長崎県

地名・ロケ地

折紙港とは?五島市の観光スポットを紹介!

折紙港の歴史と由来 折紙港は、五島市の福江島にある港湾です。港の名前は、折り紙を思わせるような複雑で美しい地形から名付けられました。折紙港には、周囲を断崖絶壁に囲まれた湾の奥に、小さな集落があります。港の周辺には、数十メートルもの高さを持つ岩壁がそびえ立っており、その岩壁に沿うようにして道路が整備されています。道路のいたるところで、折紙港の素晴らしい景色を眺めることができます。 折紙港の歴史は古く、江戸時代には、五島藩の藩主が、この港に船を停泊させていたとされています。また、この港は、江戸時代から明治時代にかけて、長崎と福江島を結ぶ交易路として利用されていました。現在、折紙港は、観光客に人気のスポットとなっており、毎年多くの観光客が訪れます。
モノの名前

「寒ざらし」って知ってる?長崎の涼スイーツ

「寒ざらし」の由来と歴史 「寒ざらし」は、長崎県佐世保市が発祥とされる郷土菓子です。その歴史は古く、江戸時代中期には作られていたと考えられています。 「寒ざらし」の由来には、様々な説があります。1つは、寒風にさらして干し柿を作っていたところ、偶然に寒風にさらした柿が甘くなったという説です。 もう1つの説は、寒風の中で干し柿を作っていたところ、柿が凍ってしまい、解凍後に甘くなったという説です。 「寒ざらし」は、長崎県佐世保市の特産品として知られており、毎年12月から2月頃まで販売されています。 「寒ざらし」は、干し柿を寒風にさらして甘みを増したもので、独特の食感が特徴です。甘酸っぱく、まろやかな味わいで、多くの人々に愛されています。 「寒ざらし」は、そのまま食べても美味しいですが、あんこやきな粉を添えて食べても美味しいです。また、お茶請けやおやつとしても人気があります。 「寒ざらし」は、長崎県の郷土菓子として親しまれており、多くの人々に愛されています。寒風にさらして甘みを増した「寒ざらし」は、独特の食感が特徴で、そのまま食べても美味しいですが、あんこやきな粉を添えて食べても美味しいです。
モノの名前

「もちとうもろこし」の魅力

長崎県諫早市で生産されるトウモロコシは、「もちとうもろこし」と呼ばれ、その名の通り、もち米のようなもちもちとした食感が特徴です。このもちとうもろこしは、通常のトウモロコシとは異なり、収穫後も甘みが持続するのも魅力のひとつ。そのため、生で食べても、ゆでても、焼いてもおいしくいただけます。 もちとうもろこしの栽培の歴史は古く、諫早市では江戸時代から栽培されてきたと言われています。現在では、諫早市の特産品として知られ、全国各地に出荷されています。もちとうもろこしの栽培は、通常のトウモロコシよりも手間がかかりますが、その分、おいしく育ちます。諫早市の農家さんは、もちとうもろこしを大切に育て、出荷しています。 もちとうもろこしは、そのもちもちとした食感と甘さが特徴ですが、栄養価も高く、ビタミンA、ビタミンC、食物繊維が豊富に含まれています。そのため、健康にも良い食材として注目されています。もちとうもろこしは、そのまま食べてもおいしいですが、料理の食材としても活躍します。天ぷら、炒め物、スープなど、さまざまな料理に使えます。
地名・ロケ地

男島・自然豊かな無人島の魅力

-男島の豊かな自然と生態系- 男島は、瀬戸内海に浮かぶ無人島です。面積は約0.6平方キロメートルで、周囲は約3キロメートルです。島の最高点は標高約80メートルで、島の約8割は森林に覆われています。 男島は、豊かな自然と生態系が残る島として知られています。島内には、シイ、カシ、タブノキなどの常緑広葉樹林が広がり、その林の中には、ヤクシカ、ノウサギ、タヌキなどの野生動物が生息しています。また、島の周辺海域には、アワビ、サザエ、ウニなどの海産物が豊富に生息しています。 男島の自然は、島を訪れる人々に癒しを与えてくれます。島の森林を散策すると、木々の間を吹き抜ける風や鳥のさえずりが聞こえてきます。また、島の周辺海域でシュノーケリングやダイビングをすると、色とりどりの魚やサンゴ礁を見ることができます。 男島は、豊かな自然と生態系が残る貴重な島です。島を訪れる際には、島の自然を大切にしながら、島の魅力を満喫してください。
地名・ロケ地

