郡上市

施設名・ロケ地

「めいほうスキー場」でゲレンデを滑走する楽しさを知る

岐阜県の「めいほうスキー場」の魅力は、なんといってもその豊富な雪量です。標高1,200mの高原に位置し、毎年12月から3月まで約5mの積雪量を誇ります。また、コースのバリエーションも豊富で、初心者から上級者まで楽しめるコースが揃っています。ゲレンデは広く、混雑することなく滑走を楽しむことができます。さらに、山頂からは伊吹山や養老山脈の絶景を望むことができます。 「めいほうスキー場」の魅力は、ゲレンデ以外にもあります。スキーヤーやスノーボーダーのための施設が充実しているほか、温泉やレストラン、ショッピングモールなども併設されています。また、スキーやスノーボードの初心者向けに、レッスンを受けることもできます。家族や友人と一日中楽しむことができる、まさにウィンタースポーツの聖地です。
施設名・ロケ地

「古今伝授の里やまと」の魅力

「古今伝授の里やまと」とは、奈良県天理市にあるテーマパークです。ここでは、約1300年前の奈良時代から現代までの日本の文化や歴史を体験することができます。園内には、古代の貴族の邸宅を再現した建物や、江戸時代の町並みを再現した通りなど、さまざまな施設があります。また、雅楽や能楽などの伝統芸能の公演も行われており、日本の文化を存分に楽しむことができます。 「古今伝授の里やまと」は、奈良の観光スポットの中でも特に人気のある場所です。年間約100万人の観光客が訪れ、その多くが外国からの観光客です。日本の文化や歴史に興味がある方は、ぜひ一度「古今伝授の里やまと」を訪れてみてください。
モノの名前

郡上味噌が隠し味の「奥美濃カレー」とは?

奥美濃カレーの特徴は、郡上味噌の旨味が最大限に活かされた味わいです。郡上味噌は、岐阜県郡上市で生産される伝統的な味噌で、濃厚でコクのある味わいが特徴です。この郡上味噌をベースに、牛すじ肉や鶏肉、野菜を長時間煮込んだ奥美濃カレーは、まろやかながらも奥深い味わいで、多くの人を魅了しています。 また、奥美濃カレーは、地元の食材をふんだんに使用していることも特徴です。郡上味噌だけでなく、郡上市産の野菜や肉、そして飛騨牛など、地元の食材をふんだんに使用することで、奥美濃の豊かな自然の恵みを味わうことができます。 さらに、奥美濃カレーは、その見た目も特徴的です。郡上味噌の深い赤褐色と、野菜の彩り、そしてトッピングの飛騨牛のピンク色が、食欲をそそります。また、奥美濃カレーには、郡上味噌の風味をより一層引き立てるために、七味唐辛子や山椒などの薬味を添えるのが一般的です。
施設名・ロケ地

「ひるがの高原キャンプ場」で満喫する大自然

小川が流れる自然豊かなキャンプ場 ひるがの高原キャンプ場は、岐阜県高山市にあるキャンプ場です。恵まれた自然環境の中にあり、キャンプ初心者からベテランまで、幅広く楽しめるキャンプ場として人気があります。 キャンプ場の敷地内には、小川が流れており、その周辺には木々が生い茂っています。そのため、キャンプサイトは木陰に囲まれ、涼しく過ごすことができます。また、小川では水遊びや釣りを楽しむこともできます。 キャンプ場の施設も充実しています。炊事場やトイレは清潔に保たれており、シャワーやコインランドリーも完備されています。また、キャンプ用品のレンタルも行っているので、手ぶらでキャンプを楽しむことができます。 ひるがの高原キャンプ場は、大自然を満喫できるキャンプ場です。小川が流れる自然豊かなキャンプ場で、キャンプ初心者からベテランまで、幅広く楽しめるキャンプ場です。
地名・ロケ地

