講談社漫画賞

作品名

水木しげるの「コミック昭和史」

大見出し「水木しげるの『コミック昭和史』」の下に作られた小見出しの一つに「昭和の歴史をシゲ爺さんの目線で振り返る」があります。これは、水木しげるが昭和の時代を生きてきた一人として、その時代の出来事を独自の視点で描いた作品です。 水木しげるは、1922年(大正11年)に鳥取県境港市に生まれ、1943年(昭和18年)に太平洋戦争に召集されました。戦後は、漫画家として活躍し、昭和の時代を代表する作品を数多く生み出しました。その代表作の一つが、1971年(昭和46年)から1982年(昭和57年)にかけて週刊誌「現代」に連載された『コミック昭和史』です。 『コミック昭和史』は、水木しげるが昭和の時代を振り返り、その時代の出来事を独自の視点で描いた作品です。水木しげるは、シゲ爺さんというキャラクターを主人公にして、昭和の時代を旅しながら、その時代の出来事をシゲ爺さんの目線で語っていきます。 『コミック昭和史』は、昭和の時代をリアルに描いた作品として高く評価されています。水木しげるの独自の視点と、シゲ爺さんというキャラクターの魅力が、読者を昭和の時代へと引き込みます。『コミック昭和史』を読むことで、昭和の時代をより深く理解することができます。
作品名

宇宙兄弟の魅力を徹底解説!

宇宙兄弟とは、2007年から2022年まで『少年ジャンプ』で連載されていた宇宙飛行士をテーマにしたSF物語であり、累計発行部数は5,000万部・電子書籍を含めると6,000万部を突破している。 作中の主人公は、宇宙飛行士を目指すムッタ(六太)と宇宙飛行士の兄 ヒビト(日々人)の兄弟であり、宇宙飛行士を目指す夢を持った二人の挫折や成長を主軸に、家族や、宇宙飛行士を支える人々、宇宙開発の困難さなどさまざまな要素が盛り込まれたSFドラマとして人気を博した。 また、作中には宇宙にまつわる豆知識も数多くの盛り込まれており、一般的なSFとは違った科学考証も多数掲載されており、作中の人気の一つとなっている。
作品名

「昭和元禄落語心中」の魅力と考察

「昭和元禄落語心中」の魅力的なキャラクターたち 「昭和元禄落語心中」のもう一つの魅力は、個性豊かなキャラクターたちです。主人公の与太郎は、落語の才能はあるものの、生真面目すぎるあまりに落語家として成功できない不器用な男です。そんな与太郎を支えるのが、明るく前向きな性格の芸者・みよ吉です。みよ吉は、与太郎の才能を信じており、彼を励まし続け、時に厳しく叱ることもあります。 また、与太郎の師匠である八雲は、厳格な性格の落語家ですが、与太郎の才能を見抜き、彼を鍛え上げようとします。八雲は、落語に対する情熱とプライドを持ち、落語家として生きる覚悟のある者のみを弟子として認める厳格な人物です。 さらに、与太郎のライバルである助六は、天性の才能を持つ落語家ですが、その才能ゆえに傲慢な性格です。助六は、与太郎の才能を認めながらも、彼をライバル視しており、常に競い合っています。 これらのキャラクターたちは、それぞれが独自の個性を持っており、彼らの生き様は読者に感動を与えてくれます。また、彼らの落語に対する情熱とプライドは、読者に落語の魅力を再認識させてくれます。
作品名

蒼天航路の魅力と見どころ

曹操のカリスマ性とリーダーシップ 曹操は、中国の歴史上、最も有名な人物の一人であり、そのカリスマ性とリーダーシップは、多くの小説やドラマで描かれています。『蒼天航路』でも、曹操は、カリスマ性にあふれ、部下を率いて乱世を生き抜く英雄として描かれています。曹操のカリスマ性は、その並外れた武勇と知略からきています。曹操は、若い頃から武術を学び、優れた腕前を持っていました。また、曹操は、非常に頭が良く、戦術や戦略に長けていました。曹操は、カリスマ性を活かして、部下を集め、魏の建国に成功しました。曹操は、部下に対して非常に寛大で、部下の才能を認めて、重用しました。また、曹操は、部下の失敗を許し、部下が成長する機会を与えました。曹操の寛大さと人材育成の能力は、部下の忠誠心を高め、魏の結束力を強めました。さらに、魏の勢力拡大に大きく貢献しました。
作品名

