閉店

施設名・ロケ地

宇都宮パルコ:思い出と歴史

宇都宮パルコの歩み 宇都宮パルコは、1973年に宇都宮市の中心部にオープンした商業施設です。当時は、宇都宮市内初の百貨店として大きな話題となり、多くの市民が詰めかけました。パルコには、ファッション、雑貨、飲食店など、様々な店舗が入居しており、若者を中心に人気を集めました。 宇都宮パルコは、1980年代後半のバブル景気期には、年間売上高が100億円を超えるなど、宇都宮市の商業の中心地として栄えました。しかし、バブル崩壊後は、消費が低迷し、宇都宮パルコも売り上げが減少しました。 2000年代に入ると、宇都宮パルコは、改装を行い、新しい店舗を誘致するなどして、集客力を高める努力を行いました。しかし、郊外に大型商業施設が続々とオープンし、宇都宮パルコの売り上げはさらに減少しました。 2010年代後半には、宇都宮パルコは、閉店が検討されるまでになりました。しかし、地元の有志や経済界の支援もあり、2019年にリニューアルオープンを果たしました。リニューアル後の宇都宮パルコは、ファッション、雑貨、飲食店に加えて、映画館やライブハウスなど、エンターテインメント施設も充実しており、再び若者を中心に人気を集めています。
施設名・ロケ地

ポケモンEXPOジムを振り返る

ポケモンEXPOジムとは、2019年7月13日から8月11日まで東京ビッグサイトで開催されたイベントです。ポケモンの世界観を体験できる様々なアトラクションや展示が行われました。 メインアトラクションは、ポケモンとバトルができる「ポケモンバトルジム」です。参加者はポケモンのトレーナーとなり、ポケモンを操作して他のトレーナーと対戦します。対戦に勝利すると、ポケモンのタマゴやアイテムなどの報酬がもらえます。 また、会場にはポケモンのキャラクターと触れ合える「ポケモンふれあい広場」や、ポケモンの生態を学ぶことができる「ポケモンミュージアム」など、様々なアトラクションが用意されていました。 ポケモンEXPOジムは、ポケモンファンにはたまらないイベントでした。期間中は多くの親子連れやカップルで賑わい、大盛況のうちに幕を閉じました。
施設名・ロケ地

懐かしの三交百貨店 松阪店

三交百貨店 松阪店の歴史 三交百貨店 松阪店は、三重県松阪市に所在する、かつて存在していた百貨店である。1933年(昭和8年)に松阪セントラルマーケットとして開業し、1964年(昭和39年)に三交百貨店 松阪店に改称した。 三交百貨店 松阪店は、松阪市の中心市街地に位置し、松阪市民や周辺地域の住民に親しまれてきた。しかし、近年は郊外型ショッピングセンターの台頭などにより、売り上げが低迷した。 2008年(平成20年)には、経営悪化のため三交百貨店 松阪店は閉店することになった。閉店直前のセールには、多くの市民が駆けつけ、閉店を惜しんだ。 三交百貨店 松阪店の跡地は、現在は空地となっている。跡地の活用については、松阪市が検討を進めているが、まだ具体的な計画は決まっていない。
施設名・ロケ地

松坂屋 豊田店:豊田市民に愛された百貨店

松坂屋 豊田店は、愛知県豊田市にある百貨店です。1962年に開店し、2016年に閉店するまで、豊田市民に愛され続けていました。 松坂屋 豊田店は、豊田市の中心部に位置し、地下1階から地上9階建ての建物でした。売り場面積は3万4,000平方メートルで、ファッション、化粧品、雑貨、食品など、幅広い商品を取り扱っていました。また、レストランや映画館なども併設されており、多くの人々が集まる場所となっていました。 松坂屋 豊田店は、豊田市の発展とともに歩んできた百貨店です。1962年の開店当時は、豊田市の人口は約20万人でしたが、2016年閉店時には約42万人にまで増加していました。松坂屋 豊田店は、豊田市民の生活に欠かせない存在であり、閉店は多くの市民に惜しまれました。 松坂屋 豊田店の閉店は、豊田市の商業に大きな影響を与えました。松坂屋 豊田店に代わる百貨店がなかったため、豊田市から百貨店が消滅する事態となりました。また、松坂屋 豊田店の閉店によって、多くの従業員が失業することになりました。 松坂屋 豊田店の閉店は、豊田市にとって大きな痛手となりました。しかし、松坂屋 豊田店の跡地には、新しい商業施設が建設され、豊田市の商業は再び活気づきつつあります。
施設名・ロケ地