「和良川」の魅力と環境を守る取り組み

和良川の自然とオオサンショウウオ 和良川は、岐阜県を流れ揖斐川に合流する一級河川です。和良川は、清流として知られており、その美しさは多くの人々を魅了しています。また、和良川にはオオサンショウウオが生息しています。オオサンショウウオは、国の天然記念物に指定されている日本固有の両生類です。オオサンショウウオは、体長が30cmにもなる大型のサンショウウオで、そのユニークな姿は多くの人々を魅了しています。 和良川には、オオサンショウウオの生息に適した環境が整っています。和良川は、水質が良く、清流であるため、オオサンショウウオが餌となる水生昆虫を豊富に見つけることができます。また、和良川には、オオサンショウウオが産卵できる浅瀬や、幼体が隠れることができる岩場が多くあります。 しかし、近年、和良川の水質が悪化し、オオサンショウウオの生息数が減少しています。水質が悪化した原因は、生活排水や工場排水などの流入です。生活排水や工場排水には、オオサンショウウオに有害な物質が含まれており、これがオオサンショウウオの生息数の減少につながっています。 オオサンショウウオの生息数を回復させるためには、和良川の水質を改善することが必要です。和良川の水質を改善するためには、生活排水や工場排水の流入を抑制する必要があります。また、オオサンショウウオの生息地を保護することも重要です。オオサンショウウオの生息地を保護するためには、河川改修工事や開発行為を抑制する必要があります。 和良川は、清流として知られている美しい川です。また、和良川には、国の天然記念物に指定されているオオサンショウウオが生息しています。しかし、近年、和良川の水質が悪化し、オオサンショウウオの生息数が減少しています。オオサンショウウオの生息数を回復させるためには、和良川の水質を改善し、オオサンショウウオの生息地を保護することが必要です。
施設名・ロケ地

ウイングヒルズ白鳥リゾート – 岐阜県郡上市のスキー場

ウイングヒルズ白鳥リゾートの特徴 ウイングヒルズ白鳥リゾートは、岐阜県郡上市にあるスキー場です。標高1,000mに位置し、ゲレンデ面積は100ha以上あります。12のコースがあり、初心者から上級者まで楽しめるスキー場です。また、スキーだけでなく、スノーボードやクロスカントリースキーなども楽しむことができます。 ウイングヒルズ白鳥リゾートは、天然雪に恵まれたスキー場です。雪質が良く、シーズン中は常に良いコンディションでスキーを楽しむことができます。また、スキー場の設備も充実しており、リフトやゴンドラは最新のものが導入されています。さらに、スキー場内にはレストランやカフェ、売店などがあり、食事や買い物を楽しむことができます。 ウイングヒルズ白鳥リゾートは、アクセスがしやすいスキー場です。東海北陸自動車道の郡上八幡インターチェンジから車で約30分です。また、JR高山本線の八幡駅からもバスで行くことができます。 ウイングヒルズ白鳥リゾートは、スキーやスノーボードを楽しむのに最適なスキー場です。天然雪に恵まれ、雪質が良く、設備も充実しています。アクセスも良く、東海地方や北陸地方から多くの人が訪れます。
施設名・ロケ地

白尾ふれあいパークを徹底解説!

-白尾ふれあいパークとは?- 白尾ふれあいパークは、宮城県白尾市にある公園です。総面積は約70ヘクタールで、園内には大小さまざまな広場や遊具、休憩施設などが整備されています。 また、白尾ふれあいパークは四季折々の景観が楽しめる場所としても知られており、特に桜の季節には多くの花見客が訪れます。また、園内には自然観察園やバードウォッチングスポットなども整備されており、自然観察や野鳥観察を楽しむこともできます。 白尾ふれあいパークは、子供から大人まで楽しめる公園として地元の人々から親しまれており、週末には多くの人々がレジャーやスポーツを楽しんでいます。また、園内にはレストランや売店なども充実しており、飲食や買い物を楽しむこともできます。
地名・ロケ地

