豊島

地名・ロケ地

無人島「二窓島」の美しい景観と伝統漁法

二窓島の自然の美しさと歴史 二窓島は、日本の伊豆諸島にある無人島です。面積は約0.3平方キロメートルで、島の最高点は標高132メートルです。二窓島は、二つの窓のように見える洞窟があることで知られており、それが島の名前の由来となっています。 二窓島は、美しい景観と豊かな自然が残る島です。島の周囲は断崖絶壁に囲まれており、その頂上からは伊豆諸島を一望することができます。また、島の南側には、白砂のビーチが広がっており、シュノーケリングや海水浴を楽しむことができます。 二窓島には、長い歴史があります。島には縄文時代から人が住んでおり、弥生時代には漁業や農業が行われていました。江戸時代には、二窓島は伊豆諸島の重要な漁場として知られており、多くの漁師が島を訪れていました。 二窓島は、美しい景観と豊かな自然、そして長い歴史を持つ島です。島には、今も昔ながらの伝統漁法が行われており、島の漁師たちは、毎日新鮮な魚介類を獲っています。二窓島は、伊豆諸島を訪れる際にはぜひ訪れてみたい島の一つです。
施設名・ロケ地

航路の詳細と歴史を解説 フェリー「なおしま」の魅力

フェリー「なおしま」の航路は、兵庫県神戸市と香川県直島を結んでいます。神戸港から直島宮浦港までは、約2時間30分の航海です。フェリーは1日2往復運航されており、片道運賃は大人1名あたり2,400円です。また、フェリー「なおしま」は、直島だけでなく、小豆島、豊島、犬島など、瀬戸内の他の島々にも寄航しています。 フェリー「なおしま」の航路は、1961年に開設されました。当初は、神戸と直島を結ぶ航路でしたが、その後、小豆島、豊島、犬島にも寄航するようになりました。フェリー「なおしま」は、瀬戸内の島々の人々の生活に欠かせない交通手段として、長年親しまれてきました。 2010年には、フェリー「なおしま」が新造されました。新造されたフェリーは、従来のフェリーよりも大型で、バリアフリーにも対応しています。また、新造されたフェリーには、レストランや売店、展望デッキなど、様々な施設が備えられており、快適な船旅を楽しむことができます。 フェリー「なおしま」は、瀬戸内の美しい景色を眺めながら、島々を巡ることができる人気の観光スポットです。特に、直島は、現代アートの島として知られており、国内外から多くの観光客が訪れています。フェリー「なおしま」を利用して、瀬戸内の島々をめぐる旅をしてみてはいかがでしょうか。
施設名・ロケ地

豊島八百万ラボの魅力

豊島八百万ラボとは 豊島八百万ラボは、東京都豊島区にある、地域に根ざしたコミュニティスペースです。2018年4月にオープンし、以来、地域の住民や企業、団体が交流し、協力しながら、さまざまな活動を行ってきました。 ラボは、大きく分けて3つのスペースで構成されています。1つ目は、コワーキングスペースです。フリーランスや起業家、学生など、さまざまな人が利用しており、仕事や勉強をすることができます。2つ目は、イベントスペースです。講演会やワークショップ、展覧会など、さまざまなイベントが開催されています。3つ目は、カフェスペースです。コーヒーや紅茶などの飲み物を提供しており、休憩や打ち合わせに利用することができます。 ラボの魅力は、なんといっても、地域に根ざしたコミュニティスペースであることです。さまざまな人が交流し、協力しながら、地域を盛り上げていくことができます。また、ラボには、地域の情報が集まっており、地域を知るための拠点として利用することもできます。
施設名・ロケ地

豊島美術館を徹底紹介!

