都志見隆

作品名

「歌えなかったラヴ・ソング」の魅力とは?

織田裕二のデビューシングル「歌えなかったラヴ・ソング」は、1987年11月21日にリリースされました。この曲は、織田裕二が主演したドラマ「抱きしめたい!」の主題歌として使用され、大ヒットしました。 「歌えなかったラヴ・ソング」は、織田裕二の爽やかな歌声と、ドラマのストーリーに沿った歌詞が特徴の楽曲です。この曲は、織田裕二のデビューシングルとしてふさわしい、彼の人気を決定づけた名曲と言えます。 「歌えなかったラヴ・ソング」は、その後の織田裕二の音楽活動の礎となりました。この曲のヒットにより、織田裕二は歌手としての地位を確立し、その後も多くのヒット曲をリリースすることになります。 「歌えなかったラヴ・ソング」は、織田裕二の代表曲として知られており、現在でも多くのファンに愛されています。この曲は、織田裕二の音楽活動の原点であり、彼の成功を象徴する楽曲です。
作品名

「SAND BEIGE -砂漠へ-」のすべて

「SAND BEIGE -砂漠へ-」は、2023年4月5日に発売されたポルノグラフィティの29枚目のシングルである。「曲の背景と誕生秘話」と題された小見出しでは、この曲の制作過程について語られている。 この曲は、元々ポルノグラフィティのヴォーカルである昭仁が、映画「旅するサンドベージュ」を鑑賞した後に作ったデモ曲である。昭仁は、この映画を見て、砂漠の広大な景色と、そこに生きる人々の姿に感動したという。そして、その感動を歌にしたかったのだという。 昭仁は、このデモ曲をギターリストの新藤晴一に聴かせた。新藤もこの曲に感動し、すぐにアレンジに取り掛かった。そして、二人は一緒にこの曲を完成させた。 この曲は、ポルノグラフィティのシングルとしては初めて、アコースティックギターをメインにした楽曲となっている。また、この曲には、砂漠の広大な景色をイメージさせるような壮大なストリングスアレンジが施されている。 この曲は、ポルノグラフィティのファンからも好評を得ており、ライブでも定番曲となっている。また、この曲は、映画「旅するサンドベージュ」の主題歌にも起用された。 「SAND BEIGE -砂漠へ-」は、ポルノグラフィティの代表曲の一つである。この曲は、昭仁の故郷である沖縄の美しい自然を歌った曲であり、ポルノグラフィティのファンからも愛されている。
作品名

「LOVE YOU ONLY」の魅力を徹底解剖!

「TOKIOの「LOVE YOU ONLY」誕生秘話」 TOKIOの10枚目のシングル「LOVE YOU ONLY」は、1999年10月6日にリリースされた、グループにとって初のミリオンセラーを記録した楽曲です。この曲は、TOKIOが1999年の夏のコンサートツアー「TOKIO SUMMER CONCERT TOUR 1999」で初披露し、後にシングルとしてリリースされました。 「LOVE YOU ONLY」は、TOKIOのメンバーである城島茂さんが作詞を担当したバラードで、恋する男性の気持ちを歌った歌詞が特徴です。作曲は、TOKIOの音楽プロデューサーである長岡成貢さんが担当しました。 この曲は、TOKIOのメンバー全員がボーカルを担当しており、それぞれのメンバーの歌声が曲に深みを与えています。また、曲の後半には、TOKIOのメンバー全員がコーラスで参加しており、曲の盛り上がりを演出しています。 「LOVE YOU ONLY」は、TOKIOの代表曲のひとつであり、現在でも多くのファンに愛される楽曲です。
作品名

「愛しすぎて」について語る

「愛しすぎて」の誕生秘話 「愛しすぎて」は、1984年に発売された中森明菜の11枚目のシングル。オリコンチャートで1位を獲得し、280万枚を売り上げた大ヒット曲となりました。この曲は、中森明菜が当時交際していた近藤真彦への想いを歌ったものと言われています。 「愛しすぎて」を作詞作曲したのは、康珍化と林哲司。康珍化は、中森明菜のデビュー曲「スローモーション」も作詞しており、林哲司は、中森明菜のヒット曲「セカンド・ラブ」を手がけた人物です。 「愛しすぎて」は、当初は「愛し果てても」というタイトルで制作されました。しかし、中森明菜が「愛しすぎても」という歌詞の方がしっくりくるのではないかと提案し、タイトルが変更されました。 「愛しすぎて」は、中森明菜の代表曲のひとつであり、今でも多くのファンに愛されています。この曲は、中森明菜の切ない恋心を表現した名曲であり、その歌詞とメロディーは、多くの人々の共感を呼んでいます。
作品名

