長崎県西海市

モノの名前

西海寿司の魅力と作り方

西海寿司の歴史と由来 西海寿司は、長崎県の西海市発祥の郷土料理です。その歴史は古く、江戸時代から食べられていたとされています。西海市は、古くから捕鯨の拠点として栄えており、鯨肉を保存するために考案されたのが西海寿司の始まりと言われています。 西海寿司は、酢飯の上に鯨肉やマグロ、イカなどの刺身を乗せた押し寿司の一種です。押し寿司とは、酢飯と具材を木枠や型に入れて押し固めた寿司のことで、西日本の郷土料理として各地に存在します。 西海寿司の特徴は、鯨肉を巻くことと、酢飯に生姜を混ぜることです。鯨肉は、クセが強いので、生姜を混ぜることでそのクセを和らげることができます。また、西海寿司には、醤油ではなく、甘辛いタレをかけて食べます。このタレは、醤油をベースに、砂糖、みりん、酒などを加えて作ります。 西海寿司は、西海市内の寿司屋や食堂で食べることができます。また、西海市では、毎年11月に「西海寿司まつり」が開催され、西海寿司の屋台が立ち並びます。
モノの名前

枝折れなすの魅力を再発見

長崎県西海市の伝統野菜である枝折れなすは、その名の通り、枝が折れるほど実がなることから名付けられたナスの一種です。江戸時代から栽培されており、地元の人たちに親しまれてきた野菜です。 枝折れなすの特徴は、その大きさと形です。一般的なナスよりも大きく、平均的な重量は200~300gにもなります。また、先端が丸みを帯びていて、全体的にふっくらとした形をしています。 枝折れなすは、その大きさゆえに、食べ応えのある野菜です。肉厚でジューシーな果肉は、煮物や焼き物、揚げ物など、様々な料理に適しています。また、皮が薄くて柔らかいので、皮ごと食べることができます。 枝折れなすは、長崎県西海市の特産品として知られていますが、生産量は少なく、市場にはあまり出回りません。そのため、地元の直売所や農家などでしか手に入らない貴重な野菜です。 枝折れなすは、その大きさと形、そして食べ応えのある果肉が特徴の伝統野菜です。長崎県西海市を訪れた際には、ぜひ一度味わってみたいものです。
モノの名前

長崎の海から生まれた、まろやかな塩「やわらかい塩」

「やわらかい塩」とは、長崎県の五島列島にある小値賀島で生産されている、まろやかな塩のことです。そのまま食べてもおいしいと評判ですが、その美味しさの秘密は、五島列島の海水のミネラルバランスにあります。五島列島の海水は、ミネラルが豊富で、特にマグネシウムとカルシウムを多く含んでいます。このミネラルバランスが、塩にまろやかさと旨みを与えているのです。 「やわらかい塩」は、伝統的な製法で作られています。海水から塩分を分離するには、通常は海水を加熱して水分を蒸発させますが、「やわらかい塩」は、海水を加熱することなく、天日干しで作られています。天日干しにすることで、ミネラルが壊れず、塩本来の旨みが保たれるのです。 「やわらかい塩」は、そのまろやかな味わいが特徴で、料理を引き立てるのに最適です。塩の辛みが強いと、料理の味がぼやけてしまいますが、「やわらかい塩」は、塩の辛みと旨味のバランスが良く、料理の味を引き締めてくれるのです。また、「やわらかい塩」は、まろやかな味わいが特徴なので、料理を塩辛くしすぎません。 「やわらかい塩」は、長崎県の特産品として知られており、全国の料理店で使用されています。また、塩のまろやかな味わいが特徴なので、家庭での料理にも最適です。料理の味を引き締めたいときには、ぜひ「やわらかい塩」を使用してみてはいかがでしょうか。
地名・ロケ地

知る人ぞ知る、瀬川港の魅力

瀬川港の歴史と由来 瀬川港は、石川県珠洲市にある小さな漁港です。この港は、その美しい景色と豊富な漁獲量で知られています。瀬川港の歴史は古く、平安時代にはすでに存在していたと言われています。当時は、この港から北前船が日本海を航行し、全国各地に物資を運んでいました。江戸時代には、瀬川港は加賀藩の直轄地となり、藩の御用船が頻繁に出入りするようになりました。明治時代になると、瀬川港は近代化され、多くの漁船が停泊するようになりました。 瀬川港の由来は、この港が瀬川の河口にあることに由来しています。瀬川は、珠洲半島の南西部を流れる小さな川で、その河口には砂浜が広がっています。この砂浜は、瀬川港の天然の防波堤となっており、港を波から守っています。