観光

施設名・ロケ地

「会津柳津」を調べてみた!

-会津柳津ってどんなところ?- 会津柳津は、福島県の南西部に位置する町です。豊かな自然に恵まれ、会津藩の庇護のもと発展した宿場町として栄えました。現在は、観光地として知られており、多くの観光客が訪れます。 会津柳津の最大の観光スポットは、柳津温泉です。柳津温泉は、約1,000年の歴史を持つ温泉で、その効能は広く知られています。温泉街には、多くの旅館やホテルが立ち並び、観光客でにぎわっています。 また、会津柳津には、多くの史跡や観光スポットがあります。会津松平家ゆかりの鶴ヶ城や、戊辰戦争の激戦地となった飯盛山などが有名です。また、会津柳津には、多くの伝統芸能が伝承されており、毎年、多くの観光客が訪れます。 会津柳津は、豊かな自然と歴史に恵まれた町です。観光スポットも多く、多くの観光客が訪れます。ぜひ一度、訪れてみてはいかがでしょうか。
モノの名前

どんこ舟とは?柳川川下りの魅力を解説!

-そもそもどんこ舟ってどんな船?- どんこ舟とは、柳川川下りの観光船のこと。平底で船底が丸みを帯びた独特の形状をしており、その形が「どんこ」と呼ばれる魚に似ていることからこの名前がつきました。どんこ舟は、江戸時代初期に物資を運ぶために使われていた船を原型としており、現在では観光用に改良されて運行されています。 どんこ舟は、船頭が櫓を使って操縦し、川の流れに沿って下っていきます。船頭は、柳川の観光スポットや歴史について解説してくれるので、川下りをしながら柳川の魅力を学ぶことができます。どんこ舟の船頭は、全員が地元の柳川出身で、柳川の歴史や文化に精通したベテラン揃い。観光客に柳川の魅力を余すことなく伝えることができるよう、日々努力しています。
施設名・ロケ地

「くみはまSANKAIKAN」で丹後半島の魅力を満喫!

「くみはまSANKAIKAN」は、京都府北部、丹後半島の中心に位置する、文化と芸術の発信地です。2002年に開館したこの施設は、丹後半島の豊かな自然と歴史、文化を展示しています。 「くみはまSANKAIKAN」は、3つのゾーンに分かれています。1つ目は「丹後半島ゾーン」で、丹後半島の自然や歴史、文化について展示しています。2つ目は「京丹後アートゾーン」で、丹後半島の芸術家の作品を展示しています。3つ目は「企画展示ゾーン」で、さまざまな企画展を開催しています。 「くみはまSANKAIKAN」は、丹後半島の魅力を満喫できるおすすめのスポットです。丹後半島を訪れた際は、ぜひ足を運んでみてください。
施設名・ロケ地

「あじさい」の魅力と楽しみ方

運河を巡る水上の旅 あじさいの季節になると、あじさいの名所として知られる鎌倉にも、多くの人が訪れます。鎌倉には、歴史的な町並みや、古刹が数多く残されており、あじさいの花と合わせて、その風情をを楽しむことができます。 また、鎌倉には、鶴岡八幡宮や、円覚寺、建長寺など、多くの寺社仏閣が点在しています。これらの寺社仏閣を訪れたり、歴史的な町並みを散策したりするのもおすすめです。 あじさいの名所である鎌倉を巡るなら、ぜひとも訪れてみたいのが、鎌倉運河です。鎌倉運河は、鎌倉駅から徒歩10分ほどの場所にある運河で、緑豊かな木々に囲まれた、美しい運河です。鎌倉運河の両岸には、あじさいが植えられており、あじさいの季節になると、一面にあじさいの花が咲き誇り、その景色は圧巻です。 鎌倉運河を巡るには、遊覧船を利用するのがおすすめです。遊覧船は、鎌倉駅から徒歩5分ほどの場所にある、鎌倉港から発着しています。遊覧船の所要時間は、約30分です。遊覧船から眺める鎌倉運河の景色は、とても美しく、鎌倉の街並みや、あじさいの花を、一望することができます。 あじさいの名所である鎌倉を巡るなら、ぜひとも訪れてみたいのが、鎌倉運河です。鎌倉運河を巡る遊覧船を利用すれば、鎌倉の街並みや、あじさいの花を、一望することができます。
地名・ロケ地

