諫早市

施設名・ロケ地

諫早ゆうゆうランド干拓の里の魅力

諫早湾干拓事業の歴史 諫早湾干拓事業は、長い歴史を持つ大規模な干拓事業です。その歴史は、1961年に諫早湾干拓事業調査委員会が設置され、干拓事業の実施が決定されたことに始まります。調査委員会は、干拓事業の実施によって、諫早湾の干潟を農地や工業用地として利用することができ、地域経済の発展に貢献することができると結論づけました。 干拓事業は、1967年に着工され、1997年に完成しました。干拓事業によって、約1,300ヘクタールの干潟が農地や工業用地として利用されるようになりました。また、干拓事業によって、諫早湾の干潟に生息していた多くの生物が生息地を失い、絶滅の危機に瀕することになりました。 干拓事業は、地域の経済発展に貢献した一方、環境破壊にもつながりました。干拓事業によって諫早湾の干潟が失われたことで、諫早湾の生態系が大きく変化し、諫早湾で生息していた多くの生物が生息地を失い、絶滅の危機に瀕することになりました。また、干拓事業によって諫早湾の景観が大きく変化し、諫早湾の美しさを楽しむことができなくなりました。 干拓事業の歴史は、人間の経済活動と環境保護のバランスの取り方について考えさせられる歴史です。
地名・ロケ地

「向島」を知る!長崎県諫早市の無人島

向島とは?無人島の魅力と特徴 向島とは、長崎県諫早市の沖合約5キロに位置する無人島です。面積は約1.2平方キロメートル、周囲は約3.5キロメートルです。島は大小2つの島からなり、大きな島を大向島と呼び、小さな島を小向島と呼びます。無人島ですが、キャンプ場や海水浴場などを整備しており、人気のある観光スポットとなっています。 向島の最大の魅力は、その美しい自然です。島は緑豊かな森林に覆われており、澄んだ海が美しいビーチを形成しています。また、島には多くの野生動物が生息しており、野生のシカやイノシシ、ウサギなどを観察することができます。 向島のもう一つの魅力は、その歴史です。島には、かつて栄えた炭鉱の跡が残っており、石炭を積み出すための桟橋や、鉱山労働者たちが暮らしていた集落跡などを見学することができます。また、島には、江戸時代に築かれた砲台跡があり、当時のままの姿を残しています。 向島は、自然と歴史が融合した魅力的な島です。無人島ですが、観光に必要な施設が整っているので、気軽に訪れることができます。キャンプや海水浴、トレッキングなど、さまざまなアクティビティを楽しむことができるので、家族や友人と自然を満喫するのに最適な場所です。
地名・ロケ地

小長井港の魅力を再発見

小長井港の歴史は古く、江戸時代初期には北前船の寄港地として栄えていました。その後、明治時代以降は近代的な港湾として整備され、現在では国内有数の漁港として知られています。港の周辺には、新鮮な魚介類が味わえる飲食店や、地元の名産品を販売する商店が立ち並び、多くの観光客でにぎわっています。 小長井港は、単なる漁港ではなく、豊かな自然と歴史を持つ観光スポットでもあります。港の近くには、国の天然記念物に指定されている「小長井の椿」があり、毎年4月頃には満開の花を咲かせます。また、港から眺める夕日は絶景で、多くの観光客が訪れます。 小長井港の魅力は、その豊かな歴史と美しい自然にあります。新鮮な魚介類が味わえる飲食店や、地元の名産品を販売する商店が立ち並び、多くの観光客でにぎわっています。また、港の近くには、国の天然記念物に指定されている「小長井の椿」があり、毎年4月頃には満開の花を咲かせます。港から眺める夕日は絶景で、多くの観光客が訪れます。
施設名・ロケ地

上山公園:長崎県の美しい緑地

長崎県にある上山公園は、その美しい緑地で知られています。1908年に開園し、以来、地元の人々や観光客に人気のスポットとなっています。公園の歴史は古く、江戸時代には藩主の別荘がありました。明治維新後は、公園として整備されました。 公園の面積は約24ヘクタールで、園内には、四季折々の花が咲き誇ります。春は桜、夏はアジサイ、秋は紅葉、冬は雪景色と、一年を通して美しい景色を楽しむことができます。また、公園内には、展望台もあり、長崎の街並みや港を見渡すことができます。
モノの名前

諫早石を知ろう!

