酒造好適米

その他

吟の夢の魅力に迫る

吟の夢の由来と歴史 吟の夢は、1981年に新潟県農業総合研究所で誕生しました。当時は、食味の良い酒米品種の開発を目指して、山田錦や五百万石などの優良品種を交配する研究が行われていました。その中で、山田錦と五百万石の交配から生まれたのが吟の夢です。その名称は「吟醸酒に適した、夢のような酒米」という意味が込められています。 吟の夢は、その名の通り、吟醸酒造りに適した酒米です。山田錦譲りの食味に加え、五百万石の耐寒性や耐病性も受け継いでおり、安定した品質の酒米が収穫できます。また、心白が大きく、タンパク質が少ないため、雑味が少なく、華やかな香りと味わいの吟醸酒を醸すことができます。 吟の夢は、誕生以来、全国各地の酒蔵で採用され、数々の銘酒が誕生しています。その中でも、新潟県産の吟の夢を使った吟醸酒は、特に高い評価を得ています。吟の夢は、新潟県の酒造りの発展に大きく貢献した酒米であり、今後も日本の酒文化を支えていく存在であり続けるでしょう。
モノの名前

総の舞とは?千葉県で誕生した酒造好適米の人気品種

-総の舞の誕生- 総の舞は、1995年に千葉県農業総合研究センターで誕生した酒造好適米の品種です。山田錦や五百万石といった伝統的な品種と、華吹雪や渡船などの晩生品種を掛け合わせて育成されました。総の舞という名前は、千葉県の県章である「総の舞」に由来しています。 総の舞は、大粒で心白が大きく、酒造好適米としての適性を備えています。心白とは、米の中心部にある白い部分のことです。心白が大きいほど、酒造好適米としての適性が高くなります。総の舞は、心白の含有率が約50%と高く、酒造好適米としての適性を備えています。 また、総の舞は、耐倒伏性と耐病性に優れています。耐倒伏性とは、稲が倒れにくい性質のことです。耐病性とは、病気に強い性質のことです。総の舞は、耐倒伏性と耐病性に優れているため、栽培しやすい品種です。 このように、総の舞は、酒造好適米としての適性と、栽培しやすさを兼ね備えた品種です。そのため、千葉県を中心に、全国各地で栽培されています。
モノの名前

「出羽燦々」とは?-山形を代表する酒造好適米の魅力-

「出羽燦々」の誕生と歴史 「出羽燦々」は、山形県の酒造好適米の代表品種です。1934年(昭和9年)に、山形県農業試験場において、酒米として有名な「美山錦」と「亀の尾」を交配して育成された品種です。1941年(昭和16年)に奨励品種となり、1949年(昭和24年)には国によって認定品種となりました。 「出羽燦々」は、育てやすく、倒伏しにくいという特徴があり、冷害や高温障害にも比較的強い品種です。また、心白が大きく、タンパク質含量が低いため、雑味の少ない、すっきりとした味わいの日本酒を醸すことができます。 「出羽燦々」は、山形県内の多くの酒蔵で使用されており、県内産の日本酒の多くが「出羽燦々」を原料として醸されています。また、青森県や岩手県など、東北地方の他の地域でも栽培されており、東北地方を代表する酒米として知られています。
モノの名前

「秋の精」とはどんなお米?

「秋の精」の誕生 「秋の精」は、1999年に宮城県古川農業試験場で開発されたうるち米です。宮城県は、日本の米どころとして知られており、コシヒカリやひとめぼれなどの銘柄米が生産されています。しかし、宮城県では、温暖化の影響で、稲の生育に適した期間が短くなっていました。そのため、宮城県では、温暖化に強く、収量性が高い新品種を開発する必要がありました。 「秋の精」は、宮城県古川農業試験場で、コシヒカリとひとめぼれを交配させて開発されました。コシヒカリは、日本で最も人気のある品種米のひとつで、その美味しさは全国的に知られています。ひとめぼれは、コシヒカリよりも収量性が高く、温暖化に強い品種米です。「秋の精」は、コシヒカリの美味しさを受け継ぎながら、ひとめぼれよりも収量性が高く、温暖化に強い品種米として開発されました。
モノの名前