「さんない」について〜秋田県横手市にある道の駅〜

さんないについて 「さんない」は、秋田県横手市にある道の駅です。国道13号沿いに位置し、横手市中心部から北へ8キロメートルのところにあります。さんないは、横手市の特産品である横手やきそばやお土産品などを販売する売店や、レストラン、休憩所などがあります。また、さんないには、約1.3ヘクタールの広さの敷地に、四季折々の花が咲く公園や、アスレチック遊具を設置した遊び場などがあり、家族連れで楽しめるスポットとしても人気があります。 さんないは、2000年4月にオープンした道の駅です。当初は、横手やきそばやお土産品などを販売する売店とレストラン、休憩所のみでしたが、その後、公園やアスレチック遊具を設置するなど、敷地を整備してきました。また、2019年には、売店をリニューアルし、地元の野菜や果物、加工品などを販売するコーナーを設置しました。 さんないは、横手市の特産品である横手やきそばや、横手市産の農産物を使った料理を味わえるレストランが人気です。また、売店には、横手やきそばの麺やソース、横手市の特産品である横手納豆や角館樺細工などのお土産品が数多く販売されています。 公園は、季節の花が咲き乱れる美しい場所ですが、ここでは、地元の人たちが練習する太鼓の音が響き渡り、地域の文化に触れることができます。アスレチック遊具のエリアには、子供たちが楽しめるすべり台やブランコ、ジャングルジムなどの人気遊具があります。また、公園内には、休憩所やトイレなども設置されています。 さんないは、横手市の特産品やお土産品を販売する売店や、レストラン、公園、アスレチック遊具などがあり、家族連れで楽しめるスポットとして人気です。
施設名・ロケ地

旧佐々木家住宅の歴史と魅力

-旧佐々木家住宅とは- 旧佐々木家住宅は、石川県金沢市野町にある重要文化財に指定されている武家屋敷です。江戸時代初期に建てられたとされ、加賀藩の武士である佐々木氏の住宅として使用されていました。佐々木氏は、加賀藩の重臣として活躍した一家であり、旧佐々木家住宅は佐々木氏の栄華を物語る貴重な史跡となっています。 旧佐々木家住宅は、木造平屋建て、入母屋造りの住宅です。敷地は南北に長く、北側に表門、南側に裏門が設けられています。正面玄関を入ると、土間があり、その奥に広間があります。広間は、18畳の広さがあり、床の間や違い棚が設けられています。広間の南側には、8畳の座敷があり、座敷の隣には、6畳の茶室があります。茶室は、数寄屋造りの茶室で、躙口や火灯口などが設けられています。 旧佐々木家住宅は、加賀藩の武家屋敷の典型的な形式を備えており、江戸時代の武家生活を知る上で貴重な史料となっています。また、旧佐々木家住宅は、金沢市の観光スポットとしても人気があり、多くの観光客が訪れます。
施設名・ロケ地

新潟「山口家住宅」の歴史と魅力

山口家住宅とは、新潟県長岡市にある歴史的建造物であり、国の重要文化財に指定されています。江戸時代後期の豪商、山口家の住居として建てられたもので、その規模や造りは新潟県の民家建築としては最大級とも言われています。主屋は木造2階建て、入母屋造り、妻入りの伝統的な日本建築です。内部は、座敷、居間、台所など、生活の様々な場面を再現した展示室となっており、国の重要文化財に指定されている調度品なども数多く収蔵されています。また、山口家住宅の庭園は、池泉回遊式庭園であり、四季折々の花や木々を楽しむことができるようになっています。山口家住宅は、新潟県長岡市の歴史と文化を伝える貴重な財産であり、多くの人々が訪れる観光スポットとなっています。
地名・ロケ地

「福山八幡宮」の魅力と歴史

福山八幡宮の特徴 福山八幡宮は、京都府亀岡市福山にある神社です。応神天皇を祀っており、厄除け・交通安全・航海安全のご利益があるとされています。福山八幡宮は、平安時代初期に創建されたと伝えられており、鎌倉時代には源頼朝が参拝した記録が残っています。また、安土桃山時代には豊臣秀吉が参拝し、社殿を寄進したとされています。福山八幡宮は、京都府の史跡に指定されており、国の重要文化財にも指定されている本殿や拝殿など、多くの貴重な文化財を有しています。 福山八幡宮の特徴のひとつは、その美しい社殿です。本殿は、一間社流造りで、檜皮葺きになっています。拝殿は、三間社流造りで、茅葺きになっています。どちらも、桃山時代の建築様式を色濃く残しており、国の重要文化財に指定されています。 福山八幡宮の特徴のもうひとつは、その広い境内です。境内に点在する神木や、自然豊かな棚田など、見どころがたくさんあります。また、福山八幡宮は、ハイキングコースとしても人気があります。境内から、福山城跡や保津峡など、亀岡の絶景を眺めることができます。 福山八幡宮は、歴史と文化の薫る神社です。美しい社殿や広い境内、自然豊かなハイキングコースなど、見どころがたくさんあります。ぜひ一度、福山八幡宮を訪れてみてください。
施設名・ロケ地