「そごう八王子店」の歴史と魅力

百貨店の誕生と発展 1886年に東京・日本橋に三井呉服店(現・三越)が誕生しました。これが、日本初の百貨店であり、日本の百貨店の歴史の幕開けとなりました。三越は、それまでの呉服店とは異なり、さまざまな商品を一つの店舗で揃えるという画期的なシステムを導入し、瞬く間に人気を集めました。 その後、百貨店は全国各地に広がっていきました。1938年には、そごう百貨店が大阪に創業し、関西地区を中心に店舗を展開していきます。1963年には、そごう百貨店が八王子に進出し、現在に至るまで八王子市民に親しまれてきました。 八王子のそごう百貨店は、ファッション、化粧品、食品、生活雑貨など幅広い商品を取り扱い、地元の買い物客はもちろん、観光客からも人気を集めています。また、そごう百貨店は、催事やイベントなど、さまざまな企画も行っています。
施設名・ロケ地

「近鉄百貨店 ショップ桔梗が丘店」の思い出

ショップ桔梗が丘店は、1971年(昭和46年)に開店しました。当初は、近鉄百貨店上本町店と同様の高級志向の百貨店として運営されていましたが、1980年代に入ると、郊外型ショッピングセンターの台頭により、売り上げが低迷するようになりました。 そこで、1990年代初頭には、ショップ桔梗が丘店を改装し、ファミリー層をターゲットとしたショッピングセンターにリニューアルしました。このリニューアルにより、売り上げは回復し、ショップ桔梗が丘店は、地域の住民に親しまれるショッピングセンターとなりました。 しかし、2000年代に入ると、インターネット通販の台頭により、百貨店やショッピングセンターの売り上げが再び低迷するようになりました。ショップ桔梗が丘店もこの影響を受け、2010年には閉店しました。 ショップ桔梗が丘店の閉店は、地域の住民にとって大きな衝撃であり、多くの人が悲しみました。しかし、ショップ桔梗が丘店は、地域の住民の思い出に残り続けるショッピングセンターとして、今も人々の心に生き続けています。
施設名・ロケ地

「パサージュ」って覚えてる?

岡山県にあったスーパーマーケット「パサージュ」 岡山県にはかつて、パサージュというスーパーマーケットがありました。パサージュは、1970年代に開店し、岡山県内で数多くの店舗を展開していました。パサージュは、新鮮な食品や日用品をリーズナブルな価格で販売しており、多くの人々に愛されていました。しかし、2000年代に入り、パサージュは経営難に陥り、2005年に倒産しました。 パサージュの倒産は、岡山県の人々に大きな衝撃を与えました。パサージュは、岡山県に根ざしたスーパーマーケットであり、多くの人々の生活に欠かせない存在だったからです。パサージュの倒産後、岡山県の人々は、スーパーマーケットの選択肢が減り、買い物がしづらくなりました。 パサージュの倒産は、日本のスーパーマーケット業界の衰退を象徴する出来事でした。日本のスーパーマーケット業界は、1990年代後半から、コンビニエンスストアやディスカウントストアの台頭により、厳しい競争にさらされていました。パサージュは、その競争に敗れ、倒産したのです。 パサージュの倒産は、日本のスーパーマーケット業界に大きな影響を与えました。パサージュの倒産後、日本のスーパーマーケット業界では、店舗の統合や業態転換が進みました。また、スーパーマーケット業界では、価格競争が激化し、消費者はより安い商品を求めるようになりました。
施設名・ロケ地