長崎県の知る人ぞ知る秘島「向島」

向島は長崎県佐世保市にある島で、佐世保市中心部から約15km離れています。周囲約18km、面積約13㎢の島で、人口は約1,000人です。向島は、美しい自然に溢れた島として知られ、特に島の北西部には、国の天然記念物に指定されている「向島椿群生地」があります。椿群生地には、約100万本の椿が自生しており、2月から3月にかけて、島のいたるところに椿の花が咲き誇ります。 向島は、椿以外にも美しい自然を有しています。島の東部には、白い砂浜が続く「向島海水浴場」があり、夏には多くの海水浴客でにぎわいます。また、島の南部には、佐世保市の天然記念物に指定されている「向島イヌビワ群生地」があります。イヌビワ群生地には、約1,000本のイヌビワが自生しており、国の天然記念物に指定されている「向島椿群生地」とともに、向島の自然の美しさを象徴するスポットとなっています。
モノの名前

五島ばらもん:長崎県の伝統的な凧

五島ばらもんの歴史と由来 五島ばらもんの起源は古く、室町時代にはすでに存在していたといわれています。五島ばらもんは、長崎県の五島列島の伝統的な凧で、その形は五角形または六角形をしています。五島ばらもんは、五島列島の各島で独自の発展を遂げ、そのデザインや大きさは島によって異なります。 五島ばらもんがなぜ「ばらもん」と呼ばれるようになったのかについては、諸説あります。一説によると、五島ばらもんは、インドのバラモン教徒が伝えた凧であることから、その名がついたといわれています。また、五島ばらもんは、五角形または六角形の形をしていることから、「五芒星」や「六芒星」を意味する「ばらもん」と呼ばれるようになったという説もあります。 五島ばらもんは、古くから五島列島の住人にとって、娯楽や厄払いの道具として親しまれてきました。五島ばらもんは、五島列島の各地で行われる凧揚げ大会で競い合わされ、その華やかなデザインや大きな音が人々を魅了しています。 現在、五島ばらもんは、長崎県の伝統的な凧として、国の重要無形民俗文化財に指定されています。五島ばらもんは、五島列島の各地の博物館や資料館で展示されており、その歴史や由来について学ぶことができます。
モノの名前

「いつもの奴」麦焼酎の魅力

「いつもの奴」麦焼酎の魅力 「いつもの奴」とは、毎日の晩酌に欠かせない、お気に入りの麦焼酎のこと。その魅力は、何といってもその飲みやすさにあります。麦焼酎は、米焼酎や芋焼酎よりもクセがなく、すっきりとした味わいが特徴です。また、アルコール度数も低めなので、初めて焼酎を飲む人でも飲みやすいでしょう。 「いつもの奴」の魅力は、飲みやすさだけではありません。麦焼酎は、米焼酎や芋焼酎よりもカロリーが低く、ダイエット中の人にもおすすめです。また、麦焼酎には、ポリフェノールや食物繊維などの栄養素が含まれているため、健康にも良いと言われています。 「いつもの奴」は、晩酌のお供にぴったりのお酒です。その飲みやすさと健康への良さが、多くの人々に愛されています。
モノの名前

【サンライズ】長崎から熊本を結ぶフェリー

-サンライズの概要- サンライズは、長崎県の長崎港と熊本県の熊本港を結ぶフェリーです。九州商船が運航しており、所要時間は約2時間40分です。1日4便が運航されており、予約なしで乗船することができます。サンライズは、乗用車やトラックを積載することができる車両甲板と、旅客用の客室を備えています。客室は、普通席のほか、グリーン席や特別席などがあり、いずれの席もリクライニングシートを採用しています。また、サンライズには売店やレストラン、展望デッキなど、充実した設備が整っています。 サンライズは、長崎と熊本を結ぶ最も便利な交通手段です。飛行機よりも安く、車で移動するよりも楽に移動することができます。また、サンライズは、九州の美しい景色を眺めながら移動することができるため、観光客にも人気です。
施設名・ロケ地

長崎県後期高齢者医療広域連合とは?