沖縄国際海洋博覧会の世界

沖縄国際海洋博覧会の概要 沖縄国際海洋博覧会は、日本国政府、沖縄県及び財団法人沖縄国際海洋博覧会協会が主催し、1975年7月20日から1976年1月18日まで、沖縄県国頭郡本部町(現本部町)の恩納村と本部町の境界位置で開催された国際博覧会(特別博)である。 日本での国際博覧会開催は、大阪万国博覧会(1970年)に次いで2回目となる。 沖縄国際海洋博覧会のテーマは「海から来た人類、海へ帰る人類」。海洋、地球、人類の3つのテーマを掲げ、海洋の重要性を訴求し、海洋科学の進歩と、海洋資源の開発・保全について啓発することを目的とした。 博覧会には、世界77カ国と16の国際機関が参加し、総来場者数は1,000万人を超えた。 博覧会跡地は、現在「沖縄美ら海水族館」や「海洋文化館」など、海洋関連の施設が立ち並ぶ「海洋博公園」として整備されている。
地名・ロケ地

石和温泉花火大会の見どころ・楽しみ方

石和温泉花火大会の会場へのアクセス方法は、車、電車、バスのいずれかになります。 車でアクセスする場合は、中央自動車道「石和温泉インターチェンジ」から約5分です。会場周辺には無料の臨時駐車場が用意されていますが、数に限りがありますので、早めの到着がおすすめです。 電車でアクセスする場合は、JR中央本線「石和温泉駅」から徒歩約15分です。駅からは、会場までシャトルバスも運行しています。 バスでアクセスする場合は、石和温泉バスターミナルから会場まで直通バスが運行しています。運賃は、片道300円です。
施設名・ロケ地

長野県・乗鞍高原の絶景スポット「善五郎の滝」

善五郎の滝は、長野県松本市安曇にある落差30メートル、幅7メートルの滝です。安曇野の奥座敷、乗鞍高原のほぼ中央に位置しており、乗鞍岳から流れ出る梓川の上流にあります。善五郎の滝は、そのスケールの大きさや迫力ある水しぶき、そして四季折々の美しい景観で知られています。 善五郎の滝の特徴の一つは、そのダイナミックな水の流れです。滝は、乗鞍岳の雪解け水が梓川に流れ込み、急な崖から勢いよく落下しています。水しぶきが舞い上がり、轟音を響かせながら流れるさまは、まさに絶景です。また、善五郎の滝は、四季折々の美しい景観も魅力です。春には、滝の周辺に花が咲き乱れ、夏には緑が生い茂り、秋には紅葉が色づき、冬には雪化粧をまといます。どの季節に訪れても、異なる美しさを楽しむことができます。 善五郎の滝は、乗鞍高原の観光スポットの中でも特に人気のある場所です。滝の周辺には、遊歩道が整備されており、滝を間近に眺めることができます。また、滝の上流には、善五郎池という小さな池があり、池のほとりにはベンチが設置されています。善五郎の滝を訪れた際には、ぜひ善五郎池まで足を延ばして、滝の雄大な姿と、乗鞍高原の美しい自然を堪能してください。
施設名・ロケ地

喜名番所:歴史と現在

喜名番所の歴史 喜名番所は、鹿児島県喜界島の西部にある番所跡です。1610年、薩摩藩が設置したもので、琉球王国との交流を監視し、海賊の襲撃を防ぐ役割を担っていました。当初、番所は喜界島中部の牧之原にありましたが、1613年に現在地に移されました。 喜名番所は、番所奉行をはじめとして、役人や兵士、商人など、約100人が駐在していました。番所には、奉行所、兵舎、倉庫、馬屋などの建物があり、周囲は石垣で囲まれていました。また、番所には、大砲や火薬などの武器が備え付けられていました。 喜名番所は、江戸時代を通して重要な役割を果たしました。しかし、明治維新後はその役割を終え、廃棄されました。現在、喜名番所の跡地には、番所奉行所や兵舎などの建物が復元されており、当時の様子を垣間見ることができます。 喜名番所は、鹿児島県の史跡に指定されており、多くの観光客が訪れます。また、喜名番所の跡地は、映画やドラマのロケ地としてもよく使われています。
施設名・ロケ地

