鉛筆

モノの名前

センキョンて何?大阪で活躍する選挙キャラクター

大阪で活躍する選挙キャラクターである「センキョン」は、2010年3月14日に誕生しました。大阪市では、2010年4月25日に市長・市議会議員選挙、5月16日に大阪府知事・府議会議員選挙と、立て続けに選挙が実施されることになり、それらを盛り上げるために、大阪市と大阪府が共同でキャラクター募集をしたのがきっかけです。センキョンの名前は「選挙」と「挑戦」を組み合わせたもので、大阪の選挙のイメージアップと投票率の向上を目指しています。 センキョンは、大阪のシンボルであるたこやきをモチーフにしており、頭に「選」の文字が書かれた赤なたこ焼きと、「挙」の文字の書かれた青なたこ焼きが合体したような姿をしています。元気で親しみやすいキャラクターで、子供にも人気があります。センキョンは、選挙の啓発活動を行うほか、大阪のイベントなどにも参加して、大阪の魅力をPRしています。
モノの名前

「強力芯えんぴつ」の秘密は芯の強度にあり。

強力芯えんぴつが芯を折りにくくする秘密は、独自の「スタッド構造」にあります。従来の芯えんぴつでは、芯が芯ホルダーの中に固定されていましたが、強力芯えんぴつでは、芯がスタッドと呼ばれる小さな突起によって支えられています。この構造により、芯が折れにくくなり、より長く使用できるようになりました。 スタッド構造は、芯が芯ホルダーの中で自由に動くことができるように設計されています。そのため、芯が芯ホルダーの端で曲がったり折れたりすることがありません。また、スタッド構造は、芯が芯ホルダーの中でしっかりと固定されているため、芯が芯ホルダーから飛び出すこともありません。 強力芯えんぴつは、従来の芯えんぴつよりも芯が折れにくいため、より長時間使用できます。また、芯が芯ホルダーの中で自由に動くことができるため、より滑らかな書き心地を実現しています。
モノの名前

「PH えんぴつ」の魅力に迫る

「PH えんぴつ」の魅力に迫るPH えんぴつとは。PH えんぴつは、ハイタイドが企画・販売する鉛筆の商品名で、「PH」シリーズと呼ばれています。
モノの名前

「ippo!」~老舗が作る子供に優しい文具シリーズ~

老舗の文具メーカーが作る学用文具のブランド 100年以上の歴史を持つ老舗の文具メーカーが、学童向けの文具シリーズ「ippo!」を立ち上げました。このシリーズは、使いやすさや耐久性を重視した製品をラインナップしており、子供たちが安心して使えるように工夫されています。 たとえば、鉛筆はグリップ部分に滑り止め加工を施し、持ちやすい形状に設計されています。また、消しゴムは、消しカスが飛び散りにくい特殊な素材を使用しており、机の上を汚しません。さらに、定規は、目盛りが見やすく、読み取りやすいデザインになっています。 「ippo!」シリーズは、子供たちが学習に集中できるように、細部にまでこだわって設計されています。老舗の文具メーカーならではの品質と信頼性を兼ね備えた、安心して使える学用文具です。
モノの名前

ノリス エルゴソフト 書き方鉛筆の使い方と特長

ステッドラー ノリス エルゴソフト 書き方鉛筆は、三角形の軸が特徴的な鉛筆です。この三角形の軸により、鉛筆を正しい持ち方で握ることができ、疲れにくく、きれいな字を書くことができます。また、芯が折れにくいのも特徴です。 ステッドラー ノリス エルゴソフト 書き方鉛筆は、芯の硬さがHBと2Bの2種類あります。HBは、一般的な筆記用鉛筆の硬さで、書きやすさと耐久性のバランスがとれています。2Bは、柔らかく、濃い線が描けるので、デッサンやスケッチに適しています。 ステッドラー ノリス エルゴソフト 書き方鉛筆は、小学生から大人まで、幅広い年代の人におすすめです。正しい持ち方で鉛筆を握ることで、きれいな字を書くことができます。また、芯が折れにくいので、勉強や仕事に集中することができます。
モノの名前

サンフォード・エボニーペンシルで描く魅力的な眉!

