関節技

モノの名前

コブラ・ツイストの解説と歴史

コブラ・ツイストとは、プロレスにおいて、相手の両腕を極めて、首をひねる関節技のことです。相手の両腕を一本ずつ取って、相手の首の後ろに回し、相手の頭を自分の脇に挟み込みます。そして、相手の頭を引き上げながら、自分の体を起こして、相手の首をひねります。コブラ・ツイストは、非常に強力な関節技で、相手の首を骨折させる可能性もあるため、危険な技とされています。 コブラ・ツイストは、古くから存在する関節技で、多くのプロレスラーが使用しています。コブラ・ツイストを最初に使用したプロレスラーは、ドリー・ファンク・ジュニアであると言われています。ファンク・ジュニアは、1960年代に活躍したプロレスラーで、コブラ・ツイストを必殺技として使用していました。ファンク・ジュニアのコブラ・ツイストは、非常に強力で、多くのプロレスラーから恐れられていたと言われています。 コブラ・ツイストは、現在でも多くのプロレスラーが使用しています。コブラ・ツイストを使用するプロレスラーとして、最も有名なのは、ザ・ロックです。ザ・ロックは、1990年代から2000年代にかけて、WWEで活躍したプロレスラーです。ザ・ロックは、コブラ・ツイストを必殺技として使用しており、この技で多くのプロレスラーを破りました。 コブラ・ツイストは、非常に強力で危険な関節技ですが、プロレスラーにとっては、重要な技です。コブラ・ツイストは、相手を一瞬で降参させることができる技であり、プロレスラーにとって、勝利を収めるための重要な武器となっています。
その他

チキンウィングアームロックの極め方と必勝法

チキンウィングアームロックとは? チキンウィングアームロックとは、レスリング、総合格闘技、ブラジリアン柔術などで使用される関節技の一種です。相手の腕を鶏の翼のようにねじる関節技で、非常に強力な関節技として知られています。チキンウィングアームロックは、相手が腕を伸ばして防御しているときに最も効果的であり、相手の腕を曲げて防御しているときには、決まりにくい関節技です。また、チキンウィングアームロックは、相手の腕を曲げて防御しているときよりも、相手の腕を伸ばして防御しているときの方が、より強力な関節技となります。 チキンウィングアームロックは、関節技の中でも非常に危険な関節技であり、関節を破壊する可能性があります。チキンウィングアームロックを極める際には、相手の腕を正確に極める必要があります。また、チキンウィングアームロックを極める際には、相手の腕を極めすぎないように注意する必要があります。チキンウィングアームロックを極めすぎると、相手の腕が折れてしまう可能性があります。
モノの名前

STFの秘密を実力派レスラーが徹底解説!

STFとは、ステップオーバー・トーホールド・ウィズ・フェイスクローの略称で、プロレスにおいて使用される関節技の一種です。その歴史は古く、1910年代に遡ると言われています。この技は、1920年代にカルロス・ジェームズ・メンドーサが使用し、その名が知られるようになりました。メンドーサは、この技を「デ・ア・アラミエント」と名付け、多くのレスラーが使用しました。 1950年代には、ルー・テーズが使用し、STFの知名度がさらに上昇しました。テーズは、この技を「STF」と名付け、多くのタイトル戦でこの技を使用し、勝利を収めました。テーズの活躍により、STFは、プロレス界で最も有名な関節技の一つとなりました。 1970年代には、ハルク・ホーガンが使用し、STFはさらに人気が高まりました。ホーガンは、この技を「レッグ・ドロップ・ буль・ドッグ」と名付け、多くのタイトル戦でこの技を使用し、勝利を収めました。ホーガンの活躍により、STFは、プロレス界で最も有名な関節技の一つとなり、現在でも多くのレスラーが使用しています。
モノの名前

