において魅力的な複合施設です。オフィスや商業施設、住宅、ホテルなど、さまざまな用途で利用することができ、ビジネスや生活に便利な施設として人気を集めています。
施設名・ロケ地

日立駅情報交流プラザ(ぷらっとひたち)

ぷらっとひたちとは 日立駅情報交流プラザ(ぷらっとひたち)は、茨城県日立市にある複合施設です。日立駅に隣接しており、日立市に関する情報発信や交流の場として利用されています。 ぷらっとひたちには、観光案内所や物産館、フードコートなどが入居しています。また、多目的ホールや会議室もあり、各種イベントや講演会などに利用されています。ぷらっとひたちは、日立市を訪れる観光客や市民の憩いの場となっています。 ぷらっとひたちは、日立市が整備した施設です。日立市は、2007年に「ぷらっとひたち」の愛称を公募し、市民から寄せられた約3,000件の中から決定しました。ぷらっとひたちは、2008年にオープンしました。 ぷらっとひたちは、日立市を代表する観光スポットのひとつです。日立市を訪れた際には、ぜひぷらっとひたちを訪れてみてください。
モノの名前

茨城県の大子森林物産株式会社が製造する地ビール「やみぞ森林ビール」

やみぞ森林ビールは、茨城県大子町の地元の名水である「里川の水」と、地元産の米やホップを使用して醸造されているのが特徴です。 また、森林の中で育った木々から採れた木炭を使ってろ過することで、雑味がなく、すっきりとした味わいに仕上がっています。 さらに、地元の果物やハーブを使用したフレーバービールも展開しており、幅広いラインナップが魅力です。 森林浴と併せて楽しめるビールとしても人気を集めており、大子町の新たな観光資源として注目されています。
その他

アライッペって知ってる?大洗の地域キャラクター

アライッペってどんなキャラクター? アライッペは、戦車道の聖地としても知られる茨城県大洗町の公式マスコットキャラクターです。2013年に誕生し、以来、町内外で親しまれています。 アライッペの特徴は、その愛らしい見た目と、町民を応援する熱心な姿勢です。大きな目が特徴の顔は、いつも笑顔で、見ている人を癒してくれます。また、常に大洗町の自慢であるアンコウの帽子と、アンコウの着ぐるみを着ており、町の活性化に貢献しています。 アライッペは、大洗町内のイベントによく登場し、町民と交流を深めています。また、町外でも活躍しており、各地のイベントに出演したり、テレビや新聞に取り上げられたりしています。 アライッペは、大洗町を代表するキャラクターとして、町民から愛されています。これからも、アライッペは町民を応援し続け、大洗町の活性化に貢献していくことでしょう。
施設名・ロケ地

「バンクくん」の魅力

「バンクくん」とは 「バンクくん」とは、東日本大震災を受けて2011年に誕生した、金融庁のキャラクターです。金融庁のミッションである「国民の皆様に金融の知識をわかりやすく、正しく伝えること」を目的として生まれました。 「バンクくん」は、金融庁のシンボルマークである「三本の矢」をモチーフにデザインされており、頭には三本の矢の形をした帽子をかぶり、手に三本の矢の形をした杖を持っています。また、緑色の体には、「金融」の「金」の字がデザインされています。 「バンクくん」は、金融庁のホームページやパンフレット、ポスターなどに登場し、金融に関する情報をわかりやすく、楽しく伝えています。また、金融庁が主催するイベントにも参加し、子どもたちと触れ合ったり、金融に関するクイズを出したりするなど、幅広く活躍しています。
地名・ロケ地