長崎県後期高齢者医療広域連合とは、長崎県内の9つの中核市、21の市町、および壱岐、対馬の各市が共同で設立した後期高齢者医療に関する事務を円滑に遂行するための組織です。 設立目的は、後期高齢者医療制度の円滑な実施を図るとともに、医療サービスの質の向上と医療費の適正化を推進することです。また、後期高齢者医療制度に関する事務の効率化を図ることで、後期高齢者医療制度の財政の安定化を図ることも目的としています。 沿革としては、2006年に長崎県内の9つの中核市、20の市町、および壱岐、対馬の各市が後期高齢者医療広域連合の設立について基本協定を締結しました。2007年に長崎県後期高齢者医療広域連合が設立され、2008年に後期高齢者医療制度が施行されました。2009年に長崎県佐世保市の市町村合併により、長崎県後期高齢者医療広域連合の構成自治体が9つの中核市、21の市町、および壱岐、対馬の各市に変更されました。
地名・ロケ地

長崎県諫早市「向島」の魅力を大公開!

向島へのアクセス方法は、車、バス、フェリーの3通りがあります。 車で向島を訪れる場合は、島原半島から向かうのが一般的です。島原半島の諫早市から国道207号線を北上し、口之津町で右折して県道221号線に入ります。県道221号線をしばらく進むと、向島大橋が見えてきます。向島大橋を渡ると、向島に到着です。 バスで向島を訪れる場合は、島原半島から出ているバスを利用します。諫早市、島原市、雲仙市から向島行きのバスが出ています。バスは、向島大橋を渡って向島の各集落を巡ります。 フェリーで向島を訪れる場合は、雲仙市にある口之津港からフェリーを利用します。口之津港から向島行きのフェリーが1日数便出ています。フェリーは、約15分で向島に到着します。
地名・ロケ地

知られざる無人島、大板部島

-大板部島の地理的特徴と歴史- 大板部島は、東京都八丈島から南東約100kmに位置する無人島です。面積は約1.5平方キロメートルで、南北に細長い形をしています。最高峰は標高429mの大板部山で、島の中央部に位置しています。海岸線は断崖絶壁が多く、上陸できる場所は限られています。 大板部島の歴史は古く、縄文時代から人が住んでいたとされています。江戸時代には、八丈島からの流人が大板部島に送られていました。流人は、島でサトウキビやアワ、トウモロコシなどの農作物を栽培して生活していました。明治時代には、大板部島に硫黄鉱山が開かれ、多くの鉱山労働者が島に移住してきました。しかし、硫黄鉱山は1970年に閉山し、島の人口は激減しました。現在は、無人島となっています。 大板部島は、貴重な動植物が生息する自然豊かな島です。島には、八丈島固有種のキノボリトカゲや、絶滅危惧種のオオミズナギドリが生息しています。また、島には亜熱帯性の森林が広がり、様々な種類の植物が生い茂っています。大板部島は、八丈島から日帰りで行くことができるため、観光スポットとしても人気があります。
モノの名前

佐世保独楽の魅力

佐世保独楽とは 佐世保独楽は、日本の伝統的な独楽の一種で、長崎県佐世保市で製造されています。佐世保独楽は、他の独楽とは異なり、独楽の上部に金属製の輪があり、それを回転させて遊ぶのが特徴です。この輪は「輪」と呼ばれ、輪の直径によって独楽の大きさが決まります。佐世保独楽は、輪の大きさが1寸(約3cm)から1尺(約30cm)まであり、さまざまな大きさの独楽があります。佐世保独楽は、主に木で作られており、輪は金属で作られています。木の部分は、主にケヤキやカエデなどの硬い木が使われており、輪は真鍮や鉄で作られています。佐世保独楽は、木の部分を回転させて遊ぶのが一般的ですが、輪を回転させて遊ぶこともできます。
地名・ロケ地