岩手県の日本酒「涼霞」について

涼霞の原料米について 涼霞に使用されている原料米は、岩手県産の「吟ぎんが」と「ひとめぼれ」です。吟ぎんがは、大粒で心白が大きく、甘みと旨味が強いのが特徴です。ひとめぼれは、大粒で、粘りとコシが強く、あっさりとした味わいが特徴です。この2つの米をブレンドすることで、涼霞は、甘みと旨味がありながら、すっきりと飲みやすい味わいに仕上がっています。 涼霞は、岩手県の豊かな自然の中で作られています。岩手県は、北上山地や奥羽山脈に囲まれた盆地であり、昼夜の寒暖差が激しく、稲作に適した気候です。また、岩手県は、水資源が豊富で、良質の水で稲を育てることができます。これらの恵まれた環境で育ったお米は、涼霞の美味しさを支えています。 涼霞は、岩手県の伝統的な酒造技術で作られています。涼霞の酒蔵は、岩手県盛岡市にあります。この酒蔵は、明治30年に創業し、120年以上の歴史があります。涼霞は、この酒蔵で、伝統的な酒造技術を駆使して丁寧に作られています。涼霞は、岩手県の豊かな自然と伝統的な酒造技術によって作られている、岩手県を代表する日本酒です。
モノの名前

酒造好適米「ぎんおとめ」の魅力を味わう

「ぎんおとめ」は、1989年に農林水産省が開発した酒造好適米です。広島県、静岡県、愛知県、長野県など、全国各地で栽培されています。 「ぎんおとめ」は、酒米の王様と呼ばれる「山田錦」と「渡船」を交配して生まれた品種です。山田錦の芳醇な香りと渡船の耐冷性を引き継いでおり、酒米としてのポテンシャルは非常に高いです。 「ぎんおとめ」は、大粒で心白が大きく、タンパク質含有量が低いという特徴を持っています。タンパク質含有量が低いことで、雑味が少なく、すっきりとした味わいの日本酒を作ることができます。また、大粒で心白が大きいことから、日本酒の旨味成分であるアミノ酸を多く含むことができます。 「ぎんおとめ」で作られた日本酒は、芳醇な香りとすっきりとした味わいが特徴です。また、アミノ酸を多く含むことから、旨味のある日本酒になります。 「ぎんおとめ」は、酒米としてのポテンシャルが高く、芳醇な香りとすっきりとした味わいの日本酒を作ることができる品種です。全国各地で栽培されており、日本酒好きに親しまれています。
モノの名前

「吟のさと」の特徴と魅力

「吟のさと」とは  「吟のさと」は、和歌山県海南市にある酒蔵です。安政元年(1854年)に創業し、160年以上の歴史があります。吟のさとは、和歌山県産の山田錦を使用した日本酒を製造しています。山田錦は、日本酒の原料米として最高峰と言われ、吟のさとはその山田錦を100%使用しています。吟のさとで作られた日本酒は、芳醇な香りときれいな味わいが特徴です。  吟のさとは、日本酒の製造だけではなく、酒蔵見学や試飲会なども行っています。酒蔵見学では、日本酒の製造工程について詳しく知ることができます。また、試飲会では、吟のさとの日本酒を実際に味わうことができます。吟のさとでは、日本酒の販売も行っています。吟のさとの日本酒は、和歌山県内の酒販店やスーパーで購入することができます。
モノの名前

「夢の香」を調べて分かったこと

「夢の香」とはどんなお米? 「夢の香」は、埼玉県で開発されたうるち米の一種です。1996年に、埼玉県農業技術研究センターとJA埼玉中央会が共同で開発し、2005年に品種登録されました。 「夢の香」の最大の特徴は、その香りです。炊飯時に立ち上る香りは、甘くフルーティーで、多くの人を魅了しています。また、「夢の香」は冷めても香りが持続するため、お弁当やにぎり寿司などの料理にも適しています。 「夢の香」は、食味も良好です。粘りと甘みが強く、もっちりとした食感を楽しむことができます。また、「夢の香」は、炊き上がりがふっくらとしているため、丼ぶりものやカレーライスなどの料理にも適しています。 「夢の香」は、埼玉県を中心に生産されており、関東地方では比較的入手しやすいお米です。また、「夢の香」は、日本各地の産地で栽培されているため、全国各地で楽しむことができます。
モノの名前