「アキレス腱固め」の極め方と効果的な掛け方

-アキレス腱固めの極め方- アキレス腱固めは、寝技の基本的な関節技の一つで、相手のアキレス腱を極めて動きを封じる技です。極め方としては、まず、相手の両足を自分の足で挟み込み、相手の片足を自分の股の間に引き寄せます。次に、相手の足首を自分の足首で挟み込み、相手の膝を伸ばします。最後に、相手の膝を自分の膝で押さえつけ、相手の足首を自分の足首で回すことで、アキレス腱を極めます。 アキレス腱固めは、相手の動きを封じるだけでなく、相手の痛みを引き起こすこともできるため、非常に効果的な関節技です。しかし、極める際には、相手の足首を回す強さに注意が必要です。強すぎると、相手の足首を骨折させてしまう可能性があります。また、極める際には、相手の顔の向きにも注意が必要です。相手の顔が下を向いていると、相手の気道が塞がれてしまう可能性があります。
モノの名前

「アナコンダ・バイス」とは?プロレスの関節技の魅力を解説

「アナコンダ・バイス」の基本的な掛け方と手順 1. 相手をロープ際まで追い詰める まず、アナコンダ・バイスをかけるためには、相手をロープ際まで追い詰める必要があります。これは、打撃技や投げ技などで相手をロープに押しやることで行うことができます。 2. 相手の首に腕を回す 相手をロープ際まで追い詰めたら、片腕を相手の首に回します。このとき、相手の首をしっかりとホールドし、相手が逃げないようにしましょう。 3. もう一方の腕で相手の胴体を抱きかかえる 相手の首に腕を回したら、もう一方の腕で相手の胴体を抱きかかえます。このとき、相手の胴体をしっかりとホールドし、相手が抜け出ないようにしましょう。 4. 自らの体を相手の上に乗せる 相手の首に腕を回し、胴体を抱きかかえたら、自らの体を相手の体の上にのせます。このとき、相手の体と密着するようにして、相手が抜け出ないようにしましょう。 5. 相手の首を絞める 相手の体をしっかりとホールドしたら、首を絞めます。このとき、徐々に力を加えていき、相手の動きを封じていきましょう。 6. 相手がタップするかレフェリーが試合を止めるまで絞め続ける 相手がタップするかレフェリーが試合を止めるまで、首を絞め続けます。相手の動きが止まったことを確認したら、首を離し、試合を終了させましょう。
作品名

リバース・インディアン・デスロックとは?解説と使用上の注意

リバース・インディアン・デスロックとは? リバース・インディアン・デスロックは、柔術や総合格闘技で使用される絞め技の一種です。相手の後方から首に腕を回し、逆方向に引っ張ることで、頸動脈を締め上げて失神させます。相手がうつ伏せの状態でも仰向けの状態でもかけることができ、非常に強力な絞め技として知られています。 この技は、その危険性から、多くの大会では禁止されています。また、練習でも、十分な注意を払って行う必要があります。首を傷める可能性が高いので、初心者にはおすすめしません。
作品名

プロレス技解説「ウォール・オブ・ジェリコ」

「ウォール・オブ・ジェリコとは」 ウォール・オブ・ジェリコとは、プロレスラーであり、世界で最も権威のあるプロレス団体レスリング・エンターテインメント(WWE)で活躍するクリス・ジェリコ選手が使用する得意技の一つです。これは、相手の体をリング上において仰向けにさせ、相手の腕を両手で持ち上げた状態で相手の頭の上に立って相手を締め上げるという技です。相手は、ジェリコ選手の体重をかけられて首を絞め上げられるため、呼吸ができなくなり、ギブアップを余儀なくされるというものです。この技は、ジェリコ選手の得意技の中でも特に強力なものであり、多くのタイトルマッチで勝利を収めています。
モノの名前

「シャープシューター」の極意と歴史

ブリティッシュ・ブルドッグの得意技 ブリティッシュ・ブルドッグの得意技といえば、何と言っても「ボディチェック」である。これは、相手の体に体をぶつけて、バランスを崩したり、転倒させたりする技である。ブリティッシュ・ブルドッグは、その巨体と強靭な筋肉を活かして、この技を繰り出すことができる。 ボディチェックは、相手の懐に飛び込む必要があるため、非常に危険な技である。しかし、成功すれば、一撃で試合を決めることができる。そのため、ブリティッシュ・ブルドッグは、この技を最後の切り札として使うことが多い。 ブリティッシュ・ブルドッグの得意技は、ボディチェックだけではない。相手の首を絞め上げる「ヘッドロック」や、相手の足を狙う「レッグロック」なども得意としている。これらの技は、ボディチェックよりも安全だが、それでも十分に効果的である。 ブリティッシュ・ブルドッグは、これらの得意技を駆使して、数多くの試合に勝利してきた。その強さは、世界中に知られており、対戦相手から恐れられている。
作品名

