野条穂

モノの名前

「祝」とは?京都の伝統的な酒造好適米

「祝」の歴史と特徴 「祝」は、京都府で栽培されている酒造好適米です。酒造好適米とは、酒造用に適した品種の米のことです。「祝」は、1936年に「亀の尾」と「山田錦」を交配させて育成された品種です。1951年に農林省に登録され、1952年から栽培が始まりました。 「祝」は、大粒で心白が大きく、酒造りに適した特徴を持っています。心白とは、米の中心にある白い部分のことです。心白が多いほど、酒造りに適しています。 「祝」で作られた日本酒は、華やかな香りと、キレのある味わいが特徴です。また、長期熟成にも向いています。 「祝」は、京都府内で栽培されている酒造好適米の中では、最も生産量が多い品種です。京都府内の多くの酒蔵で「祝」で作られた日本酒が製造されています。 「祝」は、京都の伝統的な酒造好適米として、その品質の高さが評価されています。
モノの名前

幻のお米「野条穂」復活物語

「野条穂の歴史と復活までの道のり」 野条穂は、かつて東北地方で栽培されていた幻のお米です。野性味のある香りが特徴で、味はもちもちとして歯ごたえがあるのが特徴です。しかし、収量性が低く、栽培が難しかったため、1900年代初頭には絶滅してしまいました。 野条穂の復活の取り組みは、1990年代に始まりました。山形県の農家、佐藤さんが、野条穂の種子を譲り受け、栽培を始めました。しかし、野条穂は栽培が難しく、当初は失敗続きでした。しかし、佐藤さんは諦めずに栽培を続け、ついに2000年に野条穂を復活させることに成功しました。 佐藤さんは、野条穂を復活させた後、その種子を他の農家に配布し、野条穂の栽培を広めました。現在では、山形県を中心に、野条穂を栽培する農家が増えています。野条穂は、その独特の香りと味で、多くの人に愛されるお米となっています。