「岐阜パルコ」の思い出と歴史

岐阜パルコの誕生と発展 岐阜パルコは、1974年(昭和49年)4月26日にオープンした百貨店です。岐阜市の中心部に位置し、ファッション、生活雑貨、レストランなど、幅広いジャンルの店舗が入居しています。岐阜パルコは、岐阜県内で唯一の百貨店であり、県民にとってなくてはならない存在です。 岐阜パルコは、1970年代のバブル景気のさなかにオープンしました。当時は、岐阜市の人口も増加しており、商業施設の需要も高まっていました。岐阜パルコは、この需要に応える形で誕生しました。岐阜パルコは、オープン当初から多くの人々に親しまれ、岐阜市のランドマーク的な存在となりました。 1980年代に入ると、岐阜パルコは増床工事を行い、店舗面積を拡大しました。また、この時期に、岐阜パルコには映画館やボウリング場などの娯楽施設もオープンしました。岐阜パルコは、単なる百貨店ではなく、複合商業施設として発展を遂げていきました。 1990年代に入ると、岐阜パルコは一時的に経営不振に陥りました。しかし、その後、経営陣の努力により、経営を立て直しました。2000年代に入ると、岐阜パルコは再び人気を集めるようになり、売り上げも回復しました。 岐阜パルコは、今年でオープンから48年目を迎えました。岐阜パルコは、岐阜県民にとってなくてはならない存在であり、これからも岐阜市の発展に貢献していくことでしょう。
施設名・ロケ地

「ALBi」ってどんな施設だった?

「ALBi」の歴史 「ALBi」は、2000年にオープンした複合施設です。当初は、美術館、図書館、劇場、会議場など、様々な施設が入居しており、市民の憩いの場として親しまれていました。しかし、2010年以降、施設の老朽化や運営費用の増加などの問題が表面化し、閉館の危機に瀕します。 2015年、民間企業が「ALBi」の運営を引き継ぎ、大規模なリニューアルが行われました。リニューアル後は、最新の設備を備えた美術館や図書館、劇場などがオープンし、「ALBi」は再び市民の憩いの場として賑わいを取り戻しました。しかし、2020年に新型コロナウイルス感染症が流行すると、「ALBi」は再び閉鎖を余儀なくされます。 2021年、「ALBi」は再び営業を再開しました。しかし、感染症対策のため、入場制限や時間短縮などの措置が取られ、以前のような賑わいはまだ戻っていません。それでも、「ALBi」は市民にとって大切な憩いの場であり、今後も多くの人々に愛され続ける施設であることは間違いありません。
施設名・ロケ地

「リブロ池袋本店」:その歴史と影響

「リブロ池袋本店」とは リブロ池袋本店は、1963年に開業した書店である。東京の池袋にある、リブロ株式会社が運営する旗艦店である。池袋駅東口から徒歩1分の場所に位置する。 リブロ池袋本店は、9階建てのビルで、1階から7階までが書店、8階がレストラン、9階がイベントホールとなっている。書店は、1階から7階まで、各フロアに専門店を設けており、幅広いジャンルの書籍を取り扱っている。 リブロ池袋本店は、大型書店としてだけでなく、イベントホールやレストランなど、さまざまな施設を備えた複合施設として知られている。また、リブロ池袋本店は、池袋のランドマークとしても知られており、池袋を訪れる人々にとって、欠かせないスポットとなっている。
施設名・ロケ地

三春屋の歴史と閉店について

三春屋は、明治時代初期、現在の宮城県仙台市に創業した百貨店です。初代当主である三春屋善兵衛は、地元の呉服店に住み込みで働き、その後独立して呉服店を開業しました。三春屋の開業当初は、呉服店として営業していましたが、その後、衣料品や雑貨、食品などの取り扱いを開始し、百貨店へと発展しました。 三春屋は、仙台で最も早く百貨店として営業を開始した店舗であり、その規模と品揃えの豊富さから、仙台市民に親しまれていました。また、三春屋は、地元の文化や芸術の発展にも貢献しており、多くの文化人と交流がありました。 三春屋の最盛期は、昭和30年代から40年代にかけてでした。この頃、三春屋は、仙台市内で最も売り上げのある百貨店となり、仙台のランドマークとしても知られるようになりました。しかし、その後、郊外に大型ショッピングモールが建設されたことにより、三春屋の売り上げは減少しました。また、バブル崩壊後の不況も三春屋の経営に大きな影響を与えました。
施設名・ロケ地