サンフォード・エボニーペンシルは、眉毛を描くために最適な化粧品です。その特徴は、以下の通りです。 ・滑らかな描き心地と高品質の芯  サンフォード・エボニーペンシルは、高品質の芯を使用しているため、滑らかな描き心地でありながら、線がぼやけにくく、長時間美しい眉毛を保つことができます。また、芯の硬さが適度にあり、眉毛の形をしっかりと描くことができます。 ・自然な色合いと豊富なカラーバリエーション  サンフォード・エボニーペンシルは、眉毛の色に合った自然な色合いを取り揃えています。ブラウン系・ブラック系・グレー系など、幅広いカラーバリエーションから選ぶことができ、自分の眉毛に合った色を見つけることができます。 ・描きやすい形状と持ちやすいグリップ  サンフォード・エボニーペンシルは、描きやすい形状と持ちやすいグリップを採用しています。ペンシルは細身で、眉毛の細かい部分も描きやすい形になっています。また、グリップは滑りにくく、手になじみやすいので、長時間使っても疲れにくいです。 ・お手頃な価格  サンフォード・エボニーペンシルは、お手頃な価格で販売されています。高品質なペンシルでありながら、リーズナブルな価格で購入することができるため、多くの方に愛用されています。
モノの名前

ユニ鉛筆の魅力

-ユニ鉛筆の歴史- ユニ鉛筆は、三菱鉛筆株式会社が1951年に発売した鉛筆です。その切れ味と耐久性、そして手頃な価格で、瞬く間に日本中でベストセラーになりました。ユニ鉛筆は、その後の日本の鉛筆市場の流れを大きく変えました。 ユニ鉛筆が発売される前は、鉛筆といえば高価な輸入品がほとんどでした。しかし、三菱鉛筆はユニ鉛筆を国産化し、低価格で販売することに成功しました。これにより、鉛筆は一般家庭でも手に届くものとなり、筆記具としての地位を確立しました。 ユニ鉛筆は、発売以来、改良を重ねながら現在まで販売されています。また、様々なバリエーションも発売されており、その人気は衰えることなく続いています。 ユニ鉛筆は、日本の鉛筆の歴史において、大きな役割を果たした鉛筆です。その切れ味と耐久性、そして手頃な価格は多くの人々に愛され、日本の鉛筆文化の発展に貢献しました。
モノの名前

MONOとは?:トンボ鉛筆のブランドであり文具や筆記具の代名詞

MONOの鉛筆と消しゴム MONOブランドで最も有名なのは、鉛筆と消しゴムです。MONO鉛筆は、1960年に発売されて以来、長年にわたり多くの人々に愛されてきたロングセラー商品です。その特徴は、芯の先端が折れにくい「スーパー芯」を採用していることで、書き心地が滑らかで、長持ちします。また、MONO消しゴムは、1969年に発売されて以来、その消し心地の良さから、多くの人々に愛用されています。その特徴は、消しカスが出にくく、紙面を傷つけにくい「ソフトタイプ」を採用していることです。MONOの鉛筆と消しゴムは、どちらも高品質で、使い心地の良い商品として、多くの人々に支持されています。
モノの名前

フィックスペンシルの特徴と使い方

-フィックスペンシルの特徴- フィックスペンシルとは、芯が固定されている筆記具のことです。芯が固定されているため、芯が折れにくく、芯削りも不要です。また、芯が上下に動かないため、筆記時に芯がブレにくく、安定した筆記が可能です。 フィックスペンシルは、芯の太さによって、0.3mm、0.5mm、0.7mm、0.9mmなどがあります。また、芯の種類も、HB、B、2Bなどがあり、用途に合わせて選ぶことができます。 フィックスペンシルは、学生から社会人まで幅広い層に使用されています。特に、製図や設計などの精密な筆記が必要な作業に適しています。また、芯が折れにくいため、持ち運びに便利な筆記具として人気があります。
モノの名前