「神之池」の魅力と歴史

-神之池の歴史と概要- 神之池は、奈良県天川村にある池で、その名の通り神聖な場所として古くから崇められてきました。神之池の最も古い記録は、720年に編纂された『日本書紀』に遡ります。この書物には、神之池が天武天皇の命によって造られたと記されています。天武天皇は、神之池を「天下第一の霊池」と称し、毎年池に神を祀って雨乞いを行っていたとされています。 神之池は、東西に約1キロメートル、南北に約500メートル、周囲は約2.5キロメートル、面積は約0.5平方キロメートルです。池の平均水深は約10メートルで、最深部は20メートルです。神之池は、周囲を山々に囲まれた盆地状の地形にあり、池の水は天川村を流れる天川から流入しています。神之池は、国の天然記念物に指定されており、その美しい景観は多くの観光客を魅了しています。 神之池は、古くから様々な伝説や言い伝えが残る場所でもあります。その一つが、神之池に棲む龍の伝説です。この伝説によると、神之池には九頭の龍が棲んでおり、その龍が池の水を司り、人々に雨をもたらしていたとされています。また、神之池には、弘法大師が修行を行ったという言い伝えもあります。弘法大師は、神之池で龍と出会い、龍から仏法を授かったとされています。 神之池は、その美しい景観と神秘的な伝説で人々を魅了する場所です。神之池を訪れた人たちは、その神聖な雰囲気に癒され、心が洗われるという体験をすることができます。
地名・ロケ地

大洗海岸 – 明治時代から愛される茨城県を代表する海水浴場

-大洗海岸の歴史- 大洗海岸の歴史は古く、江戸時代にはすでに海水浴場として親しまれていました。明治時代に入ると、鉄道が開通したことでアクセスが良くなり、さらに多くの人が訪れるようになりました。大正時代には、大洗ホテルや大洗マリンタワーが建設され、大洗海岸は一大リゾート地として発展しました。昭和に入ると、海水浴場としての整備が進み、日本有数の海水浴場となりました。現在では、海水浴だけでなく、サーフィンや釣り、磯遊びなど、さまざまなマリンスポーツが楽しめる場所として人気を集めています。 大洗海岸は、長い歴史を持つ海水浴場であるだけでなく、景勝地としても知られています。大洗海岸から眺める太平洋の絶景は、多くの観光客を魅了しています。また、大洗海岸には、数多くの史跡や観光スポットがあります。大洗磯前神社や大洗マリンタワー、アクアワールド・大洗など、見どころ満載です。 大洗海岸は、茨城県を代表する海水浴場であり、観光地です。長い歴史を持つ大洗海岸は、多くの観光客に親しまれており、これからも多くの人々に愛され続けるでしょう。
施設名・ロケ地

藤井川ダムについて知りたい全てのこと

藤井川ダムの歴史と特徴 藤井川ダムは、静岡県牧之原市にある藤井川に建設されたダムである。1961年に着工し、1965年に完成した。重力式コンクリートダムで、高さ41.0 m、長さ144.0 m、総貯水容量2,745万 m3である。 藤井川ダムは、洪水調節、かんがい、上水道、工業用水の供給を目的としている。洪水調節については、藤井川流域の洪水を調節し、下流域の安全を確保している。かんがいについては、藤井川流域の農地に水を供給しており、農業生産の向上に貢献している。上水道については、牧之原市や菊川市などの上水道用水として利用されている。工業用水道については、牧之原市の工業団地への工業用水を供給している。 藤井川ダムは、多目的ダムとして、藤井川流域の治水や利水に重要な役割を果たしている。
地名・ロケ地

生瀬富士の魅力と登山情報

生瀬富士の魅力 生瀬富士は、兵庫県加西市に位置する標高325.9mの山です。その美しい円錐形のフォルムは、多くの登山客やハイカーを魅了しています。また、生瀬富士は山頂からの景色が素晴らしく、加西市街や播磨平野を一望することができます。また、山頂には生瀬富士神社があり、毎年多くの人々が参拝に訪れます。 生瀬富士の魅力は、その美しい円錐形のフォルムです。裾野から山頂まで一直線に伸びるその姿は、富士山を彷彿させます。また、山頂からの景色が素晴らしい点も魅力です。加西市街や播磨平野を一望することができ、遠くには瀬戸内海や淡路島も見ることができます。 さらに、生瀬富士は、初心者にも登りやすい山です。登山道は整備されており、急な登り坂もありません。また、山頂まで1時間30分ほどで登ることができます。そのため、登山初心者やファミリーにもおすすめです。
施設名・ロケ地

