釧路地方

モノの名前

「この豚丼」の魅力と味わうべきポイント

「この豚丼」の魅力と味わうべきポイント 釧路地方のご当地グルメ「この豚丼」とは 釧路地方のご当地グルメである「この豚丼」は、豚肉を甘辛いタレで味付けし、ご飯の上にのせた丼ぶりです。豚肉はロース肉やバラ肉など、部位によって異なる食感や味わいが楽しめます。また、タレは醤油やみりん、砂糖などをベースに、各店独自の工夫が凝らされています。「この豚丼」は、釧路地方の飲食店で広く提供されており、地元だけでなく、観光客にも人気のグルメです。 「この豚丼」の魅力は、なんといってもその豪快なボリューム感です。豚肉は厚切りで食べ応えがあり、ご飯も大盛りに盛られていることが多いため、男性でも満足できるボリュームです。また、「この豚丼」は、豚肉とタレの相性も抜群です。豚肉は柔らかくジューシーで、タレの甘辛さが絶妙にマッチしています。さらに、「この豚丼」には、玉ねぎやネギなどの野菜もトッピングされており、野菜のシャキシャキ感も楽しめます。 「この豚丼」を味わうべきポイントは、まず、豚肉を一口大に切って、タレを絡めて食べることです。こうすることで、豚肉の旨味とタレの甘辛さが口の中に広がり、より一層美味しく味わうことができます。また、「この豚丼」には、おろし生姜や紅生姜を添えて食べるのがおすすめです。生姜の辛味と酸味が、豚肉の脂っこさをさっぱりとさせてくれます。さらに、「この豚丼」には、味噌汁や漬物がセットになっていることが多いので、汁物や漬物と一緒に食べると、より一層美味しく味わうことができます。
モノの名前

北海道のソウルフード「ザンギ」の魅力

ザンギとは、北海道のソウルフードと呼ばれる鶏の唐揚げのことです。小麦粉、片栗粉、塩、胡椒、生姜、ニンニクなどを合わせた衣で鶏肉を揚げたもので、外はサクサク、中はジューシーな食感を楽しめます。もともとは中国料理の炸鶏(ジャーチー)が起源といわれていますが、北海道では独自の進化を遂げ、現在では北海道の郷土料理として親しまれています。ザンギは北海道内の居酒屋や食堂、ラーメン店など、さまざまな飲食店で提供されており、家庭でもよく作られる料理です。また、北海道のお土産としても人気があります。
地名・ロケ地

阿寒富士を知る!北海道の名峰の魅力

阿寒富士の歴史と成り立ち 阿寒富士は、アイヌの人々によって「カムイヌプリ」と呼ばれており、「神の山」を意味しています。阿寒富士は、約200万年前に起きた阿寒カルデラ噴火によって形成されました。カルデラ噴火とは、マグマの通り道である火道を貫いて地表にマグマが噴き出し、地下のマグマが抜け落ちて地面が落ち込む現象です。阿寒富士はそのカルデラ噴火によってできた岩屑丘です。岩屑丘とは、火山の噴火によって放出された高温の岩屑が積もってできた山のことです。阿寒富士は、標高1,420メートルで、北海道の最高峰です。阿寒富士は、雌阿寒岳、雄阿寒岳、阿寒富士の3つの山からなる連山であり、阿寒国立公園に指定されています。阿寒国立公園は、阿寒湖、阿寒川、阿寒滝などの自然景観や、アイヌ文化を伝える施設が点在する景勝地です。