「3月のライオン」の魅力

「3月のライオン」の魅力のひとつは、主人公の桐山零の成長物語です。零は、14歳のプロ棋士ですが、両親を亡くし、天涯孤独の身です。そんな零が、川本家と出会い、川本家の人々と関わる中で、少しずつ成長していきます。 零は、川本家の人々と関わることで、家族の大切さを知ります。川本家の人々は、零を家族の一員として迎え入れ、零も川本家の人々を家族として大切に思うようになります。零は、川本家の人々との関わりの中で、孤独だった自分を克服し、少しずつ心を開いていきます。 また、零は、川本家の人々との関わりの中で、将棋に対する考え方を変えていきます。零は、それまで将棋を「勝つためだけの道具」として考えていましたが、川本家の人々との関わりの中で、将棋は「人と人をつなぐツール」であることを知ります。零は、将棋に対する考え方を変えたことで、将棋をより楽しむことができるようになります。 零の成長物語は、「3月のライオン」の大きな魅力のひとつです。零が、川本家の人々と関わることで、少しずつ成長していく姿は、読者に勇気と感動を与えてくれます。
作品名

「将国のアルタイル」の魅力

「将国のアルタイル」の魅力は、トルキエ将国という架空の国が舞台であることです。トルキエ将国は、ヨーロッパとアジアの文化が混在する架空の国であり、独自の風習や習慣を持っています。また、トルキエ将国は、複数の国家が覇権を争う戦乱の舞台でもあります。 トルキエ将国が舞台であることで、「将国のアルタイル」は、現実とは異なる世界観を持つ作品となっています。この世界観は、読者にとって新鮮であり、物語への没入感を高めてくれます。また、トルキエ将国が戦乱の舞台であることで、「将国のアルタイル」は、緊迫感や緊張感に満ちた作品となっています。この緊迫感や緊張感は、読者を惹きつけ、物語の展開に夢中にさせてくれます。 「将国のアルタイル」の魅力は、トルキエ将国という架空の国が舞台であることにあります。この架空の国は、読者にとって新鮮であり、物語への没入感を高めてくれます。また、この架空の国が戦乱の舞台であることで、「将国のアルタイル」は、緊迫感や緊張感に満ちた作品となっています。この緊迫感や緊張感は、読者を惹きつけ、物語の展開に夢中にさせてくれます。
作品名

「綿の国星」の魅力と背景

「綿の国星」は、日本の作家である川端康成氏が1947年に発表した中編小説です。綿の国星とは、子供が生まれない星のことです。その星から地球を訪れた少女が主人公で、次第に地球の文化や価値観に魅かれていく姿を描いています。 この小説は、第二次世界大戦後の混乱期に発表され、多くの読者に支持されました。現在でも、そのストーリーの特徴とあらすじは、多くの読者を惹きつけています。 ストーリーの特徴としては、まず、主人公である少女の成長が描かれていることが挙げられます。少女は、最初は地球の文化や価値観に戸惑いを感じていましたが、次第にそれらに魅かれていきます。そして、地球で出会った人々との交流を通して、人間としての成長を遂げていきます。 また、この小説は、地球の文化や価値観を再認識させる作品でもあります。少女の視点を通して、読者は地球の自然の美しさや人間らしさなどに気づかされます。そして、地球の文化や価値観の大切さを再認識させられます。 あらすじとしては、少女は綿の国星から地球にやって来ます。そして、地球で様々な人々と出会い、交流を深めていきます。その中で、少女は地球の文化や価値観に魅かれていきます。そして、少女は地球に残ることを決意します。
作品名