自然を満喫できる「日立市かみね公園」の魅力

日立市かみね公園の魅力 日立市かみね公園は、茨城県日立市にある都市公園です。1987年(昭和62年)4月1日に開園しました。公園の総面積は約100ヘクタールで、敷地内には、日立市かみね動物園、日立市科学館、日立市郷土博物館、日立市美術館、日立市陸上競技場、日立市営野球場、日立市中央運動公園などがあります。 日立市かみね公園は、豊かな自然に囲まれた公園で、四季折々の花々が咲き誇ります。春にはソメイヨシノや枝垂れ桜、夏にはアジサイ、秋にはコスモスや彼岸花、冬には椿や蝋梅などが見られます。また、公園内には、多くの野鳥が生息しており、バードウォッチングを楽しむこともできます。 日立市かみね公園は、家族連れやカップルで楽しめる公園です。公園内には、遊具やアスレチック施設、ドッグランなどがあり、子供から大人まで楽しめるアクティビティが充実しています。また、公園内には、レストランやカフェがあり、食事や休憩をとることもできます。 日立市かみね公園は、自然を満喫できる公園で、四季折々の花々や野鳥を眺めることができます。また、家族連れやカップルで楽しめるアクティビティが充実しており、一日中楽しむことができます。
モノの名前

牛久ブルワリービールバウアーの特徴と魅力

牛久ブルワリービールバウアーの歴史と由来 牛久ブルワリービールバウアーは、茨城県牛久市にあるブルワリーです。2018年に設立され、2019年に開業しました。ブルワリーの名称は、ドイツ語で「ビール農家」を意味する「ビールバウアー」に由来しています。牛久ブルワリービールバウアーは、地元の素材を使ったビール造りを目指しており、茨城県産のホップや大麦を積極的に使用しています。また、ブルワリーにはレストランが併設されており、ビールと料理を楽しむことができます。 牛久ブルワリービールバウアーの設立者は、牛久市出身の鈴木健太郎氏です。鈴木氏は、大学卒業後、大手ビールメーカーに就職しました。しかし、鈴木氏は、大手ビールメーカーのビール造りに疑問を抱き、退職して牛久ブルワリービールバウアーを設立しました。鈴木氏は、牛久ブルワリービールバウアーで、地元の素材を使ったビール造りに挑戦しています。 牛久ブルワリービールバウアーのビールは、地元の素材を使ったことで、茨城県の風土を感じさせる味わいが特徴です。また、ブルワリーでは、さまざまな種類のビールを製造しており、その数は常時10種類以上あります。牛久ブルワリービールバウアーのビールは、地元の人々や観光客に人気があり、ブルワリーには多くの人が訪れています。
モノの名前

筑波落花生について知ろう!

筑波落花生とは? 筑波落花生は、茨城県つくば市を主産地とする落花生の一種です。筑波落花生は、粒が大きく、甘みが強く、歯ごたえのある食感が特徴です。筑波落花生は、そのまま食べるのはもちろん、煮物や炒め物、お菓子の材料など、様々な料理に使用することができます。 筑波落花生は、江戸時代初期につくば市に伝わったとされています。つくば市は、温暖な気候と水はけの良い土壌が落花生栽培に適しており、筑波落花生はつくば市の特産品として発展しました。筑波落花生は、昭和30年代に最盛期を迎え、全国各地に出荷されていました。しかし、その後、輸入落花生が増加したことで、筑波落花生の生産量は減少しました。 現在、筑波落花生は、つくば市を中心に生産されています。筑波落花生は、地元のスーパーや道の駅などで販売されています。また、筑波落花生を使用したお菓子や加工品も販売されており、お土産として人気があります。
モノの名前

「大穂のほうき」郷土工芸品を学ぶ

「大穂のほうき」とは、福井県大飯郡高浜町の特産品であり、郷土工芸品の一つです。その歴史は古く、江戸時代初期にさかのぼると言われています。当時、高浜町は若狭湾に面した湊町として栄えており、全国各地から船が寄港していました。その際に、船乗りたちが「大穂のほうき」を土産として持ち帰ったのが、その広まりの始まりとされています。 「大穂のほうき」の特徴は、その大きさと丈夫さです。一般的なほうきよりも一回り大きく、穂先は馬の毛やイグサ、ヤシの繊維などで作られているため、耐久性に優れています。また、柄の部分は竹や木で作られており、軽くて丈夫です。そのため、外での掃き掃除や庭の掃除など、普段使いに適しています。 「大穂のほうき」は、現在でも高浜町の特産品として生産され続けています。地元の職人たちが一つ一つ丁寧に手作りしており、その品質は全国的にも高く評価されています。また、最近では、「大穂のほうき」を使ったほうき作り体験教室や、ほうきを使った掃除講座など、その魅力を伝えるイベントも開催されています。
モノの名前

