西日暮里

地名・ロケ地

「花見坂」の魅力を徹底解説

「花見坂」の歴史と由来 花見坂は、古くから続く桜の名所で、平安時代から花見の名所として知られていました。平安貴族は、花見坂で花見をすることを楽しみにしており、花見坂は貴族の社交場としての役割も果たしていました。平安時代後期には、花見坂に茶屋が建ち始め、花見客でにぎわうようになりました。 室町時代になると、花見坂はさらに人気が高まり、多くの花見客が訪れるようになりました。この頃、花見坂には多くの桜が植えられ、花見坂は桜のトンネルのようになりました。戦国時代になると、花見坂は戦乱の影響で荒廃してしまいましたが、江戸時代になると、花見坂は再び人気が高まり、多くの花見客が訪れるようになりました。 江戸時代後期には、花見坂で桜の花を売る商人が現れ、花見客でにぎわうようになりました。また、この頃、花見坂には多くの文化人が訪れるようになり、花見坂は文化人の社交場としての役割も果たしました。明治時代になると、花見坂は公園として整備され、花見客でにぎわうようになりました。 大正時代には、花見坂に桜のライトアップが行われるようになり、花見客でにぎわうようになりました。昭和時代には、花見坂に桜のトンネルが作られ、花見客でにぎわうようになりました。平成時代になると、花見坂は桜の名所としてさらに人気が高まり、多くの花見客が訪れるようになりました。
地名・ロケ地

「妙隆寺坂」の歴史と魅力

妙隆寺坂の歴史 妙隆寺坂は、京都市東山区にある坂道で、東大路通から妙隆寺にかけて約200メートルあります。妙隆寺坂は、江戸時代初期に開かれた坂道で、妙隆寺の裏門に通じることから、その名が付けられました。妙隆寺坂は、京都の坂道の中でも、比較的勾配が急な坂道として知られており、歩く際には、注意が必要です。坂道には、石畳が敷かれており、落ち着いた雰囲気を醸し出しています。また、妙隆寺坂には、多くの花々が植えられており、春には桜、初夏には紫陽花、秋には紅葉を楽しむことができます。妙隆寺坂は、京都の街並みを一望できるスポットとしても知られており、観光客にも人気の場所です。
地名・ロケ地

御殿坂の歴史と由来

-御殿坂の立地と景観- 御殿坂は、東京都文京区にある坂道である。本郷通りから小石川植物園の正門に至る約200メートルの坂道で、文京区立御殿坂小学校の東側にある。 御殿坂は、周辺が小石川植物園と東京大学本郷キャンパスに囲まれているため、緑豊かな環境にある。また、坂の上からは、小石川植物園や東京ドーム、スカイツリーなどの景色を見ることができる。 御殿坂は、江戸時代には加賀藩前田家の下屋敷があったことから、「加賀坂」と呼ばれていた。明治時代に入って、御殿坂に改称された。 御殿坂は、東京都選定歴史的建造物に選定されており、国の史跡にも登録されている。また、御殿坂周辺は、文京区の景観地区に指定されている。
地名・ロケ地

御殿坂の歴史と魅力

-御殿坂の由来- 御殿坂の由来は、江戸時代にさかのぼります。当時は、この坂の周辺に大名や旗本の屋敷が軒を連ねており、参勤交代の際に大名行列が通ったことから「御殿坂」と呼ばれるようになりました。坂の起点には「御殿坂下」という交差点があり、終点には「御殿坂上」という交差点があります。坂の途中には、徳川綱吉の側室であり、霊元天皇の生母であった桂昌院の屋敷があったとされており、その跡地には現在、ホテルニューオータニが建っています。また、坂の途中には、文京区立御殿坂小学校があり、この学校は、明治6年に創立された歴史ある小学校です。
地名・ロケ地

御殿坂の魅力を探る

-御殿坂の歴史と由来- 御殿坂の歴史は古く、江戸時代まで遡ります。当時は、徳川将軍家の御殿である江戸城が現在の日比谷公園一帯に位置していました。この御殿への参勤交代のために、多くの諸大名が江戸城へと向かいました。その際に、諸大名は坂を上り下りしており、その坂の名が御殿坂となったと言われています。 また、御殿坂の由来には、この坂が皇居(旧江戸城)の御殿に続く坂であることから、名付けられたという説もあります。御殿坂は、江戸時代には単なる坂道でしたが、明治以降に東京の街が急速に発展したことにより、多くの商店や住宅が立ち並ぶようになりました。また、御殿坂には数多くの寺社仏閣があり、東京を代表する観光スポットのひとつとなっています。 御殿坂で最も有名な寺社仏閣のひとつが、増上寺です。増上寺は、徳川将軍家の菩提寺であり、広大な敷地に多くの伽藍を有しています。また、御殿坂には、芝東照宮や、日枝神社など、数多くの神社もあります。これらの神社仏閣は、江戸時代から現在に至るまで、多くの人々の信仰を集めています。 御殿坂は、江戸時代から現在に至るまで、東京の歴史と文化を色濃く残す街です。坂道には、歴史を感じさせる風情があり、また、数多くの寺社仏閣が立ち並ぶことから、東京屈指の観光スポットとなっています。
地名・ロケ地

道灌山通りの魅力

道灌山通りの歴史 道灌山通りは、東京都世田谷区の三軒茶屋駅から上北沢駅までを結ぶ約3キロメートルの通りです。この通りは、1929年に開通したもので、当時は「道灌山電気鉄道」という路面電車が走っていました。この路面電車は、1966年に廃止されましたが、その跡地は現在でも「道灌山緑道」として残されています。 道灌山通りは、開通当時は住宅街の中を走る静かな通りでしたが、1960年代以降、三軒茶屋や上北沢に多くのアパートやマンションが建設されたことで、次第に人通りが多くなってきました。1980年代に入ると、道灌山通り沿いには、おしゃれなカフェやレストラン、セレクトショップなどが次々とオープンするようになり、現在では「三軒茶屋と上北沢をつなぐおしゃれな通り」として知られています。 道灌山通りには、歴史的なスポットも数多くあります。その代表格が、道灌山にある浄真寺です。このお寺は、1394年に太田道灌によって開山されたもので、境内には道灌の墓所があります。また、道灌山通り沿いには、旧三井家下屋敷跡や旧朝倉家下屋敷跡などの史跡も残されています。 道灌山通りは、おしゃれな通りと歴史的なスポットが融合した魅力的な通りです。三軒茶屋や上北沢を訪れた際には、ぜひ一度歩いてみてはいかがでしょうか。