ヤナゲン大垣本店についての歴史と閉店

ヤナゲン大垣のオープンから閉店までの歴史 ヤナゲン大垣本店は、1966年(昭和41年)9月25日にオープンしました。地元の大垣市民からはヤナゲンデパートと呼ばれ、親しまれてきました。ヤナゲン大垣本店は、地上8階、地下1階建ての店舗で、売り場面積は約2万3,000平方メートルでした。ヤナゲン大垣本店には、百貨店、スーパーマーケット、映画館、ボウリング場などが入居していました。ヤナゲン大垣本店は、オープン当初から多くの人でにぎわい、大垣市の中心的な商業施設として親しまれてきました。 しかし、時代とともにヤナゲン大垣本店の経営は厳しくなり、2017年(平成29年)3月31日に閉店しました。ヤナゲン大垣本店の閉店は、大垣市に大きな衝撃を与えました。ヤナゲン大垣本店があった場所は、現在では空き地になっています。ヤナゲン大垣本店の閉店は、大垣市の商業に大きな影響を与えました。
施設名・ロケ地

山形の百貨店「十字屋山形店」を振り返る

十字屋山形店は、山形県山形市に所在する百貨店である。1891年(明治24年)に十字屋として創業し、1967年(昭和42年)に十字屋山形店として開店した。十字屋は、山形県内の百貨店としては老舗であり、県民に親しまれてきた。しかし、2018年(平成30年)に経営破綻し、閉店した。 十字屋山形店は、山形市の中心部に立地し、ファッション、生活雑貨、食品など幅広い商品を取り揃えていた。また、屋上には遊園地があり、子供連れの家族でにぎわった。十字屋山形店は、山形県民にとって買い物やレジャーの拠点として親しまれていた。 しかし、近年はインターネットショッピングの台頭や、郊外型ショッピングセンターの増加などにより、百貨店の経営は厳しくなっていた。十字屋山形店も、売り上げが低迷し、経営が悪化していった。2018年(平成30年)に、十字屋山形店は経営破綻し、閉店した。 十字屋山形店の閉店は、山形県民に大きな衝撃を与えた。十字屋山形店は、山形県内の百貨店としては老舗であり、県民に親しまれてきた。十字屋山形店の閉店は、山形県民にとって一つの時代の終わりを意味した。
施設名・ロケ地

多摩センター三越の思い出

多摩センター三越の誕生と歴史 多摩センター三越は、1971年(昭和46年)4月28日に、東京都多摩市にオープンした百貨店でした。三越が初めて郊外に出店した百貨店で、多摩ニュータウンの玄関口として、多くの人々に親しまれてきました。 多摩センター三越の建物の地下1階から地上8階建ての建物は、三越の店舗のほか、映画館、レストラン、ゲームセンターなどが入居していました。また、屋上には遊園地があり、子供たちに大人気でした。 多摩センター三越は、多摩ニュータウンの住民にとって、なくてはならない存在でした。買い物はもちろん、映画やゲーム、遊園地など、家族で楽しめる場所として、多くの人々に愛されていました。 しかし、多摩ニュータウンの人口減少や、郊外型ショッピングセンターの台頭などにより、多摩センター三越は経営が厳しくなり、2009年(平成21年)8月に閉店しました。閉店後は、建物が解体され、跡地にマンションが建設されました。 多摩センター三越は、多摩ニュータウンのシンボル的な存在として、多くの人々に愛された百貨店でした。その閉店は、多摩ニュータウンの衰退を象徴するものとして、大きな衝撃を与えました。
施設名・ロケ地

