辛子酢味噌

その他

「わけぎあえ」とは?香川県の郷土料理をご紹介

「わけぎあえ」は香川県発祥のご当地グルメであり、香川県の郷土料理としても長く親しまれてきた一品である。 「わけぎあえ」はよくネギと間違えられるが、正確にはネギとは異なる分類に属する野菜で、ネギよりも細いのが特徴である。 「わけぎあえ」は、わけぎをさっとゆで、めんつゆと酢、砂糖などで味付けしたタレに和えた郷土料理である。 香川県では、比較的どこの家庭でも作られている郷土料理で、家庭ごとに味付けや具材が異なるのが特徴である。 「わけぎあえ」は、香川県民のソウルフードであり、お袋の味として親しまれている。 「わけぎあえ」の由来は、江戸時代まで遡る。 当時は、香川県ではわけぎが盛んに栽培されており、農民の間で、「わけぎあえ」は家庭料理として親しまれていた。 その後、「わけぎあえ」は徐々に香川県全域に広まり、現在では、香川県の郷土料理として定着している。
その他

「わけぎのぐるぐる」:小豆島の郷土料理

「わけぎのぐるぐる」の作り方 「わけぎのぐるぐる」は、わけぎを束にしてから、ぐるぐると巻いたものを油で揚げた料理です。わけぎのシャキシャキとした食感と、甘辛いタレが絡んだおいしさは、クセになると評判です。 まずは、わけぎを束にします。わけぎを数本まとめて、根元から適当な長さに切りそろえます。次に、わけぎをぐるぐると巻きます。わけぎの根元を片手に持ち、もう片方の手でわけぎの葉をぐるぐると巻きつけます。巻き終わったら、輪ゴムで留めておきます。 わけぎを巻いたら、揚げていきます。揚げ油を170℃に熱し、わけぎを揚げていきます。わけぎがキツネ色になったら、取り出して油を切ります。 わけぎを揚げ終わったら、タレを作ります。タレは、醤油、みりん、砂糖、酒を同量ずつ混ぜて作ります。タレが温まったら、わけぎを絡めて完成です。 「わけぎのぐるぐる」は、お酒のおつまみにも、ご飯のおかずにもぴったりです。ぜひ、作ってみてはいかがでしょうか。