鉄拳チンミの魅力

鉄拳チンミの魅力鉄拳チンミとは。* -1.漫画「鉄拳チンミ」- 前川たけしが描いた漫画。中国拳法の武芸者たちの修行と戦いを描いた作品です。「月刊少年マガジン」で1983年12月から1997年2月まで連載されました。続編「新鉄拳チンミ」は1997年3月から2004年11月まで、「鉄拳チンミLegends」は2006年9月から現在まで連載されています。第11回(1987年)講談社漫画賞少年部門を受賞しています。 * -2.アニメ「鉄拳チンミ」- 漫画「鉄拳チンミ」を原作とする日本...
作品名

行け!稲中卓球部:ギャグ漫画の金字塔

稲中卓球部は、古谷実によるギャグ漫画であり、1992年から1996年まで『週刊少年ジャンプ』で連載された。その魅力は、その独特の世界観とキャラクターの魅力にある。 この作品は、神奈川県稲豊中学校を舞台に、卓球部に所属する越前カンナを中心とした個性豊かなキャラクターたちが繰り広げる日常を描いている。 稲中卓球部の笑いの特徴は、そのシュールさとブラックユーモアにある。例えば、越前カンナは、卓球が得意だが、その性格は非常に天然で、その言動は常に周囲を驚かせている。また、卓球部の顧問である木下監督は、その突拍子もない行動や言動で、生徒たちを常に振り回している。 稲中卓球部の感動の特徴は、その友情と努力にある。越前カンナたちは、卓球を通じて友情を深め、成長していく。また、彼らは卓球を通じて様々な困難に立ち向かい、努力を重ねていく。その姿は、読者に感動を与えている。 稲中卓球部は、ギャグと感動の両方を兼ね備えた、唯一無二の作品である。その魅力は、現在でも多くの人々を魅了している。
作品名

「凄ノ王」の超能力世界

現代に蘇った須佐之男命 超能力世界「凄ノ王」の中心人物であり、「凄ノ王」の支配者でもある須佐之男命は、古代日本の神話に登場する神であり、荒ぶる神として知られています。須佐之男命は、八百万の神々の父である伊邪那岐命と、八百万の神々の母である伊邪那美命の子として生まれ、兄である天照大神とは対立関係にありました。須佐之男命は、天照大神の怒りを買って高天原から追放され、のちに地上に降り立ちました。 地上に降り立った須佐之男命は、八岐大蛇を退治し、稲田姫命を救い出しました。須佐之男命と稲田姫命の間には、八人の子供が生まれ、須佐之男命の子孫は、のちに日本の皇室となりました。須佐之男命は、日本の神話の英雄であり、その武勇伝は、古くから語り継がれてきました。 「凄ノ王」の世界では、須佐之男命は、超能力者として描かれています。須佐之男命は、八岐大蛇を退治した際に使用した「十拳剣」を武器としており、この剣は、あらゆるものを切り裂くことができます。また、須佐之男命は、八岐大蛇の毒を浴びても平気なほどの強靭な肉体を持ち、不死身の存在でもあります。 須佐之男命は、「凄ノ王」の世界で、悪と戦う正義の味方として描かれています。須佐之男命は、八岐大蛇を退治した際に使用した「十拳剣」を武器としており、この剣は、あらゆるものを切り裂くことができます。また、須佐之男命は、八岐大蛇の毒を浴びても平気なほどの強靭な肉体を持ち、不死身の存在でもあります。 須佐之男命は、「凄ノ王」の世界で、悪と戦う正義の味方として描かれています。須佐之男命は、八岐大蛇を退治した際に使用した「十拳剣」を武器としており、この剣は、あらゆるものを切り裂くことができます。また、須佐之男命は、八岐大蛇の毒を浴びても平気なほどの強靭な肉体を持ち、不死身の存在でもあります。
作品名