郡上長良川夢花火の打ち上げ数とおすすめ鑑賞ポイント

郡上長良川夢花火の歴史と由来 郡上長良川夢花火は、1990年に始まった花火大会です。当初は「郡上市夏まつり」のイベントとして開催され、約1,500発の花火が打ち上げられました。翌年には「郡上長良川夢花火大会」と改称され、打ち上げ数も約3,000発に増加しました。 1994年には、花火大会の規模を拡大するため、会場を長良川河川敷に変更しました。また、打ち上げ数を約5,000発に増やし、スターマインなどの演出も加えられました。 1996年には、花火大会の名称を「郡上長良川夢花火」に変更しました。また、打ち上げ数を約7,000発に増やし、音楽とのコラボレーションも行うようになりました。 2000年には、花火大会の規模をさらに拡大するため、会場を長良川河川敷と郡上八幡城に変更しました。また、打ち上げ数を約10,000発に増やし、演出もさらに豪華になりました。 2010年には、花火大会の名称を「郡上長良川夢花火大会」に戻しました。また、打ち上げ数を約12,000発に増やし、演出もさらに豪華になりました。 2015年には、花火大会の規模をさらに拡大するため、会場を長良川河川敷、郡上八幡城、郡上八幡旧庁舎に変更しました。また、打ち上げ数を約13,000発に増やし、演出もさらに豪華になりました。 現在、郡上長良川夢花火は、毎年8月16日に開催され、約13,000発の花火が打ち上げられます。花火大会は、長良川河川敷、郡上八幡城、郡上八幡旧庁舎の3会場で開催され、それぞれ違った演出を楽しむことができます。
施設名・ロケ地

道の駅「清流の里しろとり」で岐阜の恵みを味わい尽くそう!

道の駅「清流の里しろとり」は、岐阜県白鳥町にある道の駅です。恵那山の麓に位置し、木曽川の清流と雄大な山々の景色が楽しめる自然豊かな場所にあります。 清流の里しろとりの魅力は、なんといってもその新鮮な農産物です。白鳥町は、米や野菜、果物などの生産が盛んな地域で、道の駅には地元の農家さんが丹精込めて育てた新鮮な農産物がズラリと並びます。 また、清流の里しろとりでは、地元の食材を使ったグルメも堪能できます。道の駅には、地元の食材にこだわったレストランやカフェが入っており、絶品の料理を味わうことができます。 清流の里しろとりは、岐阜の恵みを味わい尽くすことができる道の駅です。新鮮な農産物や絶品のグルメを堪能しに、ぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか。
モノの名前

明宝ハムの歴史と特徴

明宝ハムの誕生 明宝ハムの故郷である岐阜県中津川市明宝地区は、かつて中山道を行き交う旅人や地元の住民たちの間で「明方」と呼ばれる名馬の産地として知られていました。明方馬は、その優れた脚力と持久力で、江戸時代には将軍家の御用馬として重用されたほどです。 そんな明宝地区で、明治時代後半に馬の飼育と馬肉の販売を営んでいたのが、明宝ハムの生みの親である伊藤伝右衛門氏です。伊藤氏は、馬肉の消費量が増加するにつれて、馬肉の加工品も需要が高まっていくと予想し、馬肉を原料としたハムの製造に乗り出しました。 伊藤氏は、馬肉を塩漬けにしてから燻製にするという、従来のハムの製法とは異なる方法でハムを製造する研究を重ねました。その結果、馬肉の旨味を最大限に引き出した、独特の風味と食感を備えたハムが完成しました。 このハムを「明宝ハム」と名付けた伊藤氏は、明治43年(1910年)に「明宝ハム株式会社」を設立し、本格的にハムの製造と販売を開始しました。明宝ハムは、その美味しさで瞬く間に評判となり、大正時代には全国各地にその名が知られるようになりました。
モノの名前