「白菊」の魅力と味わい

「白菊」の歴史と伝統 「白菊」は、兵庫県の灘五郷にある菊正宗酒造が製造する日本酒です。菊正宗酒造は、1659年に創業した老舗の酒蔵で、長い歴史の中で受け継がれてきた伝統的な製法で「白菊」を醸造しています。 「白菊」は、灘五郷の酒蔵の中で最初に吟醸酒を製造した蔵元として知られています。吟醸酒とは、原料米を精米歩合60%以下まで磨き上げて丁寧に醸造した日本酒のことです。「白菊」の吟醸酒は、華やかな香りとまろやかな味わいで、全国の日本酒ファンに愛されています。 また、「白菊」は、大吟醸酒を製造した蔵元としても知られています。大吟醸酒とは、原料米を精米歩合50%以下まで磨き上げて丁寧に醸造した日本酒のことです。「白菊」の大吟醸酒は、芳醇な香りと深い味わいで、日本酒の最高峰と称されています。 このように、「白菊」は、長い歴史の中で受け継がれてきた伝統的な製法で醸造された日本酒です。華やかな香りとまろやかな味わいは、全国の日本酒ファンに愛されています。
地名・ロケ地

「結城藩」の歴史と藩主について

-松平結城藩と水野結城藩- 結城藩は、江戸時代に関東地方に存在した藩であり、結城市を藩庁とした。藩主は、松平氏と水野氏によって交代で務められた。 松平結城藩は、初代藩主である松平忠直が1601年に徳川家康から結城を与えられたことに始まる。その後、松平氏は1632年まで結城を領有し、水野氏が1632年から1645年まで領有した。 水野結城藩は、初代藩主である水野忠精が1632年に結城を与えられたことに始まる。その後、水野氏は1645年まで結城を領有し、松平氏が1645年から1681年まで領有した。 松平結城藩は、初代藩主である松平忠倶が1645年に結城を与えられたことに始まる。その後、松平氏は1681年まで結城を領有し、水野氏が1681年から1711年まで領有した。 水野結城藩は、初代藩主である水野忠盈が1681年に結城を与えられたことに始まる。その後、水野氏は1711年まで結城を領有し、松平氏が1711年から1871年まで領有した。 松平結城藩は、最後の藩主である松平頼英が1868年に明治維新を迎え、廃藩置県となった。
モノの名前

いばらき地養豚の美味しい食べ方

いばらき地養豚の特徴 いばらき地養豚は、茨城県内で生産されている養豚で、その特徴は、肉質が柔らかく、旨味があることです。これは、茨城県の気候風土と、生産者の丁寧な飼育方法によるものです。茨城県は、四季がはっきりしており、夏は暑く、冬は寒いという気候です。この気候は、養豚に適しており、養豚の肉質が良くなります。また、茨城県の生産者は、養豚に愛情を持って飼育しており、餌や飼育環境に気を配っています。この丁寧な飼育方法により、養豚の肉質がさらに良くなります。
施設名・ロケ地