「b6」の過去、現在、未来

「b6」とは、インターネット上の情報掲示板である。1999年に開設され、当初はプログラミングやIT技術に関する話題を中心に扱っていた。しかし、次第に幅広い話題を扱うようになり、現在では政治、経済、社会問題など、あらゆる分野のトピックについて議論が行われている。 「b6」の特徴は、匿名性と自由闊達な雰囲気である。ユーザーはハンドルネームで参加することができ、本名を明かす必要はない。また、発言内容に対する検閲はほとんど行われておらず、ユーザーは自由に意見を表明することができる。この自由闊達な雰囲気は、ユーザーの間の活発な議論を促進し、「b6」をインターネット上屈指の情報交換の場としている。 「b6」は、インターネットの黎明期から存在する老舗掲示板であり、多くの熱心なユーザーを抱えている。今後、「b6」の役割や影響力がどのように変化していくかは、まだ分からない。しかし、「b6」がこれからもインターネット上における情報交換の場として重要な役割を果たし続けることは間違いないだろう。
施設名・ロケ地

棒二森屋の歴史と魅力

棒二森屋は、1889年に創業した老舗デパートです。創業者である棒二森右衛門は、もともと呉服商を営んでいましたが、時代の流れに乗って百貨店を開業しました。当初は呉服類を中心に販売していましたが、次第に品揃えを拡大し、食品から家電まで幅広い商品を取り扱うようになりました。 棒二森屋は、その立地の良さから、多くの買い物客でにぎわいました。また、店員の接客も丁寧で、顧客から厚い信頼を得ていました。そのため、棒二森屋は地域のランドマークとして親しまれてきました。 しかし、近年は少子高齢化やインターネット通販の普及などにより、百貨店業界は厳しい状況に置かれています。棒二森屋もその影響を受け、売り上げが減少するようになりました。また、ビルの老朽化が問題となり、建て替えが必要になりました。 棒二森屋は、閉店は惜しまれましたが、2020年に閉店しました。しかし、棒二森屋の精神は、現在も受け継がれています。棒二森屋の跡地には、「棒二森屋跡地開発プロジェクト」が進行しており、新しい商業施設が建設される予定です。また、棒二森屋の店員の中には、現在も他の百貨店や商業施設で働いている人も多くいます。
施設名・ロケ地

ギャレ大阪とは?跡地は現在どうなってるでしょう?

ギャレ大阪とは? ギャレ大阪は、大阪市阿倍野区にあったショッピングモールです。1977年(昭和52年)に開業し、2005年(平成17年)に閉館しました。跡地は現在、あべのキューズモールとなっています。 ギャレ大阪は、地下1階から地上6階の鉄筋コンクリート造りの建物でした。延床面積は約3万3000平方メートルで、約100店舗が出店していました。ファッション、雑貨、飲食店、映画館など、幅広い業種の店舗が揃っていました。 ギャレ大阪は、開業当時は大阪でも有数のショッピングモールとして人気を集めました。しかし、2000年代に入ってから、梅田や難波に大型ショッピングモールが続々とオープンしたため、客足が減少しました。2005年(平成17年)に閉館し、跡地は解体されました。 ギャレ大阪の跡地は、現在、あべのキューズモールとなっています。あべのキューズモールは、2009年(平成21年)にオープンしたショッピングモールです。地上4階、地下2階の鉄筋コンクリート造りの建物で、延床面積は約5万平方メートルです。約200店舗が出店しており、ファッション、雑貨、飲食店、映画館など、幅広い業種の店舗が揃っています。 ギャレ大阪は、大阪でも有数のショッピングモールとして人気を集めましたが、2005年(平成17年)に閉館しました。跡地は現在、あべのキューズモールとなっています。あべのキューズモールは、ギャレ大阪よりも規模が大きく、約200店舗が出店しています。
施設名・ロケ地

「丘のまち美瑛」が閉店!その魅力と閉店を惜しむ声とは?