豊島美術館の魅力とは? 豊島美術館の魅力は、そのユニークな建築デザインと アート作品にあります。 まず、建築デザインは、豊島の自然と調和した曲線のフォルムが特徴的です。 美術館の建物は、島の地形に合わせて緩やかなカーブを描いており、周囲の緑と一体化したような景観となっています。 内部は、自然光がたっぷり降り注ぐ明るい空間で、展示されている作品を引き立てています。 また、美術館の敷地内には、豊島のアーティストによる作品が点在しており、自然の中でアートを鑑賞することができるのも魅力のひとつです。 特に、豊島美術館のシンボル的な作品である「母なる大地」は、美術館の敷地内に設置されている巨大な彫刻で、その圧倒的な存在感で訪れる人を魅了しています。 豊島美術館は、そのユニークな建築デザインとアート作品に加え、 豊島の自然を活かした展示方法など、様々な魅力を備えた美術館です。 国内外から多くの人が訪れる人気の観光スポットとなっており、瀬戸内国際芸術祭の開催期間中は、特に多くの人で賑わいます。
その他

「わけぎのぐるぐる」:小豆島の郷土料理

「わけぎのぐるぐる」の作り方 「わけぎのぐるぐる」は、わけぎを束にしてから、ぐるぐると巻いたものを油で揚げた料理です。わけぎのシャキシャキとした食感と、甘辛いタレが絡んだおいしさは、クセになると評判です。 まずは、わけぎを束にします。わけぎを数本まとめて、根元から適当な長さに切りそろえます。次に、わけぎをぐるぐると巻きます。わけぎの根元を片手に持ち、もう片方の手でわけぎの葉をぐるぐると巻きつけます。巻き終わったら、輪ゴムで留めておきます。 わけぎを巻いたら、揚げていきます。揚げ油を170℃に熱し、わけぎを揚げていきます。わけぎがキツネ色になったら、取り出して油を切ります。 わけぎを揚げ終わったら、タレを作ります。タレは、醤油、みりん、砂糖、酒を同量ずつ混ぜて作ります。タレが温まったら、わけぎを絡めて完成です。 「わけぎのぐるぐる」は、お酒のおつまみにも、ご飯のおかずにもぴったりです。ぜひ、作ってみてはいかがでしょうか。
地名・ロケ地

尾久比島について

尾久比島の概要 尾久比島は、愛媛県の上島町にある島であり、魚島群島のひとつである。面積は約4.4平方キロメートル、人口は約120人である。島の中心は、西海岸にある尾久比港である。港には、尾久比島と上島町の本土を結ぶ定期船が発着している。 尾久比島の歴史は古く、13世紀の鎌倉時代には、すでに人が住んでいたことがわかっている。16世紀には、毛利氏が島を支配した。17世紀には、加藤嘉明が島を支配し、尾久比城を築いた。江戸時代には、尾久比島は広島藩の領地となった。 尾久比島の産業は、主に漁業と農業である。漁業では、ハマチやイシダイなどの魚介類を獲っている。農業では、米やイモなどを栽培している。尾久比島は、温暖な気候と美しい自然に恵まれた島であり、観光にも力を入れている。島の観光スポットには、尾久比城跡や尾久比海水浴場などがある。
施設名・ロケ地

「心臓音のアーカイブ」の魅力

唐櫃地区に息づく現代アート 唐櫃地区は、広島県呉市の北西部に位置する地区です。牡蠣の養殖が盛んな地域であり、美しい海岸線が続き、温暖な気候で知られています。そんな唐櫃地区に、近年、現代アートが根付きつつあります。 きっかけは、2011年に開催された「唐櫃国際芸術祭」でした。この芸術祭では、国内外のアーティストが唐櫃地区を訪れ、作品を制作・展示しました。芸術祭は大盛況のうちに幕を閉じましたが、その後も唐櫃地区には現代アートの気運が残りました。 現在、唐櫃地区には、現代アートギャラリーやアートスタジオが点在しています。また、街中にはアーティストの作品が展示されており、唐櫃地区は、現代アートの新しい拠点として注目を集めています。 唐櫃地区の現代アートの魅力は、その多様性にあります。地元のアーティストの作品から、国内外のアーティストの作品まで、さまざまなジャンルの作品を見ることができます。また、唐櫃地区の自然や歴史をテーマにした作品も多く、唐櫃地区を訪れる人々に、新たな視点を与えてくれます。 唐櫃地区の現代アートは、まだ発展途上ですが、今後、さらに注目が集まること間違いなしです。唐櫃地区を訪れた際には、ぜひ現代アートに触れてみてください。
地名・ロケ地