JX-ENEOSサンフラワーズの魅力

JX-ENEOSサンフラワーズは、日本の女子バスケットボールチームである。東京都文京区に本拠地を置き、Wリーグに所属している。チームの運営は株式会社JXエネルギーが担当しており、2021年現在、JXサンフラワーズ株式会社がチームの運営を行っている。チームカラーはオレンジとブラックで、ホームゲームの開催地は代々木第二体育館である。 JX-ENEOSサンフラワーズは、1954年に「日本石油女子バスケットボール部」として創部された。1966年には「新日本石油女子バスケットボール部」に改称。1971年に「日本石油サンフラワーズ」に改称し、1978年に「JXサンフラワーズ」となった。2013年に「JX-ENEOSサンフラワーズ」に改称した。 JX-ENEOSサンフラワーズは、日本女子バスケットボールリーグ(Wリーグ)において、1991年、1992年、1993年の3連覇を含む、21回の優勝を誇る。また、オールジャパン・バスケットボール選手権大会においても、2003年、2010年、2012年、2014年の4回の優勝を誇る。 JX-ENEOSサンフラワーズは、日本女子バスケットボール界において、最も成功したチームの一つである。チームには、日本代表選手が多数所属しており、オリンピックやワールドカップなどの国際大会にも出場している。2020年の東京オリンピックでは、チームから3選手が出場した。 JX-ENEOSサンフラワーズは、日本女子バスケットボール界を代表するチームであり、今後も多くのファンに感動を届けてくれるだろう。
施設名・ロケ地

イーグルポイントゴルフクラブで女子プロゴルフ大会開催!

-イーグルポイントゴルフクラブの魅力- イーグルポイントゴルフクラブは、美しい自然に囲まれた丘陵コースです。全長6,800ヤード、パー72のコースは、戦略的に配置されたバンカーとウォーターハザードが特徴で、ゴルファーにチャレンジングなラウンドを提供します。また、クラブハウスは、ゆったりとした雰囲気で、地元の食材を使用した料理を楽しむことができます。 イーグルポイントゴルフクラブは、2011年にオープンし、それ以来、ゴルファーに人気のゴルフ場となっています。2015年には、女子プロゴルフ大会である「イーグルポイントレディスオープン」が開催され、多くのギャラリーが集まりました。この大会は、毎年開催されており、今やイーグルポイントゴルフクラブの夏の風物詩となっています。 イーグルポイントゴルフクラブは、ゴルファーにとって魅力的なゴルフ場です。美しい自然の中で、戦略的なゴルフコースをラウンドすることができるだけでなく、地元の食材を使用した料理を楽しむことができます。また、女子プロゴルフ大会が開催されるなど、イベントも充実しています。
モノの名前

雪村うちわの魅力と伝統を守る職人たち

「雪村うちわの歴史と起源」 雪村うちわは、新潟県魚沼市で作られている伝統的なうちわです。その歴史は古く、江戸時代初期にまでさかのぼります。雪村うちわの起源には、いくつかの説があります。 その一つは、雪村うちわの創始者である雪村という人物が、中国から製法を伝授されたという説です。雪村は、その製法を元に、魚沼市の気候や風土に合わせて改良を加え、雪村うちわを完成させたとされています。 もう一つの説は、雪村うちわは、魚沼市に自生する「雪村竹」という竹を使って作られたことから、その名がついたという説です。雪村竹は、細くて丈夫な竹で、うちわの材料として最適です。雪村うちわは、この雪村竹を使って作られるため、軽く、丈夫で、使い心地が良いのが特徴です。 雪村うちわは、夏場の暑い時期に重宝される道具です。また、雪村うちわの涼しげなデザインは、インテリアとしても人気が高く、贈答品としても喜ばれています。雪村うちわは、魚沼市の伝統工芸品として、現在も大切に受け継がれています。
モノの名前

副将軍とは?茨城の名酒の魅力に迫る

副将軍の歴史と由来 副将軍とは、江戸幕府において将軍を補佐し、政権を担う重臣のことです。江戸幕府を開いた徳川家康が、将軍職を嫡男の秀忠に譲った後、家康自らが大御所という立場に就き、政権を掌握しました。これが、副将軍の始まりです。 その後、徳川幕府では、将軍職と大御所の地位が交互に継承され、副将軍は将軍を補佐する重要な役割を果たしました。副将軍は、通常、将軍の弟や叔父など、将軍家の血縁者から任命されました。 副将軍の主な役割は、将軍の諮問に応じ、政務を執行することでした。また、副将軍は、将軍の代理として諸大名を統制し、幕府の権威を維持する役割も担っていました。 副将軍の地位は、江戸幕府の権力基盤を支える重要なものでしたが、次第に将軍の権力が強まると、副将軍の権限は縮小していきました。そして、1868年の戊辰戦争で江戸幕府が倒れると、副将軍の地位も廃止されました。
施設名・ロケ地

