長系108号

モノの名前

「アイユタカ」の魅力とは?長崎県産ジャガイモの秘密

「アイユタカ」とは? 「アイユタカ」は、長崎県で開発されたジャガイモの品種です。2016年に品種登録され、2017年から本格的に栽培が始まりました。「アイユタカ」という名前は、アイヌ語で「豊作」を意味する「アイユ」と、タカ(高い)を組み合わせたもので、豊作を祈願する意味が込められています。 「アイユタカ」は、大きくて丸い形をしており、皮は薄く、肉質はきめ細やかで、ホクホクとした食感が特徴です。また、「アイユタカ」は、他のジャガイモに比べてでんぷん質が多く、甘みが強いのも特徴です。 さらに、「アイユタカ」は、病気に強く、栽培しやすいのも特徴です。そのため、長崎県内だけでなく、九州全域や関東地方などでも栽培が広がっています。 「アイユタカ」は、料理の幅が広く、煮物、揚げ物、炒め物など、様々な料理に使うことができます。特に、「アイユタカ」のでんぷん質の多さを活かしたコロッケやポテトサラダは、絶品です。 このように、「アイユタカ」は、味、食感、育てやすさなど、様々な魅力を備えたジャガイモです。長崎県の特産品として、今後ますます人気が高まっていくことが期待されています。