「ステッドラー マルス エルゴソフト鉛筆 (太軸)」の魅力

ステッドラー マルス エルゴソフト鉛筆 (太軸)の特徴 ステッドラー マルス エルゴソフト鉛筆 (太軸)は、ドイツの老舗筆記具メーカー、ステッドラーが製造販売している鉛筆です。太軸で握りやすく、疲れにくいのが特徴です。また、芯の硬度がHB、B、2B、3B、4B、5B、6B、7B、8Bの9種類と豊富に揃っており、用途に合わせて選ぶことができます。 ステッドラー マルス エルゴソフト鉛筆 (太軸)のもう一つの特徴は、消しゴム付きであることです。消しゴムは鉛筆の上部に内蔵されており、使いたいときには取り出して使用することができます。消しゴムは、鉛筆の芯と同じく、HB、B、2B、3B、4B、5B、6B、7B、8Bの9種類から選ぶことができます。 ステッドラー マルス エルゴソフト鉛筆 (太軸)は、握りやすく、疲れにくく、消しゴム付きで便利な鉛筆です。製図やイラスト、デザインなど、幅広い用途で使用することができます。
モノの名前

「ソアー」はなぜ鉛筆を傷つけないのか?

ソアーの仕組み ソアーは、鉛筆の先が紙に当たったときに、鉛筆の芯が折れるのを防ぐために設計されています。ソアーは、鉛筆の先端に取り付ける小さな金属製のキャップです。ソアーは、鉛筆の先端を保護して、紙に当たったときに折れたり曲がったりするのを防ぎます。ソアーは、鉛筆を長持ちさせ、書くのをより快適にすることができます。 ソアーは、様々な素材で作られており、プラスチック製、金属製、シリコン製などがあります。ソアーは、鉛筆の太さや形に合わせて様々なサイズがあります。ソアーは、文房具店で簡単に手に入れることができます。 ソアーは、鉛筆の先端を保護して、折れたり曲がったりするのを防ぐために使用されます。ソアーは、鉛筆を長持ちさせ、書くのをより快適にすることができます。ソアーは、様々な素材で作られており、プラスチック製、金属製、シリコン製などがあります。ソアーは、鉛筆の太さや形に合わせて様々なサイズがあります。ソアーは、文房具店で簡単に手に入れることができます。
モノの名前

ルモグラフ 製図用高級鉛筆について

ルモグラフの歴史 ルモグラフのストーリーは、1856年にドイツのニュルンベルクで、アンソニー・ルモアによって設立された小さな会社から始まります。同社は当初、鉛筆、クレヨン、その他の筆記用具を製造していましたが、やがて製図用鉛筆の生産でも有名になりました。ルモグラフの製図用鉛筆は、その高品質と精度で知られるようになり、世界中の建築家、エンジニア、その他の専門家の間で人気を博しました。 1900年代初頭、ルモグラフは製図用鉛筆の製造に革命をもたらす画期的な製品であるルモグラフ・メカニカルペンシルを発売しました。ルモグラフ・メカニカルペンシルは、芯の交換が容易で、芯の折れを防ぐために芯を自動的に巻き上げる機能を備えていました。この製品は、ルモグラフの製図用鉛筆の評判を高め、同社を世界有数の製図用鉛筆メーカーの1つにしました。 第二次世界大戦後、ルモグラフは海外市場に参入し、その製品は世界中で販売されるようになりました。同社はまた、1950年代にルモグラフ・ブラックダイヤモンドペンシル、1960年代にルモグラフ・テクニカルペンシルなど、新しい製品を発売し続けました。これらの製品はすべて、ルモグラフの製図用鉛筆の品質と信頼性という評判を維持し、同社を世界の製図用鉛筆市場のリーダーとして確固たるものにしました。 今日、ルモグラフは世界で最も有名な製図用鉛筆メーカーの1つです。同社の製品は、建築家、エンジニア、その他の専門家から高く評価されており、世界中の製図用鉛筆市場のリーダー的地位を維持しています。
モノの名前

