茴香

モノの名前

沖縄方言「ウィーチョーバー」の魅力

ウィーチョーバーとは? 「ウィーチョーバー」は沖縄方言で「酔っ払い」を意味する言葉です。沖縄では古くから泡盛が飲まれており、「ウィーチョーバー」も泡盛を飲んだ状態を指すことが多くあります。 「ウィーチョーバー」という言葉の由来は諸説ありますが、一説によると「ウィー」は泡盛、「チョーバー」は酔うことを意味する「チョービン」が変化したものであると言われています。このほかにも、「ウィー」は「泡」や「酒」、「チョーバー」は「歩き方」や「歩き回る」など、さまざまな説があります。 「ウィーチョーバー」は沖縄の人々の間では親しみを込めて使われることが多く、酔っ払っている人を見ても「ウィーチョーバーだなあ」と笑って受け流すことが多いです。また、沖縄の民謡や歌謡曲にも「ウィーチョーバー」が登場することが多く、沖縄の人々にとって身近な存在です。
モノの名前

「イーチョーバー」の魅力を探る

沖縄県の伝統野菜「イーチョーバー」について イーチョーバーは、沖縄県で古くから栽培されている伝統野菜です。別名「マコモダケ」とも呼ばれ、イネ科の多年草です。茎は太くて長く、節ごとに葉鞘があり、葉は細長く尖っています。花穂は茎の先端につきます。 イーチョーバーは、沖縄本島や宮古島、石垣島など、沖縄県全域で栽培されています。主に、水田や湿地帯で栽培されており、沖縄の伝統的な食文化に欠かせない野菜です。 イーチョーバーは、独特の風味が特徴です。茎はシャキシャキとした歯ごたえがあり、葉は柔らかく、甘みがあります。沖縄では、イーチョーバーを炒め物や煮物、汁物にして食べることが多く、また、天ぷらや漬物にして食べることもあります。 イーチョーバーは、栄養価も高く、ビタミンCやカルシウム、鉄分などが豊富に含まれています。また、食物繊維も多く含まれており、整腸作用やダイエット効果が期待できます。 イーチョーバーは、沖縄の伝統野菜として、沖縄の食文化に欠かせない野菜です。沖縄を訪れた際には、ぜひイーチョーバーを味わってみてください。