「アンクル・ロック」とは?その歴史と特徴

アンクル・ロックの歴史 アンクル・ロックの歴史は、1950年代のアメリカ南部に端を発します。この頃、アフリカ系アメリカ人の若者たちが、ブルースやゴスペルなどの伝統的な音楽にロックンロールやソウルなどの新しい音楽を融合させた新しい音楽を演奏し始めました。 この新しい音楽は、すぐにアンクル・ロックと呼ばれるようになりました。アンクル・ロックは、そのアップテンポなビートとソウルフルなボーカルで、すぐに人気を集めました。そして、1960年代には、サム・クック、オーティス・レディング、ジェームス・ブラウンなどのアンクル・ロックのスターが誕生しました。 アンクル・ロックは、1970年代以降も進化を続け、ファンク、ディスコ、ヒップホップなどの新しい音楽を取り入れながら、今日に至っています。そして、現在でも、アンクル・ロックは、世界中の多くの人々に愛されている音楽です。
その他

「フェイスロック」って何?特徴やかけ方を解説

「フェイスロック」とは、格闘技や護身術において、相手を正面から抱え込み、顔面に圧力をかける技のことである。相手の顔面を片腕で覆うようにして掴み、もう一方の腕で相手の首を絞めることで、呼吸困難や失神を招くことができる。フェイスロックは、寝技や立ち技のどちらでも使用することができ、また、相手が寝ている状態でも使用することができる。フェイスロックは、非常に強力な技であるため、使用の際には注意が必要である。
モノの名前

「サソリ固め」の正体とは?

「必殺技への道のり」 アントニオ猪木が必殺技として使用した「サソリ固め」は、そもそも猪木がアメリカ修行時に、キラー・コワルスキーから受けた「クロス・フェイスチキン・ウィング」をヒントに開発したとされる。猪木はクロス・フェイスチキン・ウィングが、あまりにも強力すぎて観客受けが悪いため、これをアレンジして使用し始めた。 猪木は当初「卍固め」という名称でこの技を使用していたが、後に「サソリ固め」と改名した。サソリ固めは、相手の片腕を自分の両足で挟み込んで固定し、もう一方の腕を相手の首に巻き付けて絞め上げるという技で、猪木が使用したことで一気に有名になった。 サソリ固めは、その強烈な絞め上げから、猪木の必殺技として大いに活躍し、現在でもプロレスラーの間で使用され続けている。猪木はサソリ固めだけではなく、バックドロップや卍固めなど、数々の必殺技を駆使して、日本プロレス界の頂点に君臨した。
モノの名前

ディスアーマーとは?元祖ベッキー・リンチの得意技!

ディスアーマーの基本的な掛け方 ディスアーマーは、相手の片腕を捕まえて肩車のように背負い、そのまま持ち上げて背後に落とす技です。相手の首を痛める非常に危険な技で、WWEでは禁止技となっています。元祖ベッキー・リンチの得意技として有名ですが、現在ではほとんど使われることがありません。 ディスアーマーの基本的な掛け方は、まず相手の片腕を捕まえて肩車のように背負います。次に、相手の首を自分の片腕で固定して、もう一方の手で相手の脚を掴みます。そのまま持ち上げて背後に落とせば、ディスアーマーの完成です。 ディスアーマーは、非常に危険な技であるため、掛けるときには細心の注意が必要です。相手の首を痛めないように、しっかりと固定することが大切です。また、落とすときには勢いをつけ過ぎないように気をつけましょう。
モノの名前