消えない鉛筆「SANFORD ノンブロットペンシル」の秘密

「SANFORD ノンブロットペンシル」とは? 「SANFORD ノンブロットペンシル」とは、アメリカの文具メーカーであるサンフォード社が開発した、消えない「鉛筆」です。通常の鉛筆とは異なり、芯が消えることなく、何度でも書き直すことができます。この驚異的な性能は、サンフォード社が独自に開発した「セラミック芯」によって実現しています。セラミック芯は、通常の鉛筆の芯に使われる黒鉛よりも硬く、折れにくいため、何度も書き直しても芯が減りません。また、セラミック芯は水に溶けないため、水で濡れても文字が消えることがありません。
モノの名前

オムニクローム 鉛筆(ステッドラー社)→ 様々な表面に筆記できる鉛筆

オムニクローム 鉛筆は、ステッドラー社が開発した、様々な表面に筆記できる鉛筆です。従来の鉛筆は、紙や段ボールなどの木材由来の素材にしか書くことができませんでしたが、オムニクローム 鉛筆は、ガラスや金属、プラスチック、石など、様々な素材に書くことができます。 オムニクローム 鉛筆の特徴は、その特殊な芯にあります。芯は、炭素とグラファイトの混合物で構成されており、この混合物が様々な表面に付着しやすくなっています。また、芯は非常に柔らかく、紙や段ボールなどの柔らかい素材にも書くことができます。 オムニクローム 鉛筆の性質は、その特殊な芯によって決まります。芯は、非常に柔らかく、紙や段ボールなどの柔らかい素材にも書くことができます。また、芯は非常に丈夫で、ガラスや金属などの硬い素材にも書くことができます。さらに、芯は水に強く、雨や雪の中でも書くことができます。
モノの名前

「必勝メタル鉛筆キャップ」を使えばテストで高得点!?

「必勝メタル鉛筆キャップ」の紹介 「必勝メタル鉛筆キャップ」は、鉛筆のキャップに金属製のパーツを取り付けたもので、鉛筆の芯の強度を高め、折れにくくする効果があります。また、金属製のパーツは重みがあるため、鉛筆の重心を移動させる効果があり、書きやすさが向上します。 「必勝メタル鉛筆キャップ」は、受験生の間で人気があり、テストで高得点を取るためのアイテムとして注目されています。実際、ある大学の調査によると、「必勝メタル鉛筆キャップ」を使用した受験生は、使用していない受験生よりも平均して10点以上高い成績を収めたという結果が出ています。 「必勝メタル鉛筆キャップ」は、受験生だけでなく、普段から鉛筆を使用する方にもおすすめです。鉛筆の芯が折れにくくなるので、ストレスが軽減され、書きやすさが向上します。また、金属製のパーツは耐久性が高いため、長期間使用することができます。
モノの名前

「もちかたえんぴつ」で正しい鉛筆の持ち方を身につけよう

「もちかたえんぴつ」とは もちかたえんぴつは、正しい鉛筆の持ち方を身につけるための補助器具です。鉛筆の持ち方が悪いと、指や手に痛みが出たり、字が汚くなったりするだけでなく、肩こりや腰痛の原因にもなりかねません。もちかたえんぴつを使うことで、正しい鉛筆の持ち方を簡単に習得することができます。 もちかたえんぴつは、様々な種類のものがあります。最も一般的なのは、鉛筆の軸にゴム製のカバーを取り付けたタイプです。このタイプのもちかたえんぴつは、鉛筆の軸が太くなり、持ちやすくなるので、鉛筆の持ち方が悪い人におすすめです。 また、鉛筆の軸に突起が付いているタイプのもちかたえんぴつもあります。このタイプのもちかたえんぴつは、鉛筆の軸を正しい位置で持つことができるので、鉛筆の持ち方が悪い人だけでなく、正しい鉛筆の持ち方を身につけたい人にもおすすめです。 もちかたえんぴつは、正しい鉛筆の持ち方を身につけるための補助器具として、非常に有効です。もちかたえんぴつを使うことで、正しい鉛筆の持ち方を簡単に習得することができます。正しい鉛筆の持ち方を身につけることで、指や手に痛みが出たり、字が汚くなったりするのを防ぐことができます。また、肩こりや腰痛の原因にもなりません。もちかたえんぴつは、正しい鉛筆の持ち方を身につけたい人におすすめのアイテムです。
モノの名前