飛騨の味覚「みそっこチキン」の魅力

岐阜の郷土料理「鶏ちゃん」とは、鶏肉と野菜を炒めた料理です。鶏肉は岐阜県産のブランド鶏である美濃鶏を使用し、野菜は地元の農家で採れた新鮮なものを用います。 鶏ちゃんは、鶏肉を一口大に切り、醤油、酒、みりん、にんにく、しょうが、一味唐辛子などで下味をつけます。野菜は、キャベツ、玉ねぎ、ピーマン、にんじん、もやしなどを食べやすい大きさに切ります。 下味をつけた鶏肉と野菜を鉄板やフライパンで炒め、鶏肉に火が通ったら出来上がりです。鶏ちゃんは、そのまま食べてもおいしいですが、ポン酢や七味唐辛子をかけて食べてもおいしくいただけます。 鶏ちゃんは、岐阜県内の居酒屋や食堂でよく見かける料理です。また、家庭でも簡単に作ることができるので、岐阜県民に親しまれている郷土料理となっています。
地名・ロケ地

岐阜県の大日ヶ岳を登って絶景を望もう!

大日ヶ岳の登山ルートと注意点 大日ヶ岳には、初心者向けから中級者向けまで、いくつかの登山ルートがあります。最も人気のあるルートは、大日ヶ岳登山口から山頂を目指すルートです。このルートは、片道約3時間で、比較的歩きやすい道が続きます。ただし、山頂付近は急な斜面となるため、注意が必要です。 また、大日ヶ岳には、少し難易度の高いルートもあります。その一つが、大日ヶ岳南尾根ルートです。このルートは、片道約4時間かかり、急な斜面や岩場を歩く必要があります。そのため、中級者以上の登山者におすすめのルートです。 大日ヶ岳に登る際には、いくつかの注意点があります。まず、大日ヶ岳は標高2,000mを超える高山であるため、高山病に注意が必要です。高山病の症状としては、頭痛、吐き気、嘔吐などがあります。高山病を防ぐためには、水分を十分に摂り、ゆっくりと登るようにしましょう。 また、大日ヶ岳は雷が発生しやすい山でもあります。そのため、雷雨の予報が出ている場合は、登山を中止しましょう。また、登山中に雷雨に遭遇した場合は、すぐに安全な場所を探して避難するようにしてください。
地名・ロケ地

「蛇穴の水」の秘密とは?

「蛇穴の水」の由来と歴史 「蛇穴の水」は、奈良県吉野町にある蛇穴神社の境内にある湧水です。この湧水は、古くから霊験あらたかな水として知られており、人々が参拝に訪れていました。 蛇穴神社の創建は、今から約1300年前の奈良時代末期にさかのぼります。当時、この地を治めていた豪族の藤原鎌足が、狩猟中にこの湧水を見つけ、その霊験あらたかな水に感銘を受けました。そして、この湧水を祀るために、蛇穴神社を創建したと伝えられています。 その後、蛇穴神社は、多くの武将や庶民から信仰を集め、栄えました。特に、平安時代には、源頼朝が、この湧水で清めた水で、戦勝祈願をしたと伝えられています。また、室町時代には、足利尊氏が、この湧水で清めた水で、病気平癒を祈願したと伝えられています。 江戸時代になると、蛇穴神社は、庶民の間で、縁結びや子宝祈願の神社として信仰を集めるようになりました。そして、現在では、多くの観光客が、この湧水を汲みに訪れる、人気のスポットとなっています。
施設名・ロケ地