「ストレート・アーム・バー」とは?基本的な解説と極め方

ストレート・アーム・バーとは、柔道やブラジリアン柔術などの格闘技で見られる関節技の一種です。相手の腕を自らの両脚で挟み込み、背後から腕を極めることで関節を傷つけ、ギブアップを奪います。 ストレート・アーム・バーは、相手が寝転がっている状態で行うのが基本です。まず、相手の腕を自分の両脚で挟み込みます。このとき、相手の腕は自分の膝の高さにくるようにします。次に、相手の腕を自分の体の方へと引き寄せます。このとき、相手の腕を自分の胸に当てます。最後に、相手の腕を自分の両手で握り、一気に背後へと引き上げます。このとき、相手の腕の肘を自分の膝で押し込みます。これで、ストレート・アーム・バーが完成します。 ストレート・アーム・バーは、相手が腕を伸ばしている状態であれば、どの体勢からでもかけることができます。また、相手が立っている状態でも、相手の腕を捕まえて引き倒すことで、ストレート・アーム・バーをかけることができます。 ストレート・アーム・バーは、極めれば非常に強い関節技です。しかし、相手が腕を曲げている状態であれば、極めることができません。また、相手が腕を伸ばしている状態でも、相手の腕が自分の体よりも長い場合は、極めることが難しくなります。
モノの名前

必殺技「フルネルソン」を極めるテクニック

フルネルソンの歴史と起源 フルネルソンは、19世紀後半に活躍したレスラー、フランク・ゴッチが開発した技であると言われています。ゴッチは、この技を使って多くの強豪レスラーを破り、世界ヘビー級王座を長年保持しました。 フルネルソンは、相手に背後から飛びつき、両腕で相手の首をロックして締め上げる技です。相手は、この技をかけられると、息ができなくなり、失神してしまいます。 フルネルソンは、レスリングや柔術、総合格闘技など、さまざまな格闘技で使用されています。また、プロレスでも、フィニッシュ技として使用されることが多く、多くのレスラーがフルネルソンを極めることで勝利を収めています。
モノの名前

「腕ひしぎ逆十字固め」徹底ガイド:極め方、エスケープ、応用技を解説

「腕ひしぎ逆十字固め」の極め方 「腕ひしぎ逆十字固め」は、柔道、ブラジリアン柔術、レスリングなどで使用される関節技です。相手の腕を極めてタップを奪うことができます。極めるには、まず相手の腕を自分の腋の下に抱え込みます。そして、自分の手を相手の肘の内側に当てて、相手の腕を自分の体側に引き寄せます。次に、自分の足を相手の股に挟み込み、相手の体を引き寄せます。最後に、自分の足を相手の首に回し、相手の腕を極めていきます。極める際には、相手の腕を自分の体側に引き寄せながら、自分の足を相手の首に回すことで、より効果的に極めることができます。
モノの名前

「フジワラ・アームバー」徹底解説!

フジワラ・アームバーの歴史と起源 「フジワラ・アームバー」は、柔道の寝技において有効な関節技です。肩関節を極めてタップを奪う関節技であり、その高い決定力から「必殺」の技とも呼ばれています。 この技の名前は、この技を世界に広めた柔道家の藤原敏男に由来しており、藤原の名字を英語読みして「フジワラ・アームバー」と呼ばれています。 藤原理事がこの技をいつ頃考えたのかは不明ですが、1990年代半ばにはすでにこの技を使用していたという記録が残っています。この技は、その高い決定力から瞬く間に柔道界に広まり、今では世界中の柔道家が使用しています。 フジワラ・アームバーは、様々な状況から極めることができます。最も一般的なのは、相手の背後から組み付いて腕を極める場合です。しかし、相手の横から組み付いて腕を極めることもできますし、相手の前に立って腕を極めることもできます。 フジワラ・アームバーは、その高い決定力から、柔道において非常に有効な関節技です。しかし、この技は非常に危険な技でもあります。適切な技術を身につけていないと、相手の腕を骨折してしまったり、脱臼させてしまう可能性があります。そのため、フジワラ・アームバーを練習する際には、必ず経験豊富な指導者の指導を受けるようにしましょう。
未分類