池島(長崎県):炭鉱の島の歴史と現在

池島の炭鉱の歴史は古く、江戸時代初期から採掘が行われていました。明治時代になると、日本の近代化に伴い炭鉱業は大きく発展し、池島もその恩恵を受けました。1916年には三菱合資会社が池島の炭鉱を買収し、近代的な採炭設備を導入しました。これにより、池島の炭鉱生産量は飛躍的に増加し、最盛期には年間100万トン以上の石炭を産出しました。池島の炭鉱は、日本の産業発展に大きく貢献しました。 しかし、1960年代に入ると日本の産業構造が変化し、石炭の需要が減少しました。これにより、池島の炭鉱も閉山を余儀なくされました。最後の炭鉱は1969年に閉山し、池島の炭鉱の歴史に終止符を打ちました。 炭鉱が閉山した後、池島の人口は激減し、過疎化が進みました。しかし、近年になって池島は観光地として注目されるようになりました。炭鉱の歴史を伝える史跡や、美しい海と自然が残る池島は、多くの観光客を魅了しています。また、池島は映画やドラマのロケ地としても人気があり、さらなる観光客誘致に期待がかかっています。
地名・ロケ地

串島:長崎県南松浦郡新上五島町の中通島の西に位置する無人島

串島は、長崎県南松浦郡新上五島町の中通島の西に位置する無人島です。周囲約1.5km、面積約0.2km2で、最高点は標高45mです。串島は、約2,000万年前に起こった海底火山の噴火によって形成された島で、玄武岩で構成されています。島全体が森林に覆われており、クロウサギやノウサギが生息しています。串島には、かつては人が住んでいましたが、現在は無人島となっています。串島は、手つかずの自然が残る美しい島として知られており、観光客に人気のスポットとなっています。
地名・ロケ地

「大川瀬小島」無人島 探訪

大川瀬小島の位置と概要 大川瀬小島は、広島県呉市沖にある無人島である。面積は約0.25平方キロメートルで、周囲は約2キロメートルである。島の最高地点は海抜75メートルである。大川瀬小島は、瀬戸内海国立公園に指定されており、美しい自然が残る島として知られている。島の周囲には、大小さまざまな岩礁が点在しており、ダイビングや釣りなどのマリンスポーツを楽しむことができる。また、島には野生のシカが生息しており、島内を散策するとシカに出会うことができる。大川瀬小島は、呉市本土から船で約30分の距離にある。島への定期便はなく、チャーター便を予約するか、自分で船を借りて行く必要がある。
地名・ロケ地

「中の浦港」の魅力と歴史

中の浦港の歴史と重要性 中の浦港は、長崎県壱岐市にある天然の良港です。古くから壱岐の玄関口として栄え、現在でも多くの船舶が行き交っています。また、港周辺には美しい自然景観が広がり、観光地としても人気があります。 中の浦港の歴史は古く、平安時代にはすでに港として利用されていたとされています。室町時代には、壱岐を拠点とした海賊、松浦党の根拠地となり、戦国時代には、豊臣秀吉の朝鮮出兵の拠点にもなりました。江戸時代には、壱岐と本土を結ぶ交通の要衝として栄え、明治時代には、近代的な港として整備されました。 中の浦港は、壱岐の玄関口として重要な役割を果たしています。壱岐と本土を結ぶフェリーが就航しており、多くの人々が行き交っています。また、港周辺には、壱岐の歴史や文化を伝える施設が揃っており、観光客にも人気のスポットとなっています。 中の浦港は、壱岐の歴史と文化を伝える貴重な港であり、壱岐の玄関口として重要な役割を果たしています。また、港周辺には美しい自然景観が広がり、観光地としても人気があります。
モノの名前