別府温泉観光産業博覧会とは

別府温泉観光産業博覧会とは 別府温泉観光産業博覧会は、別府温泉の観光産業をアピールすることを目的としたイベントです。毎年10月に開催され、別府温泉の観光スポットや特産品などを紹介するブースが並びます。また、イベント期間中には、別府温泉の観光スポットを巡るツアーや、別府温泉の特産品を使った料理を楽しむことができるグルメイベントなども開催されます。別府温泉観光産業博覧会は、別府温泉の観光産業を盛り上げるために開催されるイベントであり、別府温泉を代表する観光イベントの一つとなっています。
施設名・ロケ地

魅力再発見!鹿児島県志布志市の「大慈寺」

大慈寺の創建の歴史と由緒 大慈寺は、鹿児島県志布志市にある浄土宗の寺院です。元徳3年(1331年)に、僧侶の円覚上人が開山しました。円覚上人は、京都の東福寺の仏光国師の弟子であり、大慈寺は仏光国師の教えを伝えるために建立されました。 大慈寺は、室町時代には薩摩藩の菩提寺として栄えました。しかし、明治維新後は衰退し、一時廃寺となりました。その後、昭和30年に再興され、現在に至っています。 大慈寺は、木造阿弥陀如来座像、木造釈迦如来立像、木造地蔵菩薩立像の3体の仏像を本尊として祀っています。この3体の仏像は、いずれも国の重要文化財に指定されています。 大慈寺は、鹿児島県志布志市の観光スポットのひとつです。境内には、樹齢800年のイチョウの木があり、鹿児島県の天然記念物に指定されています。また、大慈寺は、桜の名所としても知られており、毎年春には多くの人が花見に訪れます。
施設名・ロケ地

「袋公園」の魅力とヘラブナ釣りの楽しみ方

袋公園の自然と景観 袋公園は、東京都江東区に位置する公園です。面積は約11haで、園内には池や樹林、花壇などがあります。池にはヘラブナやコイ、フナなどが生息しており、釣りを楽しむことができます。また、園内には遊具や展望台などもあり、子供から大人まで楽しめる公園となっています。 袋公園の魅力の一つは、その自然と景観です。園内には四季折々の花々が咲き乱れ、池には水鳥が泳ぐなど、豊かな自然に触れることができます。また、園内には高台があり、そこから東京スカイツリーや東京タワーなどの高層ビルを眺めることができます。 袋公園は、自然と景観を満喫できる公園です。釣りを楽しんだり、花を眺めたり、高層ビルを眺めたりと、さまざまな楽しみ方ができます。都会の喧騒を離れて、ゆっくりと自然と触れ合いたい方におすすめの公園です。
施設名・ロケ地

大自然に囲まれた「滝原オートキャンプ場」で過ごす最高の休日

道志川沿いに広がる美しいキャンプ場 滝原オートキャンプ場は、道志川の支流である滝原川沿いに位置するキャンプ場です。約1万坪の広大な敷地に、電源付きのオートキャンプサイトやバンガロー、フリーサイトが設けられています。 キャンプ場は、周囲を山々に囲まれ、清流のせせらぎが聞こえる自然豊かな環境にあります。また、キャンプ場内には、炊事場やシャワー、トイレなどの設備が充実しているので、快適にキャンプを楽しむことができます。 道志川は、水質が良く、鮎やヤマメなどの魚が生息しています。キャンプ場では、釣りを楽しむことができます。また、道志川沿いをハイキングすることもできます。ハイキングコースには、滝や淵などの景観スポットが点在しています。 滝原オートキャンプ場は、大自然の中で過ごす最高の休日を過ごすことができるキャンプ場です。キャンプ初心者の方でも、安心して利用することができます。
施設名・ロケ地