諫早石とは 諫早石は、長崎県諫早市で産出される石材です。石の種類は安山岩で、高温・高圧の火砕流の中から誕生します。その歴史は古く、奈良時代から採掘され、寺院や城郭の石垣として利用されてきました。江戸時代には、諫早石を砕いて砂利とした諫早砂利が、長崎街道の整備に使用されました。また、明治時代には、諫早石が長崎港の防波堤に使用され、近代日本の礎を築きました。諫早石は、現在でも公共工事や建築物に使用されており、その耐久性と美しさから高い評価を得ています。
地名・ロケ地

諫早豪雨の記録と教訓

諫早豪雨の概要 諫早豪雨は、1957年7月24日から26日にかけて長崎県諫早市を中心に発生した豪雨災害です。この豪雨は、梅雨前線の活動が活発になり、そこに台風6号が接近したことで、記録的な大雨をもたらしました。 諫早市では、24時間降水量が454mmを記録し、これは日本の24時間降水量記録として現在も破られていません。この大雨により、諫早市では大きな被害が発生し、死者299人、行方不明者31人、家屋の全壊・流出が2,000棟を超えました。 諫早豪雨は、日本の気象観測史上、最も記録的な豪雨災害の一つです。この豪雨は、諫早市に大きな被害をもたらし、多くの人々の命を奪いました。諫早豪雨の教訓を活かし、今後このような豪雨災害を防ぐための対策を講じていくことが重要です。
地名・ロケ地

大村線の魅力を満喫!

-大村線の歴史と沿線の名所- 大村線は、長崎県諫早市の諫早駅から、長崎県大村市のハウステンボス駅までを結ぶ、九州旅客鉄道(JR九州)の鉄道路線である。1918年(大正7年)に開業し、当初は諫早駅と大村駅を結ぶ路線であったが、1934年(昭和9年)にハウステンボス駅まで延伸された。大村線は、諫早市と大村市を結ぶ重要な交通手段であり、沿線には多くの観光スポットがある。 大村線の沿線には、歴史的建造物や自然豊かなスポットなど、多くの観光スポットがある。ハウステンボス駅周辺には、オランダの街並みを再現したテーマパーク「ハウステンボス」があり、毎年多くの観光客が訪れる。また、大村市には、戦国時代に築城された「大村城跡」や、美しい庭園で知られる「大村公園」などがある。諫早市には、諫早湾に浮かぶ島々を巡る「諫早湾クルーズ」や、諫早平野の豊かな自然を満喫できる「諫早公園」などがある。 大村線は、諫早市と大村市を結ぶ重要な交通手段であるだけでなく、沿線には多くの観光スポットがある。大村線を旅することで、長崎県の豊かな歴史や自然を満喫することができる。
施設名・ロケ地

「長崎県立総合運動公園」公園の魅力まとめ

長崎県立総合運動公園は、長崎県長崎市にある、長崎県営のスポーツ施設です。サッカー場、野球場、陸上競技場、体育館、プール、テニスコートなどのスポーツ施設が整備されており、市民や観光客に親しまれています。 サッカー場は、1998年に開催された長崎県民総合スポーツ大会に合わせて整備されたもので、Jリーグの公式戦も開催されている立派な競技場です。天然芝のピッチは、サッカーの試合には最適で、観客席も5,000席以上を完備しています。野球場は、サッカー場と同じく1998年に開催された長崎県民総合スポーツ大会に合わせて整備されたもので、プロ野球の公式戦も開催されている立派な競技場です。天然芝のピッチは、野球の試合には最適で、観客席も5,000席以上を完備しています。 サッカー場と野球場は、いずれも長崎県立総合運動公園の目玉施設といえます。スポーツ観戦が好きな方には、ぜひ一度訪れていただきたいスポットです。
モノの名前

「唐比れんこん」とは?

