蒼ざめた馬

作品名

「蒼ざめた馬」の考察と解説

「蒼ざめた馬」のあらすじと背景 「蒼ざめた馬」は、アガサ・クリスティが1961年に発表した推理小説です。この物語の舞台はイギリスの田舎町、キングスマークハムです。主人公は、この町に引っ越してきたばかりの女性、マーク・アクロイド。彼女は、町で起こる不可解な連続殺人事件に巻き込まれていきます。 第一の被害者は、町の名士であるセス・グールド氏。彼は、自宅で何者かに殺害されました。第二の被害者は、グールド氏の姪であるフローラ・アボット。彼女は、グールド氏の邸宅で毒殺されました。第三の被害者は、アボット氏の友人であるロジャー・ダブスン。彼は、自宅で絞殺されました。 マークは、この連続殺人事件の捜査に協力することになります。彼女は、被害者たちの共通点を探し、犯人を特定しようとしていきます。マークは、調査を進めるうちに、町には多くの秘密が隠されていることに気づきます。そして、犯人の正体も明らかになっていきます。 「蒼ざめた馬」は、アガサ・クリスティの代表作の一つであり、彼女の緻密なトリックと巧みなストーリーテリングが光る作品です。この物語は、読者を最後まで飽きさせず、犯人が明らかになったときには衝撃を受けることでしょう。