門間利夫

作品名

赤外音楽:不思議な音楽の物語

-赤外音楽とは何か?- 赤外音楽とは、人間の可聴範囲を超えた赤外線帯域の周波数を利用した音楽のことです。赤外光は人間の目には見えない光で、赤外線カメラなどで撮影することができます。赤外線音楽は、赤外線センサーや赤外線カメラによって検知され、音に変換されて再生されます。 赤外音楽は、1960年代に初めて開発されました。当初は、赤外線通信の研究の一環として開発されたものでしたが、その後、芸術的な表現手段として注目されるようになりました。赤外音楽は、従来の音楽とは異なる、独特の音色と感覚を特徴としています。 赤外音楽は、様々な方法で制作することができます。最も一般的な方法は、赤外線センサーを楽器に装着して、楽器の振動を赤外線信号に変換する方法です。また、赤外線カメラで楽器や演奏者の動きを撮影し、その映像を赤外線音楽に変換する方法もあります。 赤外音楽は、美術館やギャラリー、ライブハウスなどで演奏されることが多く、芸術的な表現手段として高い評価を得ています。また、赤外音楽は、医療や福祉の分野でも活用されており、例えば、赤外線音楽を聴くことで、ストレスを軽減したり、痛みを和らげたりすることができます。