「唐比れんこん」の歴史は古く、約400年前の江戸時代初期にさかのぼります。当時、肥前国(現在の佐賀県)の唐比村(現在の唐津市)で、中津藩の藩主である黒田長政が、中国から持ち帰ったれんこんを栽培したのが始まりといわれています。唐比村は、筑肥山地の麓に位置する、水はけのよい土地で、れんこんの栽培に適していました。また、唐比村は、唐津湾に面しており、海からの潮風がれんこんの生育を促すため、良質なれんこんが収穫できました。 唐比れんこんは、江戸時代には、藩主や大名に献上され、その名が全国に知られるようになりました。明治時代以降も、唐比れんこんは、その品質の高さから、全国各地に出荷されるようになり、現在でも、高級れんこんとして珍重されています。
モノの名前

「はなはじき」の歴史と魅力

「はなはじき」の起源と歴史 「はなはじき」の起源は、古くは平安時代までさかのぼると言われています。宮中や貴族の間で、扇や笏を指で弾いて遊ぶ遊びとして親しまれていました。その後、庶民の間にも広がり、江戸時代には庶民の娯楽として定着しました。 江戸時代には、「はなはじき」専用の道具として、「むも」が作られました。「むも」とは、鉄製の細長い棒で、片方の先端に小さな球状の突起があります。この「むも」を使って、畳や机の上で「はなはじき」を楽しみました。 明治時代になると、「はなはじき」は学校教育にも取り入れられるようになりました。運動不足の解消や、手指の器用さを養う目的で、体育の授業の一環として行われました。また、この頃には「はなはじき」専用のテーブルやコートも開発され、競技化が進みました。 大正時代には、「はなはじき」は全国的に人気を集め、各地で大会が開催されるようになりました。昭和時代に入ると、一時衰退しましたが、近年になって再び人気が高まっています。
施設名・ロケ地

のぞみ公園の概要と魅力

のぞみ公園の歴史と特色 のぞみ公園は、神奈川県横浜市にある公園です。1953年(昭和28年)に開園し、2022年(令和4年)には開園70周年を迎えました。 のぞみ公園は、広さ約12ヘクタールの公園で、園内には四季折々の花々が咲き誇る花壇や、池や小川が流れる水辺のエリア、遊具の充実した広場などがあります。また、公園内には、横浜市営地下鉄ブルーラインののぞみ野駅があり、アクセスも良好です。 のぞみ公園の特色は、なんといってもその自然の美しさです。公園内には、桜やツツジ、菖蒲など、四季折々の花々が咲き誇り、訪れる人々の目を楽しませてくれます。また、公園内を流れる小川には、鯉や亀が泳いでおり、水辺のエリアでは野鳥のさえずりが聞こえるなど、自然豊かな公園として親しまれています。 のぞみ公園は、自然の美しさだけでなく、遊具の充実も魅力の一つです。園内には、ブランコや滑り台、ジャングルジムなどの遊具が充実しており、子供たちが思いっきり体を動かすことができます。また、公園内には、ボールの貸し出しも行っているので、気軽にスポーツを楽しむこともできます。 のぞみ公園は、自然の美しさや遊具の充実など、さまざまな魅力を持つ公園です。横浜市を訪れた際には、ぜひ一度足を運んでみてください。
施設名・ロケ地