北海道北見市の屋台村、北見じまん村の魅力

北見じまん村の場所とアクセス方法 北見じまん村は、北海道北見市にある屋台村です。北見市の中心部から車で約10分のところに位置しており、アクセス良好です。公共交通機関を利用する場合は、JR北見駅からバスで約15分、北見バスターミナルから徒歩で約10分です。 北見じまん村は、屋台が10軒以上軒を連ねる、北海道ならではの飲食街です。北見の名物料理である北見ラーメンやザンギ、海鮮料理など、さまざまなグルメを楽しむことができます。また、北見の特産品である玉ねぎやじゃがいもを使った料理も人気です。 北見じまん村は、地元の人はもちろん、観光客にも人気のスポットです。週末や祝日には、多くの人で賑わいます。北見を訪れた際には、ぜひ北見じまん村に足を運んでみてください。
モノの名前

TripAdvisorで旅をもっと楽しく

トリップアドバイザーとは、世界最大級の旅行情報サイトです。2000年にアメリカの起業家スティーブン・カウファーによって設立されました。トリップアドバイザーには、世界中の旅行者が投稿したホテル、レストラン、観光スポットなどの口コミが掲載されており、旅行の計画を立てる際に役立ちます。また、航空券やホテルの予約もできるため、旅行に必要な情報を一括で得ることができます。 トリップアドバイザーは、世界中の旅行者から支持されており、月間アクセス数は約4億6,000万人に達します。また、トリップアドバイザーの口コミは、旅行者の旅行先選びに大きな影響を与えており、口コミが高いホテルやレストランは予約が取りづらくなるほどの人気となっています。 トリップアドバイザーは、旅行の計画を立てる際に役立つだけでなく、旅行中のトラブルを回避するのにも役立ちます。例えば、トリップアドバイザーには、旅行者が投稿したホテルの口コミの中に、ホテルのスタッフが親切でなかった、部屋が汚かったなどのトラブルに関する口コミが掲載されています。このような口コミを事前に把握しておくことで、トラブルを回避することができます。
地名・ロケ地

「寺島」の魅力を再発見!

-自然の宝庫である寺島- 寺島は、豊かな自然に囲まれた島です。島内には、森林や草原、海岸など、様々な自然環境が広がっています。森林には、クスノキやタブノキ、シイノキなどの巨木が生い茂り、草原には、ススキやチガヤなどが風に揺れています。海岸には、白い砂浜や奇岩が連なり、美しい景観を眺めることができます。 寺島には、多くの野生動物が生息しています。島の森には、シカやイノシシ、サル、タヌキなどが生息しており、海岸には、ウミネコやカモメ、ペリカンなどの海鳥が生息しています。また、島内には、多くの昆虫や爬虫類が生息しており、自然観察を楽しむことができます。 寺島の自然は、人々の生活にも密接に関わっています。島の森は、人々に木材や燃料を提供し、草原は、人々に牧草地を提供しています。また、海岸は、人々に魚介類を提供し、人々の生活を支えています。 寺島の自然は、人々に安らぎと癒しを与えてくれます。島の森を散策すると、鳥のさえずりや風の音を楽しむことができます。草原を歩くと、花々の香りに包まれます。海岸を歩くと、波の音や潮の香りを楽しむことができます。寺島の自然は、人々に豊かな時間を提供してくれます。
地名・ロケ地

呼続公園の魅力と歴史

曾池を中心に整備された公園 呼続公園は、曽池を中心に整備された公園です。曽池は、古くからこの地域の農地を潤してきたため池で、現在は公園の中央に位置しています。池の周囲には、遊歩道や休憩所が整備されており、散策やピクニックを楽しむことができます。また、池にはボート乗り場があり、ボートに乗って池を巡ることもできます。 呼続公園は、自然豊かな公園として知られており、四季折々の花が楽しめます。春には桜が咲き誇り、夏には蓮の花が咲き、秋には紅葉が楽しめます。また、公園内には、シラサギやカモなどの鳥類が生息しており、バードウォッチングを楽しむこともできます。 呼続公園は、歴史的な公園としても知られており、公園内にはいくつかの史跡が残されています。その中でも最も有名なのが、曽池のほとりに建つ「呼続御所跡」です。呼続御所は、鎌倉時代に足利尊氏が築いたとされる御所跡で、現在は国の史跡に指定されています。御所跡には、礎石や土塁などの遺構が残されており、当時の面影を偲ぶことができます。 呼続公園は、自然豊かで歴史的な公園として、多くの人々に親しまれています。散策やピクニック、バードウォッチング、史跡巡りなど、さまざまな楽しみ方ができる公園です。
施設名・ロケ地