酒造好適米の品種「玉栄」

玉栄の特徴 玉栄は、酒造好適米の中でも特に大粒で、心白が大きいことが特徴です。心白とは、玄米の中心にある白い部分のことで、でんぷん質が豊富で、日本酒造りに適しています。玉栄の心白は、玄米の約40%を占めており、これは酒造好適米の中でもトップクラスです。 玉栄は、また、タンパク質含有量が低いことも特徴です。タンパク質は、日本酒の雑味や濁りの原因となる成分ですが、玉栄はタンパク質含有量が低いため、雑味や濁りの少ない、すっきりとした日本酒を醸すことができます。 玉栄は、その大粒で心白が大きいという特徴から、日本酒造りに適した品種として知られています。玉栄で作られた日本酒は、すっきりとした味わいで、雑味や濁りが少なく、飲みやすいのが特徴です。
モノの名前

石川門:酒造好適米の秘密を探る

石川門の歴史と起源 石川門は、石川県珠洲市に位置する町です。石川門は、酒造好適米の産地として知られており、毎年多くの観光客が訪れます。石川門の歴史は古く、江戸時代初期にはすでに酒造が行われていました。石川門の酒造りは、江戸時代中期に大きな発展を遂げ、明治時代には全国有数の酒どころとなりました。その後、太平洋戦争の影響で酒造業は衰退しましたが、戦後復興とともに再び盛んになりました。現在、石川門には多くの酒蔵があり、石川門の酒は全国各地に出荷されています。 石川門の酒造好適米は、石川門の風土で育まれたお米です。石川門の風土は、酒造好適米の栽培に適しており、石川門の酒造好適米は、他の地域の酒造好適米よりも品質が高いと言われています。石川門の酒造好適米を使った日本酒は、香りが良く、味がまろやかで、飲みやすいのが特徴です。石川門の日本酒は、全国の日本酒コンクールで何度も受賞しており、石川門の日本酒は、全国各地で人気があります。
モノの名前

「吟風」のすべて

「吟風」とは、1977年にササニシキと渡船を交配して育成された酒造好適米の品種です。山形県が発祥の地であり、現在は山形県と隣接する秋田県、新潟県で主に栽培されています。 「吟風」は粒が大きく、心白(しんぱく)と呼ばれるお米の中心部分の白い部分が多いのが特徴です。心白が多いと、お酒造りの際に雑味が少なく、きれいなお酒ができるといわれています。また、「吟風」はタンパク質やアミノ酸の含有量が少ないため、お酒の雑味につながる部分が少なく、すっきりとした味わいのお酒になります。 「吟風」で造られたお酒は、口当たりの軽やかな淡麗辛口のお酒に仕上がります。フルーティな香りと華やかな味わいも特徴で、女性やお酒に慣れていない人にも飲みやすい傾向にあります。また、「吟風」は冷やしても燗にしても美味しく飲めるので、季節やシーンに合わせて楽しむことが可能です。
モノの名前

「しずく媛」の魅力とは?愛媛県生まれのお米

「しずく媛」は、愛媛県で誕生したお米です。平成15年1月に、農林水産省から登録されました。 「しずく媛」は、愛媛県農業試験場が育成した新品種です。 「コシヒカリ」と「ひのひかり」を掛け合わせて生まれたお米で、コシヒカリ譲りの食味とひのひかり譲りの耐病性や耐寒性を兼ね備えています。 「しずく媛」は、粒が大きく、艶があり、甘みと粘り気が強いのが特徴です。 また、冷めても美味しくて、お弁当にも最適です。 「しずく媛」は、愛媛県内を中心に栽培されており、全国的にはまだ知名度はそれほど高くありません。 しかし、その美味しさは折り紙付きであり、今後さらに広まっていく可能性を秘めています。
モノの名前

いにしえの舞とは?兵庫県の大関株式会社が育成した酒造好適米

いにしえの舞は、兵庫県の大関株式会社が育成した酒造好適米です。 1977年に兵庫県農業技術センターに委託し、協会19号を母、美山錦を父として交配育成され、1982年に品種登録されました。 酒造好適米としては、比較的新しい品種ですが、兵庫県や新潟県、山形県を中心に栽培されており、その良質な酒米として知られています。 いにしえの舞の特徴は、大粒で心白が大きいことです。 心白とは、米の中心部にある白い部分で、酒造りに適した成分であるでんぷんが多いため、酒米としては心白の多い品種が好まれます。 また、いにしえの舞は、タンパク質含有量が少ないため、雑味が少なく、すっきりとした味わいの酒ができるのも特徴です。 香りは穏やかで、酸味が少なく、甘味や旨味が感じられる酒ができることが多いです。 さらに、耐冷性や耐倒伏性に優れ、栽培しやすい品種でもあります。
モノの名前

