講談社イブニングKC

作品名

「ヘルプマン!」を徹底解剖!

-作品の概要とあらすじ- 「ヘルプマン!」は、アメリカ合衆国で制作されたスーパーヒーロー・コメディ映画である。2018年に公開され、監督はサム・レヴィンソン、脚本はザック・ジンマン、主演はダン・スティーヴンス、マーゴット・ロビー、ジョン・レグイザモ、トリニダッド・ジェームズ。 物語は、スーパーヒーローの「ヘルプマン」として人々を救う青年、アダム・ケスラー(ダン・スティーヴンス)を中心に展開する。アダムは、普段は冴えないサラリーマンだが、ある日、隕石に当たって特殊な能力を得て、スーパーヒーローとなった。悪と戦うことを決意したアダムは、恋人のサラ(マーゴット・ロビー)、親友のダニー(ジョン・レグイザモ)、ラップスターのラキーム(トリニダッド・ジェームズ)らとともに、犯罪に立ち向かっていく。 「ヘルプマン!」は、スーパーヒーロー映画の常識を覆す斬新な作風と、個性的なキャラクターが話題となった。ダン・スティーヴンスは、冴えない青年からスーパーヒーローへと変貌する主人公を熱演し、マーゴット・ロビーは、アダムの恋人で彼を支える女性を好演した。また、ジョン・レグイザモとトリニダッド・ジェームズは、アダムの親友とラップスターをコミカルに演じ、映画に彩りを添えた。
作品名

溶接工の日常コメディ「とろける鉄工所」

野村宗広による人気漫画「とろける鉄工所」は、溶接工の日常をコメディタッチで描いた作品です。主人公は、溶接工として働く20代の青年・村上鉄郎です。鉄郎は、仕事に情熱を注ぐ一方で、おっちょこちょいな性格で、たびたび失敗をしてしまいます。そんな鉄郎の周りにいる仲間たちも、個性豊かでクセ者揃いです。 溶接工の仕事は、金属を高温で溶かし合わせて接合する作業です。一見地味な仕事ですが、実は非常に高度な技術を要します。鉄郎は、先輩溶接工から指導を受けながら、日々技術を磨いていきます。溶接工の仕事は、危険と隣り合わせでもあります。鉄郎は、溶接作業中に火傷を負ったり、金属片が目に飛んだりするなど、何度もケガをしています。しかし、鉄郎はそんな逆境にも負けず、溶接工としての道を歩み続けます。 「とろける鉄工所」の魅力は、鉄郎をはじめとする溶接工たちのひたむきな姿にあります。彼らは、溶接作業に情熱を注ぎ、たとえ失敗してもめげずに挑戦し続けます。そんな彼らの姿に、読者は勇気と元気を与えられます。「とろける鉄工所」は、溶接工というあまり知られていない職業の魅力を伝える作品です。この作品を読めば、溶接工の仕事に興味を持つ人もきっと多いでしょう。
作品名

宝石の力を駆使するジュエルマスターの活躍

ジュエルマスターの特殊能力 ジュエルマスターは、宝石の力を駆使して、様々な特殊能力を発揮することができます。その能力は、宝石の種類やジュエルマスターの修行の深さによって異なります。 宝石の力を駆使して特殊能力を発揮するジュエルマスターは、古くから世界各地に存在してきました。例えば、古代ギリシャでは、アテナ神がアメジストの力を用いて、人々に癒しや知恵をもたらしたと伝えられています。また、古代エジプトでは、宝石を身につけたファラオが、神々と交信するために宝石の力を利用したとされています。 現代でも、宝石の力を駆使して特殊能力を発揮するジュエルマスターは、世界各地に存在します。彼らは、宝石の力を利用して、病気を治したり、天気を操ったり、未来を予知したりすることができると言われています。 宝石の力は、ジュエルマスターの修行の深さによっても異なります。修行を積んだジュエルマスターは、より強力な宝石の力を駆使することができ、より高度な特殊能力を発揮することができます。 ジュエルマスターの特殊能力は、人々を助けるために使用されることが多いです。しかし、中には、宝石の力を悪用して、人々に害を及ぼすジュエルマスターも存在します。 ジュエルマスターの特殊能力は、神秘的で魅力的です。しかし、宝石の力を正しく使用することは、ジュエルマスターにとって重要な課題です。宝石の力を正しく使用することで、ジュエルマスターは人々を救い、世界をより良い場所にすることができます。
作品名