御杖宿・道の駅伊賀街道 御杖

御杖宿・道の駅伊賀街道 御杖は三重県伊賀市にある道の駅です。 伊勢本街道 御杖という小見出しには、伊勢本街道御杖宿について説明されています。 伊勢本街道御杖宿は、江戸時代初期に整備された街道です。 御杖宿は、この街道の重要な宿場町として栄えました。 御杖宿は、鈴鹿山脈の麓に位置しており、美しい自然に囲まれています。 また、御杖宿には、古い町並みや歴史的な建造物が残されており、ノスタルジックな雰囲気を楽しむことができます。
地名・ロケ地

間崎島の魅力を徹底解剖!

-リアス式海岸の絶景を堪能- 間崎島には、リアス式海岸が数多く存在します。リアス式海岸とは、海の浸食によってできた入り組んだ海岸のことです。間崎島のリアス式海岸は、その景観の美しさから、観光客に人気のスポットとなっています。 中でも、間崎島で最も美しいリアス式海岸として知られているのが、大崎鼻です。大崎鼻は、間崎島の南西部に位置する岬で、その名の通り、大きな鼻のような形をしています。大崎鼻からは、間崎島のリアス式海岸を一望することができます。 また、間崎島には、リアス式海岸をクルーズできる遊覧船が運航されています。遊覧船に乗れば、間崎島のリアス式海岸の絶景を海上から楽しむことができます。遊覧船は、間崎島の各港から出発しているので、アクセスも便利です。 間崎島のリアス式海岸は、その景観の美しさから、観光客に人気のスポットとなっています。リアス式海岸をクルーズできる遊覧船も運航されているので、間崎島を訪れた際には、ぜひリアス式海岸の絶景を堪能してみてください。
施設名・ロケ地

知る人ぞ知る歴史的建造物「高橋家住宅」の魅力!

高橋家住宅は、1880年頃に建てられた歴史的建造物です。創建者は高橋幹之助で、明治維新後、この地に製糸業を興した人物です。高橋家住宅は、当時としては珍しい洋風建築で、レンガ造りの外壁と木造の内装が特徴的です。高橋家住宅は、当初は住宅として使用されていましたが、その後は病院やホテルとしても利用されました。現在は、一般公開されており、多くの観光客が訪れています。 高橋家住宅の魅力は、その洋風建築にあります。レンガ造りの外壁と木造の内装は、和洋折衷の美しい建物です。また、高橋家住宅は、明治維新後の日本の近代化を象徴する建物でもあります。高橋幹之助は、明治維新後、この地に製糸業を興した人物です。製糸業は、当時の日本の近代化を支えた産業のひとつであり、高橋家住宅は、その近代化を象徴する建物でもあります。 高橋家住宅は、その歴史的価値と建築的価値が高いとして、1997年に国の重要文化財に指定されました。現在、高橋家住宅は、一般公開されており、多くの観光客が訪れています。高橋家住宅は、明治維新後の日本の近代化を象徴する建物であり、その歴史的価値と建築的価値は高いです。
施設名・ロケ地

歴史ある「旧長谷川家住宅」の魅力

長谷川家の歴史と由来 旧長谷川家住宅は、江戸時代初期の建築様式を今に伝える貴重な建造物として、国の重要文化財に指定されています。その歴史は古く、長谷川家は鎌倉時代から続く名家で、戦国時代には豊臣秀吉の直臣として活躍しました。江戸時代に入ると、長谷川家は幕府の代官としてこの地に赴任し、以来、代々この地に住まいつきました。 長谷川家は代々、農業や林業を営み、この地域の発展に貢献してきました。また、長谷川家は学問を重んじる家柄で、多くの学者や文化人を輩出しています。その中でも、特に有名なのが、江戸時代中期に活躍した儒学者・長谷川宣以です。長谷川宣以は、朱子学の大家として知られ、幕府の学問所である昌平黌の教授も務めました。 長谷川家は、明治維新後もこの地に留まり、農業や林業を営みながら、地域の発展に尽力しました。そして、昭和30年代に、長谷川家の当主である長谷川顕治氏が、この建物を国の重要文化財に指定するよう申請しました。その結果、昭和35年に、旧長谷川家住宅は国の重要文化財に指定され、現在に至っています。