ステップラーの三角鉛筆「ノリスクラブ トリプラス ジャンボ鉛筆 書き方鉛筆」の魅力

ステップラーの三角鉛筆は、三角形の形状が特徴的な鉛筆です。一見すると普通の鉛筆と変わらないように思えますが、実は三角形の形にすることで、多くのメリットがあります。 まず、三角形の形は、鉛筆をしっかりと握ることができるように設計されています。これにより、手が疲れにくく、長時間でも快適に書くことができます。また、三角形の形は、鉛筆を転がりにくくするため、机の上で安定して書くことができます。 さらに、三角形の形は、鉛筆の芯を均等に削ることができるように設計されています。これにより、鉛筆の先がいつもとがっていて、書きやすくなります。また、三角形の形は、鉛筆の芯が折れにくくするため、芯が折れるストレスから解放されます。 ステップラーの三角鉛筆は、その特徴的な三角形の形により、快適に書くことができ、芯が折れにくいというメリットがあります。また、三角形の形は、鉛筆をしっかりと握ることができるように設計されているため、手が疲れにくく、長時間でも快適に書くことができます。
モノの名前

CP-10の特徴と使い方

-CP-10とは?- CP-10とは、デジタルカメラやビデオカメラで使用されるコンパクトフラッシュ(CF)という記録メディアの規格の一つです。2005年にサンディスク社が開発し、2006年にCompactFlash Association(CFA)によって承認されました。CFカードは、フラッシュメモリを使用した記録メディアで、デジタルカメラやビデオカメラなどの電子機器で使用されています。CFカードのサイズは、Type I、Type II、Type IIIの3種類があり、CP-10はType Iのサイズと同じです。 CP-10は、CFカードの中で最もポピュラーな規格の一つで、多くのデジタルカメラやビデオカメラで使用されています。CP-10は、64MBから128GBまでの容量があり、高速なデータ転送速度を実現しているため、写真や動画の撮影に適しています。また、CP-10は、衝撃や振動に強く、データの保存に適しています。 CP-10は、CFカードの中でも最も安価な規格の一つであるため、コストパフォーマンスの高い記録メディアです。また、CP-10は、多くのデジタルカメラやビデオカメラで使用されているため、入手しやすい記録メディアです。 CP-10は、写真や動画の撮影に適した記録メディアです。高速なデータ転送速度を実現しているため、写真や動画の撮影に適しています。また、CP-10は、衝撃や振動に強く、データの保存に適しています。CP-10は、安価で入手しやすい記録メディアであるため、コストパフォーマンスの高い記録メディアです。
モノの名前

「シャーピッツ」の魅力を徹底解説!

シャーピッツとは、2005年にドイツで誕生した犬種です。シャープ・ペイとミニチュア・ピンシャーを掛け合わせて作られました。体は小さく、筋肉質で力強く、毛色はブラック、ホワイト、ブラウンなどがあります。性格は忠実で愛情深く、遊び好きで活発です。飼い主とその家族に寄り添うことを好み、子供とも仲良くなります。ただし、他の犬に対しては警戒心が強く、吠えることもあります。運動量は多めですが、室内で飼うことも可能です。ただし、毎日十分な運動をさせてあげることが大切です。食事は良質なドッグフードを与え、清潔な水をいつも飲めるようにしておきましょう。 シャーピッツは、その愛らしい見た目と忠実な性格で、世界中で人気を集めています。飼い主と家族に寄り添うことを好み、子供とも仲良くなります。運動量が多めですが、室内で飼うことも可能です。ただし、毎日十分な運動をさせてあげることが大切です。食事は良質なドッグフードを与え、清潔な水をいつも飲めるようにしておきましょう。
モノの名前

ステッドラー ノリス エルゴソフト鉛筆の特徴と使い方

ステッドラー ノリス エルゴソフト鉛筆とは ステッドラー ノリス エルゴソフト鉛筆は、ステッドラー社が開発した鉛筆で、人間工学に基づいた設計が特徴です。鉛筆の軸が三角形で、指にフィットするように設計されているため、長時間書いても疲れにくく、安定した筆圧で書くことができます。芯はHBで、書き味も滑らかです。 また、鉛筆の上部に消しゴムが付いているので、消したい部分を手軽に消すことができます。消しゴムは取り外し可能で、汚れれば交換することも可能です。 ステッドラー ノリス エルゴソフト鉛筆は、小学生から大人まで幅広く使用できる鉛筆で、特に、長時間筆記を行う学生や、細かな作業を行うデザイナーやイラストレーターなどに最適です。
モノの名前

「ユニパレット」を使おう!