長崎県立諫早農業高等学校について

長崎県立諫早農業高等学校の歴史 長崎県立諫早農業高等学校は、1898年(明治31年)に創立された歴史ある学校です。当初は「長崎県諫早農林学校」として開校し、農業科と林業科を設置していました。その後、1948年(昭和23年)に「長崎県立諫早農業高等学校」と改称し、農業科のみを設置するようになりました。 諫早農業高等学校は、創立以来、農業教育に力を注いできました。特に、園芸科と畜産科は全国的にも高い評価を受けており、多くの卒業生が農業の第一線で活躍しています。また、諫早農業高等学校は、生徒の自主性を重んじる校風でも知られており、生徒会活動や部活動が盛んです。 諫早農業高等学校は、2004年(平成16年)に創立100周年を迎えました。これを記念して、学校周辺に新しい校舎が建設されました。また、学校創立100周年を機に、諫早農業高等学校は「地域の活性化に貢献する人材育成」を教育目標に掲げ、新たな教育課程をスタートさせました。 諫早農業高等学校は、今後も地域の農業教育を担う重要な学校として、生徒の育成に努めていきます。
施設名・ロケ地

諫早のラジオ局「レインボーFM」の魅力

-レインボーFMの歴史と概要- 諫早のラジオ局「レインボーFM」は、2002年(平成14年)4月1日に開局したコミュニティ放送局です。周波数は76.5MHz、コールサインはJOZZ3AF-FMです。放送エリアは、諫早市と周辺地域で、人口は約25万人です。 レインボーFMは、諫早市の情報を発信することを目的として設立されました。地元のニュースやイベント情報、音楽番組などを放送しています。また、諫早市と海外の交流事業の一環として、韓国のソウル市にあるコミュニティ放送局「ソウルFM」と提携しています。 レインボーFMは、諫早市の住民に親しまれているラジオ局です。地域の情報発信に重要な役割を果たしており、今後も諫早市と海外の交流事業に貢献していきます。
地名・ロケ地

長崎・向島ってどんな所?無人島の魅力とは

長崎県西彼杵郡時津町に属する島が向島です。時津町中心部と向島を結ぶ橋があり、島の面積は約2平方キロメートルで、人口は約500人です。向島は、約1,200万年前の火山活動によってできた島で、島全体が玄武岩でできています。玄武岩は、黒っぽい色の岩石で、非常に硬いのが特徴です。向島は、その玄武岩の硬さから、古くから採石が行われており、島には多くの採石場跡が残っています。また、向島は、温暖な気候で、冬でも雪が降ることはほとんどありません。そのため、島では、みかんやレモン、オリーブなどの柑橘類や、花卉などが盛んに栽培されています。向島は、長崎市からフェリーで約20分、時津町中心部から橋で約5分の場所にあります。島へのアクセスは、非常に良好です。
地名・ロケ地

轟渓流の魅力

轟渓流の名水百選 轟渓流は、岐阜県恵那市を流れる木曽川水系の河川であり、その美しい景観と清らかな水で知られています。轟渓流は、名水百選にも選ばれており、その中でも特に有名なのが「轟の滝」です。轟の滝は、高さ12m、幅20mの直瀑で、轟音とともに流れ落ちる姿は圧巻です。また、滝の周辺には、天然記念物に指定されている「轟渓流の甌穴群」があり、国の天然記念物に指定されています。甌穴群とは、河川の激流によって岩盤が削られてできたもので、その数や大きさは日本有数です。 轟渓流の名水百選は、轟渓流の清らかな水を利用した様々な観光施設が揃っており、その中でも特に人気なのが「轟渓流の清流釣り」です。清流釣りとは、河川の中で魚を釣るもので、轟渓流では、アマゴやイワナなどの川魚を釣ることができます。また、轟渓流の名水百選には、キャンプ場やバーベキュー場も整備されており、自然の中でアウトドアを楽しむことができます。 轟渓流の名水百選は、自然の美しさと清らかな水を堪能できるスポットとして、多くの人々に親しまれています。
地名・ロケ地