「羊の木」:人間再生をかけた社会実験

「羊の木」は、11人の元受刑者たちの再出発を描いた社会実験である。彼らは、北海道の小さな町で、新しい生活を始めるために集められた。この実験は、犯罪者でも更生し、社会に復帰することができることを証明することを目的としている。 元受刑者たちは、それぞれが犯罪を犯した理由は違う。中には、薬物中毒のために犯罪を犯した人もいる。また、貧困や家庭環境の問題から犯罪に走った人もいる。しかし、彼らは皆、罪を償い、新しい人生を歩み始めたいという強い意志を持っている。 彼らは、町の人々との交流を通して、少しずつ社会に適応していく。中には、仕事を見つけ、結婚し、子供を授かる者もいる。しかし、社会に受け入れられることは簡単ではなく、彼らは様々な困難に直面する。 この実験は、犯罪者でも更生し、社会に復帰することができることを証明した。しかし、その道のりは決して容易ではない。彼らは、社会の偏見や差別と戦いながら、新しい人生を歩み続けなければならない。
作品名

続編漫画「激昂がんぼ」のあらすじと魅力

激昂がんぼのあらすじ 激昂がんぼは、小畑健による漫画作品です。前作「史上最強の弟子ケンイチ」の続編で、前作の主人公である神谷堅治とその仲間たちが、新たな強敵に立ち向かう物語が展開されます。 物語は、神谷堅治が老師である八神源内のもとで修行を続けているところから始まります。ある日、神谷堅治は謎の組織「牙」の襲撃を受けます。牙は、神谷堅治を捕らえ、彼の技をコピーしようとします。しかし、神谷堅治は仲間たちの助けを借りて牙から脱出します。 脱出した神谷堅治は、牙の目的を調査するため、仲間たちとともに旅に出ます。旅の途中で、神谷堅治たちは牙の幹部である「四天王」と戦います。四天王は、それぞれが異なる能力を持っており、神谷堅治たちは苦戦を強いられます。しかし、神谷堅治たちは仲間たちの助けを借りて、四天王を倒し、牙の目的を阻止することに成功します。 牙を倒した後、神谷堅治たちはそれぞれの道を歩み始めます。神谷堅治は、老師である八神源内の跡を継いで、雷電流の師範となります。仲間たちもそれぞれ、自分の道を歩み始めます。しかし、牙の残党が再び動き出し、神谷堅治たちは再び戦いに巻き込まれていきます。
作品名

「もやしもん」の魅力を徹底解説!

「菌が見える学生生活の面白さ」 「もやしもん」の魅力の一つは、主人公の沢木直保が菌が見えるという特殊能力を持ち、菌とコミュニケーションを取ることができるという設定にある。これにより、菌の目線から世界を見るというユニークな視点が生まれ、読者も菌の世界を身近に感じることができる。 また、校舎の屋上に菌の世界が広がっていたり、微生物部の部員たちが菌の研究に熱中していたりと、菌にまつわるエピソードが満載。菌を題材にしたギャグも豊富に盛り込まれており、読者を飽きさせない。 さらに、菌が見えることによって、直保は菌の美しさや素晴らしさに気付いていく。菌は私たち人間にとって害を及ぼすものというイメージが強いが、「もやしもん」では菌の有益な一面が描かれており、菌に対する見方が変わるきっかけとなる作品となっている。
作品名

「モテキ」ってどんな漫画?

「モテない漫画家とモテキの出会い」 「モテキ」の主人公は、29歳の漫画家「永井豊」。彼は、モテないどころか女性と接するのも苦手なオタク男子です。そんな彼が、ある日、街中で偶然出会った女性「小宮山夏樹」に一目惚れしてしまいます。夏樹は、豊とは対照的にモテモテの女性で、豊は夏樹に振り向いてもらうために必死でアプローチを繰り返します。しかし、夏樹はなかなか豊の気持ちに応えてくれません。そんなある日、豊は夏樹が他の男性と浮気している現場を目撃してしまいます。豊はショックを受けて夏樹と別れますが、そのことがきっかけで彼はモテ始めるのです。 豊がモテ始めるようになった理由は、夏樹との別れの際に彼女から言われた「あなたは変わらなきゃダメ」という言葉がきっかけでした。豊は夏樹の言葉を胸に、自分の外見や性格を改善しようと努力します。その結果、豊は徐々に女性からモテるようになっていきます。豊はモテるようになったことで、人生が大きく変わっていきます。彼は、それまでずっと憧れていた女性たちと次々と付き合い、充実した恋愛生活を送るようになります。しかし、豊はモテるようになったことで、新たな悩みを抱えることにもなります。それは、女性たちから言い寄られることが多くなり、そのことがストレスになってしまうのです。豊はモテることで、恋愛が楽しくなくなったと感じてしまいます。 豊はモテることで、恋愛が楽しくなくなったと感じてしまいます。