岐阜県郡上市のキャンプ場「和良川公園オートキャンプ場」の魅力

大自然に囲まれたキャンプ場 和良川公園オートキャンプ場は、岐阜県郡上市にあるキャンプ場です。郡上市は、岐阜県の北東部に位置する市で、山や川、湖など、美しい自然に恵まれています。和良川公園オートキャンプ場は、そんな郡上市の大自然を満喫できるキャンプ場として人気を集めています。 キャンプ場の敷地は、約10ヘクタール。広々とした芝生広場があり、テントやタープを張ることができます。また、炊事場やトイレ、シャワーなどの設備も整っているので、初心者でも安心してキャンプを楽しむことができます。 キャンプ場の周辺には、和良川や郡上八幡城など、観光スポットが点在しています。また、キャンプ場から少し足を延ばせば、ハイキングや釣り、ラフティングなどのアクティビティを楽しむこともできます。 和良川公園オートキャンプ場は、大自然を満喫できるキャンプ場です。初心者でも安心してキャンプを楽しむことができるので、ぜひ一度訪れてみてください。
施設名・ロケ地

高鷲スノーパーク:スキーヤーとスノーボーダーの楽園

高鷲スノーパークの魅力 高鷲スノーパークが人気のスキー場である理由は数多くあります。一つは、その広大なゲレンデです。ゲレンデは合計22コースあり、初心者から上級者まで楽しめるコースが揃っています。また、ゲレンデはすべて人工雪で整備されているため、雪質と天候を気にすることなく、いつでも滑ることができます。 もう一つの魅力は、高鷲スノーパークのアクセスの良さです。高鷲スノーパークは、名古屋市から車で約2時間、大阪市から車で約3時間のところにあります。また、高鷲インターチェンジから車で約15分のところにあるため、公共交通機関を利用して来場することも可能です。 最後に、高鷲スノーパークでは、スキーやスノーボード以外にも、様々なアクティビティを楽しむことができます。スノーモービルやソリ滑り、スノーシューなどのアクティビティが用意されており、家族や友達と一日中楽しむことができます。 これらの魅力に加えて、高鷲スノーパークでは、スキーやスノーボードのレッスンも開催されています。初心者の方でも、安心してスキーやスノーボードを始めることができます。
施設名・ロケ地

岐阜県郡上市、国道256号沿いの道の駅「和良」

-アクセスとマップ- 道の駅「和良」は、岐阜県郡上市にある国道256号沿いの道の駅です。郡上市の白鳥町から郡上市の和良町へと続く郡上市道165号線との分岐点付近に位置しています。 道の駅「和良」には、駐車場やトイレ、情報コーナー、農産物直売所、レストランやお土産コーナーなどの施設があります。駐車場は大型車も含めて50台ほど駐車可能です。トイレは男女別で、身障者用トイレも設置されています。情報コーナーでは、郡上市の観光情報やイベント情報などを提供しています。農産物直売所では、地元で採れた新鮮な野菜や果物、特産品などを販売しています。レストランやお土産コーナーでは、郡上市の郷土料理や特産品などを味わったり、購入することができます。 道の駅「和良」は、郡上市の観光拠点として、また、ドライブ休憩地として多くの人々に利用されています。道の駅「和良」を拠点に、郡上市の観光スポットを巡ったり、郡上市の特産品を楽しんだりすることができます。
モノの名前

「南蛮煮」の作り方と魅力

-南蛮煮の歴史と由来- 南蛮煮は、ポルトガルから伝わった料理であると言われています。ポルトガル人は、16世紀初頭から日本にやってきて、キリスト教の布教や貿易を行いました。その際に、南蛮煮の調理法も日本に伝えられました。 南蛮煮は、鶏肉や豚肉、魚介類を油で炒め、だし汁と醤油、砂糖で煮込んだ料理です。野菜も加えて煮込むことが多く、具材を彩りよく盛り付けるのが特徴です。 江戸時代には、南蛮煮は一般庶民にも親しまれるようになりました。庶民の間では、魚の代わりに豆腐やこんにゃくを使った南蛮煮が好まれました。 明治時代になると、南蛮煮は洋食の調理法を取り入れて進化しました。デミグラスソースやクリームソースを使った南蛮煮が登場し、洋食レストランのメニューとしても人気を集めました。 現在では、南蛮煮は日本の家庭料理として親しまれています。地域によってさまざまなバリエーションがあり、その土地ならではの特色を生かした南蛮煮が作られています。
施設名・ロケ地