谷良都の魅力を再発見

谷良都の歴史と特徴 谷良都は、群馬県北西部に位置する町である。日本三大名湯の一つである草津温泉郷があり、多くの観光客が訪れる。また、谷良都には、古い歴史を持つ寺院や神社が多く、歴史ファンにも人気のスポットである。 谷良都の歴史は古く、奈良時代にはすでに人が住んでいたとされている。平安時代には、谷良都に温泉が湧き出ていることが知られるようになり、次第に温泉地として発展していった。室町時代には、谷良都に湯治場が作られ、多くの人が湯治に訪れるようになった。江戸時代には、谷良都は草津温泉郷の一部となり、さらに多くの観光客が訪れるようになった。 谷良都は、草津温泉郷の一部であるため、温泉が豊富な町である。草津温泉は、日本三大名湯の一つであり、多くの観光客が湯治や観光で訪れる。草津温泉の泉質は、酸性・硫黄泉であり、神経痛やリウマチ、皮膚病などに効果があるとされている。 谷良都には、古い歴史を持つ寺院や神社が多い。谷良都の町並みを歩くと、あちこちに寺院や神社を見ることができる。谷良都の寺院や神社は、いずれも歴史が古く、中には国指定重要文化財に指定されているものもある。 谷良都は、温泉と歴史が豊富な町である。草津温泉郷の一部であるため、温泉が豊富で、多くの観光客が湯治や観光で訪れる。また、谷良都には、古い歴史を持つ寺院や神社が多く、歴史ファンにも人気のスポットである。
モノの名前

渡船とは?

渡船の歴史は古く、人類が川や海を渡るようになった頃から始まります。初期の渡船は、いかだや丸木舟など、単純な構造の船で、人や荷物を対岸まで運ぶために使用されていました。その後、文明の発展とともに、より大型で安定性の高い渡船が開発され、より長距離の航海が可能になりました。 ヨーロッパでは、紀元前3000年頃にはすでに渡船が使用されており、エジプトでは紀元前2000年頃にはナイル川を渡るために渡船が使用されていました。中国では、紀元前1000年頃には揚子江を渡るために渡船が使用され、日本でも、弥生時代には瀬戸内海を渡るために渡船が使用されていました。 中世に入ると、渡船はさらに発展し、ヨーロッパでは、十字軍の遠征に渡船が使用され、アジアでは、中国と朝鮮の間を結ぶ渡船が運行されていました。また、この頃には、蒸気機関が発明され、蒸気船が登場しました。蒸気船は、従来の帆船よりも高速で安定性が高かったため、渡船として広く使用されるようになりました。 19世紀になると、鉄鋼製の船舶が登場し、渡船はより大型化・高速化しました。また、この頃には、自動車が普及し始め、自動車を載せることができる渡船も登場しました。20世紀に入ると、飛行機が普及し始め、渡船の需要は減少しましたが、現在でも、離島や河川を渡るために渡船は重要な役割を果たしています。
モノの名前

「神の穂」ってどんなお米?魅力と特徴を紹介!

「神の穂」の誕生と由来 「神の穂」は、1995年(平成7年)に青森県農林試験場が開発した、青森県オリジナルのブランド米です。品種名は正式には「あきたこまち」×「育成365号」で、青森県初の奨励品種となりました。 「神の穂」の開発は、1980年代初頭にスタートしました。青森県は、もともと「あきたこまち」を主力として生産していましたが、さらに食味の良い品種を求めて、青森県農林試験場が独自の品種開発に乗り出しました。 「神の穂」は、1985年(昭和60年)に青森県農林試験場で交配が行われ、1990年(平成2年)に品種登録されました。その後、1995年(平成7年)に青森県奨励品種となり、青森県内の農家へ普及していきました。 「神の穂」という名前は、青森県の郷土料理である「せんべい汁」に由来しています。せんべい汁は、米粉を平たく伸ばした「せんべい」が入った汁物で、青森県の郷土料理として親しまれています。 「神の穂」の開発者たちは、この「せんべい汁」に合うようなお米を作りたいと考え、開発を進めていきました。そして、1990年(平成2年)に「神の穂」が誕生しました。 「神の穂」は、せんべい汁に合うお米として開発されましたが、その食味の良さから、今では青森県を代表するブランド米として親しまれています。
モノの名前

「サケピカリ」ってどんなお米?