テキサス・クローバー・ホールド:関節技の魅力

テキサス・クローバー・ホールドの歴史と起源 テキサス・クローバー・ホールドは、1960年代にテキサス州で開発された関節技です。この技は、相手の足を交差させて固め、相手の足首を極めることで、相手の動きを制限します。テキサス・クローバー・ホールドは、レスリングや柔術、総合格闘技など、様々な格闘技で使用されている関節技です。 この技の起源は、1960年代にテキサス州で活躍していたレスラー、トミー・リッチが考案したと言われています。リッチは、レスリングの試合で相手を簡単に極めることができる関節技を探しており、その結果、テキサス・クローバー・ホールドを開発しました。 テキサス・クローバー・ホールドは、すぐにレスリング界で人気を博し、他の格闘技にも広がっていきました。この技は、相手の足を交差させて固めることで、相手の動きを制限することができ、また、相手の足首を極めることで、相手の痛みを引き出すことができます。そのため、テキサス・クローバー・ホールドは、非常に有効性の高い関節技として知られています。 現在、テキサス・クローバー・ホールドは、レスリング、柔術、総合格闘技など、様々な格闘技で使用されている関節技です。この技は、相手の動きを制限することができ、また、相手の痛みを引き出すことができるため、非常に有効性の高い関節技として知られています。
モノの名前

足4の字固めとは?基本的な決め方と対策を解説

足4の字固めの基本的な決め方 1. 相手を背後から抱え込む まず、相手の背後に回り込んで、両手で相手の腰を掴みます。 2. 自分の右足を相手の右足に絡める 次に、自分の右足を相手の右足に絡め、足を4の字にするようにします。 3. 自分の左足を相手の左足の外側に置く 次に、自分の左足を相手の左足の外側に置き、相手の左足を挟みます。 4. 両手で相手の首を絞める 最後に、両手で相手の首を絞めて、固めを決めます。 このとき、相手の首を締めすぎないように注意しましょう。また、相手の足がしっかりと絡まっていることを確認しましょう。
モノの名前

ハンマー・ロックとは?プロレス・格闘技でよく見られる関節技

ハンマー・ロックの基本的な掛け方 ハンマー・ロックは、相手に向かって右側に立ち、相手の右腕を右側から抱え込むようにして右手で相手の左手首を掴みます。次に、左手を相手の右肘の上から伸ばし、相手の右腕を自分の右腕に押し付けるようにして相手の肘を曲げます。そのまま相手の右腕を自分の右肩に押し付け、相手の右手を自分の左肩の方に引き寄せます。相手の右腕が完全に自分の右腕に固定されたら、相手の右手首を自分の左手に持ち替え、自分の右手を相手の右肘の下に差し込み、相手の右肘を自分の右膝で押さえて固定します。最後に、自分の左手を相手の右手の甲に当て、相手の右手を自分の左肩の方向に引き寄せます。これでハンマー・ロックの基本的な掛け方が完成です。
モノの名前

リスト・ロックとは?プロレス・格闘技で威力を発揮する関節技

リスト・ロックとは、プロレスや格闘技で使用される関節技の一種です。相手の腕を自分の足で挟み込み、絞り上げることにより、痛みを与えたり、腕を極めていったりします。主に相手が寝ている状態から仕掛けることが多く、相手の腕を自分の膝の上に乗せて、自分の足で相手の肘を挟み込み、逆方向にひねることで極まります。 リスト・ロックは、プロレスや格闘技でよく使用される関節技であり、相手の腕を極めて試合を有利に進めることができます。また、リスト・ロックは、関節技の中でも比較的安全に極めることができるため、初心者でも比較的容易に習得することができます。
モノの名前