「イオンモール水戸内原」の魅力とアクセス方法

イオンモール水戸内原は茨城県水戸市にあるショッピングモールです。2000年に開業し、現在は約200店舗が入居しています。ファッション、雑貨、飲食店など幅広いジャンルの店舗が揃い、家族連れや若者に人気があります。 イオンモール水戸内原の大きな特徴は、その規模の大きさです。総敷地面積は約10万平方メートル、店舗面積は約6万平方メートルと、茨城県内最大級のショッピングモールです。そのため、1日中いても飽きることがありません。 また、イオンモール水戸内原は交通アクセスが良好です。水戸駅から車で約15分、北関東自動車道水戸南インターチェンジから車で約5分と、どちらからもアクセスしやすい場所にあります。駐車場は約3,000台完備されているので、車での来客も安心です。 このように、イオンモール水戸内原は規模の大きさ、店舗の充実度、交通アクセスの良さなど、魅力がたくさんあります。茨城県を訪れた際には、ぜひ足を運んでみてください。
地名・ロケ地

伊師浜海岸の魅力

砂浜や松林の美しい景観 伊師浜海岸の魅力の一つは、その美しい景観です。白い砂浜が続く海岸線と、その背後に連なる松林が織りなす景色は、見る者を魅了します。特に、夕暮れ時になると、夕日が海と松林をオレンジ色に染め上げ、幻想的な光景を作り出します。また、伊師浜海岸には、国の天然記念物にも指定されている「伊師浜松原」があります。伊師浜松原は、約1kmにわたって続く松林で、その美しさは「日本一美しい松原」と称されています。伊師浜海岸の砂浜は、サラサラとした感触で、裸足で歩くと気持ちよく、海水浴や磯遊びを楽しむのに最適です。また、松林は、木陰になっていて、暑い日でも涼しく過ごすことができます。伊師浜海岸は、美しい景観と自然を満喫できる、おすすめの観光スポットです。
施設名・ロケ地

歴史の息吹を感じさせる「中崎家住宅」の魅力

中崎家住宅は、300年以上の歴史を誇る伝統的な日本建築です。江戸時代初期に建てられたこの住宅は、築100年の町屋造りの典型的な例であり、国の重要文化財に指定されています。 中崎家住宅の最大の特徴は、その構造にあります。建物は木造で、屋根は茅葺きです。茅葺き屋根は、自然素材であり、断熱性に優れています。また、茅葺き屋根は、火災に強いという利点もあります。 中崎家住宅の内部は、土間と板の間、和室で構成されています。土間は、土を固めた床であり、農具や収穫物などを置く場所として使われていました。板の間は、木製の床であり、客間や居間として使われていました。和室は、畳敷きの床であり、寝室や子供部屋として使われていました。 中崎家住宅は、300年以上の歴史の中で、幾度となく改築されてきました。しかし、改築されてもなお、江戸時代初期の建築様式を残しています。中崎家住宅は、日本の伝統的な建築様式を知る上で、貴重な存在です。
モノの名前

ひたち欅細工の魅力

ひたち欅細工の魅力 伝統を受け継ぐ職人技 ひたち欅細工は、茨城県北茨城市に伝わる伝統工芸です。江戸時代から続くこの工芸は、欅の木目を生かした繊細な彫刻が特徴です。ひたち欅細工の職人は、欅の木目が最も美しく見えるように、木目の方向を考えながら彫刻を施します。また、欅の堅い木質を生かして、細かな細工を施すことができるのも、ひたち欅細工の特徴です。 ひたち欅細工の職人は、伝統を受け継ぐために、日々の修業を欠かしません。伝統的な技法を学びながら、新しい技法も取り入れて、ひたち欅細工の新たな魅力を創造しています。ひたち欅細工の職人は、自分の作品に誇りを持ち、ひたち欅細工の伝統を後世に伝えようと努力しています。 ひたち欅細工は、その美しさから、国内外で高く評価されています。国内では、皇室や政府機関、企業などに納品されています。また、海外では、ヨーロッパやアメリカを中心に、ひたち欅細工の愛好者が増えています。ひたち欅細工は、日本の伝統文化を世界に発信する工芸品として、今後も注目され続けるでしょう。