「丘のまち美瑛」とは、北海道上川郡美瑛町にある、美瑛の美しい丘陵地帯を再現したテーマパークです。北海道の壮大な自然を体感できるよう、広大な敷地内に、美瑛の丘を模したエリアや、花畑、動物とのふれあいコーナーなどが整備されていました。また、地元の特産品を販売するショップや、美瑛の景色を眺めながら食事を楽しめるレストランも併設されていました。 丘のまち美瑛は、美瑛の自然美を気軽に楽しめるスポットとして、観光客に人気を集めていました。特に、夏には、広大な花畑に色とりどりの花が咲き誇り、多くの観光客が訪れていました。また、秋には、丘陵地帯一面が紅葉に染まり、美しい景観を見ることができました。
施設名・ロケ地

「あいちや」 歴史とこだわりが詰まった日本料理店

「あいちや」は、1951年に創業した横浜市民に愛される日本料理店です。店名は、創業者の愛知県出身に由来しています。店は横浜駅から徒歩5分ほどの場所にあり、店内は落ち着いた雰囲気で、カウンター席とテーブル席があります。 「あいちや」のこだわりは、新鮮な魚介類や野菜など、厳選した食材を使用することです。また、料理は一品一品丁寧に作られており、どれも絶品です。特に人気があるのは、「あいちや」の看板メニューである「あいちや丼」です。この丼は、新鮮な魚介類がたっぷりのった贅沢な丼ぶりで、一度食べると忘れられない味です。 「あいちや」は、横浜市民に愛される日本料理店として、長年営業を続けてきました。その理由は、新鮮な食材と丁寧な料理、そしてリーズナブルな価格です。横浜を訪れた際には、ぜひ「あいちや」で美味しい日本料理を味わってみてはいかがでしょうか。
施設名・ロケ地

かつて呉市に存在したそごう百貨店

-そごう呉店の歴史と概要- そごう呉店は、広島県呉市に存在したそごうの百貨店である。1963年に開店し、2001年に閉店した。そごう呉店は、呉市の中心部に位置し、呉駅から徒歩ですぐの場所にあった。 そごう呉店は、呉市で唯一の百貨店であり、呉市民にとってなくてはならない存在であった。そごう呉店には、呉市民の思い出が詰まっている。そごう呉店は、呉市の歴史の1ページを飾る存在であった。 そごう呉店は、1963年に呉市中心部に開店した。呉市は、戦前から日本海軍の重要な拠点であり、多くの軍需工場があった。戦後、呉市は工業都市として発展し、人口も増加した。そごう呉店は、呉市の発展に合わせて開店した百貨店である。 そごう呉店は、開店当時から呉市民に親しまれた。そごう呉店には、呉市民が求めるものがすべて揃っていた。そごう呉店は、呉市民の生活に欠かせない存在であった。 しかし、そごう呉店は2001年に閉店した。そごう呉店が閉店した理由は、呉市の衰退である。呉市は、戦後、工業都市として発展したが、1970年代以降、産業構造の転換により、工場が閉鎖され、人口が減少した。そごう呉店は、呉市の衰退に合わせて閉店した。 そごう呉店は、呉市の中心部に位置し、呉駅から徒歩ですぐの場所にあった。そごう呉店は、呉市で唯一の百貨店であり、呉市民にとってなくてはならない存在であった。そごう呉店には、呉市民の思い出が詰まっている。そごう呉店は、呉市の歴史の1ページを飾る存在であった。
施設名・ロケ地