長崎県の無人島「向島」の魅力

向島の位置とアクセス 向島は、長崎県五島列島の南部に位置する無人島です。五島列島の中で最も大きい島である福江島から南西約10kmに位置し、面積は1.3km2です。向島は、南北に細長く、海岸線は複雑に湾曲しています。島の北部には、標高207mの向島岳があり、島の最高峰となっています。 向島へのアクセスは、福江島からフェリーで約30分です。フェリーは、福江島の福江港と向島の向島港を結んでいます。フェリーは、1日3便運航されており、運賃は片道大人1,000円、小人500円です。 向島は、自然豊かな島で、手つかずの自然が残されています。島の周りは海に囲まれており、美しい海岸線が広がっています。島内には、森林や草原があり、さまざまな野生動物が生息しています。向島は、キャンプやハイキング、釣りなどのアウトドアアクティビティを楽しむことができます。
施設名・ロケ地

久山港とは?長崎県諫早市にある港の歴史や概要を解説

久山港の歴史と概要 久山港は、長崎県諫早市にある港であり、古くから貿易や漁業の拠点として栄えてきた。 この港は、16世紀にポルトガル人が来航したことで国際貿易の拠点として発展し、その後、江戸時代には、参勤交代の寄港地としても利用された。 明治時代になると、石炭や木材などの積み出し港としてさらに発展し、その後、第二次世界大戦後は、工業化の進展に伴い、石油やセメントなどの輸入港としても重要な役割を果たすようになった。 現在、久山港は、貿易や漁業、工業など様々な産業を支える重要な港として機能しており、年間約200万トンの貨物が取り扱われている。 また、この港は、長崎県有数の観光地である雲仙やハウステンボスへの玄関口としても知られており、毎年多くの観光客が訪れている。
その他

諫早市のローカルヒーロー「うないさん」

諫早市のローカルヒーロー「うないさん」の誕生 2000年代初頭、諫早市は人口減少と地域の活力の低下に直面していました。市の職員たちは、市民の誇りと地域愛を醸成するために、何か新しい取り組みが必要であると認識しました。 そこで、諫早市は地元の文化や伝統を活かしたローカルヒーローを創設することを決定しました。そして、2005年、諫早市のマスコットキャラクターである「うないさん」が誕生しました。 うないさんは、諫早市の特産品である鰻をモチーフにしたキャラクターです。頭部は鰻の頭の形をしており、体は鰻の胴体を模しています。顔は愛嬌のある笑顔で、大きな目が特徴です。 うないさんは、諫早市の様々なイベントに参加し、市民と交流しています。また、諫早市の魅力をPRするためのポスターやチラシにも登場しています。うないさんは、諫早市の市民に愛されており、諫早市の活性化に貢献しています。
施設名・ロケ地

長崎日本大学高等学校とは?

長崎日本大学高等学校の歴史 長崎日本大学高等学校は、1962年に長崎市榎町に開校した私立高等学校です。創立者は、日本大学の第10代総長である吉村正之氏です。吉村総長は、長崎出身であり、長崎県のために何か貢献したいという思いから、長崎日本大学高等学校を創設しました。 長崎日本大学高等学校は、創立以来、文武両道を掲げ、勉学とスポーツに励む生徒を育ててきました。また、長崎県内のトップクラスの進学校としても知られており、毎年多くの生徒が国公立大学や私立大学の難関学部に合格しています。 長崎日本大学高等学校は、2012年に校舎を新築移転し、現在地である長崎市戸町にあります。新校舎は、最新の設備を備え、生徒の学習環境が整っています。また、校内には図書館や体育館、プールなどの施設が充実しており、生徒の課外活動も盛んです。 長崎日本大学高等学校は、創立以来50年以上経ち、長崎県内の私立高等学校を代表する学校として、多くの生徒を輩出しています。今後も、文武両道を掲げ、生徒の成長を支援し続けていく方針です。
モノの名前