対馬やまねこ:長崎県、河内酒造合名会社の麦、米焼酎

鶏鳴水源の森の伏流水仕込み 対馬やまねこに関連した麦、米焼酎として注目すべきポイントの一つが、鶏鳴水源の森の伏流水仕込みです。鶏鳴水源の森は、長崎県対馬市にある森林で、対馬やまねこの生息地としても知られています。この森の地下には、豊富な伏流水が流れており、その水は清涼でまろやかであると評判です。河内酒造合名会社では、この鶏鳴水源の森の伏流水を仕込み水として使用しており、これが対馬やまねこの麦、米焼酎の美味しさの秘密のひとつだといわれています。 鶏鳴水源の森の伏流水は、カルシウムやマグネシウムなどのミネラルを多く含んでおり、これが対馬やまनेの麦、米焼酎にまろやかでコクのある味わいを生み出しています。また、伏流水は雑味が少ないため、麦、米本来の風味が損なわれることなく、すっきりとした味わいに仕上がります。 河内酒造合名会社では、鶏鳴水源の森の伏流水仕込みにこだわっており、これにより対馬やまねこの麦、米焼酎の品質を維持しています。鶏鳴水源の森の伏流水仕込みは、対馬やまねこに関連した麦、米焼酎を語るうえで欠かせない要素の一つであり、その美味しさの秘密の一つとなっています。
モノの名前

巨峰について

-巨峰の歴史- 巨峰は、赤い巨峰と緑色の安芸クイーンの交配によって生まれたブドウの品種です。巨峰の起源は、1930年代後半に山梨県で始まります。当時の山梨県では、生食用ブドウとして甲州種が栽培されていましたが、甲州種は晩生種であり、収穫時期が遅く、品質も安定していませんでした。そこで、山梨県の果樹試験場では、早生種で品質の良いブドウの品種を育成するために、交配実験を行いました。そして、1942年に赤い巨峰と緑色の安芸クイーンの交配によって、巨峰が誕生しました。 巨峰は、その大粒で甘みのある果実が特徴で、すぐに人気となりました。1950年代に入ると、巨峰は山梨県から全国各地に広がり、日本の代表的なブドウ品種となりました。現在では、巨峰は日本のブドウの生産量の約40%を占めており、最も多くの人に親しまれているブドウの品種となっています。
施設名・ロケ地

田結港について知る

田結港の歴史と概要 田結港は、長崎県南島原市にある港で、古くから南島原市の海の玄関口として利用されてきた歴史を持ちます。田結港の歴史は古く、江戸時代にはすでにこの地に港があった記録が残っています。当時は、島原半島の特産品であるタバコや木材などの積み出し港として栄えていました。 明治時代になると、田結港はさらに整備され、汽船の寄港地となりました。これにより、田結港は南島原市と本土を結ぶ重要な交通拠点となり、ますます発展しました。しかし、昭和初期に発生した大火により、田結港は大きな被害を受け、一時的に衰退しました。 その後、田結港は復興し、再び南島原市の海の玄関口として重要な役割を果たすようになりました。現在、田結港は、貨物船や観光船の寄港地として利用されており、また、漁業基地としても重要な役割を果たしています。また、田結港には、新鮮な魚介類を味わえる飲食店や、お土産店などが立ち並び、観光客にも人気のスポットとなっています。
モノの名前

「ハーブ赤鶏」ってどんな鶏?

「ハーブ赤鶏」の特徴 「ハーブ赤鶏」は、赤鶏にハーブを食べて育った鶏です。赤鶏は、一般の鶏よりも脂肪分が少なく、タンパク質が豊富な鶏肉です。また、「ハーブ赤鶏」は、ハーブを食べて育ったことで、鶏肉にハーブの風味と香りがついています。 「ハーブ赤鶏」は、一般の鶏肉よりも栄養価が高く、低脂肪・高タンパクの鶏肉です。また、「ハーブ赤鶏」は、ハーブを食べて育ったことで、鶏肉にハーブの風味と香りがついているため、料理に深みとコクが出ます。 「ハーブ赤鶏」は、焼き鳥や唐揚げ、煮物など、さまざまな料理に使用できます。また、「ハーブ赤鶏」は、鶏肉本来の旨味とハーブの風味が楽しめるため、ヘルシーで美味しい鶏肉として人気があります。
モノの名前