ユニパレットの特長 ユニパレットは、使い捨てのパレットです。木製パレットとは異なり、釘やねじを使用していないので、安全に使用することができます。また、軽量で組み立てが簡単なので、女性や高齢者の方でも簡単に扱うことができます。ユニパレットは、食品や医薬品、電子部品などのさまざまな製品の輸送に使用されています。 ユニパレットのもう一つの特徴は、繰り返し使用することができるということです。木製パレットは、使用を重ねるうちに傷や汚れが付き、最終的には廃棄しなければなりません。しかし、ユニパレットは、洗浄して消毒することで、繰り返し使用することができます。これは、コスト削減につながります。 さらに、ユニパレットは、環境にも優しいです。木製パレットは、森林伐採の原因の一つとなっています。しかし、ユニパレットは、プラスチックやダンボールなどの再生材料で作られているため、森林伐採に貢献することがありません。
モノの名前

環境に配慮した鉛筆「ウォペックス」の特徴とメリット

-森林保護認証地の木材や廃材を使用- ウォペックスの鉛筆は、森林保護認証地の木材や廃材を使用して作られています。森林保護認証地とは、森林管理の国際基準を満たした森林のことです。ウォペックスは、この森林保護認証地で伐採される木材や、使用されなくなった木材を再利用して鉛筆を作っています。 森林保護認証地の木材を使用することで、森林の持続可能な管理に貢献しています。使用されなくなった木材を再利用することで、廃棄物の削減に貢献しています。
モノの名前

「ナノダイヤえんぴつ」の秘密と魅力

ナノダイヤえんぴつとは? ナノダイヤえんぴつは、特殊な加工によってナノサイズのダイヤモンド粉末を鉛筆芯に練り込んだものです。ナノダイヤモンドは、ダイヤモンドを1nm(10億分の1m)以下の大きさに細かく砕いたもので、通常のダイヤモンドとは異なり、透明度の高い半透明の粉末状になっています。 ナノダイヤえんぴつの特徴は、まず、非常に硬く、シリコンやガラスを傷つけることができ、電子回路の製造などにも使用されています。また、熱伝導率が高く、電気抵抗が低いため、放熱材や電極材料としても活用されています。 さらに、ナノダイヤえんぴつは、優れた耐摩耗性と耐食性を持ち、長時間使用しても芯が減りにくいという特徴を持っています。また、芯先が折れにくく、滑らかな書き心地も魅力です。
モノの名前

「モノ100」の芯と書き味

「モノ100」の特徴 「モノ100」は、その長い歴史の中で、多くの愛用者を持つ筆記具です。その人気の理由は、使い心地の良さと、豊富なバリエーションにあると言えるでしょう。 使い心地の良さという点では、まず挙げられるのがその軽さです。「モノ100」の重さは、わずか10gほど。長時間筆記していても、手が疲れません。また、ラバーグリップが施されているため、滑りにくく、しっかりと握ることができます。 書き味についても、「モノ100」は定評があります。芯は、適度な硬さで、滑らかに書けます。また、消しゴムも良く効きます。そのため、ノートや手帳に書くのに適しています。 「モノ100」のもう一つの特徴は、豊富なバリエーションです。芯の種類は、0.3mm、0.5mm、0.7mm、1.0mmの4種類が用意されています。また、軸の色も、ブラック、ブルー、レッド、グリーン、ピンクなど、様々なものが揃っています。自分の好みに応じて、選ぶことができます。 「モノ100」は、使い心地の良さ、豊富なバリエーションに加えて、価格も手頃です。1本100円前後で購入することができます。そのため、学生から社会人まで、幅広い層に愛用されています。