「サケピカリ」の誕生 「サケピカリ」は、1998年に北海道農業試験場で誕生したお米です。サケピカリという名前は、鮭の切り身を思わせる透明感のある外観から名付けられました。サケピカリは、北海道の冷涼な気候に適した品種で、倒伏しにくく、収穫量が高いのが特徴です。また、食味はあっさりとしていて、粘りが少なく、冷めても美味しいお米です。サケピカリは、現在では北海道で広く栽培されており、北海道を代表するお米のひとつとなっています。 サケピカリの開発は、1980年代初頭から始まりました。北海道農業試験場では、北海道の冷涼な気候に適したお米の開発を目指して、さまざまな品種の交配実験を行っていました。そして1987年、北海道農業試験場は、日本晴れと上育4号を交配した品種に「サケピカリ」という名前を付けて出願しました。サケピカリは、1998年に品種登録され、翌1999年から北海道で栽培が始まりました。 サケピカリは、北海道の冷涼な気候に適した品種として、すぐに北海道の農家から人気を集めました。サケピカリは、倒伏しにくく、収穫量が高いという特徴に加えて、食味があっさりとしていて、粘りが少なく、冷めても美味しいという特徴も備えていたからです。サケピカリは、現在では北海道で広く栽培されており、北海道を代表するお米のひとつとなっています。
モノの名前

「蔵の華」ってどんなお米?

蔵の華の特徴 蔵の華は低アミロース米に分類されるお米です。アミロースとはデンプンの成分のひとつ。アミロースが多いと硬めで粘りがないお米、アミロースが少ないとやわらかく粘りがあるお米になります。蔵の華はアミロースが少ないため、やわらかく粘りがある食感が特徴的です。 さらに、冷めてもおいしさを保つのも特徴のひとつ。お弁当やおにぎりにも最適です。また、蔵の華は病気に強く、栽培が容易なため、近年、農家を中心に人気が高まっています。 蔵の華はつやがあり、甘みのあるあっさりとした味わいで、とても上品な印象を受けます。お米本来の美味しさを味わう事ができます。炊き上がりはふっくらとしていて、口に入れるとほどけるような食感です。 蔵の華は粘り気が強いため、冷めてもおいしいのが特徴です。お弁当やおにぎりにも最適です。 蔵の華は病気に強く、栽培が容易なため、近年、農家を中心に人気が高まっています。 蔵の華は、江口農園をはじめ、全国各地の農家によって栽培されています。江口農園では、蔵の華を有機栽培で育てています。有機栽培とは、化学肥料や農薬を使用せずに栽培する方法です。有機栽培で育てられた蔵の華は、化学肥料や農薬による汚染を気にせず、安心して食べることができます。
モノの名前

越神楽:吟醸酒の掛米に適した酒造好適米

越神楽とは、兵庫県神崎郡市川町で栽培されている酒造好適米のことです。酒造好適米とは、酒造りに適したお米のことで、一般のお米よりもでんぷん質が多く、タンパク質が少ないのが特徴です。 越神楽は、平成20年に兵庫県農林水産技術総合センターで育成された品種で、山田錦よりも汎用性があり、かつ精米歩合を高めることなく、上質な吟醸酒を醸すことができる酒造好適米です。 越神楽は、山田錦よりも栽培が容易で、収量も多いことから、近年注目を集めており、全国各地の酒蔵で、越神楽を使った日本酒が造られています。
モノの名前

阿波山田錦とは?酒造好適米のブランド米

-阿波山田錦の産地と生産量- 阿波山田錦の主産地は、徳島県阿波市阿波町です。阿波町は、吉野川と勝浦川に挟まれた地域で、気候が温暖で水稲栽培に適しています。阿波山田錦は、この恵まれた環境の中で栽培されており、その品質は全国的にも高く評価されています。 阿波山田錦の生産量は、年間約1万トンです。これは、酒造好適米全体の生産量の約1割を占めており、その中でも特に人気の高い品種となっています。阿波山田錦は、その品質の高さから、全国各地の酒蔵で使われており、数々の銘酒を生み出しています。
モノの名前

