豚丼

モノの名前

十勝名物豚丼の真実!北海道発祥の丼料理の歴史と美味しさ

豚丼は、北海道十勝地方で生まれた郷土料理です。その誕生には、いくつかの説があります。 一説によると、豚丼の起源は、明治時代初期に十勝地方に開拓民が入植したことにあります。開拓民たちは、厳しい自然環境の中で、食料を確保するため豚を飼育していました。やがて、豚の肉を味噌や醤油で味付けしてご飯にのせた豚丼が、開拓民の間で広まったといわれています。 もう一説によると、豚丼は、大正時代に十勝地方で活躍した飲食店経営者によって考案されたといわれています。この飲食店経営者は、豚の肉を炭火で焼いてタレで味付けし、ご飯にのせて提供したところ、大好評を博しました。これが豚丼の始まりであり、やがて北海道全土に広まったといわれています。 いずれにしても、豚丼は北海道十勝地方で生まれ、やがて北海道全土に広まった郷土料理です。その美味しさは、豚肉の旨味とタレの甘辛さが絶妙にマッチしたところにあります。豚丼は、北海道を代表する丼料理の一つであり、現在では全国各地で食べることができます。
その他

豚丼の日(2月10日)って知ってる?

株式会社ソラチは、北海道の北竜町に本拠を置く会社で、豚丼の製造と販売を行っています。同社は1975年に創業し、現在は豚丼の製造工場を北海道と埼玉県の2カ所に有しています。ソラチの豚丼は、北海道産の豚肉を使用し、独自のタレで味付けされています。創業以来、40年以上愛され続けているロングセラー商品です。 ソラチは、豚丼の製造販売だけでなく、飲食店の運営や、食品の加工販売も行っています。同社の直営店は、北海道に7店舗、埼玉県の東松山に1店舗あります。また、同社の豚丼は、全国のスーパーやコンビニエンスストアでも販売されています。 ソラチは、豚丼の製造販売を通じて、北海道の農業を活性化することを目指しています。同社は、北海道産の豚肉を積極的に使用しており、豚丼の製造工場がある北竜町では、地元の農家と協力して豚肉を生産しています。また、同社は、豚丼の製造過程で出る残渣を肥料として活用するなど、環境に配慮した経営にも取り組んでいます。
モノの名前

「戦国ハーぶ~丼」で味わうハーブの香りと豚肉の旨味

埼玉県大里郡寄居町の郷土料理「戦国ハーぶ~丼」は、寄居町産の豚肉とハーブをふんだんに使用したご当地丼ぶりです。豚肉の旨味とハーブの香りが絶妙にマッチし、リピーターが続出する人気メニューです。 「戦国ハーぶ~丼」は、寄居町の豊かな自然と歴史を活かした郷土料理として、2016年に誕生しました。寄居町は、戦国時代に鉢形城が築かれ、武田氏や上杉氏などの武将たちがしのぎを削った舞台です。また、寄居町は、ハーブの生産が盛んな地域としても知られており、町内にはハーブ園やハーブを使った料理を提供する飲食店が数多くあります。 「戦国ハーぶ~丼」は、そんな寄居町の魅力を凝縮した丼ぶりです。丼ぶりには、特製のハーブみそだれで味付けした豚肉、地元産の新鮮な野菜、ハーブが盛り付けられており、彩りも鮮やかです。豚肉は柔らかくジューシーで、ハーブみそだれとの相性も抜群です。野菜はシャキシャキしており、ハーブの香りがアクセントになっています。
地名・ロケ地

「みゆき豚丼」を味わう!長野県飯山のご当地グルメ

みゆき豚丼の歴史と起源 みゆき豚丼は、長野県飯山市のご当地グルメです。その歴史は古く、江戸時代まで遡ります。当時は、飯山藩の藩主が、地元の豚肉を好んで食べていたそうです。その豚肉は、藩主の寵愛を込めて「みゆき豚」と呼ばれていました。 明治時代に入り、飯山藩が廃藩置県されると、みゆき豚は一般庶民の口にも入るようになりました。そして、大正時代になると、飯山の商人たちが、みゆき豚を炭火で焼いて丼に乗せた「みゆき豚丼」を売り出すようになりました。 みゆき豚丼は、その美味しさから瞬く間に飯山の名物となり、昭和初期には、飯山の郷土料理として認定されました。現在では、飯山市内の飲食店や道の駅などで、みゆき豚丼を味わうことができます。 みゆき豚丼の特徴は、なんといってもその肉質です。みゆき豚は、飯山の清涼な気候と豊かな自然の中で飼育されているため、肉質が柔らかく、旨味があります。また、みゆき豚丼は、秘伝のタレで味付けされているので、ご飯との相性も抜群です。 みゆき豚丼は、飯山を訪れた際にはぜひ味わっていただきたい一品です。
モノの名前