郡上八幡レインボーオートキャンプ場を満喫

郡上八幡レインボーオートキャンプ場とは 郡上八幡レインボーオートキャンプ場は、岐阜県郡上市八幡町にあるオートキャンプ場です。東海北陸自動車道郡上八幡インターチェンジから車で約15分の場所に位置し、アクセス良好です。 キャンプ場には、区画サイトとフリーサイトの2種類があり、区画サイトは電源付きと電源なしの2種類があります。また、バンガローやコテージ、キャビンなどの宿泊施設も用意されています。 キャンプ場には、炊事棟やトイレ、シャワーなどの設備が整っており、快適に過ごすことができます。また、バーベキューや釣り、ラフティングなどのアクティビティも楽しめます。 周辺には、郡上八幡城や郡上八幡博覧館など、観光スポットがたくさんあります。また、郡上八幡は、日本の原風景が残る町としても知られており、散策するだけでも楽しめます。 郡上八幡レインボーオートキャンプ場は、大自然の中でアウトドアを満喫できるキャンプ場です。郡上八幡観光の拠点としても最適ですので、ぜひ一度訪れてみてください。
地名・ロケ地

美しき白山の神域!長滝白山神社の魅力

-長滝白山神社の歴史と由来- 長滝白山神社は、石川県白山市にある神社です。白山比咩神社の奥宮として知られ、白山信仰の中心地として古くから崇敬を集めてきました。 長滝白山神社の創建は、養老元年(717年)と伝えられています。越前国司であった大伴旅人が、白山比咩神社を参拝した際に、白山比咩大神の分霊をこの地に勧請したことが始まりとされています。 平安時代には、白山信仰が盛んになり、長滝白山神社も多くの参拝者でにぎわいました。鎌倉時代には、源頼朝が白山比咩神社に参拝し、長滝白山神社にも立ち寄ったと伝えられています。 戦国時代には、一向一揆によって長滝白山神社は焼失してしまいましたが、江戸時代初期に再建されました。その後、長滝白山神社は白山信仰の中心地として、多くの人々の信仰を集めてきました。 明治時代には、神仏分離令によって、長滝白山神社は白山比咩神社から独立しました。その後、長滝白山神社は、白山信仰の中心地として、多くの人々の信仰を集めてきました。
地名・ロケ地

郡上藩の歴史を紐解く

郡上藩が成立するまでの経緯 郡上藩は、美濃国郡上郡(現在の岐阜県郡上市)を領有した藩である。藩庁は郡上市八幡町にあった。 郡上藩の起源は、戦国時代末期に郡上郡を領有していた遠藤慶隆が、織田信長の家臣となったことに始まる。慶隆は、信長の死後、豊臣秀吉に仕えたが、関ヶ原の戦いで徳川家康に与したため、戦後に郡上藩が立藩された。 郡上藩は、江戸時代を通じて遠藤家に引き継がれた。しかし、明治維新後の廃藩置県によって、郡上藩は廃藩となり、岐阜県に編入された。 郡上藩は、小藩ながら、独自の文化を育んできた。藩校として、学問所「有終館」が設立され、藩士の子弟が教育を受けた。また、郡上藩は、和紙の生産が盛んであり、郡上和紙は、全国に知られていた。 郡上藩は、廃藩置県によって消滅したものの、その文化は現在も受け継がれている。郡上市八幡町には、郡上八幡城や郡上八幡城下町などの史跡が残り、観光スポットとなっている。また、郡上和紙は、現在も生産が続けられており、国の重要無形文化財に指定されている。
施設名・ロケ地

「めいほうキャンプ場」で自然を満喫!