「ちはやふる」の世界へようこそ

競技かるたは、かるたを用いて行われる競技で、1対1で対戦します。競技かるたの魅力は、何といっても、そのスピード感と緊迫感です。札がばらまかれると、プレイヤーは札を素早く取り合い、瞬時に札を読み上げていきます。そのスピード感は、見ている者を圧倒します。また、競技かるたは、読み手と取り手の息が合った連携が重要です。読み手は、札を読み上げる際に、取り手が取りやすいように、札の場所や向きを工夫する必要があります。取り手は、読み手の読み上げに合わせて、素早く札を取り上げていきます。読み手と取り手の息が合っていると、札を取っていくスピードもぐんぐん上がり、その様子は、まるで息を飲むような緊張感に包まれます。競技かるたの魅力は、そのスピード感と緊迫感に加え、戦略性にもあります。競技かるたでは、ただ札を早く取ればいいというわけではありません。相手よりも早く札を取ることが重要ですが、そのために、札の配置や読み手の癖などを考慮して、戦略を立てる必要があります。戦略を立てることで、より効率的に札を取ることができます。
作品名

おいピータン!!ってどんな漫画?

おいピータン!!の概要 おいピータン!!は、おおばやしみゆきによる日本の漫画作品である。週刊少年マガジン(講談社)にて2001年35号から2002年44号まで連載された。単行本は全4巻。 物語の舞台は、東京都荒川区東尾久。主人公のピータンは、中国から日本にやって来た少年。日本語が話せないピータンは、同級生の少年少女たちと交流を深めながら、日本での生活に馴染んでいく。 ピータンは、勉強が苦手だが、運動神経抜群の少年。また、ピータンは、お料理が得意で、学校給食のメニューを考案したり、クラスメイトのお弁当を作ったりする。 ピータンの同級生には、おっとりとした性格の少女・カリン、クラスのリーダー的存在の少年・タケシ、お調子者の少年・ユウタなどがいる。ピータンは、彼らと交流を深めながら、日本での生活に馴染んでいく。 おいピータン!!は、ピータンと彼を取り巻く人々との交流を温かく描いた作品である。また、ピータンの奮闘する姿は、読者に勇気を与える。
作品名

ラブひな:コメディ・ストーリーと魅力的なキャラクターたち

ラブひなは、赤松健によって書かれた日本の漫画シリーズです。1998年から2001年まで月刊少年マガジンで連載され、全14巻で完結しました。アニメ化、ゲーム化、ドラマ化など、さまざまなメディアミックス展開も行われています。 ラブひなは、女子寮であるひなた荘を舞台に、そこに住む男女高校生の恋愛模様を描いたラブコメディです。主人公の男性、浦島景太郎は、幼馴染の女の子、成瀬川なるに再会するため、ひなた荘に引っ越してきます。しかし、ひなた荘には女性しか住んでおらず、景太郎は唯一の男性住人になってしまいます。景太郎は、ひなた荘の女子寮生たちと共同生活をする中で、彼女たちと恋に落ちていきます。 ラブひなは、そのコミカルなストーリーと魅力的なキャラクターたちで人気を集めました。また、アニメ化、ゲーム化、ドラマ化など、さまざまなメディアミックス展開が行われたことで、ますます人気が高まりました。ラブひなは、現在でも多くのファンに愛されている作品です。
作品名

ウルトラ忍法帖の魅力

ウルトラ忍法帖は、1987年に公開された日本のアニメ映画です。東映動画(現・東映アニメーション)が制作し、東映が配給しました。監督は渡辺勝也、脚本は井上敏樹、キャラクターデザインは小山高生、音楽は菊池俊輔が担当しました。 ウルトラ忍法帖は、戦国時代を舞台に、忍者たちを描いた作品です。主人公は、伊賀の里の忍者である九鬼新之助です。新之助は、ある日、甲賀の里の忍者である尾張潜竜と出会い、ライバル関係になります。二人は、互いに切磋琢磨しながら、忍者の道を極めていきます。 ウルトラ忍法帖は、少年忍者たちのアクションや、忍術バトルが魅力の作品です。また、忍者の世界観や、友情・恋愛といったテーマも描かれており、幅広い世代にアピールしています。
作品名