広島県呉市の島「豊島」の魅力

豊島の歴史と文化 豊島は、瀬戸内海に浮かぶ小さな島である。呉市の本土から約5キロメートルに位置し、周囲は約4キロメートルである。島の面積は約1.3平方キロメートル、人口は約100人である。豊島は、温暖な気候と豊かな自然に恵まれた島である。島には、みかんやレモンなどの柑橘類が栽培されており、また、海の幸も豊富である。 豊島の歴史は古く、弥生時代には人が住んでいたといわれている。奈良時代には、豊島に寺が建立された。平安時代には、豊島は平家の拠点となり、源平合戦の舞台となった。室町時代には、豊島は毛利氏の支配下に入り、江戸時代には、広島藩の領地となった。明治維新後は、豊島は呉市の管轄となった。 豊島には、多くの歴史的建造物が残されている。その中でも、豊島のシンボルともいえるのが、豊島城である。豊島城は、鎌倉時代に築城されたと伝えられており、国の史跡に指定されている。また、豊島には、豊島神社や豊島寺など、多くの神社仏閣がある。 豊島は、伝統芸能も盛んである。豊島の伝統芸能といえば、豊島の獅子舞である。豊島の獅子舞は、江戸時代から伝わるもので、国の重要無形民俗文化財に指定されている。豊島の獅子舞は、豊島の神社の祭礼などで披露され、人々を楽しませている。
地名・ロケ地

小豊島→ 魅力あふれる自然と歴史の島

小豊島は、瀬戸内海に浮かぶ小さな島です。面積はわずか1.28平方キロメートル、人口は約700人です。島は、東西約3キロメートル、南北約2キロメートルの細長い形をしており、最高峰は標高74メートルの稲積山です。小豊島の歴史は古く、縄文時代にはすでに人が住んでいたとされています。その後、弥生時代、古墳時代、奈良時代、平安時代、鎌倉時代、室町時代、戦国時代、江戸時代と、長い歴史を重ねてきました。明治時代には、小豊島は香川県に編入されましたが、昭和29年に愛媛県に編入されました。 小豊島の産業は、農業、漁業、観光業が盛んです。農業では、米、麦、野菜などが栽培されています。漁業では、鯛、ハマチ、スズキなどが水揚げされます。観光業では、小豊島の美しい自然と歴史が人気を集めています。小豊島には、稲積山展望台、亀ヶ池、弁天島、小豊島歴史民俗資料館など、多くの観光スポットがあります。また、小豊島では、毎年8月に「小豊島盆踊り大会」が開催されます。この盆踊り大会は、小豊島の伝統的な盆踊りを披露するもので、多くの観光客が訪れます。
地名・ロケ地

香川県家浦港のすべて

家浦港の歴史は古く、奈良時代に遡ります。当時は、讃岐国と阿波国を結ぶ重要な港として栄えていました。平安時代に入ると、家浦港は瀬戸内海の海上交通の拠点となり、多くの船舶が行き交うようになりました。鎌倉時代には、源平合戦の舞台となり、家浦港は平家方の拠点となりました。その後、室町時代になると、家浦港は細川氏の支配下に入り、戦国時代には、長宗我部氏の支配下に入りました。江戸時代になると、家浦港は高松藩の支配下に入り、讃岐国と阿波国を結ぶ重要な港として、再び栄えるようになりました。明治時代に入ると、家浦港は近代化が進み、多くの汽船が寄港するようになりました。第二次世界大戦後、家浦港はさらに近代化が進み、現在では、コンテナ船やカーフェリーが寄港する、瀬戸内海有数の港となっています。
施設名・ロケ地

瀬戸内国際芸術祭のベネッセアートサイト直島

瀬戸内国際芸術祭とは、香川県の瀬戸内海に浮かぶ大小12の島々と、岡山県の一部地域を舞台に、現代美術を中心とした国際芸術祭です。1994年に前身の「直島コンテンポラリーアートミュージアム1994」としてスタートし、2010年には「瀬戸内国際芸術祭2010」として開催されました。その後、3年に1度の開催となり、2019年に「瀬戸内国際芸術祭2019」が開催されました。 芸術祭の特徴は、島の自然や歴史、文化と現代美術が融合した作品が多く展示されていることです。また、島の人々とアーティストが交流し、共同で作品制作を行うなど、地域と芸術が密接に結びついているのも特徴です。芸術祭期間中は、島々を巡るシャトルボートやフェリーが運行され、島を巡りながら作品鑑賞を楽しむことができます。また、各島には、作品を展示する美術館やギャラリーがあり、島の人々の暮らしや歴史を学ぶことができます。