吉田川近くの絶好のロケーション めいほうキャンプ場は、吉田川近くの絶好のロケーションにあり、美しい自然を満喫することができます。キャンプ場内には、大小様々なキャンプサイトがあり、木々に囲まれた静かなサイトから、吉田川沿いの開放的なサイトまで、お好みのサイトを選ぶことができます。また、キャンプ場内には、炊事場やトイレなどの設備が整っており、快適にキャンプを楽しむことができます。 吉田川は、キャンプ場から徒歩ですぐのところにあり、清流を眺めることができる絶好のロケーションです。夏には、川遊びや釣りを楽しむこともできます。また、キャンプ場周辺には、ハイキングコースやサイクリングコースが整備されており、自然を満喫しながらアクティビティを楽しむことができます。 めいほうキャンプ場は、自然を満喫したい方におすすめのキャンプ場です。美しい自然の中で、リラックスした時間を過ごすことができます。
施設名・ロケ地

スノーウェーブパーク白鳥高原:そりコースでアクティブに!

そりコースで雪遊びを満喫! スノーウェーブパーク白鳥高原のそりコースは、大小さまざまなコースが用意されており、小さなお子様から大人までどなたでもお楽しみいただけます。初心者向けの緩やかなコースから、スリル満点の上級者向けコースまで、レベルに合わせてお選びいただけます。 コースの脇にはスロープがあり、そりを引っ張って登ることもできます。また、そり専用のエスカレーターも設置されており、楽にコースまで上がることができます。 そりをレンタルすることもできますので、手ぶらでお越しいただいても大丈夫です。ヘルメットや防寒着もレンタルできますので、安心して雪遊びをお楽しみいただけます。 そりコースで雪遊びをした後は、暖かい休憩所で体を温めることもできます。売店では温かい飲み物や軽食も販売しており、リフレッシュしてからまたそりコースに戻ることができます。 スノーウェーブパーク白鳥高原のそりコースは、家族や友人と雪遊びを満喫できる最高の場所です。冬休みの思い出作りに、ぜひお越しください。
施設名・ロケ地

大日岳に立ち寄ろう!

大日岳ってどんなところ? 大日岳は大峰山脈の主峰であり、標高は1,915メートルです。奈良県と和歌山県の県境に位置し、関西地方では富士山に次ぐ標高を誇ります。古くから修験道の聖地として知られており、現在でも多くの山岳信仰者が訪れます。 大日岳の山頂からは、360度の絶景を眺めることができます。天気が良い日には、関西平野や大阪湾、紀伊半島、四国などを見渡すことができます。また、山頂には大日如来を祀った大日岳本殿があり、信仰の対象となっています。 大日岳は登山としても人気の山です。初心者向けのコースから上級者向けのコースまで、さまざまなコースが整備されています。登山道は急登が多いですが、山頂からの景色は登山の疲れを癒してくれるでしょう。 大日岳は、自然の美しさや歴史を体感できる山です。登山が好きな方はもちろん、そうでない方でも楽しめる場所です。ぜひ一度、大日岳を訪れてみてください。
モノの名前

鷲見かぶらについて知ろう!

鷲見かぶらの特徴と魅力 鷲見かぶらは、福島県いわき市で栽培されているかぶの一種です。その特徴は何といってもその大きさで、その重さから「かぶの王様」とも呼ばれています。平均的な鷲見かぶらの重さは1~2キロですが、中には5キロを超えるものもあるそうです。 また、鷲見かぶらはその甘さも特徴です。煮物や漬物にすると、その甘さがより一層引き立ちます。また、鷲見かぶらはビタミンCが豊富に含まれており、風邪予防や美肌効果が期待できます。 鷲見かぶらは、その大きさや甘さ、栄養価の高さから、多くの人々に愛されています。地元福島県いわき市では、毎年「鷲見かぶら祭り」が開催され、鷲見かぶらを使った様々な料理が振る舞われます。もし機会があれば、ぜひ鷲見かぶら祭りに行ってみてはいかがでしょうか。