銀賞

施設名・ロケ地

岩手の「オランダ島ハウス」~オランダ人と日本の友情~

オランダ島ハウスの誕生秘話 オランダ島ハウスは、岩手県宮古市にある博物館です。1990年に開館し、オランダと日本の友好の歴史を伝える貴重な資料を数多く収蔵しています。 オランダ島ハウスの誕生には、あるオランダ人男性の尽力がありました。その男性の名前は、ヤン・ヨハン・デルフスです。デルフスは、1890年にオランダのアムステルダムで生まれました。彼は、若い頃から日本に興味を持っていて、1920年に来日しました。 デルフスは、来日後すぐに日本の文化に興味を持ち、日本の伝統芸能や工芸品を学び始めました。また、彼は日本の歴史にも興味を持ち、日本の歴史について多くの研究を行いました。 デルフスは、1930年に岩手県宮古市を訪れました。宮古市は、津波や地震などの自然災害の多い地域であり、デルフスは、この地域の人々が自然災害から身を守るために、オランダの技術を導入することができるのではないかと考えました。 デルフスは、宮古市の人々と協力して、オランダの技術を導入した防波堤を建設しました。この防波堤は、1933年の津波から宮古市を守ることができました。 デルフスは、この功績により、宮古市の人々から尊敬されるようになりました。彼は、1940年に宮古市にオランダ島ハウスを開設しました。オランダ島ハウスには、オランダと日本の友好の歴史を伝える貴重な資料を数多く収蔵しています。 オランダ島ハウスは、デルフスの尽力により、オランダと日本の友好の歴史を伝える貴重な博物館として、現在も多くの観光客に親しまれています。
モノの名前

シークヮーサーホワイトエールを楽しむための豆知識

シークヮーサーホワイトエールは、シークヮーサーの風味と香りを活かしたホワイトエールです。シークヮーサーは、沖縄県原産の柑橘系の果物で、その果汁は酸味と甘みのバランスが良く、爽やかな香りが特徴です。シークヮーサーホワイトエールは、このシークヮーサーの果汁をビールに加えて醸造することで、シークヮーサーの風味と香りを引き立てたビールとなっています。 シークヮーサーホワイトエールの特徴は何と言っても、シークヮーサーの爽やかな風味と香りです。シークヮーサーの果汁が加わることで、ビールに酸味と甘みのバランスが生まれ、すっきりとした後味が楽しめます。また、シークヮーサーの香りは、ビールのホップの香りと相まって、華やかな香りを醸し出しています。 シークヮーサーホワイトエールは、その爽やかな風味と香りから、夏場の暑い時期にぴったりのビールです。また、シークヮーサーの果汁にはビタミンCやクエン酸が豊富に含まれているため、健康に良いビールとしても人気があります。