音楽の力で紡がれる母と娘の絆

小さな町の片隅に、未婚の母と娘が暮らしていました。母は若い頃、ひょんなことから娘を授かり、以来、女手一つで娘を育ててきました。貧しい生活ではありましたが、2人は仲睦まじく、幸せな毎日を送っていました。 ある日、母は娘に「音楽の才能がある」と気づきました。娘は歌が大好きで、よく口ずさんでいました。母の勧めで娘は音楽教室に通い始め、みるみるうちに上達していきました。やがて娘は、地元のコンテストに出場し、優勝を果たしました。母は娘の成功を心から喜び、2人の絆はさらに深まりました。 しかし、幸せな日々は長く続きませんでした。娘が10代の頃、母は病に倒れ、他界してしまいました。娘は母の死を悲しみ、しばらくの間、音楽から離れてしまいました。しかし、やがて彼女は母の遺志を継ぐべく、音楽の道を歩み始めました。 娘は歌手としてデビューし、瞬く間に人気者になりました。彼女は母の歌を歌い、母の思い出を人々に伝えました。彼女の歌は多くの人々の心に響き、彼女は「母の歌を歌うシンガー」として知られるようになりました。 娘は、母の死を乗り越えて、歌手として成功を収めました。そして、彼女は母の歌を歌い続けることで、母との絆をいつまでも保ち続けているのです。
作品名

「ゴリラーマン」の魅力とは?

大人気のゴリラーマン ゴリラーマンは、数年前からインターネット上で話題となっているキャラクターです。その名の通り、ゴリラのような外見をしており、筋肉質な体格と大きな頭部が特徴です。ゴリラーマンは、主に動画やイラストなどのコンテンツで活躍しており、そのユニークなキャラクター性と愛らしい仕草で多くの人々から人気を集めています。 ゴリラーマンの人気の理由の一つは、その親しみやすさと共感を得られるキャラクターにあります。ゴリラーマンは、一見すると屈強で怖い印象を与えますが、実は温厚で優しい性格の持ち主です。また、ゴリラーマンは、人間社会に溶け込もうと努力する姿が描かれることが多く、そのギャップに思わずほっこりさせられる人も少なくありません。 さらに、ゴリラーマンは、そのユーモアセンスも人気を博しています。ゴリラーマンは、動画やイラストの中で、時折ユーモアあふれる言動や行動をとります。そのユーモアセンスは、多くの人々に笑いと癒しを与え、ゴリラーマンのファンを増やしています。 ゴリラーマンは、そのユニークなキャラクター性、親しみやすさ、ユーモアセンスなどから、多くの人々に愛されているキャラクターです。今後は、ますます活躍の場を広げ、さらに多くの人々に愛されていくことでしょう。
作品名

天才柳沢教授の生活

柳沢教授の規則正しい生活 柳沢教授は、規則正しい生活を送ることで有名な天才教授です。毎日午前6時に起床し、朝食を食べてから大学へと向かいます。午後は、研究や講義に没頭し、午後10時には就寝するという規則正しい生活を送っています。 柳沢教授を支える規則正しい生活の秘訣は、何といっても規則正しい食事にあります。柳沢教授は、朝食は必ずご飯と味噌汁、焼き魚、それに野菜をたっぷり摂るようにしています。昼食は、大学で学食で食べることが多いのですが、その際も、麺類や丼ものよりも、定食を選ぶようにしています。夕食は、自宅で奥さんと一緒に食べるのですが、その際も、野菜をたっぷり摂るようにしています。また、柳沢教授は、間食をしないように心がけています。 柳沢教授の規則正しい生活は、教授の健康を支えるとともに、教授の研究にも良い影響を与えています。教授は、規則正しい生活を送ることで、常に集中力を高めることができ、研究に没頭することができるのです。また、教授の規則正しい生活は、教授の学生にも良い影響を与えています。学生たちは、教授の規則正しい生活を見て、自分も規則正しい生活を送ろうと心がけるようになります。 柳沢教授の規則正しい生活は、教授の健康と研究、そして学生たちにとっても良い影響を与えています。
作品名