長崎の銘菓「夢暦せんべい」の歴史と魅力

長崎に本社を置く「株式会社まえだ」は、明治41(1908)年に前田庄兵衛によって創業されました。前田庄兵衛は長崎市・松ヶ枝町にある「松月堂」で修業後、1908年長崎市にて「まえだ」を創業。創業当初の商品は「松月助菓」「松月堂菓」「松月堂菓子」と付された箱入り詰め合わせなどの菓子類でした。その後、1915年に「まえだ」は「玉屋」に吸収され、1921年に「まえだ」は休業することになります。 1925年、「まえだ」は前田庄兵衛の長男・快春の手により復活します。快春は、1916年に18歳で「玉屋」に入社し、1920年に「玉屋」の支配人となりました。1925年に「まえだ」を復活させた快春は、1930年に「長崎名物 夢暦せんべい」を発売します。 「夢暦せんべい」は、長崎県産のタマゴを使用し、九州産の小麦粉でつくられた生地を、独特な波型の鉄板で焼いて作られています。「夢暦せんべい」の表面には、焼印で「夢暦」の文字が記されています。「夢暦せんべい」は、サクッとした食感と豊かな味わいが特徴です。 「夢暦せんべい」は、1993年に「全国菓子博覧会」で「名誉総裁賞」を受賞するなど、数々の賞を受賞しています。「夢暦せんべい」は、長崎県を代表する銘菓として、県内外で愛されています。
施設名・ロケ地

アミュプラザ長崎のご紹介・楽しみ方

アミュプラザ長崎とは アミュプラザ長崎は、長崎県長崎市にあるショッピングモールです。長崎駅前に立地し、JR長崎駅や路面電車の停留所がすぐそばにあるため、アクセス抜群です。アミュプラザ長崎は、ファッション、雑貨、飲食など、さまざまな店舗が入っており、地元の人々や観光客に親しまれています。 アミュプラザ長崎の歴史は、1994年にさかのぼります。この年、長崎駅前に長崎県初のショッピングモールとして開業しました。開業当初は、ファッションや雑貨の店舗が中心でしたが、その後、飲食店や映画館など、さまざまな店舗が続々と出店し、今では長崎県内でも有数のショッピングモールとなっています。 アミュプラザ長崎の1階には、ファッションや雑貨の店舗が並んでいます。H&M、ユニクロ、GAPなど、人気のブランドショップが多く入っています。また、2階には飲食店が集中しています。和食、洋食、中華など、さまざまなジャンルのレストランがあり、フードコートもあります。3階には、映画館やゲームセンターなど、アミューズメント施設が入っています。また、4階には、屋上庭園があり、長崎の街並みを楽しむことができます。
施設名・ロケ地

「興福寺」の魅力~長崎の唐三ヵ寺のひとつ~

興福寺は、長崎県長崎市にある浄土真宗本願寺派の寺院です。唐三ヵ寺の1つであり、国の重要文化財に指定されています。 興福寺の始まりは、1580年に長崎に渡来した中国僧侶の自性が、唐人屋敷内に仏堂を建立したことにあります。その後、1624年に唐人屋敷の拡張に伴い、現在地に移転しました。 興福寺は、中国風の建築様式を取り入れた珍しい寺院です。本堂は、中国の唐代様式の寺院建築を模しており、中には阿弥陀如来像や観世音菩薩像などの仏像が安置されています。また、境内の鐘楼は、中国の唐代様式の鐘楼を模しており、国の重要文化財に指定されています。 興福寺は、長崎の唐文化を伝える貴重な寺院です。唐三ヵ寺の中では、最も中国風の建築様式を残している寺院であり、長崎の観光スポットとしても人気があります。
地名・ロケ地

鷹ら島道の駅の魅力を徹底解剖!

鷹ら島道の駅の概要と歴史 鷹ら島道の駅は、福岡県糸島市にある道の駅です。2005年(平成17年)3月19日にオープンしました。糸島市の観光拠点として、地元の特産品を販売する物産館や、農産物の直売所、レストランなどがあります。また、鷹ら島道の駅には、鷹ら島大橋という橋があり、この橋は、鷹島と本土を結ぶ橋として、鷹ら島へのアクセスを容易にしました。鷹ら島道の駅は、糸島市の観光スポットとして、毎年多くの観光客でにぎわっています。 道の駅の物産館では、糸島市の特産品である糸島野菜や糸島産の海産物、加工品などを販売しています。また、道の駅の直売所では、地元の農家さんが育てた新鮮な野菜や果物を販売しており、リーズナブルな価格で購入することができます。道の駅のレストランでは、糸島市の食材を使った料理を提供しており、糸島市の味覚を堪能することができます。鷹ら島道の駅は、糸島市の魅力を満喫できる道の駅です。