「この豚丼」の魅力と味わうべきポイント

「この豚丼」の魅力と味わうべきポイント 釧路地方のご当地グルメ「この豚丼」とは 釧路地方のご当地グルメである「この豚丼」は、豚肉を甘辛いタレで味付けし、ご飯の上にのせた丼ぶりです。豚肉はロース肉やバラ肉など、部位によって異なる食感や味わいが楽しめます。また、タレは醤油やみりん、砂糖などをベースに、各店独自の工夫が凝らされています。「この豚丼」は、釧路地方の飲食店で広く提供されており、地元だけでなく、観光客にも人気のグルメです。 「この豚丼」の魅力は、なんといってもその豪快なボリューム感です。豚肉は厚切りで食べ応えがあり、ご飯も大盛りに盛られていることが多いため、男性でも満足できるボリュームです。また、「この豚丼」は、豚肉とタレの相性も抜群です。豚肉は柔らかくジューシーで、タレの甘辛さが絶妙にマッチしています。さらに、「この豚丼」には、玉ねぎやネギなどの野菜もトッピングされており、野菜のシャキシャキ感も楽しめます。 「この豚丼」を味わうべきポイントは、まず、豚肉を一口大に切って、タレを絡めて食べることです。こうすることで、豚肉の旨味とタレの甘辛さが口の中に広がり、より一層美味しく味わうことができます。また、「この豚丼」には、おろし生姜や紅生姜を添えて食べるのがおすすめです。生姜の辛味と酸味が、豚肉の脂っこさをさっぱりとさせてくれます。さらに、「この豚丼」には、味噌汁や漬物がセットになっていることが多いので、汁物や漬物と一緒に食べると、より一層美味しく味わうことができます。
施設名・ロケ地

「伝説のすた丼屋」の魅力を徹底解説!

「伝説のすた丼屋」とは? 「伝説のすた丼屋」は、2002年に創業された、すた丼を中心とした丼物チェーン店です。北海道から沖縄までの全47都道府県に500店舗以上を展開し、その人気は全国区と言っても過言ではありません。「すた丼」とは、ニンニクとコショウのタレに漬け込んだ豚バラ肉を炒めてご飯に載せた丼物です。ニンニクとコショウのパンチの効いたタレと、柔らかくジューシーな豚バラ肉の組み合わせが絶妙で、多くのファンを魅了しています。 「伝説のすた丼屋」のこだわりは、そのタレにあります。ニンニクとコショウのタレは、創業以来、継ぎ足しながら使用されており、日々その味わいが深まっています。また、使用している豚バラ肉は、脂身の少ない部位を厳選し、丁寧に炒めることで、柔らかさとジューシーさを実現しています。さらに、「伝説のすた丼屋」では、ご飯の炊き方にまでこだわっており、常に最高の状態のご飯を提供しています。 「伝説のすた丼屋」の魅力は、そのコストパフォーマンスの高さにもあります。ボリューム満点の「すた丼」が、ワンコイン(500円)で食べられるという、破格の値段設定です。また、「すた丼」以外にも、唐揚げや餃子、牛丼などのメニューが充実しており、どれもリーズナブルな価格で提供されています。
モノの名前

かきぶた合戦丼とは?北海道厚岸郡厚岸町の郷土料理

-かきぶた合戦丼の誕生秘話- かきぶた合戦丼は、北海道厚岸郡厚岸町の郷土料理です。その誕生秘話は、厚岸町に伝わる昔話にさかのぼります。 昔々、厚岸町に貧しい夫婦が住んでいました。ある日、夫が海で漁をしていると、大きなかきぶたを獲りました。そのかきぶたを家に持ち帰り、夫婦で食べようとしました。しかし、かきぶたは大きすぎて、夫婦だけでは食べきることができませんでした。そこで、夫婦は町の人々を招いて、かきぶたを振る舞うことにしました。 町の人々は、かきぶたの大きさに驚き、そしてそのおいしさに舌鼓を打ちました。かきぶたは、瞬く間に町中に広まり、やがて厚岸町の郷土料理として親しまれるようになりました。 かきぶた合戦丼は、かきぶたを使った丼ぶりのことです。かきぶたは、帆立貝の仲間で、厚岸町周辺の海で多く獲れます。かきぶた合戦丼は、かきぶたを煮たり焼いたりして、丼にのせたものです。かきぶたは、ぷりぷりとした食感と、濃厚なうま味が特徴です。かきぶた合戦丼は、かきぶたのうま味を存分に味わえる一品です。
施設名・ロケ地

北海道の名物料理「しらぬか恋問の豚丼」

「しらぬか恋問とは?」 北海道新冠郡新ひだか町にある、しらぬか恋問地区の地名です。アイヌ語の「シラヌク(萱野)」と「コイトマン(「コイト」は“川”、“マン”は“上流”)」に由来し、「萱野川の源流」という意味を持っています。 しらぬか恋問は、大雪山系の伏流水が湧き出る自然豊かな地域で、古くから農業や酪農が盛んな町でした。また、豊富な水資源を利用して酒造業も盛んで、現在も地酒「恋問酒造」が製造されています。 しらぬか恋問は、北海道を代表する豚丼の産地としても知られています。脂乗りがよく、ほどよく弾力がある豚肉を使用し、甘辛いたれで絡めた豚丼は、多くの人々に愛されています。 しらぬか恋問の豚丼は、北海道のソウルフードとも呼ばれており、地元の人々はもちろん、観光客にも大変人気があります。しらぬか恋問を訪れた際には、ぜひ本場の豚丼を味わってみてください。