ダイヤのAの世界を徹底解説

-ダイヤのAとは何か- 「ダイヤのA」とは、寺嶋裕二氏による日本の高校野球漫画である。2006年から『週刊少年マガジン』で連載が開始され、2022年現在も連載が続いている。 「ダイヤのA」の舞台は、西東京にある私立青道高校。主人公の沢村栄純は、秋田県から青道高校野球部にスカウトされ、入部する。沢村は、甲子園出場を目標に、ライバルたちと切磋琢磨しながら成長していく。 「ダイヤのA」は、高校野球のリアルな描写と、魅力的なキャラクターが人気の作品である。2013年にはテレビアニメ化され、2015年には実写映画化もされた。また、ゲームや小説などのメディアミックスも展開されている。 「ダイヤのA」は、高校野球ファンはもちろん、野球に興味がない人でも楽しめる作品である。手に汗握る試合展開と、登場人物たちの成長物語が魅力的な作品となっている。
作品名

BEASTARSの魅力を徹底解説!

BEASTARSの魅力を徹底解説! 擬人化された動物たちが織りなす奥深いドラマ BEASTARSの世界観は、擬人化された動物たちが暮らす世界です。動物たちはそれぞれ、肉食獣と草食獣に分かれており、肉食獣は草食獣を食べるという生態系が成り立っています。そんな世界で、主人公のオオカミ・レゴシは、ウサギのハルに出会い、恋に落ちます。しかし、肉食獣と草食獣の恋愛は、社会的に認められていません。レゴシとハルは、多くの困難を乗り越えながら、愛を育んでいきます。 BEASTARSの魅力は、擬人化された動物たちの人間らしさにあります。動物たちは、人間と同じように、喜び、悲しみ、怒り、愛情を感じます。また、動物たちはそれぞれの種族に特有の文化や習慣を持っています。それらの文化や習慣が、ドラマの中で重要な役割を果たします。 BEASTARSは、擬人化された動物たちを通して、人間の社会のさまざまな問題を浮き彫りにしています。たとえば、肉食獣と草食獣の差別、恋愛における障害、大人と子供の関係などです。BEASTARSは、私たちに、人間の社会について深く考えさせる作品です。 また、BEASTARSは、絵柄の美しさも魅力のひとつです。動物たちの毛並みはリアルに描かれており、表情も豊かです。また、背景も細かく描き込まれており、世界観に没入することができます。 BEASTARSは、奥深いドラマと美しい絵柄を兼ね備えた、魅力的な作品です。ぜひ、一度見てみてください。
作品名

『コウノドリ』全収録!

『コウノドリ』は、2015年10月よりTBS系列で放送された日本のテレビドラマであり、鈴野れんの漫画作品『コウノドリ』を原作としている。全11話で放送され、主演は綾野剛。 ドラマの舞台は、東京都立ペルソナ総合周産期母子医療センター。この病院は、日本でも有数の周産期医療を専門とする病院であり、妊娠・出産・育児に関するあらゆる診療が行われている。 ドラマの主人公は、この病院に勤務する産婦人科医の鴻鳥サクラ(綾野剛)である。鴻鳥は、常に患者を第一に考え、どんなに困難な状況でも患者とその家族を救うために最善を尽くす医師である。 ドラマでは、鴻鳥をはじめとする産婦人科医たちが、妊娠・出産・育児に関する様々な問題に直面しながらも、患者とその家族と向き合い、命の大切さを伝えていく。また、ドラマでは、患者とその家族の視点から、妊娠・出産・育児のリアルな姿が描かれており、多くの視聴者が共感した。
作品名

「こどものおもちゃ」の世界観

「こどものおもちゃ」の世界観は、現代社会を描くリアルなストーリーで構成されています。物語の舞台は、大都市の片隅にある小さなアパート。主人公の倉田紗南は、両親が離婚し、母親と二人暮らしをしています。紗南は、母親の再婚相手である羽山秋彦と彼の連れ子の羽山美咲と3人で暮らすことになります。 秋彦は、仕事一筋で家事や育児には無関心。美咲は、紗南に反抗的な態度をとります。紗南は、新しい家族に馴染めず、孤独と疎外感を感じています。そんな紗南の前に、謎のぬいぐるみ・ハクションが現れます。ハクションは、紗南に「おもちゃの国」の存在を教えてくれます。おもちゃの国は、おもちゃが人間のように暮らす不思議な世界です。紗南は、おもちゃの国を訪れ、おもちゃたちと交流を深めていきます。 おもちゃの国での経験を通じて、紗南は家族の大切さや友達の大切さを学びます。そして、秋彦や美咲との関係も改善されていきます。紗南は、おもちゃの国と現実世界を行き来しながら、成長していくのです。「こどものおもちゃ」は、子供向けのアニメでありながら、大人にも響く深いメッセージを秘めた作品です。
作品名