監獄固めのすべて

監獄固めは、相手を仰向けに寝かせた状態から足で首を絞め上げる関節技の一種です。一見するとシンプルな技に見えますが、成功させるためには高度な技術とタイミングが必要です。 監獄固めの歴史は古く、紀元前3000年代の古代エジプト壁画に、監獄固めと似たような技が使われている様子が描かれています。また、古代ギリシャの格闘技であるパンクラチオンでも、監獄固めと似たような技が使われていました。 監獄固めは、近代に入ってからも様々な格闘技に取り入れられました。特に、柔道とレスリングでは、監獄固めは代表的な関節技のひとつとして知られています。柔道では、監獄固めは絞め技の一種として扱われ、レスリングでは、監獄固めはグラウンド技の一種として扱われています。 監獄固めは、その強力な絞め上げ効果から、非常に危険な技です。そのため、柔道やレスリングの試合では、監獄固めは禁止技とされています。しかし、監獄固めは護身術として非常に有効な技でもあるため、護身術の教室などで指導されることがあります。 監獄固めは、高度な技術とタイミングを必要とする関節技ですが、成功させることができれば、相手を瞬時に戦闘不能にすることができます。そのため、護身術として非常に有効な技として知られています。
未分類

フィギュア・エイトとは?

-フィギュア・エイトの概要- フィギュア・エイトは、八の字型の氷の競技場を舞台とした、スピードスケートの種目です。男子1000メートル、女子500メートル、1000メートルの3つの種目があります。 フィギュア・エイトは、1892年にカナダのトロントで開催された世界スピードスケート選手権大会で初めて採用されました。当初は、男子のみの種目でしたが、1936年のガルミッシュ・パルテンキルヘンオリンピックから女子も加わりました。 フィギュア・エイトのコースは、1周250メートル、幅14メートルの八の字型をしています。スタートはストレートから始まり、1周目は外側のレーンを滑り、2周目からは内側のレーンを滑ります。 フィギュア・エイトは、スピードスケートの中でも最も技術を要する種目です。選手は、コーナーを滑らかに滑走し、スピードを落とさないようにしなければなりません。また、内側と外側のレーンを滑り分けるため、正確なスケーティング技術が求められます。 フィギュア・エイトは、世界スピードスケート選手権大会や冬季オリンピックの種目として採用されています。また、日本スケート連盟が主催する全日本スピードスケート選手権大会でも実施されています。
モノの名前

プロレス関節技「コキーナ・クラッチ」徹底解説!

コキーナ・クラッチとは?「締め技の神髄」を理解 コキーナ・クラッチとは、プロレスにおける関節技の一種で、相手の首を絞め上げてギブアップを迫る技です。その名の通り、コブラのように相手の首を絞め上げるのが特徴で、締め技の神髄とも言われるほど、非常に効果的な技として知られています。この技は、1980年代にメキシコの覆面レスラー、ミル・マスカラスによって開発され、その後、世界中のプロレスラーによって使用されるようになりました。 コキーナ・クラッチの掛け方は、まず、相手の背後に回り、相手の首を片腕で抱え込みます。そして、もう一方の手で相手の首の後ろを掴み、自分の脇の下に押し込みます。最後に、自分の両手を組み合わせて、相手の首を絞め上げます。この技は、相手の首を締め上げることで、呼吸困難を引き起こし、ギブアップを迫ります。 コキーナ・クラッチは、非常に効果的な技ですが、同時に危険な技でもあります。首を締め上げられることで、脳に酸素が供給されなくなり、最悪の場合、死亡に至ることもあります。そのため、この技を使用する際には、細心の注意が必要です。
モノの名前

コブラ・クラッチの極め方と注意点

コブラ・クラッチの基本的な掛け方 1. 相手に背を向け、片足を彼の足の間に置く。 2. 相手の両腕を持ち上げ、自分の首の後ろで交差させる。 3. 自分の両手を相手の腕の下に滑り込ませ、相手の顔と自分の顔の間に距離を作る。 4. 相手の頭を引き付け、自分の体に向かって押し付ける。 5. 相手の背中を自分の足で押して、相手を地面に押し倒す。 6. 相手の両腕を自分の足で固定して、動きを封じる。 7. 相手の首を絞めて、絞め落とす。 注意点は以下の通りである。 ・相手の腕をしっかりと固定すること。 ・相手の頭を自分の体に向かって押し付けること。 ・相手の背中をしっかりと押して、相手を地面に押し倒すこと。 ・相手の両腕を自分の足で固定して、動きを封じること。 ・相手の首を絞めて、絞め落とすこと。