コレット井筒屋の歴史と閉店理由

コレット井筒屋の誕生とコンセプト コレット井筒屋は、井筒屋創業100周年記念事業として、2003年3月にオープンした商業施設です。場所は、福岡市中央区天神の交差点に面した、井筒屋本店に隣接する場所でした。 コレット井筒屋は、ファッションに特化した商業施設として、国内外の有名ブランドや、セレクトショップ、カフェなどがテナントとして入居していました。また、最上階には、展望レストランがあり、福岡市の街並みを一望することができました。 コレット井筒屋は、オープン当初から、多くの買い物客でにぎわい、福岡の新たなランドマークとして親しまれていました。しかし、近年では、天神地区に新たな商業施設がオープンしたことで、客足が減少していました。 また、新型コロナウイルスの感染拡大も、コレット井筒屋の経営に大きな打撃を与えました。2020年4月から、コレット井筒屋は、臨時休業を余儀なくされ、その後、営業を再開したものの、客足は戻りませんでした。 こうした状況を受け、井筒屋は、2021年8月に、コレット井筒屋の閉店を発表しました。コレット井筒屋は、2022年1月31日に閉店しました。 コレット井筒屋の閉店は、福岡の街に大きな衝撃を与えました。コレット井筒屋は、天神地区を代表する商業施設として、多くの人に親しまれていただけに、その閉店は、残念がる声が多く聞かれました。
施設名・ロケ地

「札幌アルタ」の軌跡:2002年の開店から2010年の閉店まで

札幌アルタの歴史と特徴 札幌アルタは、札幌市中央区にあった商業施設である。1973年(昭和48年)に開店し、2010年(平成22年)に閉店した。札幌アルタは、デパートや映画館、飲食店などが入居する商業施設として、札幌市民に親しまれていた。 札幌アルタの特徴は、ファッションやカルチャーの発信地として知られていたことである。札幌アルタには、おしゃれな洋服や雑貨を扱うファッション店が多数入居していた。また、札幌アルタでは、音楽ライブや映画上映会などのイベントが頻繁に開催されており、若者の間で人気のスポットとなっていた。 札幌アルタの閉店は、札幌市民に大きな衝撃を与えた。札幌アルタは、札幌のファッションやカルチャーの発信地として、札幌市民の生活に欠かせない施設であったからである。札幌アルタの閉店により、札幌市民は、ファッションやカルチャーを楽しむ場所を失うこととなった。
施設名・ロケ地

代々木VILLAGE by kurkkuを思い出そう

代々木VILLAGE by kurkkuは、東京都渋谷区代々木にある複合施設でした。2014年にオープンし、2020年に閉館しました。施設は、フィンランドの建築家アルヴァ・アアルトが設計した建物をリノベーションして作られました。建物は、1960年代にフィンランド大使館として使用されていました。 代々木VILLAGE by kurkkuは、カフェ、レストラン、ショップ、オフィス、イベントスペースなど、さまざまな施設が入居していました。カフェやレストランでは、フィンランドの伝統料理や北欧料理を提供していました。ショップでは、フィンランドの雑貨やファッションアイテムを販売していました。オフィスには、フィンランドの企業や日本企業が入居していました。イベントスペースでは、コンサートや展覧会、セミナーなどが開催されていました。 代々木VILLAGE by kurkkuは、フィンランドの文化やライフスタイルを体験できる施設として人気を集めていました。また、建物自体も建築的な価値が高く、多くの観光客が訪れていました。しかし、2020年に新型コロナウイルスの影響で閉館しました。
施設名・ロケ地

西武百貨店池袋店内の詩の専門書店「ぽえむ・ぱろうる」

西武百貨店池袋店内の詩の専門書店「ぽえむ・ぱろうる」の歴史 「ぽえむ・ぱろうる」は、1967年(昭和42年)に西武百貨店池袋店内の7階にオープンしました。詩集、詩に関する評論やエッセイ、詩に関する雑誌など、詩に関するあらゆるものを取り扱っていたため、詩愛好家や研究者の間で人気を集めました。 「ぽえむ・ぱろうる」は、詩の専門書店としてだけでなく、詩のイベントを開催したり、詩に関する講演会を開いたりするなど、詩の文化の発信地としても重要な役割を果たしていました。また、「ぽえむ・ぱろうる」は、詩に関する資料を収集・保存しており、詩の研究者や評論家にとって貴重な資料を提供する場所でもありました。 「ぽえむ・ぱろうる」は、2017年(平成29年)に閉店しましたが、その間、日本の詩の文化の発展に大きく貢献しました。「ぽえむ・ぱろうる」が閉店した後も、詩の文化を発信する場所は残されており、詩愛好家や研究者にとって重要な場所となっています。