「もちとうもろこし」の魅力

長崎県諫早市で生産されるトウモロコシは、「もちとうもろこし」と呼ばれ、その名の通り、もち米のようなもちもちとした食感が特徴です。このもちとうもろこしは、通常のトウモロコシとは異なり、収穫後も甘みが持続するのも魅力のひとつ。そのため、生で食べても、ゆでても、焼いてもおいしくいただけます。 もちとうもろこしの栽培の歴史は古く、諫早市では江戸時代から栽培されてきたと言われています。現在では、諫早市の特産品として知られ、全国各地に出荷されています。もちとうもろこしの栽培は、通常のトウモロコシよりも手間がかかりますが、その分、おいしく育ちます。諫早市の農家さんは、もちとうもろこしを大切に育て、出荷しています。 もちとうもろこしは、そのもちもちとした食感と甘さが特徴ですが、栄養価も高く、ビタミンA、ビタミンC、食物繊維が豊富に含まれています。そのため、健康にも良い食材として注目されています。もちとうもろこしは、そのまま食べてもおいしいですが、料理の食材としても活躍します。天ぷら、炒め物、スープなど、さまざまな料理に使えます。
施設名・ロケ地

田結港について知る

田結港の歴史と概要 田結港は、長崎県南島原市にある港で、古くから南島原市の海の玄関口として利用されてきた歴史を持ちます。田結港の歴史は古く、江戸時代にはすでにこの地に港があった記録が残っています。当時は、島原半島の特産品であるタバコや木材などの積み出し港として栄えていました。 明治時代になると、田結港はさらに整備され、汽船の寄港地となりました。これにより、田結港は南島原市と本土を結ぶ重要な交通拠点となり、ますます発展しました。しかし、昭和初期に発生した大火により、田結港は大きな被害を受け、一時的に衰退しました。 その後、田結港は復興し、再び南島原市の海の玄関口として重要な役割を果たすようになりました。現在、田結港は、貨物船や観光船の寄港地として利用されており、また、漁業基地としても重要な役割を果たしています。また、田結港には、新鮮な魚介類を味わえる飲食店や、お土産店などが立ち並び、観光客にも人気のスポットとなっています。
施設名・ロケ地

和平と観音の祈り:長崎県諫早市の「和銅寺」を訪ねて

和銅寺の誕生歴史と信仰の源流 和銅寺の歴史は、708年に遡ります。奈良時代の天平元年に、聖武天皇の勅命により行基菩薩によって創建されたと伝えられています。行基菩薩は、疫病や飢饉に苦しむ人々を救うために、全国各地を巡って寺院を建立しました。和銅寺も、このような行基菩薩の慈悲の心に基づいて創建された寺院のひとつです。 和銅寺は、創建以来、人々の信仰を集めてきました。特に、観音菩薩への信仰が盛んで、境内に多くの観音像が安置されています。その中でも、本堂に安置されている木造聖観音立像は、国重要文化財に指定されており、多くの参拝者が訪れます。 和銅寺は、歴史と信仰の深い寺として、今日まで多くの参拝者を集めています。平和と観音の祈りというテーマのもと、和銅寺を訪れると、日本の歴史と文化を肌で感じることができ、観音菩薩の慈悲の心に触れることができます。
地名・ロケ地

長崎県諫早市「向島」の魅力を大公開!

向島へのアクセス方法は、車、バス、フェリーの3通りがあります。 車で向島を訪れる場合は、島原半島から向かうのが一般的です。島原半島の諫早市から国道207号線を北上し、口之津町で右折して県道221号線に入ります。県道221号線をしばらく進むと、向島大橋が見えてきます。向島大橋を渡ると、向島に到着です。 バスで向島を訪れる場合は、島原半島から出ているバスを利用します。諫早市、島原市、雲仙市から向島行きのバスが出ています。バスは、向島大橋を渡って向島の各集落を巡ります。 フェリーで向島を訪れる場合は、雲仙市にある口之津港からフェリーを利用します。口之津港から向島行きのフェリーが1日数便出ています。フェリーは、約15分で向島に到着します。