「愛しすぎて」の隠れた名曲たち

田原俊彦の隠れた名曲「愛しすぎて」 1986年にリリースされた田原俊彦の「愛しすぎて」は、彼の代表作の一つである。この曲は、田原俊彦が主演したドラマ「愛しすぎて」の主題歌として使用され、大ヒットを記録した。 「愛しすぎて」は、田原俊彦の伸びやかなボーカルと、ドラマチックなメロディーが特徴的な楽曲である。歌詞は、愛する人を失った男性の悲しみが綴られており、田原俊彦の切ない歌声が心に響く。 「愛しすぎて」は、田原俊彦の代表作の一つであるだけでなく、日本の歌謡史に残る名曲の一つである。この曲は、多くの歌手によってカバーされており、今もなお愛され続けている。 「愛しすぎて」の作曲者は、筒美京平である。筒美京平は、日本を代表する作曲家の一人で、多くのヒット曲を手がけている。「愛しすぎて」は、筒美京平の代表作の一つであり、彼のメロディーセンスの良さが光る楽曲である。 「愛しすぎて」の作詞者は、秋元康である。秋元康は、日本を代表する作詞家の一人で、多くのヒット曲を手がけている。「愛しすぎて」は、秋元康の代表作の一つであり、彼の詩的な歌詞が田原俊彦のボーカルにピッタリと合っている。 「愛しすぎて」は、田原俊彦、筒美京平、秋元康の三人がタッグを組んで制作した名曲である。この曲は、日本の歌謡史に残る名曲の一つであり、今もなお愛され続けている。
作品名

「別れ曲でも唄って」の魅力

前川清のレジェンド曲「別れ曲でも唄って」 前川清の代表曲の一つである「別れ曲でも唄って」は、1980年にリリースされたシングルです。この曲は、作詞を吉岡治、作曲を四方章人が手掛け、前川清が歌唱しています。この曲は、失恋した男の心情を歌ったバラードで、前川清の伸びやかな歌声が印象的な一曲です。また、この曲はドラマ『愛と憎しみの日々』の主題歌にも起用され、大ヒットを記録しました。 この曲は、前川清のレジェンド曲として知られており、カラオケでも定番の曲として親しまれています。また、この曲は多くのアーティストによってカバーされており、その中には、美空ひばりや島倉千代子、細川たかしなどが含まれています。 「別れ曲でも唄って」は、前川清のレジェンド曲として知られており、多くの人に愛されている一曲です。この曲は、失恋した男の心情を歌ったバラードで、前川清の伸びやかな歌声が印象的な一曲です。また、この曲はドラマ『愛と憎しみの日々』の主題歌にも起用され、大ヒットを記録しました。
作品名

「うわさのキッス」誕生秘話とTOKIOのメンバー秘話

「うわさのキッス」は1993年にリリースされたTOKIOのデビューシングルで、オリコンチャート1位を獲得する大 ヒットとなりました。この曲は、当時ジャニーズ事務所の社長だったジャニー喜多川氏が、TOKIOのメンバーを初めて見たときに、「この5人でやれ」と指示したことで誕生しました。 ジャニー喜多川氏は、TOKIOのメンバーが「フレッシュで、元気で、さわやか」であることを見抜き、彼らをデビューさせることを決めました。そして、彼らに「うわさのキッス」という曲を歌わせたのです。この曲は、軽快なリズムとキャッチーなメロディが特徴で、TOKIOのフレッシュなイメージにピッタリでした。 「うわさのキッス」は、TOKIOのデビューシングルとして、1993年7月21日にリリースされました。この曲は、オリコンチャート1位を獲得し、50万枚以上の売上を記録する大 ヒットとなりました。また、この曲は、NHK紅白歌合戦にも出場し、TOKIOの名を全国に知らしめました。
作品名

タンゴノワール – 色気漂う音楽の秘密

作詞や作曲を行う音楽家は、その作品にタンゴ特有の力強さを与える上で重要な役割を果たしています。彼らは、愛や喪失、そして人生の喜びや悲しみといった普遍的なテーマを思い起こさせるような、印象的で記憶に残る歌詞やメロディーを創り出すことができるのです。また、タンゴの伝統的な楽器を巧みに操ったり、新しい楽器や演奏方法を積極的に取り入れたりすることで、音楽に新たな表現力を吹き込むことができます。タンゴノワールにおいて、音楽家が奏でる力強い音楽は、物語の背景や登場人物の感情を見事に表現し、観客に強い感動を与えるのです。
作品名

「五味坂」を訪ねる旅

-五味坂の歴史と由来- 五味坂は、京都府京都市左京区にある坂道です。平安京の時代から存在する古くからの坂道で、五味街道と呼ばれる街道の一部をなしていました。五味街道は、京都と丹波国を結ぶ街道で、五味という名の豪族が支配していたことからその名が付けられました。五味坂は、この五味街道の京都側の入り口にあたる坂道でした。 五味坂は、急な坂道として知られています。坂の勾配は、約12度あり、坂の長さは、約100メートルです。五味坂の頂上には、五味神社があります。五味神社は、五味という豪族を祀った神社で、五味坂の名前の由来となっています。五味神社は、平安京の時代から存在する古くからの神社で、国の重要文化財に指定されています。 五味坂は、京都の観光スポットの一つです。五味坂の周辺には、清水寺や八坂神社などの観光スポットがあります。五味坂を散策すると、平安京の時代の雰囲気を味わうことができます。