「れもん白書」の魅力

「れもん白書」の恋愛描写のリアルさは、読者の共感を呼び、作品をより身近なものにしています。登場人物たちの恋の悩みや葛藤は、まるで自分自身のことであり、一緒に喜んだり、泣いたりする読者も多いことでしょう。 また、作品には恋愛の美しさだけでなく、残酷さも描かれています。恋に破れ、傷つく登場人物も少なくありません。しかし、その中でも彼らは前を向き、成長していきます。その姿に励まされ、読者もまた前を向くことができるのです。 「れもん白書」の恋愛描写は、リアルで共感できるだけでなく、読者に希望を与えるものです。だからこそ、この作品は多くの人々に愛され続けているのです。
作品名

恋愛体験のために恋愛を疑似体験!? 遠山えまの漫画「私に××しなさい」

恋愛経験のない主人公の苦悩 物語の主人公である二葉に恋心を抱くお調子者の桜庭は、二葉に告白する。しかし、彼女は恋愛経験がないため、恋愛感情や、どうやって恋人同士になればいいのかなど、すべてがわからない。そして、桜庭から「私に××しなさい」とお願いされる。二葉は 戸惑いながらも、恋愛を疑似体験するため、桜庭の提案を受け入れることにする。 恋愛経験がないことは、二葉にとって大きな悩みである。なぜなら、周りの友達は皆、恋愛を経験しており、自分は恋愛の話題に全くついていけないからである。例えば、友達が好きなアイドルのコンサートに行くことを話していても、二葉は「アイドルって何?」と思ってしまう。また、友達が恋人とデートに行ったことを話していても、二葉は「デートって何?」と思ってしまう。 二葉は、恋愛経験がないことで、自分が周りから浮いているのではないかと感じてしまう。そして、恋愛経験がないことを恥ずかしく思ってしまう。そのため、二葉は恋愛を疑似体験することで、恋愛について学び、恋愛経験のある友達と同じ土俵に立ちたいと考えるようになるのである。
作品名

霊媒先生の大冒険

霊媒の才能を持つ教師の奇想天外な日常 霊媒とは、霊と交信する能力がある人物のこと。そんな霊媒の才能を持つ教師が、日常の中で様々な出来事に遭遇する、奇想天外な物語が「霊媒先生の大冒険」である。 主人公は、霊媒の才能を持つ教師の青山先生。彼は、ある日、生徒の霊が憑依した生徒を救うために、霊媒の能力を使って霊を退散させた。この事件をきっかけに、彼の霊媒の才能が学校中に知れ渡り、生徒や教師、さらには保護者からも相談を受けるようになった。 青山先生は、霊媒の能力を使って、様々な問題を解決していく。例えば、いじめを受けている生徒を助けるために、いじめの原因となっている霊を退散させたり、行方不明になった生徒の居場所を霊視したり、さらには、学校の怪談の謎を解き明かしたりする。 青山先生の霊媒の能力は、時に奇想天外な出来事を引き起こすこともある。例えば、彼は、霊と会話をするために、霊界に旅行したり、霊に取り憑かれてしまう生徒を救うために、霊と対決したりする。また、彼は、霊の力を使って、生徒たちの悩みを解決したり、彼らの未来を予言したりすることもある。 青山先生の霊媒の才能は、彼の日常に様々な出来事を引き起こし、彼の生活を奇想天外なものにしていく。彼の霊媒の能力が、どのように彼の生活を変えていくのか、そして、彼がどのような事件に遭遇していくのか、それは、この物語の大きな見どころである。