星あかり

-星あかりの特徴- 星あかりは、夜空に瞬く星々の光を模した照明器具です。電球やLEDを用いて、星のきらめきや光のグラデーションを再現しています。星あかりは、屋内や屋外で使用することができ、様々なシーンを幻想的に演出することができます。 星あかりの特徴の一つは、その光の美しさです。星あかりの光は、柔らかく温かみのある光で、安らぎや癒しを与えてくれます。また、星のきらめきや光のグラデーションは、見る人を幻想的な世界に誘います。 星あかりの特徴のもう一つは、その設置のしやすさです。星あかりは、簡単に取り付けたり取り外したりすることができるので、様々な場所で使用することができます。また、星あかりは、電球やLEDを使用しているため、電気代などのランニングコストが抑えられるというメリットもあります。 星あかりは、その美しさと設置のしやすさから、近年、人気が高まってきています。住宅や店舗だけでなく、イベントやパーティーなどでも、星あかりが使用されることが多くなっています。
モノの名前

「富の香」ってどんなお米?国産酒の華

富の香の特徴と歴史 富の香の特徴は、何と言ってもその香り高さです。炊飯したときに立ち上る香りは、とても華やかでフルーティー。また、甘味が強く、モチモチとした食感が特徴です。富の香は、もともと酒造好適米として開発されたお米です。酒造好適米とは、日本酒を造るのに適したお米のこと。酒造好適米は、一般のお米よりもタンパク質の含有量が多く、アミノ酸を豊富に含んでいます。そのため、日本酒を造る際に、より多くのアミノ酸を生成することができ、風味豊かなお酒ができあがるのです。富の香は、酒造好適米として開発されたお米ですが、その美味しさから食用米としても人気を博しています。
モノの名前

幻の酒米「誉富士」の魅力を探る

山田錦から生まれた稀少品種「誉富士」 誉富士は、山田錦を母、五百万石を父として交配して生まれた酒米です。山田錦の特徴である上品な香りと、五百万石の粘り強さを受け継いでいます。酒造好適米に指定されてはいますが、栽培が難しく、希少品種となっています。 誉富士は、山田錦よりも大粒で、タンパク質含有量も高めです。そのため、山田錦よりも精米歩合を高くすることができ、よりクリアで軽快な味わいの日本酒を醸造することができます。また、誉富士は山田錦よりもアミノ酸含有量が高いため、旨味のある日本酒を醸造することができます。 栽培が難しい理由は、倒れやすく、病害虫にもかかりやすいからです。倒れやすいのは、茎が細くて弱いからです。病害虫にもかかりやすいのは、葉が薄くて柔らかいからです。そのため、栽培には手間とコストがかかり、希少品種となっています。 しかし、誉富士で醸造された日本酒は、上品な香りと旨味のある味わいが特徴で、日本酒ファンに高く評価されています。
その他

酒造好適米「雄町」の特徴と歴史

雄町の特徴と栽培 雄町は、酒造好適米の中では最も古い品種の一つで、その歴史は江戸時代までさかのぼります。雄町は、酒造好適米として非常に人気が高く、全国各地で栽培されています。 雄町の最大の特徴は、その大粒で、心白が大きいことです。心白とは、米の中央にある白い部分のことで、酒造りに適した成分が含まれています。雄町の心白は、酒造好適米の中では最も大きく、そのため酒造りに適した成分が多く含まれています。 雄町のもう一つの特徴は、その耐寒性が強いことです。雄町は、東北地方などの寒冷地でも栽培することができ、そのため全国各地で栽培されています。 雄町の栽培は、他の酒造好適米と比べて難しいとされています。雄町は、大粒で倒れやすい性質があるため、栽培管理に注意が必要です。また、雄町は、病害虫に弱い性質があるため、病害虫対策も重要です。 雄町は、酒造好適米の中では最も古い品種の一つで、その历史は江戸时代までさかのぼります。雄町は、酒造好适米として非常に人気が高く、全国各地で栽培されています。 雄町の最大の特徴は、その大粒で、心白が大きいことです。心白とは、米の中央にある白い部分のことで、酒造りに适した成分が含まれています。雄町の心白は、酒造好适米の中では最も大きく、そのため酒造りに适した成分が多く含まれています。 雄町のもう一つの特徴は、その耐寒性が強いことです。雄町は、東北地方などの寒冷地でも栽培することができ、そのため全国各地で栽培されています。 雄町の栽培は、他の酒造好适米と比べて難しいとされています。雄町は、大粒で倒れやすい性質があるため、栽培管理に注意が必要です。また、雄町は、病害虫に弱い性質があるため、病害虫対策も重要です。